ETCカードはプリペイドカードで発行可能?審査なしで発行できるETCパーソナルカード&法人ETCカードとは?


ETCカードは今では、なくてはならない存在です。

高速道路の料金割引はもちろん、ドラ割・ドラぷらの申込みにもETCカードは必要ですので、高速道路を使うなら必需品と言えるでしょう。

ですがETCカードを作るのに必要なクレジットカードを持っていない、という方もいるのではないでしょうか。

それに最近続々と増えているプリペイドカードや電子マネーでもETCカードは作成できるのか、気になると思います。

そんな疑問を解消するべく、これよりETCカードがクレジットカードなし&プリペイドカードで作成できるかを解説していきます。

クレジットカードがどうしても作れない、クレカが無い場合のETCカード作成方法も細かく解説していますので、チェックしてくださいね。

三菱UFJプリカ&VISAプリカなどのプリペイドカードでETCカードは作成可能?不可能?


クレジットカード以外にも、キャッシュレスで、しかもカードで決済できる方法が多数存在します。

中でも有名なのが、三菱UFJやVISAが発行する「プリペイドカード」です。

審査もなく誰でも手軽に発行できますし、クレジットカードと同じくキャッシュレス決済できますので「ETCカードも大丈夫では?」と思いますよね?

しかし、残念ながらプリペイドカードでETCカードを発行するのは不可能です。

ETCカードはクレジットカードと紐づけることで、高速道路を係員に現金を支払うことなくスムーズに通行できます。

現金を渡さずスムーズに通行できるのは、クレジットカード所有者に「信用」があるからこそであり、審査なしのプリペイドカードではETCカードの作成は不可能です。

auウォレットやnanaco等の電子マネーでもETCカードは作成可能?


次に、多く見られるのは「auウォレット」や「nanaco」と言った電子マネーです。

こちらもプリペイドカード同様に、現金やクレジットカードでチャージすると、残高の範囲内であればキャッシュレスで決済できます。

決済方法はクレジットカードと同様ですので、これならETCカードも作れるのでは?

と思いきや、残念ながら電子マネーでETCカードは作れません

電子マネーは、審査なく誰でも発行できる便利な決済方法ですが、先ほど紹介した通りクレジットカードと紐づいていませんと発行できません。

そのため、auウォレットやnanaco等の電子マネーもETCカードの発行は不可能ですので注意しましょう。

ETCカードが作りやすい&即日発行可能|おすすめのクレジットカードは?

これまでの内容をまとめると、クレジットカードはプリペイドカードや電子マネーで作成することは不可能であり、作成するためには「クレジットカード」が必須です。

とは言え、クレジットカードが数多くある中でどのカードがETCカードにピッタリなのでしょうか。

そこでこれより、ETCカードが作りやすいクレジットカードから即日発行できるクレジットカードまで幅広く紹介します。

【セディナjiyu!da!】審査に通りやすい1枚|店舗ごとのポイントアップも見逃せない


「クレジットカードの審査に通るか不安…」

と言う悩みを抱えている方におすすめなのが「セディナjiyu!da!」です。

こちらのクレジットカードは「リボ払い専用」のクレジットカードであり、他のクレジットカードと比較して審査に通りやすい1枚です。

もちろん、ETCカードも同様です。

●ETCカード年会費:無料(家族カードも同様)

●ETCカード発行手数料:ETCカード1枚につき1,000円(家族カードも同様)

●ETCカード発行可能枚数:クレジットカード1枚につき1枚。家族カードも1枚につき1枚まで発行可能

また、高速道路を利用する前に給油するなら、ガソリンスタンドの「宇佐美」で給油するとポイントが3倍にアップ。

更に、日常生活に欠かせないセブンイレブンやイトーヨーカドー、イオン等の店舗で3倍にポイントアップします。

ETCカードが作りやすいだけでなく、数々の特典も魅力的な1枚ですよ。

【セゾンカード】ETCカードも即日発行可能|永久不滅ポイントも魅力的


「すぐにでもETCカードが欲しい!」

でしたら即日発行に対応した「セゾンカード」はいかがですか?

