ビュー・スイカカード

ビュー・スイカカード1枚でSuica+定期券+JREポイントカード+クレカ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ビュー・スイカカード
年会費(初年度) 477円(税抜)
年会費(二年目以降) 477円(税抜)
ETC年会費(初年度) 477円(税抜)
ETC年会費(二年目以降) 477円(税抜)

ビュー・スイカカードで通勤&通学がお得に!気になる発行手数料&年会費は?


JR東日本グループが発行する「ビュー・スイカカード」は、通勤・通学で電車を利用する方にとって必須とも言える1枚です!
後ほど、その理由を1つずつ解説していきますが、ビュー・スイカカードに限らずクレジットカードで気になるのは「発行手数料」や「年会費」です。
どんなに素晴らしい機能やサービスを保有しても、維持費がかかっては意味がありません!
しかし、ビュー・スイカカードは発行手数料は無料ですし、年会費も「477円+税」と抑えています。
「でも年会費が発生するでしょ?毎年取られるのは嫌だな…」
と言う方もご安心ください!
実は、ビュー・スイカカードでは「WEB明細」にすることで毎月「20ポイント」貯まるサービスを行っています。
ビュー・スイカカードのポイントは「1ポイント=2.5円分」のため、実質1年間で「600円相当」のポイントを入手できます!
したがって、確かに年会費はかかるものの、WEB明細にするだけで簡単に年会費以上のポイントを入手できますので、実質年会費無料で利用できるのです。

ビュー・スイカカードはETCカード&家族カードは発行可能?


ビュー・スイカカードでは、高速道路のETCレーンを利用する際に必要な「ETCカード」の発行が可能です。
その上更に、家族カードも発行可能(最大9枚まで)ですので追加カードを発行したいと考えていた方々のニーズを満たします。
ただ、ETCカード・家族カード共に年会費「477円+税」が発生することを忘れずに!
これらだけは実質、年会費を無料にできませんので注意しましょう。

ビュー・スイカカードでポイントが3倍にアップ!VIEWプラス対象の定期券&Suicaチャージでお得にポイントGET!


ビュー・スイカカード最大の特徴と言えば「VIEWプラス」対象の商品を購入する事で、ポイント還元率が3倍にアップすることです。
通常、ビュー・スイカカードは「1,000円=2ポイント(1ポイント=2.5円相当)」のため、普段使いでは他のクレジットカードとそこまで、ポイント還元率が高いとは言えません。
しかし「VIEWプラス」対象の商品、例えば切符や定期券、Suicaチャージや特急券と言ったアイテム達をビュー・スイカで決済すると、自動的にポイント還元率がアップします。
もちろん、ビュー・スイカカードは「Suica」が付帯していますので、ビュー・スイカカードからSuicaへクレジットチャージしても対象です。
更に、Suicaオートチャージにも対応しており、オートチャージをビュー・スイカカードに設定してればこちらも、ポイントアップになります。
仮に、あなたが下記の定期券をビュー・スイカカードで購入すると、どれぐらいお得か見ていきましょう。
●東京~大宮間の定期券
・1ヶ月:15,810円=90ポイント→225円
・3ヶ月:45,070円=270ポイント→675円
・6ヶ月:79,100円=474ポイント→1,185円
いかがでしょうか?
定期券をビュー・スイカカードで決済しただけで、半年分の定期券が1,185円もお得になります。
その上更に、ビュー・スイカカードは「定期券一体型」にできますので、もし定期券を利用しているならお得にポイントが貯まるビュー・スイカカードは必須と言えます。

ビュー・スイカカードでポイント二重取りができる!?JREポイント×Suicaの裏技とは?

もしあなたが、Suicaを利用してショッピングをしているなら、ビュー・スイカカードと共に利用してみてはいかがでしょうか?
と言うのも、ビュー・スイカカードを利用し「JREポイント」に加盟すれば、ポイント二重取りができるからです。
JREポイントとは、Suica独自のポイントサービスで、Suicaを登録させることで対象店舗や駅自販機でJREポイントが貯まります。
ポイントは商品や店舗によって異なりますが、0.5%~1%の還元率です。
ではどうやって、ビュー・スイカカードを利用して二重取りできるのか?その方法を端的に紹介します。
①:初めにビュー・スイカカードに付帯するSuicaに「クレジットチャージ」(オートチャージも可)しましょう。すると、Suicaへのチャージのためポイントが3倍にアップします
※クレジットチャージする前に必ず、JREポイントに登録しておきましょう
②:次にJREポイントの対象店舗でSuicaを利用しましょう。
③:すると、ビュー・スイカカードのポイントと、JREポイント2種類のポイントが貯まりますので、ポイント二重取りができます。
このように、ビュー・スイカカードを利用したポイント二重取りはどなたでも簡単にできます。
あなたも、Suicaでショッピングを楽しんでいるなら、ビュー・スイカカードとJREポイントの合わせ技を活用していきましょう。

使った分だけお得!ビューサンクスボーナスで最大70%ポイントプラス!


