ANA JCB 一般カード

マイル獲得のスタンダード!ANA JCB 一般カード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ANA JCB 一般カード
年会費(初年度) 無料
年会費(二年目以降) 2,000円(税別)
ETC年会費(初年度) 無料
ETC年会費(二年目以降) 無料
対応電子マネー

ANA JCB 一般カードはポイント&ANAマイルが貯まる優れもの


ANA JCB 一般カードは「ポイント」「マイル」両者が貯まる優秀なクレジットカードです。
まずポイントでは「1,000円=1ポイント」貯まり、貯まったポイントを後日、アイテムやギフトカード、そして電子マネーや「マイル」に交換できます。
マイルへ交換する場合、手数料無料で利用できる「5マイルコース」が利用可能です。
「1ポイント=5マイル」で交換できますので、貯まったポイント全てマイルに交換するのも良いでしょう。
また「いちいちポイントからマイルに交換するのが面倒!」と感じましたら「自動移行コース」がおすすめです。
貯まったポイントを自動的にマイルへ交換するため、ポイントからマイルに交換する手間が省けます。
その上、いつでも自動移行コースからポイントが貯まる「マルチポイントコース」へ変更できるのも、ANA JCB 一般カードの強みと言えます。

ANA JCB 一般カードでマイルを更に貯めるなら10マイルコースを利用しましょう


ANA JCB 一般カードでもっとマイルを貯めたいと思いましたら「10マイルコース」を利用してみましょう。
年間手数料として「5,000円+税」発生するものの「1ポイント=10マイル」なんと5マイルコースの2倍の交換レートでマイルにできます!
そして10マイルコースに利用金額や利用回数の制限はありませんので、使えば使うほどマイルを貯められるのも魅力的なポイントです。
例えば、月々のクレジットカードの支払いをANA JCB 一般カードに変更したらどうなるでしょうか。
●月々5万円の場合
・1ヶ月:50ポイント=500マイル
・6ヶ月:300ポイント=3,000マイル
・1年間:600ポイント=6,000マイル
日々のショッピングや各種支払いを行うと、月々5万円は発生することでしょう。
すると上記のように1年間で6,000マイル貯まりますので例えば「東京⇔大阪」や「東京⇔仙台」間と言った片道航空券を入手できます。
●月々10万円の場合
・1ヶ月:100ポイント=1,000マイル
・6ヶ月:600ポイント:6,000マイル
・1年間:1,200ポイント:12,000マイル
ショッピングや飲食代だけでなく、家賃や公共料金と言った各支払いをまとめてANA JCB 一般カードで支払うと、10万円の出費になることでしょう。
すると、1年間で12,000マイルが貯まりますので「東京⇔大阪」「東京⇔仙台」と言った区間の往復航空券を無料で入手できるのです。
確かに手数料は発生しますが、常にクレジットカードで支払いをしている方でしたら、年会費とは別に10マイルコースの手数料を支払い、大量にマイルを貯めてみましょう。

JCBスターメンバーズで最大25%ポイントアップ


ANA JCB 一般カードでは、利用すれば利用するほどポイントアップする「JCBスターメンバー」と言うサービスを用意しています。

ANA JCB 一般カードは上図の右側ですので年間50万円以上~300万円以上利用することで各ランクに分けられます。

そして各ランクによって、通常のポイントにプラスして最大25%のポイントアップするのです!
クレジットカードで殆どの支払いをされている方でしたら、もしかしたら1年間でロイヤルαになるかもしれませんよ。

ANA JCB 一般カードはANAカードマイルプラス対象店舗でポイント&マイルが貯まります


ANA JCB 一般カードでは「ANAカードマイルプラス」に含まれる店舗で利用すると、ポイントと一緒に「マイル」も貯まります
両者を貯める方法は至って簡単で、ANAカードマイルプラスの対象店舗でANA JCB 一般カードを利用するだけです。
これだけで、ポイント&マイルの二重取りができます。
それでは、対象店舗の一部を下記に紹介していきましょう。



このように、有名コーヒーチェーン「スターバックス」やガソリンスタンドの「ENEOS」や「出光興産」でもマイルが貯まります。
そして更に、楽天市場やYahooショッピングと言ったネット通販でもANA JCB 一般カードでマイルを貯められるのです!
そのため、あなたが頻繁に利用する店舗がある、または週に何回も通うスポットがありましたらANA JCB 一般カードでポイント&マイルを同時に溜めてみましょう。

ANA JCB 一般カードでフライトマイル&継続マイルプレゼント!


