【タイプ別厳選2017】ETCカード おすすめ徹底解説!社会人・法人・マイラー必見!


昨今、ETCの利用拡大にともない、各クレジットカード会社から様々なETCカードが発行されています。しかし、数が多くてどのクレジットカードに付帯したETCカードがお得なのか?混乱してしまいます。

そこで今回、皆さんの疑問を解決するために、様々なパターンに合わせおすすめのクレジットカード及び、付帯したETCカードを紹介します。少しでも皆さんの疑問の解消、またはクレジットカード・ETCカード選びの参考になれば幸いです。

社会人必見!おすすめETCカード3選

三井住友VISAカード

社会人は身につけているものから、人柄・性格・地位・資産を見られます。それはクレジットカードでも変わらず、クレジットカードの種類によって所有者のステータスが分かるといっても過言ではありません。

もし、ステータスを気にされるなら、銀行系クレジットカード1枚、社会人として所有したいところ。でしたら、三井住友VISAカードはいかがでしょうか?

三井住友VISAカードは、メガバンクの1つ「三井住友銀行」が作成するクレジットカードです。ステータス性も申し分なく、マイペイスリボへの登録及びweb明細に登録すれば、年会費を無料にできます。

その上、ETCカードの発行手数料は無料で、年会費も年に1回利用すれば無料になるのも嬉しいポイントです。

また、ネットショッピング、例えばAmazonや楽天等を利用されている方でしたら「ポイントUPモール」から購入するのがおすすめです。普段購入していると0.5%の還元率ですが、ポイントUPモールを経由すれば2~5倍、時にはそれ以上のポイント還元率を実現します。

社会人としてステータス性を求めつつ、ETCカードの維持費を抑えるなら、三井住友VISAカードがおすすめです。

To Me CARD Prime

「社会人になってから、東京メトロを利用して通勤している」

「通学・通勤に限らず、遊びに行く時も東京メトロを頻繁に活用している」

という方がいましたら「To Me CARD Prime」を強くおすすめします。

休日は高速道路や有料道路を利用し、ドライブを楽しんでいても平日は東京メトロを利用して通勤されている方もいることでしょう。こちらのカードは、東京メトロを1回利用するごとに平日は10ポイント、休日は20ポイント貯まる優秀なカードです。

もちろん、オートチャージ・自販機・お買物等々、様々なシーンでもポイントが貯まります。貯まったポイントは、商品・商品券、または東京メトロの利用料金に変更可能。

そのため、通勤している間・高速道路を利用してドライブ、またはドライブ先でのショッピングで続々とポイントが入ってくる仕組みです。

ETCカードの利用だけでなく、東京メトロを利用される機会が多いならTo Me CARD Primeをぜひとも、活用してみましょう。

ビックカメラSuicaカード

社会人の皆さんの中で「家電量販店で買い物するのはいつもビックカメラ」でしたら、ビックカメラSuicaカードを利用しましょう。ビックカメラSuicaカードの特徴は大きく分けて2つ。

1つはETC利用料金、お買物、公共料金の支払等でポイントを二重取りできるところです。例えば、ETCカードを利用して今月、5,000円の支払があったとします。
するとポイント還元は「ビックポイント」そして「ビューサンクスポイント」この2つを同時に獲得できます。

ビックポイントは1,000円で5ポイントのため25ポイント。ビューサンクスポイントは1,000円で2ポイントのため10ポイント貯まるのです。

2つ目は貯まったビックポイント・ビューサンクスポイントを様々な物に交換できるところです。

ビックポイントは、ビックカメラで利用する以外にもSuicaへの移行も可能。1,500ポイントで1,000円分に交換。もちろん、ビューサンクスポイントも交換可能であり、400ポイントでビックポイント1,000円分に交換できます。

その他にも、ビューサンクスポイントを活用して欲しい商品、他の電子マネー、商品券等に交換できますので、交換の幅は広いといえます。

ちなみに、ビックカメラで購入する際、Suicaにクレジットチャージ、その後チャージしたSuicaで支払いますと合計11.5%ものポイントを獲得できます。社会人になると家電は必須となりますので、もしビックカメラの利用回数が多いなら、こちらのカードをおすすめします。

