ETCカード

あなたは損する人?得する人?2018年おすすめのETCカードとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

持っていて損をしない!おすすめのETCカードをご紹介します。
「おすすめ」とは言え、何が・どこがおすすめなのか?その判断基準は人それぞれですよね。
色々な比較サイトを参考にしながら、数多くあるETCカードから≪1枚≫にしぼるのは大変です。
こちらのページでは、ジャンル別におすすめのETCカードをご紹介しています。
年会費無料、学生におすすめ、ガソリン代が安くなる、マイルが貯まる…など、あなたにぴったりのETCカードを見つけてくださいね。
カードを選ぶ上でどこを重要視しているかわかれば、選びやすくなること間違いなし!

目次

年会費無料+αで本当に良いの?!年会費無料×特典満載の反則ギリギリETCカードとは?

初めにあなたへ紹介したいカードは、年会費無料のクレジットカードです。
しかし、ただ年会費が無料だけではありません!
実は、年会費無料+αの特典&優待がついている便利なクレジットカードを厳選して紹介します。特典満載のため「年会費無料なのに反則では?」と思わせるカードが続々と登場しますので、目を離してはいけませんよ。

楽天カード

まず紹介したいカードが「楽天カード」です。
クレジットカードの年会費は無料ですが、ETCカードのみ「500円(税抜)」徴収されるものの「本当に年会費はこんなに安くていいの?」と思わせるほど、魅力的な特典を用意。
例えば、ポイント還元率。
楽天カードはETCカードを含め「100円=1ポイント」と、ETCカードの利用分を無駄なくポイント還元させることができます。そして、楽天加盟店を利用するとポイント還元率が2倍にアップ!
そしてさらに!楽天市場のキャンペーンを利用すると4~5倍、時には10倍以上に跳ね上がることもあるのです。
ちなみに、ドライバーには嬉しい特典として、ガソリンスタンド大手「ENEOS」で楽天カードを利用すると、ポイント還元率が2倍にアップ。100円=2ポイントになるため実質「ENEOSカード S」と同じ割引率(「S」はガソリン料金より2円/L引き)になります。
いかがですか?ETCカードのみ年会費無料ではないものの、これだけの特典があれば、十分もとはとれると思いますよ。

Orico Card THE POINT

2つ目に紹介するのはオリコカード・ザ・ポイント」です。
こちらは、クレジットカード・ETCカード、共に年会費無料で利用でき、なおかつポイント還元率が優秀なクレジットカードです。
クレジットカード&ETCカードで利用した金額を「100円=1ポイント」という高還元率を実現。そして何より、入会してから6ヶ月の期間は、2倍にポイントアップします。もちろん、ETCカードも対象のため、入会から6ヶ月間は大いにポイントを貯められるでしょう。
年会費無料ながら、楽天カードと同じくポイントを稼ぎたいなら、こちらのカードが良いでしょう。

エポスカード

クレジットカード・ETCカード共に年会費無料ながら、数多くの特典を味わえる「エポスカード
特に力を発揮するのは、グルメやショッピング、そしてエンターティメントなど多岐にわたります。
例えば、エポスカードを提示し決済すると…
・ビーブルームグループで10%OFF
・SHiDAXで最大30%OFF&ポイント還元率が5倍にアップ
・吉祥寺オデヲンの料金が300円OFF
・日本旅行で予約すると還元率が5倍にアップ
などなど、ここでは紹介しきれないほど、エポスカードを持つことで割引やプレゼントといった、特典や優待を受けられるのです。
年会費無料で数々の特典や優待を受けたいなら、エポスカードを持っておくと良いですよ。

 

最短で即日発行が可能!スピード発行でおすすめのETCカードとは?

