クレジットカード

マクドナルドでクレカ支払いができる!auWalletやApplePay&Suicaなど支払い方法まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

マクドナルドは2017年11月20日より、支払方法にクレジットカードを追加しました!

今まで、レジ前でお金を出す手間はありましたが、クレジットカード対応により探す手間が省けます。

更にクレジットカードポイントを貯めている方は、マックでポイントが貯まりますので一石二鳥になるのです。

とは言え、マックで使えるようになったものの「どこでも使えるの?」「ドライブスルーは?」等々の疑問があることでしょう。

そんな疑問や「えっ!?」と驚くような情報まで幅広く紹介します!

最後まで見ればあなたも、マクドナルドでクレジットカードが使いたくなるかもしれませんよ。

マクドナルドでクレジットカード決済ができる!スタートはいつから?

マクドナルドで2017年11月20日よりクレジットカード決済スタート!

全国のマクドナルドで、2017年11月20日よりクレジット決済がスタートしました。

今まで現金が主流だったマクドナルドが、キャッシュレスで決済できるクレジットカードでも支払えることは非常にありがたいことです。

と言うのも、クレジットカードが使えることで3つのメリットが、マック利用者にもたらされるからです。

 

・レジ前でもたつかず、クレジットカードでスマートに決済できる

・クレジットカードのポイントやマイルが貯められる。またはキャッシュバックできる

・クレジットカードによって、貯めたポイントを支払いに利用できる

 

マクドナルドでクレジットカードが利用できれば、このように素晴らしい特典が待っています。

もし、あなたがクレジットカードを所有しており、なおかつマクドナルドを頻繁に利用するなら、この機会に是非クレジットカードで決済してみましょう。

VISA・Master・JCBは使える?|マックで使えるクレジットカードの国際ブランドは?

ところで、マクドナルドでクレジットカードが使えるのは分かったものの、どのクレジットカードが利用できるのか?疑問に思いますよね?

ですが、マクドナルドで使えるクレジットカードが一目で分かる方法があります。

それはクレジットカードに付帯する「国際ブランド」を見ることです。

国際ブランドとは「VISA」「Master Card」「JCB」などを指し、クレジットカードには必ず1つ付帯しています。

上図を見て分かるように「VISA」「Master Card」「JCB」が利用でき、他にも「アメックス」や「ダイナース」と言った有名ブランドも対象です。

つまり、ここに掲載されている国際ブランドが付帯していれば、どのクレジットカードも利用できます。

マクドナルドでクレジットカードを利用する前に、まずはあなたが所有するクレジットカードに対象の国際ブランドが付帯しているかどうか、確認しましょう。

マックでクレジットカードが使える店舗は?ドライブスルーは?

マックでクレジットカードは使える?使えない店舗はあるの?

マクドナルドの店舗を見ても、使えない店舗はほとんど見られません。

冒頭で紹介した対象の「国際ブランド」さえ付帯していれば、どの店舗でも利用できます。

ただし、マクドナルドのホームページ「お支払い方法」のページに「クレジット決済は一部の店舗ではご利用いただけない場合がございます。」と記載されています。

残念ながら「使えない店舗はここですよ!」と記載されていませんので、もしいつも利用しているマックが使えるかどうか?不安に思いましたら、確認することをおすすめします。

マクドナルドのドライブスルーもOK!?クレジットカードは使える?


マクドナルドでお馴染みの「ドライブスルー」でもクレジットカードは利用できます

ドライブスルーだからと言って「〇〇〇円以上利用しなければ利用できない」と言ったこともなく、ハンバーガー1つ、コーヒー1杯からでも利用可能です。

また「クレジット決済は△レーンでしか支払えない」こともありませんので、いつもと同じように利用して問題ありませんよ。

マクドナルドでクレジットカードを使いたい!使い方解説


マクドナルドでクレジットカード決済する際、難しい手続きは不要です。

お会計時にクレジットカードを店員さんに渡し「クレジットカードでお願いします」または「一括払いでお願いします」と言えばOKです。

そうすれば普段、クレジットカードを利用している時と同じように決済されますので、最後に支払金額・支払い方法に間違いがないか確認して終了になります。

ただ、マクドナルドの店舗によって「暗証番号」「サイン」を求められることもあります。

特に暗証番号は、忘れてしまうと決済できませんので利用する時は忘れずに覚えておきましょう。

知ってた?マクドナルドでお得に使えるクレジットカード2選紹介

dカード


マクドナルドでお得になるクレジットカードを探しているなら「dカード」がおすすめです。

通常、dカードは「100円=1dポイント」で貯まりますが、マクドナルドですと2倍にポイントアップ!