法人ETCカードでおすすめしたいETCカード3選紹介

JCB法人カード

法人カードと言えば、はやりJCB法人カードは外せないでしょう。一番のメリットは、ETCカードが一枚のカードで無制限で発行できる点です。

ビジネスカードであっても、基本的にクレジットカード一枚に付き、ETCカード一枚の発行なので、社員分のクレジットカードを発行しなければいけません。

社員もクレジットカードを使うのであれば問題ありませんが、経理計算上、煩雑になる可能性があり、できれば一枚のカードで管理できた方がいい場合があります。

そのような要望を叶えてくれるのが、このJCB法人カードなのです。

法人カードとしてかなり洗練されているので、色々な面で痒いところに手が届くカードです。

シナジーJCBカード

企業の社長を悩ませるポイントは、ETC利用料金のみならず、営業車の「ガソリン代」も含まれます。特に長距離を走る営業車・トラックを抱える企業にとって、日々給油されるガソリン代は悩みの種と言えるでしょう。

そこで、少しでもガソリン代を安く抑えたいと思う、社長がいましたら「シナジーJCBカード」をおすすめします。

こちらのクレジットカードは、利用料金に応じて一般カードであれば7円/L、ゴールドカードであれば最大10円/L引きするのです。対象となるガソリンスタンドは「エッソ」「モービル」「ゼネラル」

利用料金もガソリンスタンドの給油料金に限らず、ETC利用料金や購入代金も含まれるため、企業によっては簡単に最大値引きを実現できます。その上、ETCカードの年会費も無料であり、審査が必要ですが枚数に制限なく発行できるのも優れたポイントと言えるでしょう。

ガソリンスタンドに制限はあるものの、魅力的な割引額を実現しているため検討する価値はあるでしょう。

ETCコーポレートカード

「起業したばかりだからか…ETCカードを作る前にクレジットカードの審査に通過しない…」

社会人の時は、会社に属していたため返済できる「見込み」や「信用」が確保されていました。しかし、起業したばかりですと、信用度がなく、返済できる当てがあるのか疑問視されるため、時にはクレジットカードの審査に通過しないケースが出てくるのです。

もし、すぐにでも法人用のETCカードを利用したい場合は、高速道路を運営する会社が発光するETCカードがおすすめです。中でも「ETCコーポレートカード」は首都高・阪神高速道路を頻繁に利用する方必見の、ETCカードと言えます。

こちらのメリットはなんと言っても、審査を必要とせず発行できるところ、そしてETC割引の他に割引を受けられるところにあります。ETCコーポレートカードを申し込む際、必要書類と一緒に出資金として1万円、そしてカード発行手数料1枚あたり617円支払います。後は、何事もなければETCカードが発行され、年会費617円を払い続けていれば長期間利用可能です。

また1か月あたり、首都高・阪神高速道路を利用した金額に応じて割引されるポイントも見逃せません。一般的なETC割引の他に、最大20%の割引が付与されるのです。これなら、今までETCカードが発行できず現金で支払っているよりも、お得に首都高や阪神高速道路を利用できます。

とはいえ、クレジット機能がありませんのでポイントが貯まることはありません。しかし、申し込めば発行できる、そして割引率の高さは非常に魅力的です。もしクレジットカードの審査で、通過できなかった方がいましたらETCコーポレートカードを検討してみましょう。

ETCカードは学生も魅力的!おすすめETCカード

学生専用ライフカード

学生の皆さんにおすすめできる、クレジットカード及びETCカードとして「学生専用ライフカード」を紹介します。こちらのカードの強みとして「海外旅行」「誕生日月の特典」この2点が挙げられます。

例えば海外旅行でお買物をした際、利用金額分から5%をキャッシュバック。もし海外旅行中、10万円利用したら請求月の翌々月に「5,000円」がキャッシュバックされるのです。
もちろん、海外旅行中に発生した事故による怪我や後遺症、そして万一死亡した場合、最大2,000万円まで補償してくれる「海外旅行傷害保険」が自動で付帯。

海外旅行中にクレジットカードで困ったことがあっても、学生専用の相談窓口も用意しているため、海外旅行の強い味方になることでしょう。

また、誕生日月の特典も見逃せません。誕生日月はポイントが「5倍」に増額!「○○のみ対象」という制限はなく、お買物・家賃・光熱費、そしてETCカードの利用料金にも反映されます。

年会費も永年無料のため維持費もかからないため、学生時代の初めてのクレジットカード及びETCカードにおすすめできます。

VIASOカード

クレジットカードに申し込める「大学生」「専門学生」は、人によって用途が様々です。

「免許を取ったから高速道路でETCを利用してお得にドライブを楽しみたい!」

「ネットショッピングでお買物したい!

