クレジットカード

100dポイントから投資家デビュー!?dポイント投資のやり方&メリット・デメリット一挙紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ドコモが新たに、スタートした「投資信託サービス」を、知っていますか?

すでに評判のこのサービスは、dポイントを利用した投資であり、貯まったdポイントを運用する画期的なサービスです。

「でも投資だから難しいのでは?」「申込とか手続きが面倒でしょ?」

等々の疑問、よく分かります!

しかし、dポイント投資の内容や仕組み、メリット・デメリットやアプリの登録方法を読めば、どなたでも簡単にスタートできます。

読んだ後にはあなたも、dポイントで投資家デビューすることでしょう。

目次

100dポイントから投資信託デビュー!dポイント投資の仕組みとは?

dポイント投資とは、あなたが持っているdポイントを使い、投資体験できる画期的なサービスです。

上図のように、dポイントを専門家に任せ、「投資信託」のように運用させていきます。

運用によってdポイントは増減。投資信託の基準価格に連動するため、時には損することもあります。

ただ現金を使わず、なおかつ「100dポイント」からできる手軽さもありますので、投資信託を始めてみようかな?と思っている方にピッタリのサービスかと思われます。

dポイント投資のメリットは?

100dポイントから誰でも投資信託ができる

dポイント投資最大のメリットは「100dポイント」から始められることです。

投資信託と言えば、平均で数千円~数万円かかりますが、dポイント投資はお金を必要とせず「dポイント」があればOKです。

1回の投資で「99,000ポイント」まで振込めますので、ライトユーザーからヘビーユーザーまで楽しめますよ。

dポイントの入金手数料&引出手数料がかからない

投資信託のネックは「手数料」です。

口座の維持、入金や出金時も手数料を取られることがあります。

一方、dポイント投資は口座維持やポイントを入れる時・ポイントを出す時も手数料は一切かかりません。

維持費がかからないのも、dポイント投資の魅力と言えます。

アクティブコース・バランスコースの2つから選べる手軽さ

dポイント投資のメリットは、投資初心者の方でもコースを迷わず選べることも挙げられます。

と言うのもdポイント投資「アクティブ」「バランス」2つのコースだけ用意されているからです。

「投資をやってみたいけど…コースがたくさんあって選べない!」

そんな悩みを解決するdポイント投資です。

貯まったdポイントをすぐ引き出せます!

投資全般の欠点である現金やポイントの「引出」

しかし、dポイント投資は「dポイントを使いたい!」と思った時、リアルタイムで引出すことができます。

いつでも引き出せるからと言って別途手数料が発生することもなく、あなたが使いたいと思った時に引き出せますので大変便利な投資です。

今日から投資家デビュー!dポイント投資のやり方&取引内容紹介

dポイント投資の前にコースを選択!アクティブ&バランスどちらが好み?

dポイント投資を行う前にまずは、コース選択を行いましょう。

コースは先ほど紹介したように「アクティブコース」「バランスコース」の2種類に分かれます。

それぞれの特徴を簡単に紹介すると…

・アクティブコース:安定した債券よりもハイリターンが望める「株式」に重点を置いたコース。高いリターンを求める分、リスクも高くなります。

・バランスコース:ハイリターンを求める株式よりも、安定した「債券」に重点を置いたコース。安定した成績を出す一方、高いリターンは望めない。

このように両者、特徴的なコースに設定されています。

あなたが求めるコースはどれか?まずは決めてから申し込みに移りましょう。

登録は簡単!?dアカウント登録&初期設定のみで利用可能

dポイント投資の登録は「dポイントアプリ:ためる」から、またはdポイント投資のホームページより登録できます。

この時、dアカウントを持っていない方は、無料で登録できますので登録しておきましょう。

登録は、口座開設も必要ありませんし、本人確認書類やマイナンバーカードの提出もありません。

順を追って登録し、後はdポイントをいくら投資するか決定すれば、無事設定が完了します。

早ければ5分以内にdポイント投資の登録が完了しますので、誰でも簡単にできますよ。

設定後の操作は必要?難しい手続きはあるの?

dポイント投資は、設定完了後に「あれをしなさい!」「これをしなさい!」と言うことは一切ありません。

あなたがdポイント投資上で行うことは、主に3点です。

・dポイントの追加、または引き出し

・コースを選び直す

・退会時の手続き

と言うのも、投資信託と同じシステムのため運用は全て専門家に任せています。

したがって、あなたが取引することもなく上記の3点だけ、操作すればOKです。

設定後の操作も簡単なことは、大変ありがたいことですね!

dポイント投資特典スタート!期間限定100dポイントを見逃すな!