ANA JCB 一般カードは、一般のANAカードと同じ機能がありますので「ANA航空機」またはANAが所属する「スターアライアンス」に加盟する航空会社であれば、フライトマイルを貯められます。
そのフライトマイルも、ANA JCB 一般カードであれば「区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×10%」のボーナスマイルが貯まります!
また、ANA JCB 一般カードの入会&継続で「1,000マイル」のプレゼントまで行っているのです。
あなたもANA JCB 一般カードを作成したら、これらのボーナスマイルを入手し、存分に活用していきましょう。

Oki Dokiランド&ANAマイレージモールでポイントアップ・マイルGET!


あなたがネット通販を頻繁に利用している、またはインターネットを利用してサービスの加入、旅行やホテル予約等を行っているなら「Oki Dokiランド」または「ANAマイレージモール」を利用してみましょう。
両者共、サイトを経由し対象のネット通販サイト、またはネット旅行・ホテル予約サイトを利用することで通常よりもポイントやマイルを貯められます。
・Oki Dokiランド:サイトを経由してネット通販を利用すると最大10倍以上のポイントアップが可能
・ANAマイレージモール:各ネット通販サイトを利用することで「100円=1マイル」「200円=1マイル」「300円=1ポイント」のように、ポイントとは別にマイルが貯まります。
したがって、ポイントを大いに貯めたいなら「Oki Dokiランド」
マイルをがっつり貯めたいなら「ANAマイレージモール」がおすすめですよ!

ANA JCB 一般カード×ANAふるさと納税でマイルが貯まる!実質2,000円で特産品をGET


昨今、実質2,000円で全国各地の特産品や体験型のサービスを受けられる「ふるさと納税」が注目されています。
ふるさと納税ができるサイトが多くありますが、もしANA JCB 一般カードを作成しましたら「ANAふるさと納税」をおすすめします。
と言うのも、ANAふるさと納税を利用することでポイントの他に「100円=1マイル」貯まるからです。
食品ですと肉や魚、地方の名物、そしてお酒や体験型イベント…等々、ここでは紹介しきれないほどです!
それらを実質2,000円で楽しめるだけでなく、マイルも貯まるのですから使わないのは非常にもったいないので、ANA JCB 一般カードを作成したら一緒に利用してみましょう。

ANA JCB 一般カードで楽天Edyが利用可能!マイルも貯まる優れたサービス


ANA JCB 一般カードには「楽天Edy」のサービスが搭載されています。
利用するために、登録料金や利用手数料が発生せず、何円・何回利用しても無料で利用できます。
更に、楽天Edyで支払うことで「200円:1マイル」貯まり、Edyマイルプラスに加盟する店舗で利用すればマイルが2倍にアップするのです!
もちろん、貯まったマイルを楽天Edyに交換できますので、臨機応変にマイルを活用できるのも強みと言えるでしょう。
無料で利用できるサービスを、例えばコンビニやスーパー等の少額の支払いに活用してみてはいかがでしょうか?
そうすれば、いちいちお財布から小銭を出す煩わしさもなくなり、お得にマイルを貯められますよ。

ANA JCB 一般カードのポイント有効期限は?延長する方法は?


ANA JCB 一般カードで貯まったポイントの有効期限は「2年間」です。
残念なことに、ポイントの有効期限を延長する方法はありませんので、利用しませんと消滅する可能性があります。
しかし!
ポイントを「マイル」に交換することで、マイルの有効期限「3年間」を利用できます。
つまり、ポイント有効期限とマイルの有効期限を合わせれば最大5年間の延長が可能です。
したがって「ポイントの有効期限が迫っているけど…特に交換したいアイテムがない…」と思いましたら、マイルに交換して有効期限を延長してみてはいかがでしょうか?

ANA JCB 一般カードで受けられる旅行傷害保険とは?ショッピング&不正利用時の対処は?


ANA JCB 一般カードは「国内・海外旅行傷害保険」「自動付帯」で利用できます。
自動付帯のため、旅行代金や航空機のチケット代と言った費用をANA JCB 一般カードで支払わなくとも、所有しているだけで受けられます。
しかし、ANA JCB 一般カードを単体で旅行傷害保険を利用するのはおすすめできません。
と言うのも「傷害による死亡:最高1,000万円」「傷害による後遺障害:40万円~1,000万円」「救援者費用:100万円」これら3点だけが補償されるからです。
肝心の怪我や病気になった時に必要な「医療費」の補償がありませんし、携行品被害や賠償責任時の補償もありませんので、単体では非常に厳しいです。
したがって、旅行傷害保険用のサブカードを用意するか別途、保険会社の保険への加入をおすすめします。
ですが「ショッピングガード保険」「不正利用時の補償」は、充実した内容です!
・ショッピングガード保険:自己負担3,000円で「最高100万円」まで補償します。
※補償期間は購入日および購入日の翌日から90日間
・不正利用時の補償:カスタマーセンター問い合わせ後、最大60日前にさかのぼり補償します
上記のように、何かあった時でもANA JCB 一般カードがあなたに代わって補償してくれますので、肌身離さず所有しておきましょう。

