ANA To Me CARD PASMO JCB

東京メトロを使うならANA To Me CARD PASMO JCB!マイルもメトロポイントもOkiDokiポイントも貯めよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ANA To Me CARD PASMO JCB
年会費(初年度) 無料
年会費(二年目以降) 2,000円(税抜)
ETC年会費(初年度) 無料
ETC年会費(二年目以降) 無料
対応電子マネー

ANA To Me CARD PASMO JCBは1枚で3つのポイントが貯まる!魅力的なカードのメリット紹介


ANA To Me CARD PASMO JCBは、ANAと東京メトロのソラチカカードがタッグを組んで展開しているクレジットカードです。
このカードの特徴は、数多くあり中でも「ポイント」は他のクレジットカードを圧倒するお得感満載の1枚になっています。
なんと「Oki Dokiポイント」「メトロポイント」「マイル」合計3つが貯まります!
では初めに、クレジットカードで貯まる「Oki Dokiポイント」から見ていきましょう。

ANA To Me CARD PASMO JCBでOki Dokiポイントが貯まります


まず紹介するのは、Oki Dokiポイントです。
このポイントは「1,000円=1ポイント(1ポイント=0.5円相当)」貯まり、ショッピングやグルメ、公共料金の支払でも貯めることができます。
貯まったポイントは後程、アイテムやギフトカード、電子マネー等に交換できますが還元率を見ると平均的と言えます。
ですが、ANA To Me CARD PASMO JCBはこれだけでは終わりません。
それでは次のポイントを一緒に見ていきましょう。

東京メトロ利用でメトロポイントが貯まる!ポイント交換はマイルがお得


ANA To Me CARD PASMO JCBでは、Oki Dokiポイントの他に「メトロポイント」が貯まります。
メトロポイントは、東京メトロの利用や、メトロポイントPlus加盟店で利用すると貯まるポイントであり、特に東京メトロ利用者には打ってつけのポイントと言えます。
と言うのも、メトロポイントPlusに登録したPASMOを利用することで、東京メトロ1乗車につき「平日:5ポイント」「休日:15ポイント」貯まるからです。
もちろん、ANA To Me CARD PASMO JCBのPASMOでも対応しており、なおかつ何回利用してもポイントが貯まる優秀なサービスです。
また、メトロポイントPlus加盟店で利用すると「200円=1ポイント」同じく加盟している自販機なら「100円=1ポイント」で貯まります。
更に「Echika池袋」や「Esola池袋」と言った対象店舗で利用しても、Oki Dokiポイントと一緒にメトロポイントが貯まるのです。
PASMOを利用して乗車するだけで、クレジットカードのポイントとは別にポイントが獲得できるのは、ANA To Me CARD PASMO JCBの強みと言えます。

ANA To Me CARD PASMO JCBの継続利用&搭乗でマイルが貯まります


最後に紹介するのは「マイル」です。
ANA To Me CARD PASMO JCBと称されているように「ANA」のマイルを貯めることができます。
そのマイルですが、ANA To Me CARD PASMO JCBを継続利用しているだけで「1,000マイル」自動的にプレゼントされます。
これは、有料サービスへの加入や難しい手順を踏むことなく、会員であれば誰でも1年間継続することで1,000マイルが入手できるサービスです。
その上、搭乗マイルも完備されており、搭乗するごとにボーナスマイルがプレゼントされます。
このように、ANA To Me CARD PASMO JCBでは「Oki Dokiポイント」「メトロポイント」「マイル」の合計3種類を貯めることができます。
こんなに貯められるANA To Me CARD PASMO JCBを、見逃すのは非常にもったいないですよ!

ANA To Me CARD PASMO JCBでマイルを存分に貯めたい!マイルコースはいかが?


「ANA To Me CARD PASMO JCBでOki Dokiポイントではなくマイルをもっと貯めたい!方法はないのかな?」
と言うあなたのために、ANA To Me CARD PASMO JCBは「マイル自動移行コース」を用意しています。
このコースを利用すると、今まで「1,000円=1Oki Dokiポイント」が貯まっていたのを、マイルへ変更することができます。
・マイル自動移行コース(5マイル):1,000円=5マイル
・マイル自動移行コース(10マイル):1,000円=10マイル
上記のように2種類の自動移行コースを用意しており、金額に応じてOki Dokiポイントではなく「マイル」を貯められます。
例えば、年間50万円利用すると「5マイルコース:2,500マイル」「10マイルコース:5,000マイル」年間100万円なら5,000マイル&1万マイルも貯められるのです。
5,000マイルなら東京~大阪の片道航空券、1万マイルあれば東京~大阪間の往復航空券を入手できます。
ただし「10マイルコース」を選択すると確かにマイルを貯めやすくなりますが、別途「5,000円+税」が発生します。
年間数十万円、数百万円利用するなら10マイルコースでも元は取れると思いますが、そこまで利用するつもりはなくコツコツ貯めたいなら、5マイルコースが良いでしょう。

