ゴールドカード×ETCカードは最強!?特典&ゴールドカード7選紹介


ゴールドカードは、所有者のステータス性の高さを証明するのに便利な1枚です。

しかし!今では、ステータス性だけでなく便利で特典満載のゴールドカードが増加しており、年会費以上の特典を受けられます。

また、高速道路で利用するETCカードと組み合わせることで、ポイント還元率の向上、または高速道路を利用して訪れたスポットにて優待を受ける…などなど今まで以上お得感にあなたは驚くことでしょう。

今回は、ゴールドカード×ETCカードのメリット、そして各ゴールドカードの紹介から筆者がおすすめする、ゴールドカード×ETCカード最強の相性であるカードも合わせて解説していきます。

最後まで見れば、あなたが今までどれだけ高速道路や、訪れたスポット、そしてゴールドカードで損をしていたか、大いにわかると思いますよ。

えっ?こんなに便利でお得!?ゴールドカード&ETCカードを所有するメリットとは?

高速道路を利用して訪れるスポットに特典や優待が利用できる


ETCを利用して高速道路を走行している方々の多くは、旅行や観光スポット、または大型ショッピングモールやアウトレットモールなどを訪れるために利用していることでしょう。

実は、ゴールドカードを利用することで、訪れた観光スポット、大型ショッピングモールで様々な特典を受けられるのです。

では、これより各ゴールドカードの特典を端的にですが紹介します。

・イオンゴールドカード:イオンカードの特典の他に会員専用の「イオンラウンジ」に入れる

・JCBゴールドカード:「JCBゴールド グルメ優待サービス」により最大20%OFFで一流グルメを楽しめる

※写真はイメージです

・エポスゴールドカード:マルイ、モディ利用でポイント2倍

・UCゴールドカード:「UCカード Club Off」により全国約2,000ヶ所のスポットで最大90%OFFで利用できる

※写真はイメージです

上記は一例であり、この他にも様々な特典をゴールドカードは備えています。

また、各ゴールドカードには一部を除いて空港ラウンジを利用できる特典もあります。現在、観光スポットにも利用される各空港をデートや家族で訪れ、休憩場所に空港ラウンジを使うのもOKです!

ETCカードだけでなく、ゴールドカードも高速道路を利用して訪れたスポットで、大いに活躍してくれますよ。

ETCにかかわる保険やポイント還元があります!


ゴールドカードの中には、ETCを利用するうえで便利な保険や限定の特典が用意されています。

例えば「イオンゴールドカード」を見ていくと「ETCゲート車両損傷お見舞金制度」が付属します。このサービスを利用することで、開閉バーに当たり、車両を損傷しても5万円まで補償する優れものです。

また「エポスゴールドカード」では、後ほど詳しく紹介しますが特徴的なポイント制度を用意しており、最大3倍のポイント還元率を受けられるのです。

このように、ETCにかんする保険や特典があるのもゴールドカードのメリットと言えるでしょう。

ステータス性の高さを証明できる


これほど便利でお得なゴールドカードも、やはり最大の魅力はステータス性の高さを証明できることです。

ETCカード単体では、所有者のステータスは分かりません。しかし、財布やカードケースから見えるゴールドカードは、相手にステータスの高さを証明できます。

特に銀行系カードやプロパーカードのゴールドカードは、審査のハードルが高く、所有者が限られるため、他のゴールドカードよりもステータスが違います。

他のクレジットカードがみすぼらしい、というわけではありませんが、ゴールドカードはその方の地位や収入を証明するようなものです。

そのため、ステータス性の高いカードを望むなら、ゴールドカードがおすすめです。

エポスゴールドカード&ETCカードが当サイト一押し!

キャンペーン マンスリーボーナスキャンペーン実施中:ゴールドカード申込み月の翌月から3ヵ月間月、10回以上のゴールドカードの利用で毎月200エポスポイント
国際ブランド VISA
本人年会費 初年度5,000円。2年目以降年間ご利用金額50万以上を1度でも超えると、翌年から年会費永年無料
家族カード年会費 家族カード発行不可
ETCカード年会費 0円
利用限度額 初年度100万まで。それ以降は審査による。
入会条件 原則として20歳以上で、本人に安定継続収入のある方(学生を除く)
カード発行期間 オンライン入会:2~3週間程度
ETCカード発行期間 2~3週間程度

ゴールドカード&ETCカードの組み合わせで、もっともおすすめしたいのが「エポスゴールドカード」です!

数あるゴールドカードからなぜおすすめか?

それはエポスカードの特典である、飲食店やレジャー施設など、様々なスポットで割引やプレゼントサービスを継承しながら、さらに「ポイント還元率」やゴールドカード限定の特典によって私達の生活をサポートしてくれるからです。

まずゴールドカードになると、貯まるポイントに変化が生じます。

通常のエポスカードのポイント有効期限が「2年間」に対し、ゴールドカードは「無期限」に変化。

またポイント還元率も、200円で1ポイントのところ、マルイ・モディ利用で2倍にアップ(リボ払いで3倍にアップします)

そして更にボーナスポイントも見逃せません!