ビュー・スイカカードは、切符や定期券と言った交通費の支払いだけでなくショッピングやグルメ、公共料金や税金の支払いまで幅広く利用できます。
ビュー・スイカカードには「ビューサンクスボーナス」という、1年間ビュー・スイカカードを利用した金額に応じてボーナスポイントが支払われるサービスがあります。

30万円以上からスタートし70万円・100万円、そして最高150万円まであります。
すると、利用金額に応じてポイントもアップしていき、最大で「2,100ポイント」もプラスされるのです。
もちろん、ビューサンクスボーナスの対象に制限はなく切符や定期券の他に、ショッピングやグルメ時に支払った金額も対象になります。
このサービスはJR東日本グループが発行するクレジットカードの中で「ビュー・スイカカード」のみ与えられた特権ですので、発行したら存分に利用しましょう。

カラオケ&飲食店はビュー・スイカカードにお任せ!対象店舗で割引&優待あり


ビュー・スイカカードの素晴らしいポイントは、ポイントアップだけでなく利用するだけで対象店舗が割引、または店舗独自の優待を受けられるところです。
例えば、ビュー・スイカカードで割引や優待を受けられる店舗の一部を紹介していきましょう。
・ビッグエコー:「一般料金よりルーム料金30%OFF」もしくは、「ドリンクバー付・飲み放題コース 会計総額より10%OFF」
・楽蔵、びすとろ家等、第一興商グループの飲食店で飲食代10%OFF(ランチは50円引き)
・東急ホテルズ:10%OFF
・駅レンタカー:基本料金より10%OFF
・大江戸温泉物語:優待料金で利用可能
・スポーツクラブ、Jexer:入会金・事務手数料無料
・ガーラ湯沢スキー場:場内リフト券(1日券・2日券)が10%OFF
等々、今回紹介したスポット以外にも数々の割引や優待サービスを揃えています。
もし頻繁に利用している店舗がありましたら、ビュー・スイカカードを作成しても損はありませんよ。

ビュー・スイカカード会員にお得なVIEWありがとうクーポンをプレゼント


毎月あなたのところへ送付される利用明細。
紙明細・WEB明細どちらも、自分が利用した金額を見るのに恐怖を感じますよね?
しかし、ビュー・スイカカードは反対に、利用明細が来るたびに嬉しくなる「VIEWありがとうクーポン」を用意しています。
このクーポンは、対象店舗で利用すると料金の割引や店舗独自のサービスを受けられます。
時期によって掲載されている店舗は異なりますが、スターバックスコーヒーやドトール、サンマルクカフェ等の有名チェーン店が対象の時もあるのです。
もちろん、コーヒーショップや飲食店だけでなく、エステやマッサージ店舗と言ったリラクゼーション施設も含まれることがあります。
紙明細は同封、WEB明細はマイページ上から「VIEWs news」をクリックすると出てきますので、毎月欠かさず確認してみましょう。

ビュー・スイカカードで貯めたポイントをJR東日本グループ発行のクレジットカードと交換&移行できます


JR東日本グループは、同じ住所で同姓の会員同士であれば、同社が発行するクレジットカード同士のポイント交換&移行できるサービスをスタートしました。
対象のクレジットカードですと、例えば下記に紹介するJR東日本グループのカードがあります。
・ビュー・スイカカード
・ルミネカード
・ビックカメラSuicaカード
・エスパルカード
・フェザンカード
・JREポイントカード
・ペリエビューカード
上記はあくまで一部となりますので、この他にもクレジットカードを多数発行しています。
このサービスを利用することで、夫婦間でポイントの受け渡しができるため効率よくポイントが貯まりますし、何より夫婦で目指している商品やギフトカードを素早く入手できます。
ポイント移行は100ポイントから1ポイント単位でできますので、もしJR東日本グループのカードを夫婦で発行したらサービスを活用してみましょう。