支払い時にdカードを提示&利用するだけで、誰でも簡単にポイントアップができるのです。

更に、貯まったdポイントは後日、マクドナルドで「1dポイント=1円」で利用できるため、支払いに利用できるメリットもあります。

年会費も年1回でも利用すれば無料になりますので、マクドナルドでクレジットカードを利用するならdカードを用意しておきましょう。

楽天カード


もう1枚、紹介したいクレジットカードが「楽天カード」です。

楽天カードは、実店舗でも「100円=1ポイント」の高還元率を実現するカードであり、もちろんマクドナルドでも同様です。

その上、貯まったポイントをdカードと同じようにマクドナルドで「1ポイント=1円」で利用できます

楽天市場や他で貯めたポイントを、マクドナルドの代金に利用しても良いですし、マックで貯めたポイントを楽天市場や他店で利用する…と言ったこともできるのが、楽天カード最大の強みです。

もちろん年会費もかかりませんので、マクドナルドのみならず幅広く活躍する楽天カードも見逃せません。

電子マネーもマックで使える!Suica&QUICPay等が利用可能

電子マネー&交通系電子マネーもOK|マックで広がる決済方法


マクドナルドは、クレジットカード以外にも「電子マネー」にも対応しています。

電子マネーですと例えば「楽天Edy」や「nanaco」交通系電子マネーですと「Suicaや「PASMO」等が挙げられます。

もちろん、この他にも多数の電子マネーが利用できるのも、マクドナルドの魅力です。

電子マネー・交通系電子マネーを含め、10を超える決済方法があります。

あなたがいつも利用している電子マネーがあれば、スマートに支払えるだけでなく、支払によりポイントが貯まりますので現金よりもお得ですよ。

マックで電子マネーを使う方法は?

マクドナルドで電子マネーを使うのは、決して難しいことではございません。

使い方はお会計時、あなたが使いたい電子マネーを店員さんに伝えるだけです。

後は、専用端末に所有する電子マネーをかざせば決済完了。慣れれば10秒もかからず3秒程度で完了することでしょう。

とは言え、店員さんの中には各電子マネーの名称を知らない方もいます。

もし、あなたが伝えた電子マネーで店員さんが困った表情をした場合、名称ではなく「電子マネーでお願いします」と伝えましょう。

マックでプリペイドカード&デビットカードは使える?使えない?

LINE Payカード&au walletなどのプリペイドカードはマックで使える?

現在、クレジットカードの他に「LINE Pay」「au wallet」等のチャージ型のプリペイドカードが続々と増えています。

幅広く利用できるプリペイドカードですが、果たしてマクドナルドで利用できるのか?

結論を述べますと、プリペイドカードもマックで利用できます

と言うのも、先に紹介した国際ブランド「VISA」や「JCB」「Master Card」等がプリペイドカードにも付帯しているため、問題なく利用できるのです。

そのため、たとえクレジットカードを所有していなくとも、利用できる国際ブランドが付帯したプリペイドカードがあれば、店頭・ドライブスルーどちらも使えますよ。

マックはデビットカード決済OK?


マックでは、プリペイドカードだけでなく「デビットカード」支払いにも対応しています。

デビットカードはメガバンク系のカードだけでなく、ソニーウォレットカードや楽天銀行デビットカード等のネット銀行系。

または地方銀行が発行しているデビットカードでも、国際ブランドが付帯しているカードであれば利用可能です。

今ではデビットカードも、ポイント還元やキャッシュバックと言った特典が付帯しているのもありますので、スマート決済だけでなく特典目当てで利用しても良いでしょう。

マック×Apple Payで簡単決済|スマート決済はいかが?

クレジットカード・電子マネー・デビットカード…等々、幅広い決済ができるマクドナルドですが、なんと「Apple Pay(アップルペイ)」まで利用できます

支払方法は、これまで紹介した電子マネーと同じく、専用端末にApple Pay搭載のiPhone(iPhone7以降の端末)またはApple Watch(Series 2以降の端末)をかざすだけです。

かざすだけで、誰でも簡単にApple Payでの支払いが完了です。

ただし、店員さんには「Apple Pay」ではなく、「クイックペイ」や「iD」、「Suica」で支払うことを伝えましょう。

Apple Payには、クレジットカードから各電子マネーが多数登録できますので、財布がなくとも手軽に決済できる魅力を持っています。

もしApple Payを利用している、またはこれから利用を検討しているならあなたも試してみましょう。

まとめ

最後になりますが、マクドナルドではクレジットカードだけでなく電子マネーやプリペイドカード、そしてデビットカードまで幅広く利用できます。

これによりマックの決済時、レジ前でもたつくことなく支払えますし、何よりクレジットカードのポイントやマイルを貯められるメリットが出てきます。

あなたがもし、マクドナルドをよく利用しているならこれを機に、クレジットカード払いでお得に且つスマートに支払いをしてみてはいかがですか?

カード絞り込み検索

カード検索

カード絞り込み検索

新着記事

PAGE TOP