クレジットカードは通常、早くて1週間、遅くとも2~3週間前後であなたのところへ届きます。
ですが現在、あるクレジットカード達は今までの常識をくつがえす「即日発行」または1週間も経たずに発行可能です。
もし、すぐにでもクレジットカードを所有したいと思いましたら、これから紹介するクレジットカードたちは必見ですよ。

セゾンカード

すぐにETCカードが欲しいと思ったそこのあなた!
でしたら、最短で即日発行できる「セゾンカード」はいかがでしょうか?
セゾンカードはインターネットから申込、審査で問題なければ「セゾンカウンター」で申し込んだ当日にETCカードを受け取れるクレジットカードです。
ですが最短即日発行だけがメリットではありません。
「永久不滅ポイント」というサービスを実施しており、貯まったポイントが数年で消滅するのを防いでくれます。
それだけでなく、西友やリヴィンで利用すると毎回「5%OFF」という特典付き!そしてネットショッピングを利用する方は、セゾンポイントモールを経由することで最大「30倍」のポイント還元を受けられます。
即日発行を可能にし、なおかつ年会費が無料になる優れたETCカードです。もし、すぐにでもETCカードが欲しい方におすすめの1枚ですよ。

 

セディナカード

セゾンカードに続き、ETCカードをスピード発行できるクレジットカードが「セディナカード」です。
セディナカードでは、インターネットからの申し込みに限り「当日発送サービス」を用意。もし、下記の時間帯までに申し込みが完了すれば当日に発送されます。
・14時までにお申し込みいただいた場合→当日ETCカードを発送
しかし14時までの申し込みに間に合わないと…
・14時以降にお申し込みいただいた場合→翌日ETCカードを発送
ETCカードの発送が遅れてしまい、すぐに利用できませんので注意したいところです。
また、ETCカードの発行費用が1,000円(税抜)、年会費はクレジットカードのみ発生し毎年1,000円徴収されます。
ですが、年会費以上の特典があなたを待っています。
・セブン&アイHD、イオングループ、宇佐美GSでポイント還元率が3倍にアップ
・マルエツで毎月第2・第4日曜日5%割引
・セディナポイントモールで最大21倍のポイント還元率
・前年度の利用金額に応じてポイント還元率がアップする「トクトク!ステージ」を用意。最大1.3倍にアップ
・セディナカード利用金額の引き落としを三井住友銀行の口座にすると、三井住友銀行ATMの利用料が無料になる
このように、ポイントや嬉しいATM利用手数料の無料サービスまで用意しています。最短ではないものの、セゾンカードと並ぶ特典をぜひ、味わってみましょう。

ポイントが全て!ポイント還元率の高いおすすめのETCカード紹介

クレジットカードを利用する際、大事になるのがポイント還元率です。
ですが、周囲を見渡すとせっかくクレジットカードを利用しているのに、ポイント還元率が悪いクレジットカードばかりが目立ちます。
もしあなたが、ポイント還元率を重視したクレジットカードを探しているなら、これより紹介するクレジットカードをぜひ候補に入れましょう。

ライフカード

ポイント還元率の高いカードと言えば「ライフカード」です。
クレジットカードとETCカードの年会費は無料。そして肝心のポイント還元率は通常「0.5%」と少し物足りなさがあります。
しかし、このカードの本領発揮は「誕生日月」そして「ステージ制プログラム」の2つです。
ライフカードでは、誕生日月になるとポイント還元率が「3倍」にアップ!もちろん、ETCカードの利用料金も含まれているため、利用すればするほど、誕生日月に限り常に、ポイント還元率が1.5%になるのです。
また、クレジットカードの年間利用金額によって「ステージ制」を設けているのも見逃せません。
通常は「レギュラーステージ」ですが、50万円以上100万円未満でスペシャルステージ。100万円以上200万円未満でロイヤルステージ…というように、徐々にステージアップしていきます。スペシャルステージは1.5倍、ロイヤルステージは1.8倍にそれじれポイントアップ。
200万円以上利用した方はプレミアムステージが用意されており、翌年から常に2倍のポイント還元率になります。
ポイント還元率を重視するならまず、見逃せないカードと言えます。