ビュー・スイカカードに国内&海外旅行傷害保険付帯!自動付帯だから所有するだけで利用可能


もし日本国内、または海外旅行や海外出張へ行くなら、旅のお供にビュー・スイカカードはいかがでしょうか?
ビュー・スイカカードに国内&海外旅行傷害保険が付帯しています。
上図を見ると、日本国内では最高1,000万円の補償金額であり、その他にも入院・通院時に発生する費用まで補償。
海外ですと最高500万円になりますが、怪我や病気の際に発生する診療費や治療費を最高50万円まで補償してくれます。
そして更に、例え旅行代金や公共交通機関の費用をビュー・スイカカードで支払わなくとも「自動付帯」のため、所有しているだけで受けられるのは非常に魅力的です。
ビュー・スイカカードはもしもの時、あなたを助けてくれますので旅のお供に加えてみてはいかがでしょうか?
※ただし「国内旅行」に限り利用付帯
⇒旅行傷害保険の利用付帯・自動付帯の違いについてはこちらで解説しています。

ビュー・スイカカードは紛失&盗難時も安心|不正利用補償で定期券やSuica残高まで補償します


ビュー・スイカカードでは、紛失や盗難にあい、なおかつ不正利用された時も会員をサポートする制度を用意しています。
例えば、あなたのビュー・スイカカードが不正利用された際、カスタマーセンターに問い合わせることで不正利用された分を補償してくれます。
期間は問い合わせした日より60日前にさかのぼり、発生した不正利用を補償ししてくれますし、何より「全額補償」されるのは嬉しいポイントです。
その上なんと!ビュー・スイカカードに付帯する定期券やSuica残高まで全て、JA東日本グループが補償してくれます。
したがって、ビュー・スイカカードを紛失または盗難にあったとしても、補償サービスが充実していますので安心して利用できますよ。

ビュー・スイカカードと他のJR東日本グループカードはどちらが魅力的?各カードの比較紹介

ビュー・スイカカード以外にも、JR東日本グループが発行するクレジットカードはあります。
先に紹介した中から特に注目されているのが「ルミネカード」と「ビックカメラSuicaカード」です。
それぞれ、ビュー・スイカカードと違った特徴やサービスを持っていますので、それらを簡単に比較していきましょう。
・ルミネカード

ルミネに入る店舗やレストランで常に5%OFF。更にセール期間中は10%OFFになります。ただし、年会費は「953円+税」発生します。
・ビックカメラSuicaカード

通常店舗で利用した際、クレジットカードのポイントの他に「1,000円=5ポイント(1ポイント=1円相当)」のビックカメラポイントが入手できる。
更にビックカメラやコジマで利用すると最大「11.5%」還元ができます。ただし、クレジットカードと定期券を一体化できません。
※年会費は年1回利用すれば良いので実質無料
このように、それぞれ異なる特徴やサービスを用意しているのが分かります。
もし、ルミネやビックカメラと言った特定の店舗を頻繁に利用するなら、上記のJR東日本グループカードが良いでしょう。
ですが、利用する機会がない。または通勤・通学のみクレジットカードを利用してお得になるなら、ビュー・スイカカードがおすすめです。
年会費も実質無料にできますし、利用した分だけお得なサービスも完備。更に、クレジットカードと定期券を一体化できますので、ビュー・スイカカードが一番適していますよ。

まとめ

いかがでしたか?
ビュー・スイカカードは、通勤・通学時にかかる費用をお得にする優れものです!
切符や定期券、Suicaチャージ時にはポイントが3倍にアップしますし、JREポイントと組み合わせればポイントの二重取りもできます。
更に利用すればするほど、ポイントが入手できるビューサンクスボーナスもありますので、クレジットカードで様々な支払いを検討している方のニーズも満たします。
その上、カラオケや飲食店、対象店舗がお得になるクーポンと言った割引&優待を受けられるサービスも用意していますので、交通系の支払いだけでなくあらゆる場所で大活躍すること間違いなしです!
あなたも、ビュー・スイカカードで様々なシーンをお得にしてみてはいかがでしょうか?

ビュー・スイカカードの概要

年会費(初年度) 477円(税抜)
年会費(二年目以降) 477円(税抜)
ETC年会費(初年度) 477円(税抜)
ETC年会費(二年目以降) 477円(税抜)
ショッピング限度額 10~80万円
その他サービス 公共料金・ショッピング等の支払いは1,000円につき2ポイント 定期券の購入(JR東日本のみどりの窓口や券売機で購入された場合に限る)やオートチャージの利用は、ポイント3倍 国内・海外旅行傷害保険

カード検索

カード絞り込み検索

新着記事

PAGE TOP