デビットカード

【一目瞭然】デビットカードのメリット&デメリット徹底解説! ~UFJ&住信SBI&イオンなど各種デビットカードも紹介~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

デビットカードは今や、クレジットカードの利用者数に匹敵するほど拡大中です。

テレビや雑誌もデビットカードだらけ!時代は今やデビットカードと言っても過言ではありません。

そんな中、デビットカードのメリットやデメリットを全く知らないでは、時代に取り残されてしまいます。

もし知っていれば、現金を使うよりもポイントやキャッシュバックもありお得。更に審査が不安な方でも安心してカードを作れるため、ネット通販や海外旅行も安心して利用できます。

あなたを時代に取り残されないよう、これよりデビットカードのメリットやデメリット、そしてクレジットカードとの比較を紹介。

最後に、各社のデビットカード、例えばUFJやイオン、住信などのメリット・デメリットについても解説していきます。

目次

知らないと損!デビットカードのメリットとは?

銀行口座内のお金が限度額!使いすぎを防止

デビットカード最大のメリットは、クレジットカードのように使いすぎを防げるところです。

クレジットカードの場合、発行した際に「限度額」が設定されているものの、例えクレジットカードと連動した銀行口座にお金がなくとも限度額まで利用できます。

銀行口座以上のお金を利用するため、時には使いすぎて支払えなくなる事態が発生するのです。

しかし、デビットカードは銀行口座内に入っているお金までしか利用できませんので、クレジットカードのように使いすぎる心配がありません。

お金の使いすぎを防ぎたい!と思いましたら、デビットカードでお金を管理してみてはいかがでしょうか?

