クレジットカード

【書き方付き】初めての海外旅行!チップの払い方・クレジットカードの場合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

海外ではレストランやタクシーなどの代金と合わせて、サービスへの対価として、チップを支払うことが一般的です。

日本ではあまりチップの習慣がないことから、海外への旅行や出張で戸惑ってしまうことのひとつかもしれません。

大抵は利用料金の15~20%をプラスしておけば問題ありません。
一方で、ファストフードなどでは、チップを支払わなくても良いケースもあります。

ここでは、クレジットカードを使った「チップなし」および、「チップ付き」の書き忘れをしないための払い方について、書き方例とともに、わかりやすく解説していきます。

そもそもチップとは?

海外でチップの習慣がある理由のひとつとして、サービス業に従事する人たちの”報酬の低さ”があります。

そのため、サービスの対価としてチップをもらうことで、報酬だけでは不足しがちな生活費を稼ぐという意味合いもあると言われています。

チップは必ずしも払わなければいけないものではありませんが、「サービス=チップを払う」ことが前提となっていることを、理解しておいた方が良いかもしれません。

チップの仕組み

まずはチップの仕組みとして、チップなしとチップ付きの場合に分けて紹介します。

チップなし

ファーストフードやカフェなど、お店の人に頼らず、自分で料理や商品を選んでテーブルなどに運ぶ場合、チップを支払う必要はありません

テイクアウトも同様です。

それから、レストランの中には、チップが含まれた料金を提示するところもあります。
この場合にも、チップを支払わなかったとしても全く問題ありません。

チップ付き

前述したように、チップはサービスを受けたことへの対価です。

ホテルなどでポーター(porter…荷物運び)に荷物を運んでもらったり、部屋係にベッドメイキングや清掃をしてもらった際に、チップを渡すことで、「ありがとう」という感謝の気持ちを表します。

チップの書き方や払い方

レストランなどのレシートへのチップの書き方(表示)は、英語圏の場合、「tip(チップ)」もしくは、「gratuity(グラチュイティ)」が使われます。

チップの金額の目安は、通常のサービスが利用料金の15%極上のサービスと感じたようなら20~25%悪いサービスの場合には10%と考えておくと良いでしょう。

クレジットカードで全額を支払う

クレジットカードで全額を支払う際には、レシートの利用金額を確認した後、「tip」の欄に、利用料金の15%の金額を目安に記入します。

ここでは、$30の15%で$4.5。
端数は切り上げて$5.00と記入。

最後にチップを加えた合計金額$35.00を記入し、サインをして完了します。
小数点2桁まで記入することを忘れずに。

Amount $30.00
Tip $5.00 
Total $35.00

中には後から任意の金額を書き加えるケースもあるため、絶対に空欄を作らないようにしてください。

「Amout」の欄には「sub total(小計)」と記されていることもあります。

チップだけを現金で支払う

チップだけを現金で支払う場合には、「tip」の欄に「cash」と記入します。

Amount $30.00
Tip cash
Total $30.00

チップ用の現金とサイン済みのレシートをテーブルに置くか、ウエイターまたはウエイトレスに直接手渡します。

チップが勘定に付いている場合

チップがすでに勘定の中に含まれている場合は、次のように表示されます。

Sub total $30.00
10%SVC $3.00
Total $33.00

「SVC」は、「service charge(サービス料金)」の略称です。
「tip」や「gratutiy」と表記されることもあります。
特に何もなければそのまま支払えば大丈夫です。

さらに追加でチップを支払う場合

「サービスに大変満足した!」「感動した!」ということで、チップを追加で支払いたい場合には、次のように記載します。

Sub total $30.00
10%SVC $3.00
Total $33.00
Tip not included $2.00
Total $35.00

「Tip not inclueded」は、チップを追加するための記入欄です。
追加のチップを記入した後に、合計(Total)を記入してからサイン(署名)をします。