ANA To Me CARD PASMO JCBは東京メトロ定期券を搭載可能|購入でポイント二重取りもできます

東京メトロを通勤・通学で利用しており、なおかつ定期券を購入しているならANA To Me CARD PASMO JCBは手放せない1枚となることでしょう。
理由として、ANA To Me CARD PASMO JCBを利用して東京メトロの定期券を購入するとポイント二重取りができるからです。
例えば、あなたがANA To Me CARD PASMO JCBを利用して5万円の定期券を購入したとしましょう。
すると下記に紹介するように、ポイントが貯まるのです!
●Oki Dokiポイントの場合
・Oki Dokiポイント:50ポイント
・メトロポイント:250ポイント
→1ヶ月5万円の定期券を1年間購入すると、Oki Dokiポイントが600ポイント、メトロポイントが3,000ポイント。
●マイル自動移行コースの場合
・マイル(5マイルコースの場合):250マイル
・マイル(10マイルコースの場合):500マイル
・メトロポイント:250ポイント
→同じく1ヶ月5万円の定期券を1年間購入すると、5マイルコースは3,000マイル、10マイルコースは6,000マイル。合わせてメトロポイント3,000ポイントが貯まります
※定期券購入の場合、メトロポイントは「1,000円=5ポイント」貯まります
ポイントの二重取りがお得にできますし、ANA To Me CARD PASMO JCBに定期券機能を搭載できます。
したがって、東京メトロの定期券を購入しているならANA To Me CARD PASMO JCBを手放せない1枚になること間違いなしですよ!

ANA To Me CARD PASMO JCBはPASMOオートチャージに対応|オートチャージでポイント&マイルを獲得


ANA To Me CARD PASMO JCBに付帯する「PASMO」は、PASMOオートチャージに対応しています。
オートチャージがあることで、改札口でたとえチャージ金額が足りなくとも止まることなくスムーズに通過できます。
その上、オートチャージをANA To Me CARD PASMO JCBに設定しておけば「1,000円=1Oki Dokiポイント」マイル自動移行コースなら「1,000円=5マイル(10マイルコースなら10マイル)」も貯まりますので、チャージ時もお得に利用できます。

貯まったメトロポイントの交換先はマイルがお得!?移行レートは?


Oki Dokiポイントは後程、アイテムやギフトカード、各種電子マネーに交換できますが「メトロポイント」はどうでしょうか?
メトロポイントも貯まりましたら、下図のように交換できます。

PASMOチャージや楽天スーパーポイント、nanacoへの交換ですと「1ポイント=1円」で交換できますが、中でも見逃せないのは「マイル」への移行レートです。
他では0.5~0.6%のレートが多い中、メトロポイントは驚異の「0.9%」を実現しています!
もし、マイル自動移行コースしていると、普段のショッピングや各種支払いと一緒にメトロポイントの交換で、更にマイルを貯められるのです。
もちろん各種電子マネーやPASMOへの交換も損はありませんが、他には見られないマイルの驚異の還元率を是非とも、あなたに活用していただきたいと思います。

ANA To Me CARD PASMO JCB利用で割引&特典が受けられます


ANA To Me CARD PASMO JCBは、3種類のポイントを貯められるメリットだけでなく、利用することで割引や特典を受けられます。
数多くの割引や特典がありますので、その中から一部を抜粋して紹介しましょう。
・タイムズカープラス:入会時の会員カード発行手数料1,550円が無料&月額基本料金1,030円が3ヶ月無料
・三越:日本橋、銀座三越で利用するとOki Dokiポイントの他に「1,000円=5メトロポイント」が貯まります
・東京国立博物館:ANA To Me CARD PASMO JCB提示で「620円→520円(税込)」に割引
・渋谷メトロプラザ:対象店舗で5~10%割引&一品メニューサービス
・ルミネtheよしもと:ANA To Me CARD PASMO JCB提示で、当日券が前売り券の金額で購入できる
等々、ここでは紹介しきれないほど、ANA To Me CARD PASMO JCBの提示や利用で受けられる割引&特典が目白押しです。
こちらに専用ページを掲載しますので、もしあなたが頻繁に利用する店舗がありましたら、ANA To Me CARD PASMO JCBを作成してみましょう。