審査が心配でも大丈夫!デビットカードは審査なしで発行可能


人によっては諸事情により、クレジットカードを所有できない方もいます。

と言うのも、クレジットカードは収入や勤務状況、信用情報を加味した上で発行するため審査に落ちると発行できないのです。

その点、デビットカードは銀行口座さえ作成できれば、どなたでも発行できます。

したがって、審査に怯えることはなくなり、誰でも手軽にデビットカードを持つことが可能ですので、審査が心配な方はデビットカードがおすすめです。

※ただし、一部のデビットカードは審査があります。その点を解説したページがありますので、そちらも見ていただけると幸いです。

デビットカードは特典満載?ポイント&キャッシュバック

デビットカードを利用すると、もう現金払いには戻れなくなるでしょう。

理由として、各デビットカードにポイント還元やキャッシュバックのシステムが搭載されているからです。

・楽天銀行デビットカード:100円=1楽天スーパーポイント

・三菱東京UFJデビットカード:利用した金額から最大0.4%キャッシュバック

・セブン銀行デビットカード:通常利用で0.5%、セブングループやセブンイレブンで利用すると最大1.5%ポイント還元

等々、現金払いするよりもデビットカードで支払うことで、ポイント還元やキャッシュバックを受けられるのです。

ポイント&キャッシュバックを受けられるのも、デビットカードのメリットと言えます。

デビットカードでATMとはお別れ?ATM手数料とサヨナラ

デビットカードを所有すると、ATMに行く回数が極端に少なくなります。

それもそのはず、デビットカードはあなたの銀行口座と連動しているため、別段ATMでお金を下さなくとも口座内のお金を利用できるのです。

そうなると、今までATMまで足を運んでいた労力もなくなりますし、何より無駄なATM利用手数料を徴収されることはなくなります。

たった数百円の利用手数料も、塵も積もれば数千円・数万円と発生しますので、お金の無駄ポイントと言えます。

デビットカードでこの、無駄ポイントを解消してみましょう。

WEB明細&専用アプリで利用金額&残高確認

デビットカードを発行する銀行の中には、デビットカードの利用状況・銀行口座の口座残高が一目で分かる専用のアプリを提供しています。

このアプリを開くだけで、あなたが利用したデビットカード履歴を簡単にチェックでき、なおかつ連動した銀行口座に後何円入っているかも一目で分かります。

その上、メールサービスも登録しておけば、利用した瞬間に登録したメールアドレスに利用したことを証明するメールが届くシステムまで提供しているのです。

これを無料で行っているため、デビットカード&銀行口座の管理が手軽に行えます。

ネット通販もデビットカードにお任せ

デビットカードがあれば、今やネット通販で販売されている商品も手軽に購入できます。

一昔前ですと、クレジットカードの独壇場でしたが、徐々にデビットカードで利用できる範囲が広がりました。

今では、所有するデビットカードの国際ブランドのマークさえ間違えなければ、殆どの場所で利用できます。

もちろん、ネット通販でも購入金額からポイント還元やキャッシュバックを受けられますので、わざわざ銀行振込やコンビニ払いのために足を運ぶ必要はなくなりますよ。

意外と多い?デビットカードのデメリットとは?

デビットカードは支払方法が一括払いのみ対応


デビットカードでまず挙がるデメリットが、一括払いしかないところです。

クレジットカードの場合、分割払いやボーナス払い、またはリボ払いなどの支払方法が用意されています。

それらの支払方法があるため、多少手数料が発生しても、1回あたり支払う金額が少額になるためお金がピンチの時に役立ちます。

一方、デビットカードは一括払いしかないため、懐事情が厳しいと安易に決済できないのが辛いところです。

確かに使いすぎないメリットもありますが、どうしても欲しい商品が目の前にあった、または長年探していたアイテムが即座に購入できないのはデメリットになります。

デビットカードでは家族カード&ETCカードが発行できない

クレジットカード1枚あれば、本会員と同じ機能を持った「家族カード」または高速道路でETCレーンを通過できる「ETCカード」を発行できます。

しかし、デビットカードでは家族カードやETCカードの発行はできません。

と言うのもデビットカード自体、銀行口座さえ発行できればどなたでも発行できますし、多くの銀行では満15歳以上から発行できますので家族カードを用意するメリットがありません。

また、デビットカードに審査がありませんので後払いのETCカードは、そもそも発行自体不可能です。

この辺もまた、デビットカードのデメリットと言えます。

高速道路&一部店舗でデビットカードが使えない!

デビットカードのデメリットとして、高速道路や一部の店舗で利用できないことが挙げられます。

高速道路の場合、例え一般レーンに入りデビットカードを提示しても断られる可能性が高いです。

と言うのも高速道路の決済システムは、月に数回まとめてカード会社に送信するからです。

クレジットカードやETCカードのように後払いでしたら、後日反映されますがデビットカードのように即決済のカードですと残念ながら対応していません。

また高速道路に限らず、ガソリンスタンドや各銀行が使えない店舗として提示する場所でも利用不可能です。

デビットカードで何でも決済できるわけではないので、注意しましょう。

キャッシング機能が付属しない

冠婚葬祭や飲み会が開催された時など、急にお金が必要になることがあると思います。

その際、クレジットカードならキャッシング機能を備えているため、即座に限度額の範囲内でキャッシングを行い現金を入手できます。

しかしデビットカードは、キャッシング機能がありませんので、急な出費が発生すると非常に厳しくなります。

そのため、消費者金融に登録&返済する手間暇が発生しますので、この点もデビットカードのデメリットになります。

一部デビットカードに審査あり

デビットカードのメリットの項目で「デビットカードに審査はない!」と記述しましたが、一部のデビットカードでは審査が待っています。

例えば「イオンデビットカード」または「スルガ銀行デビットカード」です。

審査がある理由として、イオンデビットカードやスルガ銀行デビットカードの場合、銀行口座以上の金額を利用しても数十万円まで銀行側が負担するシステムが搭載されているからです。

