デビットカード

デビットカード、クレジットカード、キャッシュカードの仕組みや違いを徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

現在、デビットカードがテレビや雑誌など各所で紹介されており、ますます身近な存在になりました。

認知度も高まり、もしかしたらあなたもデビットカードを作ろうと考えていませんか?

そんなあなたに、今からデビットカードの仕組みやメリット、デメリットについて詳しく解説します。

もちろん、更に知識を深めていただくべく、クレジットカードやキャッシュカードとの違いも一緒に紹介します。

目次

デビットカード&クレジットカード|仕組み&違いを解説!

デビットカードとは?仕組みは?

デビットカードとは、買物代金の決済時に即、銀行口座から引き落とすカードを指します。

クレジットカードのように後日請求がくる後払いでなく、直接銀行口座から引き落としますので、すぐに利用金額を確認できます。

銀行のキャッシュカードで、クレジットカード払いができるイメージです。

クレジットカードと何が違う?デビットカードと比較

では、クレジットカードと何が違うのでしょうか?

双方の異なるポイントは下記の5点です。

・デビットカードは決済時に即引き落とされます。一方、クレジットカードは締め日までに利用した金額を後日、精算されて銀行口座より引き落とされます。

・デビットカードは銀行口座の残高が利用限度額。クレジットカードは所有者の勤務状況や年収、信用情報などで限度額が決まる。

・カードを発行する会社が違います。デビットカードは「銀行」クレジットカードは「クレジットカード会社」が発行します。

・デビットカードは「一括払い」のみ。クレジットカードは一括払いの他に「分割払い」「リボ払い」「ボーナス一括払い」など豊富に用意している。

・作成できる年齢がデビットカードが「満15歳以上(中学生を除く)」クレジットカードは「満18歳以上」

・デビットカードに審査はない。クレジットカードを発行するためには審査が必要

以上となります。

双方ともに似ていますが、上記のように違いがありますので、よく覚えておきましょう。

デビットカード&キャッシュカード|誤解されやすい違いと仕組みを解説

デビットカードとキャッシュカードの違いは?

デビットカードとキャッシュカードの違いを簡単に説明しましょう。

・キャッシュカード:銀行やコンビニATMで銀行口座からお金を引き出すために必要なカード

・デビットカード:キャッシュカードにデビット機能がついたカード。中にはデビットカード単体のカードもあります。

つまり、キャッシュカードにデビット機能があるかどうかで、キャッシュ、またはデビットカードになるのです。

とはいえ、キャッシュカードでも店頭に「J-Dbit」のマークがあれば、デビットカードのように利用できます。

続いての項目では、J-Dbitについてもう少し詳しく説明しましょう。

デビットカード&キャッシュカード独自の「J-Dbit」内容&今後の気になる機能とは?

「J-Dbit」とは、キャッシュカードをデビットカードのようにショッピングやレストランなどで、そのまま利用できるサービスを指します。

とはいえ、後ほど紹介する国際ブランドの「VISA」や「JCB」と比べて利用できる店舗が少なく、海外ではほとんど利用できません。

また、双方が紛らわしいのもデメリットと言えます。

デビットカードを良く知らない店員さんやスタッフですと「デビットカード=キャッシュカード」と思い、本来デビットカードで決済できるはずが不可能になることもあるのです。

しかし、デメリットばかりとは限りません。

実は2018年4月1日より、一部の店舗で「キャッシュアウトサービス」を行うのです。

このサービスを利用すると、なんとレジで自分の銀行口座からお金を引き出せるようになります。

①:例えばあなたが、1,000円の買い物をJ-Dbit対応のキャッシュカードで支払うとします。

②:現金「1万円」を下ろしたいと思ったあなたは、店員さんにキャッシュアウトサービスを伝え「1万1000円」でお願いしました。

③:するとATMに行かなくても、1,000円を引いた金額「1万円」が銀行口座から引き落とされてあなたの手元にくるのです。

※デビットカードにJ-Dbit機能があれば利用できます。

このように、デメリットばかりではありませんので、J-Dbitは今後ますます便利になっていくことでしょう。

デビットカードの国際ブランド&発行会社は違う?クレジットカードとの違いは?

デビットカードに国際ブランドあり!クレカと同じく利用できる優れもの

デビットカードを発行する際、必ず「国際ブランド」が付属します。

国際ブランドとは「VISA」「JCB」といった決済システムを提供する会社を指し、発行元によっては既に「VISAのみ」「JCBのみ」と決められていることもあります。

もし、VISAやJCBのマークが店頭にあれば、あなたの所有するデビットカードが利用でき、反対にありませんと利用不可能です。

これはネット通販でも同様で、使えるかどうかの判断は国際ブランドにかかっています。

とはいえ、クレジットカードと同じように店頭、ネットショッピングを利用できるのも、国際ブランドがあればこそです。

ただし、海外で利用を検討しているなら世界約4,000万ヶ所以上で利用できるVISAをおすすめします。

デビットカードの発行会社は銀行!?クレジットカードとの違いは?