・年間50万円以上の利用で2,500ポイントプレゼント。年間100万円以上利用で10,000ポイントプレゼント

・ゴールドカード入会の翌月から3ヵ月間、月10回以上のゴールドカードを利用すると毎月200エポスポイントプレゼント

・ネットショッピングで最大30倍のポイント還元率

また、ゴールドカード限定特典として「選べるポイントアップショップ」も見逃せません。

このサービスは、対象のショップの中から最大3つの支払先を選択すると、選択した支払先の決済が「3倍(200円=3ポイント)」にアップします。

例えば…

①:ETC利用料金→毎月5,000円=75ポイント

②:ガソリンスタンド(エネオス)→毎月10,000円=150ポイント

③:東京電力(公共料金も選択できます)→毎月7,000円=105ポイント

・毎月合計330ポイント、1年間で3,960ポイント

上記のように、常に利用する高速道路のETC料金やガソリン代を指定することで、3倍のポイント還元率の恩恵を受けることができます。また今回の例では、公共料金にしましたが頻繁に利用するショッピングモールや専門ショップを選択しても良いでしょう。

また旅行傷害保険も最大1,000万円付帯しますので、海外で何かあった時も安心して利用できます。

これほどの特典が付いていながら、年会費は5,000円です。そして50万円以上利用すれば翌年以降永年無料ですし、エポスカードから招待されてゴールドカードを作成していれば、年会費永年無料です。

これほど、ゴールドカードとETCカードの相性の良さは見られません!

もし、年会費を安く抑えてお得に利用できるゴールドカードを探しいている、または高速道路の料金やガソリンを少しでも抑えたい!と思うなら、エポスカードゴールドがおすすめですよ。

三井住友VISAゴールドカード&ETCカード

初めに紹介するのは「三井住友VISAゴールドカード」です。

銀行系カードの中では非常にハードルが高く、ステータス性のゴールドカードですが、ETCの発行費・年会費共に無料(翌年以降、1回でも利用しませんと540円発生します)

気になる年会費は「10,000円+税」と高額ですが、WEB明細の発行×まいペイすリボへの加入により、なんと「4,000円+税」にまで抑えられるのです。

またポイント還元率は「1,000円=1ポイント」と平均的ですが、下記に紹介する制度を活用すると、ゴールドカードながら更なるポイントを獲得できます。

・前年度の利用料金によってボーナスポイントが受け取れるステージ制度を用意。

(例)50万円以上利用→100ポイント獲得、以降10万円以上利用ごとに20ポイント獲得

・ポイントUPモールで最大10倍以上のポイント還元率を受けられる

・「ココイコ!」利用で2倍以上のポイント還元率を実現

などなど、ステータス性の高い三井住友VISAゴールドカードながら、このように利用するとポイント還元率を向上させることができます。

もちろん、その他にも一流旅館・ホテルを会員限定で予約できる「Relux(会員は提示料金よりさらに3,000円OFF)」や、空港ラウンジサービス。

そして旅行傷害保険を最大5,000万円まで補償される特典も見逃せません。

ステータス性も高く、ETCの年会費を抑えるなら三井住友VISAゴールドカードがおすすめですよ。

イオンゴールドカード&ETCカード

続いて紹介するのは、イオンゴールドカードです。

イオンゴールドカードでは、ETCカードでも「ときめきポイント」が貯まり、なおかつ「ETCゲート車両損傷お見舞金制度」が付属します。

この制度を活用すれば、万一、ETCゲートへの衝突により車両が損傷したら、年1回限り、一律5万円分のお見舞金が支払われます。

また、ショッピングや旅行でも活躍する優れものでもあります。

例えばイオンカードにある下記特典は継続。

・イオングループならいつでもポイント2倍

・毎月20・30日の「お客さま感謝デー」は5%OFF

・毎月15日「G.G感謝デー」は5%OFF

その他にもイオンで利用できる特典や旅行中に嬉しいサービスも付属するのです!

・国内、海外旅行共に最大3,000万円の旅行傷害保険が付属

・ショッピングセーフティ保険を導入。これにより万一不正利用されても、最大180日間までさかのぼり、年間300万円まで補償します。

・全国のイオンラウンジ、または羽田空港ラウンジを無料で利用できる

これら充実の特典が、クレジットカード・ETCカード共に無料で利用できるのです。

イオンへ頻繁に足を運ぶ方や、年会費無料のクレジットカード&ETCカードを求めるならイオンゴールドカードがおすすめですよ。

楽天ゴールドカード&ETCカード

CMでもお馴染みの「楽天カード」にもランクの高い「楽天ゴールドカード」が用意されています。

楽天ゴールドカードになると、今までETCカードで年会費540円支払ってきましたが、ゴールドになることで年会費を免除

その分、クレジットカードの年会費「2,160円」徴収されますが、年会費以上の特典があなたを待ち受けているのです!

