ライフカード

ライフカードの初年度ポイント還元率は1.5倍!お誕生日月は3倍にも!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ライフカード
年会費(初年度) 無料
年会費(二年目以降) 無料
ETC年会費(初年度) 無料
ETC年会費(二年目以降) 無料

ライフカードは年会費・発行手数料無料で利用可能!


ライフカードは利用金額、利用回数に関係なく、年会費&発行手数料が無料の優秀なクレジットカードです。
他のクレジットカードを見ると、条件付きや利用金額・利用回数にかかわらず、有料のクレジットカードが多い中、維持費がかかりません。
そのため、例えあなたが怪我や病気で入院し、長期間ライフカードが利用できない。または諸事情で利用できない時期があっても、無駄な年会費を徴収されなくて済みます。
もちろん、初年度だけでなく2年目以降も年会費は一切発生しませんので、安心して利用できますよ!

ライフカードで家族カードでETCカードの発行もOK!ただし注意点あり


ライフカードでは、家族カードやETCカードの発行ができます。
家族カードは、本会員の信用情報に問題が無ければ、面倒な手続きと審査がありませんので簡単に家族のために発行できる優れものです。
またETCカードも、高速道路でスムーズに料金所を通過できる「ETCレーン」になくてはならない存在です!
これらのカードはどれも、発行手数料無料で、なおかつ利用回数や金額にかかわらず年会費も永年無料で利用できます。
ただし「ポイント還元率」「ETCのポイント」は注意が必要です。
後ほど詳しく紹介しますが、ライフカードではポイント還元率がアップする制度が多数あります。
しかし家族カードの場合、ポイント還元率アップの恩恵が受けられるのは「本会員」のみであり、家族カードは常に同じ還元率です。
その上、ETCカードを利用しても、料金からポイントが還元されることはありません。
したがって、家族カードやETCカードを作る際には上記の注意点を頭に入れておきましょう。

ライフカードのポイントアップが見逃せない!4つのポイントアップ制度とは?

ライフカード新規入会者限定!入会から1年間はポイント3倍


ライフカードの通常ポイント還元率は「1,000円=1ポイント(1ポイント=0.5円相当)」のため0.5%還元です。
0.5%ですと、他のクレジットカードとあまり変わらないので別段、ライフカードでも必要ないと感じますよね?
しかしライフカードは、新規入会者限定で入会してから1年間「ポイント1.5倍」のサービスを実施しています!
このサービスに「1ヶ月〇〇万円まで」「1年間△△万円まで」と言う制限はなく、利用した金額全て、1.5倍の対象です。
ただ、1年間経過すると再び0.5%の還元率に戻りますので1年間、がっつり利用していきましょう。

ライフカードは誕生日に特典あり!?誕生月はポイント還元率3倍にアップ


ライフカード最大の魅力が「誕生月」のポイントアップ特典です!
通常ポイント還元率が一気に1.5%にポイントアップしますので、この月に大量の商品を購入するのがおすすめです。
「でも、制限金額や適用される商品が決まっているのでは?」
と言う心配は無用です。
制限金額や適用される商品は一切なく、利用した分だけ誕生月のポイントアップ特典を受けられます。
誕生月の1ヶ月限定の特典になりますので、この機会を見逃さず、大いにポイントを貯めましょう。

1年間の利用金額でボーナスポイントプレゼント


ライフカードでは、あなたが1年間に利用した金額によってボーナスポイントを用意しています。
1年間の内「50万円」以上利用することで、なんと300ポイントもボーナスポイントがプレゼントされます。
50万円と聞くと一見、難しそうに思えますがライフカードはショッピングやグルメだけでなく、公共料金や通信費等、幅広い支払いに対応しています。
それらの支払いも、ライフカードにすることで簡単に1年間、50万円以上の壁を突破できるでしょう。

ライフカードはクレジットカードヘビーユーザーに有利!最大2倍のポイントアップを受けられます


ライフカードは、クレジットカードのヘビーユーザーに有利な制度を設けています。
それは「ステージ制プログラム」と言う制度です。
上図を見て分かるように通常は0.5%ですが、1年間の利用金額に応じてステージがアップ!
50万円以上で1.5倍、100万円以上で1.8倍、200万円以上利用すればなんと2倍までポイントアップします。
その上、ステージアップの条件を満たせば翌年、常に1.5倍~2倍のポイント還元率を実現できるのです。
もちろん、先ほど紹介したボーナスポイントも同時受け取れるため、ヘビーユーザーにはありがたい制度と言えます。

ライフカードはポイント有効期限が最長5年!

これまで紹介してきた、ポイントアップ制度を利用しても「有効期限」が短ければ意味がありません。
有効期限が短いために、せっかく集めたポイントが消滅しては、ポイントアップしてもお得感がありません。
しかし、ライフカードはポイントの有効期限を「2年間」に設定しています。
そして更に!「ポイント繰越コース」と言う手続きを行うことで最長「5年間」に有効期限を延長することができます。
この手続きは非常に簡単で、ライフカードのポイント交換ページに掲載されているポイント繰越コースを選択し、申し込めばOKです。
たったこれだけの手続きで、最長5年間にできますので、ゆっくりとポイントを貯めて欲しいアイテムを消滅する前に入手できるでしょう。

L-Mallでポイント最大25倍!ネットショップユーザー必見のお得なサイト


もしあなたが、Amazonや楽天市場などのネットショップを利用しているなら、ライフカードと一緒に「L-Mall」を利用してみましょう。
L-Mallとはライフカードが運営するインターネットサイトです。このサイトを経由することで、普段のポイントの他にボーナスポイントも一緒に入手できるのです。
Amazonや楽天市場の他にも、Yahoo!ショッピングやLOHACO、西友やビックカメラ等々、幅広いネットショップに対応しています。
その上、時折ですがポイントアップのキャンペーンも実施しており、タイミングが合えば最大25倍のポイント獲得も夢ではありません!
もちろん、このサイトを経由して購入する際に、利用金額や利用回数の制限は受けませんので、お得にネットショッピングを楽しみましょう。

ライフカードでふるさと納税がお得!?ふるなび利用でポイント還元率2倍にアップ!