デビットカードの発行会社はクレジットカードと違い「銀行」が発行会社です。

一方、クレジットカードは銀行を含め信販系・流通系・消費者金融系…などなど様々な会社で発行されているのです。

例えばSMBCデビットカードですと、発行会社は「三井住友銀行」となり「楽天銀行デビットカード」なら「楽天銀行」が発行元になります。

クレジットカードの場合、例えばセゾンカードなら「クレディセゾン」イオンカードなら「イオン」三井住友VISAカードなら「三井住友銀行」

のように、銀行に留まらず様々な会社が発行しているのです。

発行元の違いも、デビットカード・クレジットカードとの違いと言えるでしょう。

デビットカードはメリット満載!?気になるメリット8選

銀行口座にあるお金が限度額!使いすぎを防止

デビットカードのメリットとしてまず挙がるのが、使いすぎを防止できるところです。

クレジットカードは事前に「限度額」が設定されているため、銀行口座にあるお金以上に利用する危険性があります。

一方、デビットカードは「銀行口座のお金=限度額」のため、使いすぎを防止します。

クレジットカードでは、使いすぎが心配…と思うならデビットカードがおすすめですよ。

審査に不安でも大丈夫!デビットカードは審査なしでOK!

デビットカードはクレジットカードのように「審査」はありません。

理由として、あなたの信用をもとにカードを利用できるわけではなく「銀行口座」のお金で取引するからです。

クレジットカードの場合、申込者の勤務状況や年収、そして信用情報を加味した上で「〇〇万円までなら返済できる」と発行会社が判断して限度額を設定します。

そのためクレジットカードは「審査」が必要です。

一方、デビットカードは限度額が既に決まっていますので、審査をする必要がありません。

したがって、審査に不安がある、または諸事情でクレジットカードを作れない方にとっては嬉しいポイントです。

現金払いとサヨナラ!お得な特典満載のデビットカード

デビットカードは一昔前と異なり、ポイントやキャッシュバックなどの特典が付属します。

例えば「楽天銀行デビット」の場合、100円=1ポイントで楽天スーパーポイントが貯まり後日、楽天市場やアイテムへの交換に利用できます。

また「Sony Bank WALLET(Visaデビットカード)」では、通常0.5%のキャッシュバック率を最大2%まで上げられます。

もし、今まで毎月5万円支払っていた現金払いを止めて、楽天銀行デビットカードにしたらどうなるか?

3ヶ月で「1,500ポイント」半年で「3,000ポイント」1年でなんと「6,000ポイント」貯まるのです!

1ポイント=1円相当のため、1年間で6,000円もお得になりますね。

このように、今まで現金払いをしていたところをデビットカードに変えるだけで、以前よりもお得に生活を過ごせますよ。

ATM手数料&行く手間が省けます

デビットカードは、銀行口座と直結しており、決済すれば直接引き落としになるため、現金を持ち歩く必要がなくなります。

そうなると、ATMへ足を運ぶ必要がなくなり、ATMの時間外手数料などの無駄な費用、または足を運ぶ手間も省けるのです。

デビットカードがあれば、大量の現金を持ち歩くリスクもなくなりますし、何よりATMに行く回数を減らすと同時に無駄な費用も削減できます。

WEB明細&アプリでお金の管理が簡単

デビットカードは、銀行口座に入っているお金が限度額とはいえ、反対に言えば「銀行口座にあるだけ使える」とも言えます。

知らず知らず使っていると、気づいた時には銀行口座が空になることもあります。

そのような事態を避けるなら、必ずWEB明細やデビットカードと連動したアプリを利用しましょう。

どちらも、インターネット環境にあれば、いつでもどこでも自分が利用した金額を確認できます。

その上、アプリでは現在銀行口座にある金額までも確認できるため「今月は後〇万円まで」「今月は厳しいから使わない!」と言った計画を立てるのにも便利です。

お金の管理が簡単にできるシステムを存分に活用していきましょう。

海外&ネット通販もデビットカードにお任せ

海外出張や海外旅行でも、デビットカードにお任せです!