REXカード

常にポイントが高還元率のカードを探している方に朗報です!
ジャックスカードから、ポイント還元率に重視した「REXカード」があなたのニーズを満たすことでしょう。
クレジットカード、ETCカード共に年会費無料で、ポイント還元率も驚異の「1.25%」を実現!JACCSが運営する「JACCSモール」を活用すれば最大12%相当のポイントを入手することも可能です。
もちろん、1.25%のポイント還元率はETCカードでも適用されますので、ポイントの高還元率を手軽に狙える優れものです!
常にポイント還元率の高いカードを探しているなら、REXカードを作成し連動したETCカードを申し込みましょう。

三菱UFJニコスVIASOカード

高速道路だけでなく、日々の生活で必需品の「携帯電話&スマートフォン料金」「プロバイダー料金」もお得にポイントが貯まるカードが登場です。
その名も「三菱UFJニコスVIASOカード」です!
ETCカードの発行費用のみ1,000円(税抜)かかるものの、クレジットカード、ETCカード共に年会費は無料。
そして、ポイント還元率は0.5%であり、貯まったポイントは1年に1回自動でキャッシュバックされます。1ポイント=1円でキャッシュバックされるため、ポイントを忘れて消滅する危険性がありません。
そして何より、ETCカードの利用料金や携帯電話、プロバイダー料金を支払う際にポイント還元率が2倍にアップするのも見逃せません!
またVIASO eショップで利用すると最大10%のポイント還元率を実現できます。
このように、ポイントを貯めて交換ではなくキャッシュバックというシステムですが、他のカード以上にポイントを貯められます。もしポイント交換を考えておらず、還元率の高いカードを探しているなら、正にピッタリのカードですよ。

コンビニも高速道路もお任せ!ETCカードのおすすめコンビニカード紹介

常にコンビニを利用しているそこのあなた!
実はコンビニに適したクレジットカードを利用することで、ポイント還元率が2~5倍、時には優待価格でコンビニアイテムをゲットできるのです。
その上、あるクレジットカードはコンビニに限らずグループ全体でお得な特典を利用できる優れもの!
こんなに便利なクレジットカードを今回は、あなただけに特別に紹介していきます。

セブンカード・プラス

初めに紹介するのは「セブンカード・プラス」です。
このクレジットカードは、名前通り「セブン&アイHD」のグループ各社で大いに力を発揮するカードです。通常は200円=1nanacoポイントのため、他のクレジットカードと差はありません。
しかし「西武・そごう」や「アリオ」といったグループ会社で利用すると、ポイント還元率が2倍にアップ。
もし、セブンイレブンやイトーヨーカ堂、デニーズなどで利用するとポイント還元率が3倍にアップするのです。
さらに、毎月8のつく日(8日、18日、28日)はイトーヨーカ堂で「5%OFF」となるキャンペーンを実施!もしこの日を利用すれば、ポイント還元率が3倍で、なおかつ5%OFFで利用できるため、通常利用よりもお得になります。
もちろん、ETCカードを利用した時も200円=1nanacoポイントが還元されるため、利用すればするほどポイントが貯まっていきます。
ETCカードの年会費は無料ですが、セブンカード・プラスは500円(税抜)でかかります。とは言え、年間5万円以上、クレジットカードを利用すれば無料になるため実質無料と言っても過言ではないでしょう。

ファミマTカード

続いて紹介するのは、ファミリーマートで大いに力を発揮する「ファミマTカード」です。
クレジットカード・ETCカード共に入会金・年会費無料で利用でき、ETCカードも利用することで200円=1Tポイントが貯まります。
しかし!ETCカードだけにファミマTカードを発行するのは非常にもったいない!これより紹介することを見れば、ファミリーマートで利用しないと、いかにもったいないかがわかるでしょう。
・1ヶ月のファミリーマート利用金額で決まるファミランク制度を用意。最大3倍にポイントアップ
・毎週水曜日はレディーDAY。女性に限りポイントが2倍にアップ
・毎週火曜と土曜は「カードの日」。最大5倍にポイントアップ
・25歳以下の方は「若者応援ポイント」のサービスを利用可能。クレジットカードの利用で毎日ポイントが2倍にアップ
このように、ファミマTカードをETCカードの発行だけに利用するのではなく、ファミリーマートで存分に活用しましょう。そうすれば、お得にTポイントを獲得できますよ。