セゾンカードは「インターネット申込」&「店頭受取」にすることで、クレジットカード・ETCカードが即日発行できます。

人によって審査時間が異なるものの、早ければ30分~1時間で審査結果が通知され、指定のセゾンカウンターで受け取れます。

●ETCカード年会費:無料(家族カードも同様)

●ETCカード発行手数料:発行手数料無料(家族カードも同様)

●ETCカード発行可能枚数:セゾンカード1枚につき5枚。また、家族カードも1枚につき5枚まで発行可能

また、セゾンカードはクレジットカードやETCカードの利用料金で貯めた「永久不滅ポイント」も見逃せません。

名称の通り、ポイント有効期限がありませんので好みの商品やギフトカードに到達するまでじっくりと貯められます。

即日発行&永久不滅ポイントがメリットのセゾンカードも、見逃せない1枚です。

【イオンカード】ETCカードが即日発行可能|ETCゲート補償が付帯する珍しい1枚


セゾンカードと並び、ETCカードが即日発行できるクレジットカードが「イオンカード」です。

イオンカードはインターネット申込、または店頭申込を行うことで審査がスタート。早ければショッピング中に審査結果が通知され「仮カード」がクレジットカード代わりに発行されます。

ETCカードはと言うと、クレジットカードの審査後に手続きがスタートし、審査に問題が無ければ仮ではないETCカードが発行されます。

本カード到着後もETCカードはそのまま利用できますので、面倒な手続きは一切不要です。

また、クレジットカードには珍しく「ETCゲート車両損傷お見舞金制度」が付帯しています。

これは、ETCゲートのバーに衝突し、車両が損傷した際に利用できる保険で年1回「一律5万円」の補償が受けられます。

もちろん、イオンカードですので「イオン」のショッピングで割引やポイントアップキャンペーン等が受けられるのも、このカードの魅力です。

●ETCカード年会費:無料(家族カードも同様)

●ETCカード発行手数料:発行手数料無料(家族カードも同様)

●ETCカード発行可能枚数:イオンカード1枚につき1枚まで。家族カードも同じく1枚につき1枚まで

ETCカードの即日発行だけでなく、イオンを頻繁に利用しているならイオンカード一択ですよ。

【ETCパーソナルカード】審査なしでETCカードが発行できる!?魅惑のカードの仕組みは?特徴は?

ETCパーソナルカードは審査なしで発行可能!ETCカードの各種割引も利用可能


「審査なしで発行できるETCカードはないのか…」

と言って諦めるのは早いですよ!

実は、審査なしで誰でも発行できるETCカード「ETCパーソナルカード」があります。

こちらは、高速道路6会社が共同して作成したETCカードであり、たとえ信用情報が悪化、またはブラックリスト入りした方等、諸事情によりクレジットカードが発行できない方でも発行できるETCカードです。

クレジットカードが発行するETCカード同様、セットアップ済みのETC車載器があればETCレーンを通行できますし、休日割引や深夜割引と言ったETC専用の割引も利用できます。

また料金の支払も、指定した銀行口座やゆうちょ銀行口座より自動引き落としですので、わざわざ店頭やコンビニで支払う手間がないのも嬉しいポイントです。

年会費1,234円発生しますが、審査なしで発行できるのは大きなメリットです。

ETCパーソナルカードのデポジットとは?収める目安金額は?