または、固定費や通信費をクレジットカードで支払いたいと考える方もいることでしょう。

でしたら、満遍なく利用でき、なおかつポイント還元率の高い「VIASOカード」はいかがでしょうか?こちらのクレジットカードの特徴を端的に紹介します。

・ETCマークのある高速道路、有料道路でポイント2倍
・携帯電話、スマートフォン、プロバイダー等の通信費の支払でポイント2倍
・ネットショッピングで最大10倍

このように、様々な箇所で利用すると普段のポイント0.5%が2倍~10倍に跳ね上がるのです。そして、ポイントを無駄なく活用するために、貯まったポイントを1年間に1回精算し、オートキャッシュバックを行います。これより、1ポイント1円換算で計算されますので、年数が経過することで生じるポイントの消失を防げます。

クレジットカード、そしてETCカードで利用してもお得なカードのため、学生の幅広いニーズに対応してくれることでしょう。

JALカード navi

旅行が大好きな学生必見です!高速道路のETCを利用した旅行以外に、例えばJALを活用して国内・海外旅行を楽しむなら「JALカード navi」がおすすめです。

JALカード naviではお買物・固定費・光熱費・ETC利用料金等の支払で「マイル」が貯まる優れもの。例えば、一月の家賃や光熱費、お買物で5万円利用すれば500マイル。1年間で6000マイルも貯まります。

そして嬉しいことに、JALカード navi会員限定で少ないマイルで交換できる「特典航空券」を用意。これにより、最大半額以上のマイルで航空券を入手できます。

他にも、学生ならではの嬉しい特典が勢揃いです。

・JALを利用するごとにボーナスマイルをプレゼント
・毎年1月~12月、貯まっているマイルに応じてボーナスマイルを最大300マイルピレゼント
・JAL指定の国際線に搭乗すると300マイルピレゼント
・JAL指定の外国語検定に合格すると500マイルプレゼント
・卒業後、JALカードを継続すると2000マイルプレゼント

この他にも数多くの特典が学生の皆さんにもたらされます。

「高速道路を利用して旅行に行くけど、時にはJALを利用して国内・海外旅行をしたい」

そう思いましたら、ぜひともJALカード naviを活用しましょう。

ETCカードでガソリンもお得に!おすすめのガソリンカード紹介

JCBドライバーズプラスカード

初めにおすすめのガソリンカードとして紹介したいのが「JCBドライバーズプラスカード」です。こちらのカード最大の特徴が、高速道路の利用料金・ガソリンスタンドで利用した分の金額からキャッシュバックされることです。

例えば一月に15万円利用しました。その内、高速道路の利用料金5,000円、高速道路の飲食費2,000円、ガソリンスタンドの給油5,000円、合計12,000円。キャッシュバック対象の12,000円の10%、つまり1,200円が3ヶ月後、クレジットカードが引き落とされる銀行口座に振り込まれます。

年会費は初年度無料、そして2年目以降は1,250円。最大値引きは6,000円になります。もし、高速道路を頻繁に利用する方、または給油するガソリンスタンドにこだわりがない場合は、JCBドライバーズプラスカードがおすすめです。

NTTグループカード

続いて紹介するのが「NTTグループカード」です。

「NTT?ガソリンカードなのに?」

という疑問もあると思いますが、実は「出光ガソリンスタンド」を利用される方にとって優れもののカードです!システムを端的に述べますと下記になります。

①:例えば7月16日~8月15日の期間中、出光ガソリンスタンドで20,000円利用。
②:9月16日頃、利用額に応じて「おトク単価」を決定。今回の場合、4円/Lです。
③:9月16日~10月15日まで、レギュラーを50L給油。すると50L×4円/Lのため、キャッシュバック額は200円です。
④:キャッシュバック額は11月15日頃、当月の出光ガソリンスタンド利用金額より差し引いて請求します。

※ただし、ハイオク・レギュラー・軽油共にキャッシュバック期間中は上限、100L。最大値引きは4,000円

このように、出光ガソリンスタンドで利用した金額分、後日利用金額よりキャッシュバックされます。その他にも、NTT東日本・OCN・DOCOMO等を利用されている方は、それらの利用金額を「キャッシュバック」または「ポイント還元」にできるのも魅力的です。

また、年会費についてはweb明細にすれば無料になります。出光ガソリンスタンド、そしてNTT東日本グループのサービスに加入しているなら検討してみてはいかがでしょうか。