ステイタス性抜群のゴールドカード!おすすめのETCカード紹介

ゴールドカードは、あなたのステイタス性を表すのにピッタリのカードです。
昔は年会費も高額で維持費に難あり…でしたが、今では年会費もお手頃な費用で利用できます。
その上、ゴールドカードならではの特典、例えば空港ラウンジの利用やグルメ、そしてショッピングなどで様々な優待を受けられます。
数々の特典や優待を見れば、ゴールドカードには年会費以上のお得が詰まっていることが分かりますよ。

MUFGゴールドカード

今までのゴールドカードの常識を破ったクレジットカードと言えば「MUFGゴールドカード
なんと、ゴールドカードの中で安価な年会費を実現しました。その年会費は「1,905円(税抜)」多くのカードが1万円以上する中、財布に優しいクレジットカードと言えます。
ETCカードの発行手数料は、1,000円(税抜)かかるものの、年会費は無料で利用できます。
そして何より、ゴールドカードならではの特典も非常に魅力的です。
・空港ラウンジサービスが利用できる
・国内で乗継便の遅延が発生した場合、カード会社が最大2万円を補償
・入会した月が毎年1.5倍のポイント還元になる「アニバーサリーポイント」サービスを行っています
・POINT名人.comで最大25倍のポイント還元率を実現
・利用料金によってポイント還元率が変わる「グローバルPLUS」制度を用意
年会費が安く抑えられるだけでなく、充実したサービスであなたが加入するのを待っています。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

ステータス性の高いアメックスの更に上を行くクレジットカード「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
新規発行手数料は「850円(税抜)」徴収されますが、年会費無料でETCカードを利用できます。しかし、クレジットカードの年会費は「29,000円(税抜)」という、ゴールドカードらしい年会費です。
ですが、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードはゴールドにふさわしい特典と魅力を持っています。
●グルメ
・ゴールド・ダイニング by 招待日和:対象のレストラン・コースにて2名様以上の予約で1人分無料
・American Express Invites®(レストラン優待):世界中から厳選したレストランで割引、またはボトルサービスを受けられる
●トラベルサービス
・一休.com、日本旅行などのトラベルサービスで5~8%割引
・プリファード・ゴルフ:世界70ヶ所以上の提携ホテルに2泊以上宿泊で、1名分無料。また年会費も無料
・海外旅行時に助かる「手荷物無料宅配サービス」
・空港ラウンジサービス利用可能
●エンターテインメント&ショッピング
・ゴールド・ワインクラブ:入手困難な銘柄、または予算に応じたワインを選んでくれるサービス
・コットンクラブにて会員限定の特典を用意
・新国立劇場にて会員限定の特典を用意
・イープラスにてチケットの優先販売や特典を用意
などなど、ETCカードの発行のみならず、さすがアメックス!といえるほど充実した特典を用意していますね!
ETCカード共に、充実した特典を存分に利用したいなら、このカードがおすすめですよ。

三井住友VISAゴールドカード

MUFGと並び、銀行系クレジットカードの中でも有名なのが「三井住友VISAゴールドカード」です。
ゴールドカードになると、存在感抜群の品のある金色へと変化し、財布から出す際も恥ずかしくない大人のデザインです。
では肝心の特典はというと…
・空港ラウンジサービス
・一流旅館・ホテル宿泊予約プラン by Reluxにて会員限定の料金にて宿泊可能。さらに最大3,000円割引が適用される
・通常カードの2倍のボーナスポイントをプレゼント
このように、これまで紹介してきたカードと比べると魅力が少ないですが、年会費はMUFGカードに続いて安く抑えられます。
通常は年会費「10,000円(税抜)」ですが「web明細の発行」「リボ払いサービスの加入」にすると、半額の「5,000円(税抜)」に抑えられるのです。
また、ETCカードの発行費用もかかりませんし、年会費もETCカードを1回でも利用すれば無料になります。
ステータス性も高く、なおかつ年会費を安く抑えるなら三井住友VISAゴールドカードが良いでしょう。