ANA To Me CARD PASMO JCBはANAグループに強い!割引&マイルが貯まる優れもの

ANA To Me CARD PASMO JCBは、ANAグループでも大いに力を発揮する優れものです。
例えば、下記に紹介するANAグループの店舗で利用すると割引を受けられます。
●10%OFFになるANAグループ店舗
・ANA FESTA:1,000円以上のお買物で10%OFF
・国内線、国際線の機内販売割引:1,000円以上のお買物で10%OFF
●5%OFFになるANAグループ店舗
・ANAショッピング A-style
・ANAスカイホリデー、ANAハローツアー、ANA大人のゆとり旅、ANAワンダーアース
提示するだけで、最大10%OFFでショッピングを楽しめるのは嬉しいポイントです。
更に!マイル自動移行コースしなくとも、利用するだけでマイルが貯まるサービスまで用意しています。
例えば、セブンイレブンや出光で利用すると「200円=1マイル」で貯まりますし、マツモトキヨシやENEOS等では「100円=1マイル」も貯まります。
もちろん、この他にもポイントと一緒にマイルが貯まる店舗がありますので、よく利用する店舗が含まれていましたらANA To Me CARD PASMO JCBで大いにマイルが貯められますよ。

ANA To Me CARD PASMO JCBの国内&海外旅行傷害保険は?ショッピングガード保険は?

ANA To Me CARD PASMO JCBでは、国内&海外旅行傷害保険を用意しています。
ですが、内容を見ると少々物足りなさを感じます。

自動付帯で上図の保険を利用できますが、ANA To Me CARD PASMO JCBの場合ですと「一般」になりますので「傷害による死亡・後遺障害」「救援者費用」しか受けられません
国内ですと「航空機搭乗中」「飛行場構内」に限定されますので、利用しやすいとは言えません。
ただ、最大90日間のショッピングガード保険は付帯しており、自己負担1万円ですが最高100万円まで補償してくれます。
したがって、旅行傷害保険を求める場合は補償金額が高めに設定されているクレジットカードをサブに所有するか、保険会社の保険を利用することをおすすめします。
※万一、カードを紛失・盗難されて不正利用された場合も補償してくれます。

ANA To Me CARD PASMO JCBの年会費は高額?家族カードやETCカードは?

ここまで、ANA To Me CARD PASMO JCBを紹介してきましたが、これほどの魅力的なカードですと年会費が高額では?と思ってしまいます。
ですが、年会費は初年度無料で、2年目以降は「2,000円+税」で所有できます。
年会費無料とはいきませんが、ポイントやマイルが貯まり、提示することで割引や特典を受けらますので、この年会費は非常にお得です。
また家族カードの発行も可能であり、年会費も「1,000円+税」で本会員と同等の機能を利用できます。
嬉しいことに、ETCカードは年会費無料で利用できますし、利用料金もポイントやマイルとして貯められます。
これほど多くの特典を備えていて年会費2,000円+税で所有できますので、ANAマイルを貯めている方や東京メトロを利用している方にとってそこまで負担にはならないでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
ANA To Me CARD PASMO JCBは、東京メトロを頻繁に利用する方やマイルを大いに貯めたい方におすすめできる1枚です。
またポイントやマイルが貯められる特典だけでなく、提示することで対象店舗が割引&サービスを受けられるのもANA To Me CARD PASMO JCBの魅力的なポイントと言えます。
あなたがもし、東京メトロを通勤・通学で利用している、またはマイルが大いに貯まるクレジットカードを探しているなら、ANA To Me CARD PASMO JCBは打ってつけのクレジットカードになることでしょう。

ANA To Me CARD PASMO JCBの概要

年会費(初年度) 無料
年会費(二年目以降) 2,000円(税抜)
ETC年会費(初年度) 無料
ETC年会費(二年目以降) 無料
対応電子マネー
国内旅行傷害保険 最高1,000万円
海外旅行傷害保険 最高1,000万円
ショッピング保険 (海外)最高100万円
その他サービス 東京メトロ、東急電鉄、東武鉄道、京急電鉄、相模鉄道、京王電鉄で発売している定期券が搭載可能

カード検索

カード絞り込み検索

新着記事

PAGE TOP