スルガ銀行Visaデビットカード


年会費無料
ETC年会費取扱なし

スルガ銀行デビットカードは発行手数料・年会費共に無料

スルガ銀行デビットカードがいくら優れていても、発行するのに手数料が発生する。その上、高額な年会費が発生するのでは意味がありません。

しかし!ご安心ください。スルガ銀行デビットカードは、発行手数料・年会費共に無料です。

初年度年会費無料ではなく、2年目以降も無料で利用できますので、例え使わない時があっても無駄な年会費を徴収されることはありません。

発行する、所有しているだけで無駄な費用が発生しないのは、スルガ銀行デビットカードの強みと言えます。

ポイント&マイルあなたはどっち?集めたいポイントで選べるスルガ銀行デビットカード


スルガ銀行では、ノーマルのデビットカードもありますが実は、マイルやポイントが貯まるお得なデビットカードが発行されています。

ノーマル以上にお得であり、なおかつ発行手数料や年会費が徴収されずに利用できるため、絶対に見逃せません。

それらのカードをこれより、1枚ずつ紹介していきます。

Financial Pass Visaデビットカード


スルガ銀行デビットカードで、マイルを貯めたいなら「Financial Pass Visaデビットカード」がおすすめです。

なぜおすすめか?その理由は下図を見れば一目瞭然です。

上図のように、スルガ銀行デビットカードを利用する、またはスルガ銀行の銀行口座を利用することでマイルを貯めることができます。

その上、1年間に200万円以上利用すると、なんと「8,000マイル」がプレゼントされます。

もちろん、マイルだけでなくこれより紹介する特典も見逃せません。

・商品の破損、盗難被害:購入日から60日以内であれば補償

・病気や鉄道事故により、旅行をキャンセルした場合、Financial Pass Visaデビットカードで支払っていれば5万円を限度に見舞金が支払われる(自己負担5,000円)

・海外旅行傷害保険が付属されている

・対象ATMで利用手数料を出金は「平日:7:00~18:00」「土曜:9:00~14:00」入金は全時間帯無料

●対象ATM

このように、マイルに留まらず、海外旅行で万一の事態にも対応できる保険まで充実しています。

マイルを貯め、なおかつ海外旅行を楽しむ方には必見の1枚です。

リクルートポイント付きVISAデビットカード


続いて紹介するのは、リクルートポイントが貯まる、スルガ銀行のVISAデビットカードです。

毎月利用した金額より「0.8%」分がポイント還元されるのが特徴です。

貯まったポイントで、加盟店に利用するも良いですし、アイテムに交換できる優れものです。

●利用できる主な店舗

また、ATM利用手数料でも大きな強みを持っています。

対象のATM入金、または出金時に発生する手数料を、入金は全時間帯無料、出金は「平日:7:00~18:00」「土曜:9:00~14:00」無料にできます。

もちろん、時間帯内なら回数制限は一切ありません。

●対象ATM

このように、ポイントを貯めつつATMの手数料を抑えたい方におすすめの1枚です。

スルガ銀行デビットカード(Tポイント)


Tポイントを貯めつつ、ATM利用手数料を抑えたい方に朗報です。

スルガ銀行から、このニーズを満たすデビットカード「スルガ銀行デビットカード(Tポイント)」が登場しました。

スルガ銀行デビットカード(Tポイント)を利用することで、Tポイントを以下のようにお得に貯められます。

その上、Tポイント加盟店によってはポイント還元率がアップしますので、利用する店舗によって更にTポイントを貯められるのです。

しかも!先ほど紹介したように、ATM利用手数料を曜日と時間帯によって回数制限なく利用できるのも大きな強みです。

Tポイントを貯めつつ、ATM利用手数料を抑えるならスルガ銀行デビットカード(Tポイント)がおすすめですよ。

最短30分で即日発行!スルガ銀行デビットカードの即日発行する方法とは?


スルガ銀行デビットカードの1つ「Financial Pass Visaデビットカード」は、最短30分でデビットカードを発行できます。

即日発行のために、面倒な手続きや難しい書類を書かされる心配はありません。

本人確認資料(ANAマイレージクラブの方はお客様番号を用意しましょう)を持ちANA支店 Financial Centerに足を運び、下図の手続きを行えばOKです。

こんなに簡単に手続きが完了するのに、最短30分、即日発行できるのです!