JCBゴールドカード

最後に紹介するのは、国内唯一のプロパカード「JCBゴールドカード」です。
JCBゴールドカードは、他のゴールドカードと異なり「2種類」用意しています。それぞれの特徴を簡潔に紹介していきます。
●ETC専用カード
・ETC専用カードとしてクレジットカードとは別に発行されます
・年会費、発行費共に無料
・ポイント還元率はJCBカードと同様に0.5%
・年会費無料
●クレジットカード&ETCカード一体型
・「ドライバーズプラスコース」「Oki Dokiポイントプログラムコース」の2種類を用意
・ドライバーズプラスコース:月間の利用金額に応じて翌月のキャッシュバック率を決定。キャッシュバック期間に「高速道路」「ガソリンスタンド」を合算した利用金額、そして決定したキャッシュバック率を計算し、翌月、キャッシュバックされる
・Oki Dokiポイントプログラムコース:こちらは通常のJCBカード同様、利用金額より0.5%ポイント還元されます
・年会費はゴールドカードと一緒に精算されるため10,000円(税抜)
このように、システムが異なるためキャッシュバックにするか?ポイント還元でETCカードを利用するか検討しましょう。
もちろん、ETCカードだけで終わらないのがJCBゴールドカードの強みです。
例えば…
・海外で利用するとポイント還元率が2倍(日本でAmazonを利用しても2倍になります)
・JCB ORIGINAL SERIESパートナーで利用するとポイント還元率が2~10倍にアップする
・JCBゴールド チケットサービスで、優待券や特別チケットを用意
・空港ラウンジサービスを用意
・JCB GOLDグルメ優待サービスを利用すると、対象のレストランで10~20%割引、または特典を用意
・JCBゴールド ゴルフサービスを活用することで、一般客が利用できない特別なゴルフ場を予約できる
JCBゴールドカードは特に日本国内で大いに力を発揮する優れものです。もし、日本国内で頻繁にクレジットカードを利用するならJCBゴールドカードがおすすめです。

ETCカードを利用するだけで最大40円/L引き!?おすすめガソリンカード3種紹介

続いて紹介するのは、おすすめのガソリンカードについてです。
ガソリンカードを所有し、なおかつ利用することで、なんと最大40円の割引になるクレジットカードもあります。
車の維持費で頭を悩ませる「ガソリン代」を、ガソリンカードでお得に給油してみてはいかがでしょうか?

ENEOSカード C

国内大手ガソリンスタンド「ENEOS」では、ENOSカードを3種類発行しています。
ですが、もしETCカードを頻繁に利用し、なおかつクレジットカードを多くの支払いに利用しているなら「ENEOSカード C」がおすすめです。
「C」は、ガソリン代だけでなく、クレジットカードをやETCカードを利用した月間利用金額に応じて割引されるカードです。最大「7円/L引き」を実現できるため、利用機会が多い人ほど力を大いに発揮することでしょう。
●ENEOSカード C 割引例
・6月に合計6万円利用した。
・6万円=5円/L引きのため、翌月の7月に「値引き単価のお知らせ」が届きます。
・8月に、7月に送付された値引き単価に応じた割引が適用されます。
・9月、8月に利用したガソリン代からキャッシュバックされる金額を算出し、あなたのもとへキャッシュバックされます。
このようなサイクルで、ガソリン利用金額がキャッシュバックされるのです。
ただし、月間1万円未満しかクレジットカード・ETCカードを利用しない場合はおすすめできません。理由として「1円/L引き」のため「S」の方がお得になるからです。そのため、月間2万円以上利用するならENEOSカードCがおすすめです。