現在、テレビCMや雑誌等で紹介されている「ふるさと納税」
各自治体が展開する魅力的な返礼品を、実質2,000円で入手できるのですから、ふるさと納税を行わないのは非常にもったいないです!
そのふるさと納税で役立つのが、実はライフカードなのです。
と言うのも、ライフカードはふるさと納税サイト「ふるなび」とタッグを組み「L-Mall」を経由して利用するとポイントアップします。
そのポイントアップがなんと2倍!通常利用するよりもお得にポイントが貯まるので、ふるさと納税を行うなら覚えておいて損はありません。
また、対象商品やふるさと納税の寄付額に制限はありませんので、多くの自治体に寄付をしても同じく2倍の恩恵を受けられますよ!

学生専用のライフカード登場!学生に嬉しい特典とは?


ライフカードは学生限定で、様々な特典を用意する「学生専用ライフカード(満18歳以上満25歳以下)」を用意しています。
このカードの特徴は、通常のライフカードにはない下記の特典の数々です!
・海外限定で、学生専用ライフカードを利用すると5%のキャッシュバックを受けられる
・最大2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯

・携帯電話の利用料金決済をライフカードにすると毎月10分の1の確立で「Amazonギフト券500円」プレゼント
このように、通常のライフカードにはない特典を用意しており、なおかつこれまでに紹介してきたポイントアップ制度も受けられるのです。
学生を終了した時点で使えなくなりますが、それまでの期間、通常カードよりもお得な学生専用ライフカードを利用していきましょう。

ライフカードが抱えるデメリットとは?

海外旅行傷害保険&ショッピング保険が付帯しない


これまで紹介してきた一般のライフカードは、不正利用された際の補償は用意されています。
※届け日より60日前にさかのぼり、発生した不正利用の金額を補償します
しかし、海外旅行傷害保険やショッピング保険が付帯されていないのはデメリットと言えるでしょう。
学生専用のライフカードなら海外旅行傷害保険は付帯しているものの、それ以外では「ライフカード<旅行傷害保険付き>」を選択しなければいけません。
年会費1,240円(税抜)発生するため、維持費を抑えたい方には辛いポイントです。
また、ショッピング保険は「トッピングカード」「トッピングEdyカード」等のカードを別途発行しなければいけません。
これらの保険が一般のライフカードに付帯していないのは残念です。

ポイントアップしなければ他のクレジットカードと変わらない還元率


ライフカードもう1つのデメリットが、ポイント還元率です。
先ほど、数々のポイントアップ制度やキャンペーンを紹介してきましたが、通常利用では0.5%の還元率しかありません。
そうなると、常に1%のポイント還元率を実現する「楽天カード」「オリコ・ザ・ポイント」の方が優秀と言えます。
それに、クレジットカード決済額が多くありませんと、ボーナスポイントやステージ制度も有効活用できませんので、頻繁にカードを利用しない方にとってはデメリットになります。
とは言え、使い方を変えればこのデメリットも気になりません。
例えば、通常利用はポイント還元率の高い楽天カードを使用し、誕生月だけライフカードを利用してポイントの荒稼ぎをするといったことも可能です。
通常利用は物足りないですが、このように組み合わせると優秀な1枚へと変貌します。

電子マネーのチャージ&ギフトカード購入でポイントが貯まらない


ETCカードのところで紹介した以外にも、ポイントが貯まらないものがあります。
それは電子マネーのチャージ&ギフトカードの購入時です。
例えば楽天Edyやnanacoのチャージはできますが、残念ながらポイントは貯まりません。
※ただし「au WALLET」に限りポイントが貯まります。もちろん、誕生月やステージ制度によるポイントアップも適用されます
また、ライフカードで購入できる「JCBギフトカード」も1ポイントも獲得できません。
このように、電子マネーやギフトカードでポイントが貯まらないのもライフカードのデメリットです。

まとめ

いかがでしたか?
ライフカードは通常時、他のクレジットカードと変わらないポイント還元率ですが、誕生月やステージ制度等のポイントアップを利用すると激変する特殊なカードです。
ステージ制度で最大2倍、誕生月はなんと3倍にまでアップし、なおかつ50万円以上利用すれば300ポイントもプレゼントされます。
にもかかわらず、年会費や発行手数料が無料で利用できるのは、非常にありがたいことです。
確かに、デメリットもありますが、国内で利用する分には申し分ない優秀なクレジットカードです。
初めての1枚にしても良いですし、誕生月を狙ったサブカードとして所有しても利用できる1枚ですので、あなたも所有してみてはいかがでしょうか?

ライフカードの概要

年会費(初年度) 無料
年会費(二年目以降) 無料
ETC年会費(初年度) 無料
ETC年会費(二年目以降) 無料
ショッピング限度額 200万円
最短発行日 オンラインで支払い口座を設定した場合、申込日から最短3営業日でカード発行
その他サービス 入会後一年間ポイント1.5倍で一年間の利用金額に応じてポイント率が変わるステージプログラムがある。 誕生日月はポイント3倍。 貯めたポイントは最長5年間保有でき、マイレージや電子マネー、ギフトカードなどと交換できる。

カード検索

カード絞り込み検索

新着記事

PAGE TOP