審査もいらない便利なETCパーソナルカードに早速申し込みたいところですが、使うためには事前に「デポジット」を支払わなければいけません。

デポジットとは、利用前に収める「保証金」のことです。

審査は確かに必要ありませんが万一、利用料金が支払われない場合のリスクに備え、高速道路6会社が保証金として預かるのです。

また収める保証金の金額も決まっており「平均利用金額の4倍」を収めなければいけません。

例えば、あなたが月額「5,000円」利用するなら4倍の「2万円」月額1万円でしたら「4万円」をデポジットとして支払わなければいけません。

そして注意したいのが、デポジットと高速道路利用料金は別々に支払いが発生することです。

毎月デポジットから、利用料金が引き落とされることはありませんので注意しましょう。

とは言え、デポジットを支払うのは「利用前の1回」だけですので、毎月数万円の出費が発生することはありません。

デポジットさえ支払えば、後はクレジットカードのETCカードと同じく利用料金だけ支払えば良いので審査が無い分、手軽に利用できますよ。

※支払ったデポジットは、ETCパーソナルカードの解約時に手続きを済ませれば戻ってきます

ETCパーソナルカードの申込方法は?インターネットから申込可能?


ETCパーソナルカードの申し込みは「郵送」のみ受け付けています。

申込に必要な書類は、高速道路や有料道路の「SA・PAの窓口」または「ETCパーソナルカード事務局」に電話で問い合わせ書類を送ってもらいましょう。

※ETCパーソナルカード事務局:TEL 044-870-7333 (土日、祝日、年末年始除く9:00~17:00)

申込書類が用意できましたら、必要事項の記入、引き落とし口座の記入、そして本人確認書類のコピーを同封してETCパーソナルカード事務局あてに送付しましょう。

送付後、ETCパーソナルカード事務局より「デポジット振込のご依頼」の手紙が届きますので、同封された払込取扱書を持ってゆうちょ銀行・コンビニで払込しましょう。

払込が完了すれば後は、ETCパーソナルカード事務局よりETCパーソナルカードが送付されます。

手元に届いた時点で利用できますので、高速道路の走行を大いに楽しみましょう。

ETCパーソナルカードで気を付けたい3つのポイント|規約違反は利用停止になります!


便利なETCパーソナルカードですが、もしあなたが利用する場合、以下に紹介する3つのポイントに注意しましょう。

・利用料金の支払が済んでいない

・支払の済んでいない金額が、デポジット金額の80%を超えた

・デポジットの増額に応じない

中でも気を付けたいのが「利用料金の未払い」です。

未払いが続く、またはデポジット金額の80%を超えると最悪の場合、ETCパーソナルカードが利用不可になります。

また、月々の利用料金がデポジット金額の4倍を超える場合「増額」が必要です。

にもかかわらず、増額に応じませんと規約違反として利用停止の可能性もあります。

しかし、未払いせず規約も違反しなければ問題なく利用できますので、いつまでもETCパーソナルカードを利用するなら規約違反だけは避けましょう。

個人事業主・法人限定|ETC法人カード&ETCコーポレートカード


個人事業主や設立して間もない企業ですと、実績がないためかクレジットカード審査に通りにくいです。

そこでおすすめしたいのが「ETC法人カード」です。

ETC法人カードはクレジットカードを介したものもありますが、NEXCOが発行する「ETCコーポレートカード」高速情報協同組合やETC協同組合が発行する法人用ETCカードがあります。

もしクレジットカード無しで発行するなら、ETCコーポレートカード・法人用ETCカードが良いでしょう。

どちらもクレジットカードなしで発行でき、中でもETCコーポレートカードは独自の大口割引も備えています。

またETC法人カードは、大口割引こそありませんがETCマイレージの獲得や、一般のETCカードと変わらず割引を受けられる等のメリットがあります。

もちろん、クレジットカードから作成する法人カードも魅力満載です。

まとめ

いかがでしたか?

ETCカードを作成するためには、必ずクレジットカードが必須でありプリペイドカードや電子マネーでは発行できません。

ETCカード作成のために必要なクレジットカードも今では、即日発行やカード独自のサービスにより、ドライバーにとって魅力的なカードが揃ってきました。

ただ、クレジットカードが嫌、諸事情で所有できない方もいますのでその場合、ETCパーソナルカードやETC法人カード、そしてETCコーポレートカードと言ったカードが良いでしょう。

現在、ETC割引だけでなくETCを利用した乗り放題プランや、東京湾アクアラインのように独自のETC割引を展開しているところもありますので、高速道路利用時は必ずETCカードを利用しましょう。