シェル スターレックス カード

ハイオクを給油されているそこのあなた!
レギュラーや軽油よりも高いハイオクが、少しでも安くなると嬉しいですよね?それに、高速道路やクレジットカードを利用した分だけお得になれば、さらに良いですよね?
でしたら「シェル スターレックス カード」を作成してみてはいかがですか。
シェル スターレックス カード、ETCカードどちらも年会費無料であり、ENEOSカード C同様に利用した分だけガソリン代がお得になるカードです。半年間の利用金額によってレギュラーや軽油が最大7円/L引き。
そして肝心のハイオクは、なんと「最大12円/L引き」という驚愕な数値を叩き出しました!
しかも、WEB明細サービスを利用することでさらに1円/L引きになり、ハイオクは13円/Lまで値引きできるのです。
もし、昭和シェル石油のヘビーユーザーや、ハイオクを給油されている方がいましたら、見逃せない1枚ですよ。

NTTグループカード

もっともガソリン値引きが期待できるクレジットカードが「NTTグループカード」です。
クレジットカードの年会費は実質無料(WEB明細サービスで無料になります)、ETCカードの年会費は500円(税抜)ですが、年会費以上に出光でお得なキャッシュバックが待っています。
こちらもクレジットカードを利用した分だけ、キャッシュバック率が上昇し、月間利用金額によっては最大「40円/L」の恩恵を受けられるのです。
もちろん、ハイオク・レギュラー関係なく最大40円/Lのキャッシュバックのため、ハイオクの方にとって嬉しい制度でしょう。
(軽油は最大20円/Lになります)
適用限度が100Lまでですが、最大40円/Lのキャッシュバックは非常に魅力的ですので、クレジットカードを多用する方は必見の1枚です。

若い方が得をする!?未成年、学生におすすめのETCカードとは?

未成年や学生の皆さん!
クレジットカードを所有したいと思ったら、若い時だけ利用できる専用カードを発行しましょう。
専用カードには、ポイント還元率が2~5倍、その上、年会費無料や他にもこの時だけしか味わえない数々の特典が目白押しです。
一般のクレジットカードを発行する前に、まずはこれより紹介する専用カードを検討してみましょう。

学生専用ライフカード

先ほど、ポイント還元率のところでも紹介した「ライフカード」
実は、満18歳以上満25歳以下の「学生専用ライフカード」を用意しているのです。年会費はクレジットカード・ETCカード共に無料であり、学生限定の特典が満載!
・海外で利用するとポイント還元率が5倍
・携帯利用決済で毎月10人に1人、Amazonギフト券(500円分)プレゼント
・海外旅行傷害保険が付いており、最大2,000万円補償
その他にも、ライフカードが持つ特典も学生専用のライフカードに付属しています。

三井住友VISAデビュープラスカード

続いて紹介するのは「三井住友VISAデビュープラスカード」です。
満18歳以上満25歳以下の方であれば、学生問わず利用できるクレジットカードです。
年会費は初年度無料ですが、翌年度からは徴収されるものの、1円でもカード決済すれば年会費を無料にできます。ただし、ETCカードは500円(税抜)になるため注意です!
とは言え、一般の三井住友VISAカードと比較すると魅力的な機能を備えています。
・三井住友VISAデビュープラスカードは、いつでもポイント還元率が2倍
・入会後3ヶ月間はポイント還元率が5倍にアップ
・満26歳以降になると「プライムゴールドカード」へ自動ランクアップ
以上のように、一般の三井住友VISAカードよりもポイント還元率の高さ、そしてゴールドカードへ自動的にランクアップするのは魅力的といえます。
ステータス性の高い、銀行系カードを未成年、学生の内から利用したいならおすすめの1枚です。

陸でもマイルを大量獲得!マイラー必見のおすすめETCカードとは?