いまなら、「100Pプレゼントキャンペーン」をdポイント投資登録者に開催中です。

期間は「2018年5月16日(水)~8月31日(金)」まで。

対象者は、キャンペーン期間中にdポイント投資を利用した方限定で、ポイント投資開始月の翌月末頃にプレゼントされます。

1人1回までのお得なサービスを見逃さないよう、専用ページから早速利用してみましょう。

100Pプレゼントキャンペーン:https://dpoint-inv.com/campaign/first/

dポイント投資の注意点&デメリットは?

dポイント投資により元本がマイナスになるリスク

dポイントに限らず、投資全般で発生する「元本割れ」も覚えておきましょう。

dポイント投資はたとえ、バランス型と言えども市場の動きにより上がることもあれば下がることもあります。

したがって「確実に儲かる」訳ではなく、時には投資した分よりもマイナスになることも頭に入れておきましょう。

dポイント以外に金銭の投資ができない

dポイント投資と言うだけあり、dポイント以外の投資は受け付けていません

例えば現金や他ポイント、仮想通貨は利用できませんし「期間限定のdポイント」も利用不可能です。

dポイント投資はdポイントのみ。
まずはdポイントを貯めてから参加しましょう。

dポイントの投資コースは2つのみ

dポイント投資は、2つのコースだけですので投資初心者には選びやすいシステムです。

反対に、投資に慣れている方ですと自分好みのコースを選べないデメリットが出てきます。

他の投資信託でしたら、あらゆる金融商品の中から選択できるものの、dポイント投資は2つだけのため物足りなさを感じます。

そのため、投資に慣れている方ですと面白みに欠けるかと思われます。

dポイント投資の気になるポイントを一挙解決!Q&Aコーナー

dポイントの期間限定ポイントは運用できますか?

dポイントは「通常ポイント」「期間限定ポイント」の2種類を用意しています。

しかしdポイント投資では「期間限定ポイント」のみ利用できませんので注意しましょう。
※期間限定ポイントとは、利用期間が事前に設定されているポイントです。残念ながらdポイント投資では利用できません。

dポイント投資で貯まったポイントは現金化できる?

dポイント投資で貯まったポイントを「dポイント→現金」にすることは不可能です。

ただ、dポイントでAmazonギフトカード等のアイテムを購入し売却することで、遠回りですが現金化させることは可能です。

dポイントの投資コース2つを一緒に選択できますか?

アクティブコースとバランスコース、2つを同時に選択するのは不可能です。

必ずどちらか1つを選択して、dポイント投資を始めましょう。

dポイント投資はドコモ会員以外でも申込できますか?

dポイント投資は、ドコモ会員以外でも申込できます

dポイントクラブに無料登録を行うことで、au・ソフトバンクを利用者でも大丈夫です。

dポイント投資の運用実績は毎日何時に更新されますか?

dポイントでいくら儲けたのか?または減ったのか?反映されるのは1日1回17時ごろです。

この時間になると、あなたのポイントが増減していますので確認してみましょう。

※ただし、土日祝は取引を停止しているため増減しません

dポイント投資で原本割れした際の補償はありますか?

dポイント投資は、投資の1つですので儲かる時もあれば損する時もあります。

たとえ大量のポイントを失っても、残念ながら補償されません。

ただ、投資を体験することで利益を確定するタイミング、そして損切と言った見極めが鍛えられます。

dポイント投資できるポイントの上限は決まっていますか?

dポイント投資では、1回に追加できるdポイント「99,000ポイント」は決まっているものの、上限は決まっていません

たとえ、10万ポイント以上をdポイント投資に追加しても、問題なく利用可能です!

そのため、もし大量のポイントがあれば何十万ポイントも投資できますよ。

まとめ

最後に、dポイント投資は投資が初めての方にピッタリのサービスと言えます。

理由として、現金ではなく「dポイント」を利用して体験できますし、100dポイントからと言う手軽さもトライしやすいですね。

ポイントを追加・引き出す際に発生する手数料もかかりませんし、dポイントの口座維持費もかからないのも魅力的です。

確かに投資ですので元本割れのリスクはあるものの、本格的にスタートする前に投資の勉強ができたと思えば、そこまでデメリットになりません。

もしこれから投資をスタートしたい!と思いましたら、まずはdポイント投資を活用して投資体験をしてみてはいかがでしょうか?

カード絞り込み検索

カード検索

カード絞り込み検索

新着記事

PAGE TOP