追加のチップを支払わない場合には、「Tip not included」とその次の「Total」欄に、斜めの線を記入して、後から書き加えることができないようにします。

クレジットカードでチップを支払う前に覚えたい英単語

英語圏の場合、クレジットカードでチップを支払う際に使用する言葉は、「Check,please」です。
丁寧に言いたい際には、「May I have a check,please?」です。

イギリス英語の場合には、「Bill,please」の方が伝わりやすくなります。

他にはチップを表す「tip」もしくは「gratuity」、追加チップ欄の「Tip not included」、サインをする欄の「signature」を覚えておくと良いでしょう。

レストランからタクシーまで|シーン別のチップの払い方

ここからは、よくあるシーン別のチップの支払い方について紹介します。

レストラン

「チップの書き方や払い方」で紹介した方法で支払います。

ビュッフェ

自身で料理を運ぶので、チップを支払う必要はありません

ファストフード

先に精算を済ませてしまうため、チップの支払いはありません

スターバックスなどのカフェ

ビュッフェ同様、自身で料理や飲み物を運ぶため、チップは発生しません
テイクアウトの場合も同様です。

タクシー

料金の15~20%を目安にチップを支払います。
例えば料金が10ドルだった場合、チップ込みで11ドルもしくは12ドルを支払えば問題ありません。

ホテル

ベルマンやドアマンに荷物を運んでもらった際、感謝の気持ちとして、1ドルから2ドルほどのチップが相場と言われています。

初めての海外旅行におすすめのクレジットカード3選

ここからは、初めての海外旅行におすすめのクレジットカードとして、「JCB W」「エポスカード」「アメリカン・エキスプレス」の3つを紹介します。

JCBカード W

JCBカード W」は、18歳から39歳までの人を対象とした、年会費無料のクレジットカードです。

ETCカードも無料で発行可能です。
ポイント還元率は、JCB一般カードの2倍の1%となっているのが特徴となっています。
海外利用でも還元率は1%のままです。

セブン‐イレブンやスターバックスなどの、「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」を利用することで、2倍から10倍のポイントがプレゼントされるチャンスがあります。

利用付帯ですが、海外旅行障害保険が最高2,000万円、ショッピングガード保険も100万円付いています。

エポスカード

エポスカード」は、年会費無料で持つことが可能なクレジットカードです。

一定の年代以上の人にとっては、「マルイの赤いカード」の進化系と称したほうが、イメージしやすいかもしれません。
提携ブランドはVISAのため、国内、海外ともに利用可能です。

「エポスカード」のポイント還元率は0.5%ですが、白木屋やノジマ電気などの加盟店の利用で2倍(1%)から10倍(5%)のポイントが付与されます。
他にも、「たまるマーケット」を経由したネットショッピングにて、同様に2倍から10倍のポイント還元率が実現できます。

Visa付きのエポスカードなら海外旅行傷害保険が自動付帯。
旅先でのケガやさまざまなトラブルをガードしてくれます。
海外旅行傷害保険は最高500万円。
携行品損害は1回の旅行で最高20万円です。

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カード」は、ステータスを求める人にピッタリのクレジットカードです。

初年度の年会費は無料ですが、2年目からは12,000円(税抜)となります。

提携している国内および国外の空港ラウンジサービスが無料で利用できます。

最大で5000万円の補償が受けられる、海外や国内の旅行傷害保険などが充実しているのも嬉しいところです。

「アメリカン・エキスプレス・カード」では、100円につき1ポイントが還元されます。
「ボーナスポイント・パートナーズ」を経由することで、通常の2倍から10倍のポイントを受け取ることが可能です。

おわりに

初めての海外旅行で、クレジットカードを使ってチップを支払う際には、必ずレシートを確認してから、チップの金額を記入することを心がけてください。

トラブルを避けるためにも空欄は作らずに、小数点以下2桁まできちんと書き込みましょう。

カード絞り込み検索

カード検索

カード絞り込み検索

新着記事

PAGE TOP