またスルガ銀行デビットカード自体に、キャッシング機能まで備わっているため、殆どクレジットカードと同じように利用できます。

これらの機能を体感するためには、各銀行が定める審査に通過しなければならず、どなたも2つのデビットカードを発行できるとは限りません。

もし、上記のデビットカードを発行したいと思いましたら、審査がありますので気を付けましょう。

デビットカードがJ-Debitと間違われやすい


最後に紹介するデメリットは、キャッシュカードの機能「J-Debit」と間違われやすいところです。

J-Debitとは、キャッシュカードでもデビットカードのように決済できるサービスを指し、店舗に「J-Debit」のマークがあれば利用できます。

しかし、J-Debitはデビットカードに付属する国際ブランド「VISA」や「JCB」よりも範囲が狭く、海外に行くと殆ど利用できません。

その上、一部の店舗ではデビットカードとJ-Debit、どちらも同じように勘違いしているところもあり、デビットカードでお願いしますと提示するとJ-Debitoと間違われ決済できないこともあります。

このように、間違われやすいデメリットがあるため、決済時は「一括払い」または各国際ブランドでお願いしますと伝えましょう。

海外でもデビットカードは大活躍!?メリット&デメリットは?

デビッとカードの国際ブランドが合えば利用可能!大金を持ち歩くリスクがなくなります


デビットカードは海外でも大いに活躍する1枚です。

と言うのも、デビットカードに付属する国際ブランド、例えば「VISA」「JCB」があるからです。

これらの国際ブランドを掲げている店舗、そしてデビットカードの持つ国際ブランドが合致すれば、クレジットカードと変わらず決済できます。

もちろん、一括払いで即決済しますので、海外旅行や海外出張中に使いすぎる心配もなくなります。

そのため、海外で大金を持ち歩くリスクがなくなり、安心してショッピングを楽しめますよ!

急に現金が必要でも大丈夫!海外ATMから現金引き出し可能

デビットカードが海外で優れているポイントは、ショッピングだけでなく「海外ATM」でも見せてくれます。

なんと、デビットカードで海外ATMから現地通貨を引き出せるのです。

銀行口座に入っている日本円を、デビットカードなら現地通貨に変換して引き出してくれますので、両替屋を探す手間暇がかかりません。

また住信SBIネット銀行・ソニー銀行のデビットカードの場合、外貨預金も利用できるため、そのまま引き出せます。

海外では日本国内と異なり、時にはチップや現金でしか利用できない場所もあります。

そんな場面でも、デビットカードがあれば海外ATMから簡単に現地通貨を引き出せますよ。

海外で発生するデビットカードのデメリットとは?クレジットカードの方が優位?


海外でデビットカードを利用していると、下記に紹介するデメリットが目立ちます。

・ショッピング&ATM利用時に手数料が発生する

・デポジットとして利用できない

・海外旅行傷害保険などの各種保険

ショッピング時にデビットカードを利用すると「決済手数料」が発生します。

例えばソニー銀行が発行する「Sony Bank WALLET(Visaデビットカード)」を見ると、ショッピングのたびに「1.76%」の手数料が発生します。

同じく、海外ATMを利用すると、利用料として216円(税込)手数料として「1.76%」その他に海外ATM利用手数料が発生するため、意外とお金が徴収されます。

次にホテルやレンタカーなど、デポジット(預り金)を必要とする時に利用できないのも痛いところです。

ホテルでは、宿泊費以外のサービス例えば「朝食・ランチ・ディナー」「ドリンク」「マッサージ」など、含まれていないサービスが発生した際に、デポジットが発生します。

クレジットカードがあれば、提示するだけでデポジット代わりになりますので、手続きが容易です。

その点、デビットカードはデポジット代わりにすることは難しく、断られるケースが目立ちます。もし断られると、多額のデポジットを初めに支払う必要があります。

また、海外旅行傷害保険が一部のデビットカードにしか付属していないのも厳しいポイントです。

この図を見て分かるように、海外旅行や海外出張中に病気や怪我をすると、日本では考えられないほどの金額を請求されます。

もし海外旅行傷害保険がありませんと、全て自腹で支払わなければなりません。

以上のように、海外では確かに多額のお金を持ち歩くリスクがなくなり、手軽に海外ATMから引き出せるメリットはありますが、上記のようにデメリットも目立ちます。

こうしてみると、海外ではクレジットカードの方が未だに強いのかもしれません。

住信SBIネット銀行Visaデビット付キャッシュカードのメリット&デメリットは?