海外ではデビットカードの利用できる店舗が非常に多く、特に国際ブランドの「VISA」では世界の約4,000万ヶ所以上で利用できます。

その上、デビットカードとキャッシュカードが一体になったカードなら、あなたの銀行口座から日本円を現地通貨として引き出すことも可能です。

もちろん、海外のみならずネット通販でも店舗に「VISA」「JCB」の国際ブランドのマークがあれば利用できます。

クレジットカードと同じぐらい、便利に利用できるデビットカードは海外やネット通販でも大活躍してくれます。

満15歳以上から持てる優れもの

クレジットカードは最低でも満18歳以上、カードによっては満20歳以上でないと申し込みすらできません。

一方、デビットカードの多くは満15歳以上(中学生を除く)から作成可能です。

これなら、お子様の海外留学や海外への修学旅行にも持たせることができますね。

また、社会勉強の一環として、デビットカードをそのまま持たせるのも良いでしょう。

このように、若い方々でも作成できるのもデビットカードの魅力と言えます。

ブラックリストに入らない?金融事故を防止できます

もし、クレジットカードで利用料金を支払わないと、信用を大きく落とします。

するとどうなるか?クレジットカード会社内で「この人は返済しない!」と言ってブラックリスト入りになる。

または、信用情報機関に返済の滞りや滞納があったとして、最大5年間も情報が残ります。

こうなると後日、新たにクレジットカードを作りたい、ローンを組みたいと言った時に信用が無いと判断され、カードの作成やローンが組めにくくなるのです。

一方、デビットカードは審査自体ありませんので、例え使いすぎても、引き落としされるのはあなたの銀行口座内のお金だけです。

滞納や延滞も一切ありませんので、金融事故を避けられますし、ブラックリストに入ることもありません。

デビットカードの〇〇がもったいない!デビットカードのデメリットとは?

一括払い限定!他の支払方法は選択不可能

デビットカードのデメリットとしてまず、支払方法が一括払いしかできないところです。

クレジットカードであれば、一括払いの他に「分割払い」や「リボ払い」そして「ボーナス払い」といった支払方法ができます。

そのため「今月は厳しいから分割払いにしよう…」「前から欲しかった商品だけど、持ち合わせが厳しいからボーナス払いにしよう!」といったことが不可能です。

この点は、デビットカードのデメリットと言えるでしょう。

etcカードが発行できない

今では高速道路の必需品として活躍する「etcカード」

クレジットカードなら、一緒に発行することもできますが、デビットカードでは発行できません。

もし発行する場合、デポジット制の「etcパーソナルカード」のみとなり、クレジットカードとは違う特殊なetcカードです。

その上、etcカードの利用分をポイントやキャッシュバックに還元できないのも、デビットカードの辛いポイントです。

※etcパーソナルカードの詳細な情報は下記より見てみましょう

【ETCパーソナルカード】 は審査なし!クレジットなしでETCカードのみ発行!作り方を徹底解説

汎用性が無い?一部では使えない店舗出てくる

デビットカードでは一部で使えない店舗や場所が出てきます。

例えば、高速道路の一般レーンでデビットカード支払い、または機内での決済時などが挙げられます。

このスポットでは、即時決済できるシステムが整っていないところも多く、残念ながらクレジットカードに軍配が上がります。

他にも、VISAやJCBに対応していないと使えない店舗も出てきますので、汎用性ではクレジットカードの方が有利でしょう。

特典&優待でクレジットカードに劣る

デビットカードでは確かに、ポイント還元やキャッシュバックによる特典が付属しています。

しかし、クレジットカードと比較すると特典や優待で大きく差が出てきます。

例えば「エポスカード」を見ると、加盟店で最大5倍のポイント還元率と最大30%引きになる優待を用意。

また「NTTグループカード」では、出光のガソリンスタンドで最大40円/Lお得になる特典を用意しているのです。

他にも、各クレジットカードでは様々なお得な特典を用意しており、ポイント還元やキャッシュバックと合わせて利用できます。

そのため、今のところデビットカードは特典や優待でクレジットカードに劣っています。

クレジットカードキャッシングのようにお金を借りられない

冠婚葬祭、または諸事情で急にお金が必要になった時、クレジットカードであれば手軽に借入ができます。

利用枠を決まっていますが、緊急時に大いに役立つことでしょう。

一方、デビットカードは決済のみですので借入は不可能です。借入をする場合は消費者金融を利用するしかありません。

借入は必要ない!と思っても、いつ現金が必要になるか分かりません。そう思うと、借入ができるクレジットカードは便利と言えます。

ステータス性でクレジットカードに劣る

クレジットカードは、カードを発行する会社、またはゴールドやプラチナ、ブラックなどの色でステータス性を表現できます。

ステータス性を示すことで、相手に一目を置かれる、または他人に自身がどの位置にいるかをさりげなく示すことができるため、人によってはこだわる方もいます。

しかし、デビットカードは残念ながら、いくら利用してもゴールドやプラチナのように、ステップアップすることはできません。

その上、カードの色も一切変更されませんのでステータス性を示すことは考えない方が良いです。

したがって、ステータス性を求めるならデビットカードは向きません。

まとめ

デビットカードは、クレジットカードと大きく異なります。

決済方法や審査の有無、そして支払方法や特典に至るまで、メリット・デメリットがあるのです。

とは言え、デビットカードならではのメリットもあり、今後クレジットカードと並ぶ素晴らしいカードとなることでしょう。

あなたがもし、デビットカードを検討しているなら、これまで紹介したポイントを良く覚えておきましょう。

カード絞り込み検索

カード検索

カード絞り込み検索

新着記事

PAGE TOP