・ポイント還元率が変化。スーパーポイントアッププログラム(SPU)により、楽天市場・楽天ブックスで利用すると5倍のポイント還元を受けられる

※通常のポイント還元率は1%

・国内主要空港やハワイ、ホノルル国際空港・仁川国際空港のラウンジが無料で利用できる

・海外旅行傷害保険が最大2,000万円付帯する

・ポイント有効期限は1年間。しかし、1回でもクレジットカードを利用すれば、全てのポイントが再び1年間有効になる

・加盟店で利用するとポイント還元率が2~3倍にアップ

・海外で利用できる特典が豊富
(例:ハーツレンタカーが10%OFF・手荷物宅配サービスが最大300円OFFで利用できる・携帯&WiFiルーターのレンタル料金を15%OFFできる)

・成田、羽田空港近くの駐車場で、対象店舗であれば優待価格で駐車できる

などなど、楽天ゴールドカードはETCカードの年会費無料だけでなく、充実した特典を用意しています。特に楽天市場で利用すると大いにポイントを獲得できますので、利用者はETCカード共に見逃せないカードです。

ANAゴールドカード&ETCカード

高速道路を利用しつつ、マイルを貯めている方に朗報です!

「ANAゴールドカード」のETCカードを利用することで、今までにない速さでマイルを貯めることができるでしょう。

理由として、マイルを移行する際の交換レートが非常に高いからです。

ANAゴールドカードでは「1,000円=1ポイント」の還元率であり、これは高速道路の利用料金でも変わりません。

しかし、マイルの交換レートは「1ポイント=10マイル」、一般のANAカードに比べると2倍以上の交換レートです!しかも、移行手数料は発生しませんので無駄なくポイントをマイルに交換できます。

その他にも、マイルを貯めている方には嬉しい特典や、付帯していると嬉しいサービスが特盛です!

・入会時、継続時にそれぞれ2,000マイルプレゼント

・ANAカード特約店で最大2倍のポイント還元率を受けられる

・「ココイコ!」を利用すると3~10倍以上のポイント還元率を受けられる

・ANAマイレージモールを経由してネットショッピングをすると、ポイントの他に直接マイルが付与される

旅行傷害保険が最大5,000万円まで適用される

このように、ETCカードを利用してポイントを稼ぐだけでなく、様々なところでポイントやマイルを稼げます。

年会費はVISA・Master・JCB共に「14,000円+税」と高額ですが「まいペイすリボ+WEB明細」を同時に申し込むことで「9,500円+税」まで抑えられます。

陸でマイルを貯めたい!と思いましたら、ANAゴールドカードを選択してみてはいかがでしょうか。

JCBゴールドカード&ETCカード

日本を代表するプロパカード「JCBカード」を忘れてはいけません!

こちらのカードにも「JCBゴールドカード」が控えており、クレジットカードの年会費1万円+税が発生しますが、ETCの年会費は無料です。

その上、ドライバーや普段からクレジットカードを利用する方々に嬉しい数々の特典も用意しています。

・通常ポイント還元率は「1,000円=1ポイント」ですが「CB ORIGINAL SERIESパートナー」で利用すると最大10倍以上のポイント還元率を受けられます

※また高速道路を頻繁に利用する方に嬉しいサービスとして「昭和シェル石油」「エッソ・モービル・ゼネラル」にて利用すると、ポイント還元率が2倍にアップします

・「JCB STAR MEMBERS」制度により、最大「1,000円=1.6ポイント」の還現率になる

・Oki Dokiランドを経由すれば、通常ポイントの他にボーナスポイントをプレゼント

国内外の旅行傷害保険が最大5,000万円

・国内外の航空機遅延保険として2~4万円補償される

・「ドクターダイレクト24」により、24時間、年中無休で健康や育児の相談ができる

この他にもJCBゴールドカードは数々の特典を用意し、高速道路を利用される方や普段、クレジットカードを利用する方を待っていますよ。

UCゴールドカード&ETCカード

VISA・JCBと並び、ブランド力の高いクレジットカードと言えば「UCゴールドカード」になります。

クレジットカードは「年会費10,000円+税」徴収されますが、ETCカードは条件にかかわらず、年会費無料で利用できます。

ポイント還元率は「1,000円=1ポイント」のため平均的ですが、実はUCゴールドカードにはポイント以上に充実した特典を用意しています。

例えば「UCカード Club Off」を見ていくと、全国約2,000ヶ所のホテルやレストラン、レジャー施設などの幅広いスポットで最大90%OFFで利用可能。

そして、大切な人とのドライブの後は「特別ご優待プラン」を利用し、会員限定のホテル・レストランプランで楽しむこともできます。

極めつけは、会員でしか宿泊できない、またはゴルフ場の予約ができないスポットを特別に、宿泊&プレイする優待までついてくるのです!

その他にも、空港ラウンジを無料で利用できることや、旅行傷害保険が5,000万円までついていますので旅行の際にも安心です。

ポイント還元ではなく、グルメや贅沢な一時をドライブ後に楽しむならUCゴールドカードは必見ですよ。

まとめ

いかがでしたか?

ゴールドカード×ETCカードを組み合わせると、いつもの高速道路料金やガソリン代、そして旅行や出張で訪れたスポットで特典や優待を受けられます。

ステータス性だけではないゴールドカードを、あなたも検討してみてはいかがでしょうか?