ANA JCB 一般カードでANAカードの割引&優待が受けられます

ANA JCB 一般カードがあれば、ANAカードの割引や優待を受けられます。
割引や優待を受けるために難しい手順を踏むことなく、ANA JCB 一般カードを利用するだけで利用できます。
では早速、ANAカードの特典を見ていきましょう。
・国内線・国際線の機内販売:10%OFF
・空港内免税店:5~10%OFF
・空港内店舗「ANA FESTA」:10%OFF
・成田空港近くの「セントラルパーキング成田」が優待料金で利用可能
・ANAショッピング A-style:5%OFF
・ANAスカイホリデー・ANAハローツアー・ANA大人のゆとり旅・ANAワンダーアース:5%OFF
・ANAビジネスソリューション公開講座 受講料金:15%OFF
・ニッポンレンタカー、トヨタレンタカー、オリックスレンタカー:5%OFF
・ハーツレンタカー:5%~20%OFF
これらの割引や優待が、ANA JCB 一般カードを利用するだけで受けられるのです。
あなたもANA JCB 一般カードを所有しましたら利用することをおすすめします。

ANA JCB 一般カードの年会費は?家族カードやETCカードの発行は可能?

ANA JCB 一般カードは、これらのサービスを用意しているため「年会費が高額では?」と思う方もいることでしょう。
ですが、その思いを良い意味で裏切る「年会費2,000円+税」と言う安価な年会費を実現します!
更に家族カードやETCカードも発行可能であり、家族カードは「年会費1,000円+税」ETCカードは年会費無料で利用できます。
ANA JCB 一般カード、家族カードそれぞれ年会費を無料にする方法はありませんが、これほど多くの特典を持つクレジットカードですので非常にお得な1枚です。
ポイント&マイルが貯まり、ANAカード共通の特典を利用できる優秀な1枚をあなたも所有してみては?

ANA JCB 一般カードとANA VISA 一般カードの違いは?


「ANA JCB 一般カードとANA VISA 一般カードがあるけど、どんな違いがあるの?」
違いを挙げるとすれば「10マイルコースの手数料」「年会費」「QUICPay」にあります。
10マイルコースの手数料はJCBの場合「5,000円+税」ですが、VISAですと「6,000円+税」になるため、1,000円多く支払わなければいけません。
また年会費についても違いが出てきます。
JCBでは年会費「2,000円+税」のままですが、VISAの場合「WEB明細サービス」「まいペイすリボ」の活用により最大「1,025円+税」まで抑えられるのです。
そして何より、JCBで利用できる「QUICPay」をVISAでは使用不可能と言うのも違いと言えます。
上記のような違いもありますが、世界的に見てVISAの方が利用できる店舗が多いのも事実です。
このように違いが出てきますので、選ぶ際には十分吟味したうえでどちらを作成するか検討しましょう。

まとめ

いかがでしたか?
ANA JCB 一般カードは、ポイントだけでなくマイルを貯めるために欠かせない1枚です。
そして、大いにポイントやマイルを貯めたい方のために「10マイルコース」や「Oki Dokiランド」等のサービスを用意していますし、ANAカードマイルプラスの対象店舗であれば、サービスに加入することなく簡単にマイルを貯められます。
その上、もしもの時のために「国内・海外旅行傷害保険」や「ショッピングガード保険&不正利用時の対処」も用意しているのは、非常にありがたいポイントです。
もしあなたが、ANAマイルを貯めつつ様々なサービスや特典を利用したいなら、ANA JCB 一般カードを強くおすすめします。

ANA JCB 一般カードの概要

年会費(初年度) 無料
年会費(二年目以降) 2,000円(税別)
ETC年会費(初年度) 無料
ETC年会費(二年目以降) 無料
対応電子マネー
最短発行日 Web申し込みで最短1週間でカードを発行・発送
郵送申し込みで必要書類到着後、最短1週間でカードを発行・発送
国内旅行傷害保険 最高1,000万円
海外旅行傷害保険 最高1,000万円(死亡・後遺障害)
ショッピング保険 最高100万円
その他サービス 1,000円(税込)で1OkiDokiポイント 5マイルコース:1ポイント=5マイル 10マイルコース:1ポイント=10マイル(5,000円/税別) 楽天Edy支払いで200円=1マイル

カード検索

カード絞り込み検索

新着記事

PAGE TOP