住信SBIネット銀行が発行する「住信SBIネット銀行Visaデビット付キャッシュカード」は、銀行系ながら高い還元率と「スマートプログラム」によるATM利用手数料の優遇措置が取られています。

その上、プレミアムフライデーを含む金・土・日の3日間は、ポイント還元率1%になる特典まで用意しています。

その他にも、下記に紹介するメリット、またはデメリットがあります。

●メリット

・年会費無料

・ネット銀行系デビットカードながら0.6%の高い還元率を実現

・公共料金の支払いにも対応

・国内・海外で最大1,000万円まで限度額をアップできる

・スマートプログラムで、ATM利用手数料&振込手数料を月間最大15回まで無料にできる

・SBI外貨預金があれば両替の必要なし!

・不正利用時の補償も完備

●デメリット

・ショッピング保険&旅行傷害保険がない

・ライトユーザーに厳しいスマートプログラム

端的に紹介しましたが、もっと詳しく知りたい!と思うそこのあなた!

下記に専用ページを用意して詳しく解説していますので、是非こちらも見てみましょう。

ジャパンネット銀行デビットカードの持つメリット潜むデメリット

インターネット銀行大手の「ジャパンネット銀行」もデビットカードに参戦です。

特に目を引くのが、インターネット専用の「カードレスVisaデビットサービス」です。

カード自体は存在せずネット空間にありますので、盗難や紛失の恐れがありません。その上、最大4個までパスワードを設定でき、なおかつ1日最大5回までパスワードを変更できますので、不正利用の危険性が低くなります。

もちろん、この他にもこれより紹介するメリットやデメリットがあります。

●メリット

・年会費無料で500円につき1ポイント貯まる

・ジャパンネット銀行×ファミリーマートのデビットカードでお得にTポイントを貯められる

・ネット専用の「カードレスVisaデビットサービス」を用意

・キャッシュバックモール掲載ショップなら1%のキャッシュバック

・不正利用時の補償がある

●デメリット

・ショッピング保険や海外旅行傷害保険がない

・ポイント還元率が低い

Sony Bank WALLET(Visaデビットカード)のメリットとは?デメリットも解説!

ソニー銀行が発行する「Sony Bank WALLET(Visaデビットカード)」は「PlayStation™Network/PlayStation™Store」「ソニーストアー」を利用する方にとって非常に有利な1枚です。

割引やキャッシュバック制度を用意しており、何回利用しても制限されることはありません。

そして、年会費無料ながら最大2%のキャッシュバック率を実現し、なおかつ一部のATMなら入金・出金で何回利用しても無料と言う強みを持っています。

●メリット

・年会費無料

・キャッシュバック率を最大2%までアップ可能

・ショッピング保険・不正利用時の補償

・PlayStation™Network/PlayStation™Storeでキャッシュバック!更にソニーストアで3%OFFで購入可能

・ATM手数料を優遇!出金&振込手数料が無料!?

・世界10通貨に対応!海外引き出し時、外貨口座に世界10通貨があれば手数料が無料

●デメリット

・キャッシュバック率が物足りない

・Sony関連を利用しないと旨みがない

・ショッピング保険&不正利用時の補償はあるが旅行傷害保険がない

この他にも、Sony Bank WALLET(Visaデビットカード)は様々なメリットが含まれているため、もっと知りたい!と思いましたら下記ページを見ることをおすすめします。

三菱東京UFJ-VISAデビットカードのメリット&デメリット紹介

三菱東京UFJ銀行もデビットカードを発行しています。

そのデビットカード最大のメリットは、銀行系ながら最大0.4%のキャッシュバック率です。

同じく銀行系の三井住友銀行が発行するSMBCデビットの「0.25%」を上回る還元率を実現!