もし、急いでデビットカードを作りたい方がいましたら、即日発行できるFinancial Pass Visaデビットカードを作成しましょう。

※即日発行できるのはANA支店 Financial Centerのみです

安心の保証で万一の事態に備える

今やデビットカードに、様々な特典が付帯する時代になりましたが、残念ながら一部のカードに「保証」がありません。

例えばショッピング保険や不正利用時の補償などがなく、万一の事態に遭遇した場合、対処できません。

その点、スルガ銀行デビットカードは「お買物安心サービス」「不正利用時の補償」が自動で付帯します。

●お買物安心サービス

・補償金額:最高限度額30万円
・自己負担額:1事故あたり5,000円
・補償期間:購入してから60日間

●不正利用時の補償

・不正利用の連絡を受けた日より「61日前」にさかのぼり補償します

以上のように、ショッピング保険や不正利用時の補償が付帯するため、もしもの時に安心して利用できます。

海外のショッピング&キャッシングに大活躍!お供に海外旅行・出張にスルガ銀行デビットカードはいかが?


海外でもスルガ銀行デビットカードは大いに活躍してくれます。

例えばショッピングでは、国際ブランド「VISA」が付帯しているため、全世界約4,000万ヶ所以上VISAマークを掲げる店舗で利用できます。

その上、急に海外で現金が必要になった時も「VISA」「PLUS」マークがあるATMで引き出すことも可能です。

もちろん、引き出した時に出てくるのは現地通貨のため、わざわざ日本円を両替屋で交換する手間もありません。

ただ、下記注意点だけは覚えておきましょう。

・海外で利用した金額は、当日の「円⇔ドル(ユーロ・NZドルなど)」のレートではなく「Visa決済センター」に集中決済された時点のレートで計算されます

・また海外決済手数料として3%加えて計算されます

※キャッシング時も上記のようにレート・手数料が発生します

とは言え、大量の現金を持ち歩かずカード1枚で決済できる優れものですので、海外旅行や海外出張時に、良きパートナになることでしょう。

スルガ銀行デビットカードは借入ができる?自動貸越サービスとは?審査は大丈夫?


デビットカードは本来、クレジットカードのように借入ができませんでした。

しかし、スルガ銀行デビットカードでは「自動貸越サービス」として、借入を可能にしました!

上記のように、利用できる方・限度額が決まっており所定の審査はありますが、条件を満たすことでクレジットカードのように借入ができます。

返済については「定例返済(約定返済)」または「任意返済」の2種類から選択可能です。

定例返済(約定返済)は、毎月1日に前月10日現在の利用残高に応じた返済を行います。

もし、借入した金額をすぐに返済できるならATM、インターネットから任意返済することをおすすめします。

任意返済であれば、全額が元金の返済にあてられますので無駄な手数料が発生しません。

任意返済する際は、カスタマーセンタに問い合わせ、どの口座に返済すれば良いか?金利は発生しているか?必ず確認してから行いましょう。

以上のように、デビットカードで借入できますので、急にお金が必要になった時は利用してみてはいかがでしょうか?

スルガ銀行デビットカードは家族カードの発行が可能!本当にお得?


スルガ銀行デビットカードは、etcカードの発行は不可能ですが、家族カードの発行は可能です。

最大3枚まで発行でき、家族カードの引き落とし先は本会員となるため、家族カードの使いすぎを抑制する効果はあるでしょう。

しかし、1枚発行するごとに「540円」の手数料が発生します。

その上、申し込むためにはマイページにログイン後「各種登録・変更」→「郵送申込」→「送信」をクリックし、届いた資料に必要事項を記入し返送しなければいけません。

返送後、2週間で家族カードが届きますが、手数料と面倒な申し込みを考えると家族カードはあまりお得とは言えません。

もし、家族カードを発行し身内の使いすぎを抑制したい!と言うことがなければ、1枚ずつ家族で発行するのをおすすめします。

まとめ

最後になりますが、スルガ銀行デビットカードは好みのデビットカードを選べますし、ATM手数料も殆ど無料で利用できる優れものです。

その上、カードによっては即日発行できますし、何よりクレジットカードのように借入できるのも魅力的なポイントです。

もしデビットカードを何にするか悩んでいるなら、スルガ銀行デビットカードを発行してみてはいかがでしょうか?

カード概要

カード名スルガ銀行Visaデビットカード
選択可能ブランドVISAデビット
ETC年会費取扱なし
入会金無料
年会費無料
カードタイプ一体型
入会対象条件

満年齢15歳以上の方(中学生を除く)

ポイントサービス

各支店カード毎に違う(リクルートポイント、ANAマイル、Tポイント)

付帯保険

ショッピング保険

ショッピング限度額-
リボ払い実質年率-
キャッシング限度額-
キャッシング枠実質年率-