ビュースイカカード

最後に紹介するのは「ビュースイカカード」です。

ビュースイカカードは、ETCカードの利用金額に応じてポイントが貯まるのはもちろんのこと、「ENEOS」を利用する方にとって特典があります。ENEOSを利用すると、2倍の1,000円につき4ポイントの倍増します。しかし、ビュースイカカードの強みはこれだけではなく、電車でも大いに活躍するのです。

その機能を簡単にまとめます。

・Suica、定期券が一体化
・Suicaチャージ、定期券購入でポイント3倍に増額
・Suicaポイントクラブに加入する店舗や自販機で最大2.5%還元

これらの機能が大いに活かせるのが、平日は電車通勤で休日にドライブを楽しまれる方です。通勤ではSuica・定期券購入でポイントが貯まり、休日のドライブでENEOS・高速道路の利用料金でポイントが貯まる。正に、無駄なくポイントを獲得可能です。

年会費は477円徴収されますが、便利なクレジットカードのため、ETCカードを作成する際の候補として検討してみましょう。

ETCカードをすぐ利用したい!即日、スピード発行のおすすめETCカードとは?

セゾンカード インターナショナル

ETCカードが最短即日で発行されることで、有名なカード「セゾンカード インターナショナル」インターネットから申し込み、30分以内に受付完了メールが到着。申し込み確認の電話をすれば、後は審査結果のメールが届くまで待ちます。

もし何事もなくスムーズにいけば、早朝に申込、午後には審査結果を確認。そして、指定されたセゾンカウンターにてETCカードを受け取れるため、そのまま高速道路のETCを利用してドライブを楽しむこともできます。年会費・ETC年会費共に無料ですので、維持費についても問題ないでしょう。

またその他の特典として、ETC利用料金、お買物等で得たポイントが消えない「永久不滅ポイント」近所に西友・LIVIN・サニーといったスーパーがあれば、毎月5日と20日に購入代金から「5%OFF」のキャンペーンまで行っています。

その上、様々な企業と提携しているのもセゾンカードの魅力的なポイントです。

・三井ショッピングカード(セゾン):2種類のポイント獲得及び、提携施設にて優待。また会員限定のセールもあります。
・JMBローソンポンタカード:ポンタポイント及びJALのマイルをダブルで貯められる。
・ウォルマートカードセゾン:西友・LIVIN・サニーで毎日3%OFF。電気・ガス・水道代の料金を自動引き落としのクレジットカード払いなら1%OFF。

上記のように、ETCカードを即日発行する他にも、頻繁に利用する企業と提携するセゾンカードを所有すれば更にお得に利用できます。

イオンカード

最短で翌日発行することができるETCカード「イオンカード」

名前の通り「イオン」が作成するクレジットカードであり、クレジットカードも何事もなければ翌日に発行できるメリットを持っています。また、高速道路で嬉しい特典「ETCゲート 車両損傷お見舞金制度」が付いているのを見逃してはいけません。

普段、高速道路のETCレーンを利用する際、誤ってETCゲートに衝突したとしましょう。衝突した際に車両が損傷した場合、イオンカードがあれば年に1回のみ、一律5万円分のお見舞金が支払われるのです。

※ただし、イオンカードのETCカードを車載器に投入していない状態で発生した事故は対象外

※イオンカードの契約者が運転する車両のみ対象

その他にも、イオンカードが持つ特典も見逃せません!年会費がクレジットカード・ETCカード両方無料はもちろんのこと、毎月5日・20日はお客様感謝デーのため5%OFF。(55歳以上の方は15日も対象)

定期的に発行されるサンキューパスポート、誕生月に発行されるバースデーパスポートといった優待はがきも届くため、イオンでお得にショッピングを楽しめます。

高速道路を利用して各地にドライブへ行きますと、所々でイオンを見かけます。ETCカードの翌日発行のメリットのみならず、各地にドライブへ行った際にイオンでのショッピングを楽しむなら、ぜひとも入手したいカードです。

JCB EIT

続いてETCカードの発行が早いことで有名なクレジットカード「JCB EIT」について紹介します。JCB EITは、ETCカードの申し込み後、最短3営業日で皆さんのお手元に届く発行スピードを持ちます。その上、クレジットカード・ETCカード共に年会費無料なのも嬉しいポイントです。

また、ポイント還元率の高さも魅力的です。

一般的なクレジットカードでは、0.5%が平均ですが、JCB EITではポイント還元率を1%という還元率の高さを実現。お買物のみならず、高速道路でETCを利用した際にも反映されるため、他のカード以上にポイントを貯められるのです。

「でも、支払い方法がリボ払いだけなのは嫌だな…」

という心配はご無用です。確かに支払い方法はリボ払いのみですが、2つの支払コースに別れています。もし翌月の支払を問題なくできるなら、手数料のかからない「全額コース(一括払いと同じです)」あらかじめ設定した支払金額で支払う「元金低額コース(リボ払いのため手数料が発生します)」

この2種類が用意されているため、一般のクレジットカードと変わらず利用できます。もし、スピード発行且つ、ポイント還元率の高さを求めるならJCB EITを強くおすすめします。

ETCカードでマイル、マイレージもお得に貯める!おすすめしたいカードとは?