その上、ショッピング保険や不正利用時の補償が付帯しているのも見逃せないメリットです。

●メリット

・15歳~23歳まで年会費無料

・利用金額によって最大0.4%キャッシュバック

・ショッピング保険、不正利用時の補償が付帯している

●デメリット

・24歳以降は年会費1,080円発生

・旅行傷害保険が付帯しない

24歳以降、年会費が発生しますが年1回でも利用すれば無料になりますので、特にデメリットと感じることはないでしょう。

もちろん、更にメリットが三菱東京UFJ銀行のデビットカードに含まれていますので、下記ページより確認してみましょう。

スルガ銀行デビットカードはどんなメリット・デメリットがあるの?

スルガ銀行が発行するデビットカードのメリットは、年会費無料ながら各種保険が充実しているところです。

例えばスルガ銀行が発行する「Financial Pass Visaデビットカード」なら、海外旅行傷害保険が付帯しています。

最大1,000万円の旅行傷害保険が付帯しており、また怪我や病気になっても最大100万円の治療費を補償してくれるのも嬉しいポイントです。

またショッピング保険の「お買物安心サービス」そして「不正利用時の補償」があるのも見逃せないメリットです。

●メリット

・年会費無料で各種保険が充実

・ポイント&キャッシュバック&マイルから選べるデビットカード

・最短30分で発行可能(Financial Pass Visaデビットカードのみ)

・自動繰越機能で口座不足でも利用可能

●デメリット

・スルガ銀行で独自審査あり

・マイルが貯まりにくい?使わないとマイルが0になることも…

デメリットはあるものの、それを上回るメリットがあるのがスルガ銀行デビットカードです。

更に詳しくメリットを知りたいなら、専用ページを用意していますのでこちらを是非、見てみましょう。

イオンデビットカードはクレジットに似ている?メリット&デメリット解説

最後に紹介するのは、イオン銀行が発行するデビットカードです。

イオンデビットカードには2種類のカードを展開しています。

●イオン銀行キャッシュ+デビット

●イオンデビットカード

両者それぞれ特徴をもっており、中でもイオンデビットカードのみ搭載されている「バックアップ機能」はクレジットカードのように利用できる優れものです。

もちろん、イオン銀行キャッシュ+デビットも金利がアップする特典も用意されています。

そしてイオンヘビーユーザーには嬉しい「お客様感謝デー」などのイオンカードユーザー限定のイベントも、参加できる強みもあります。

●メリット

・どちらも年会費無料

・イオン銀行キャッシュ+デビットならWAONチャージ&WAON利用で「ときめきポイント」「WAONポイント」2重取りができる

・イオンの特典をデビットカードでも堪能できる

・イオン銀行キャッシュ+デビットならイオン銀行特典満載!金利も0.1%にアップ

・不正利用時も補償してくれる

・イオンデビットカード限定でクレジット感覚で利用できるバックアップサービス搭載

※イオン銀行キャッシュ+デビットにはバックアップサービスはありません

●デメリット

・イオン以外だと平均的なデビットカード

・イオンデビットカードのみ審査あり

※イオン銀行キャッシュ+デビットには審査がありません

・旅行傷害保険やイオンカード(クレジットカード)の特典が利用できない

もっと詳しくイオンデビットカード&イオン銀行キャッシュ+デビットを知りたいなら、詳細に紹介&解説した専用ページを用意しています。

このページを見れば、イオン銀行が発行するデビットカードの素晴らしさが120%分かることでしょう。

まとめ

デビットカードには、現金やクレジットカードにはないメリットが多数見られます。

その上、各銀行が発行するデビットカードにもメリットが多数含まれており、目移りしてしまうほどです!

確かに、デビットカードにデメリット、また各銀行が発行するデビットカードにデメリットはありますが、管理を徹底し使い方さえ間違わなければデメリットと感じることはないでしょう。

もしあなたがデビットカードを発行しようと検討しているなら、これまで紹介してきたことを頭に入れて後悔しないデビットカード作りに励みましょう。

カード絞り込み検索

カード検索

カード絞り込み検索

新着記事

PAGE TOP