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

ETCカードを活用しつつ、マイルやマイレージをお得に貯めるなら「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード」の存在を忘れてはいけません。というのも、数ある航空系クレジットカードの中で高い還元率を実現しているからです。

100円で1ポイント、そして1000ポイントを1000マイルに交換できるため、実質1%の高還元率になります。もちろん、ETCカードの利用でも高還元率に変わりはありません。

そして、対象航空会社を活用することで、一般のクレジットカードよりも3倍マイルを貯めることも可能です。もし、仕事関係で航空機を利用した出張が多い方ですと、仕事をしながら効率的にマイルを貯められのも嬉しいポイント!この他にも下記に紹介する特典で皆さんをサポートします。

・取得したポイントの有効期限は無期限
・空港ラウンジ使用可能
・万一、航空機が遅延・欠航した場合の出費を補償
・入会ポイント、初めて対象航空会社を利用した際のポイント、継続ポイント等、ボーナスポイントが豊富
・マイルの他に貯まったポイントを旅行代金に利用することも可能

年会費は1万円と高額ですが、高速道路を頻繁に利用される、または対象航空会社を利用して出張・旅行をされる機会が多い方であれば、非常にお得なカードです。

ANA VISA Suicaカード

電車通勤、または高速道路の他に電車を活用する方がいれば「ANA VISA Suicaカード」をおすすめします。その名の通り、ANAを利用しなくともSuicaを利用することでマイルが貯まる優れもの。Suicaへ100円、チャージすることで1ポイント貯まるため、電車を利用しつつポイントが貯まる仕組みです。

その上、ENEOSを活用される方に嬉しい、100円=2マイルという高還元率を実現。もちろん、ショッピング・高速道路を利用してもマイルが貯まるため、電車・自動車、双方活用される方にとって強い味方になることでしょう。

年会費は2,000円と高額ですが、裏技を活用すれば751円まで下げることも可能です。年1回の利用、そしてマイペイスリボへの登録、この2つを活用すればOK!確かに、マイペイスリボは「リボ払い」になりますが、リボ払いの設定の際に「利用金額と同額を支払う」設定にすれば、手数料がかからなくなります。

電車・自動車、双方とも活用される方は検討してみてはいかがでしょうか。

JALカード TOKYU POINT ClubQ

使い勝手が良く、なおかつ効率的にマイルを貯めるなら「JALカード TOKYU POINT ClubQ」も見逃せません。こちらのカードの特徴は、電子マネー・TOKYU POINT加盟店、この2つを利用したポイント二重取りにあります。

JALカード TOKYU POINT ClubQでは、事前登録することで「WAON」そして「PASMO」2つの電子マネーを使用できます。例えばWAONに5,000円チャージし、お買物で5,000円利用したとしましょう。チャージでは100円ごとに1ポイント、支払では200円ごとに1ポイントのため、合計75ポイントも獲得できます。

またTOKYU POINT加盟店でも同様に、お買物をすればポイントの他に「ショッピングマイル」も同時に手に入るのです。

ETCカードを利用した際にも、ポイントを取得できます。そのため、高速道路を利用した後にショッピングを楽しむつつ、効率的にポイント・マイルを貯められます。

このようにマイルは、航空会社を利用せずとも高速道路の利用や日々の通勤でも貯められるのです。

「マイルを貯めるには、やっぱりANAやJALを活用して旅行に行かないと貯まらないよね…」

という心配はありませんので、ETCカードに限らず、様々な箇所で利用して効率よくマイルを貯めましょう。

まとめ

いかがでしたか?

クレジットカードに付帯したETCカードは、上記のように様々な種類があり、皆さんの使用する環境によってお得に利用できます。もし、クレジットカード・ETCカード選びに迷っていましたら、上記を参考に皆さんにピッタリのクレジットカード及びETCカードを探してみましょう。