海外旅行や国内旅行で航空機を利用すると、マイルが貯まりますね?
実は、航空機に搭乗しなくてもこれより紹介するクレジットカードやETCカードを利用すれば、簡単にマイルが貯まるのです。
もし活用すれば、簡単に国内旅行の往復チケット、人によっては海外旅行も夢ではありません!
マイルが貯まるお得なクレジットカードを、存分に活用していきましょう。

楽天ANAマイレージクラブカード

楽天カードとANAカードが奇跡のコラボを実現し、誕生したカードが「楽天ANAマイレージクラブカード」です!
クレジットカードは初年度無料、翌年度は1回でも利用すれば無料です。しかしETCカードは楽天カード同様、500円(税抜)が発生します。
ですが、ETCカードの利用料金、または楽天ANAマイレージクラブカードの利用料金で、貯まったポイントをマイルへ交換できるのです。
還元率は100円=1ポイント、そしてマイルへ交換する際は、楽天ポイント2ポイント=1マイルに交換可能。もちろん、マイルから楽天ポイントへの交換も可能で、1万マイルを1万楽天ポイントへ交換できます。
しかも、ANAマイレージモールを経由し、楽天市場で利用すると「楽天ポイント」「マイル」両方が貯まります!
楽天カードの機能をそのままに、ANAのマイル機能を加える。なんとも優れたクレジットカードと言えるでしょう。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

マイルを効率よく貯め、なおかつステータス性も高いクレジットカード&ETCカードを求めるなら「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード」が良いでしょう。
ETCカードの年会費は、1回以上利用することで無料になります。しかし、年会費は10,000円(税抜)!?
ですが、ポイント還元率&交換先、そして有効期限を見ると年会費の高さが気にならないでしょう。
・ポイント還元率は100円=1ポイント
・対象航空会社の旅行券や指定商品を購入すると、100円=3ポイント
・マイルへの交換は1,000ポイント=1,000マイルに交換可能
・提携航空会社15社のマイルに交換可能
・無期限でポイントを保有できる
いかがでしょうか?
ショッピングやグルメだけでなく、ETCカードの利用料金もポイントの対象になるため、航空機に乗らなくても簡単にポイントが貯まります。確かに年会費の高さは気になりますが、その分、マイルへの交換率が優秀ですので検討してみましょう。

筆者独断で選ぶ2017年、おすすめETCカード総合ランキング発表!

最後に、これまで紹介してきたクレジットカードの中で、どれがETCカードを発行した際にお得になるか?私の独断でランキングを作成しました。それでは早速見ていきましょう。

第1位:Orico Card THE POINT

第1位に輝いたのは「Orico Card THE POINT」です!
理由として「ポイント還元率」そして「初心者でも分かりやすいシステム」にあります。
クレジットカードを見ていると「〇〇をするとポイント還元率アップ!」「△△で年会費が無料」そしてある特定の行動をすると、さらにお得に利用できるなどあります。
確かにやればお得ですが、初めてクレジットカード&ETCカードにチャレンジする方にとってハードルは高いですし、人によっては「面倒だな…」と思い止めてしまうこともあります。
その点、Orico Card THE POINTは単純明快です。
年会費はクレジットカード、ETCカード、何もせずとも無料ですし、ポイント還元率も常に1%。ポイントアップの工夫も特に考える必要もないため初心者~上級者まで、どなたでも扱いやすいクレジットカードです。
この単純明快かつ、ポイント還元率の高さ・年会費無料を加味してランキング1位に設定しました。

第2位:楽天カード

第2位に選ばれたのは「楽天カード」です。
決め手は「使い勝手の良さ」と「ポイント還元率の高さ」この2点です。
楽天カードは常に100円=1ポイントのため、Orico Card THE POINTと同じ還元率です。しかし、楽天カード加盟店で利用するとポイントが2~3倍。そして楽天市場はそれ以上の還元率の高さを見せます。
貯まったポイントは楽天市場で利用できますが、その他に電子マネーやマイルへの交換も可能なため、使い勝手の良さを大いに発揮します。
その上、入会キャンペーンを利用すると初めから何千というポイントを確保できるのも魅力的なポイントです。
1位でも良いほど優れた機能を持っていますが、ETCカードの年会費が500円(税抜)のため、今回は第2位にしました。

第3位:エポスカード

第3位に選ばれたのは「エポスカード」です。
エポスカードがランクインしたのは「特典満載」この一言で決まります。
通常ですと、ポイント還元率は0.5%のためそこまで高くありませんが、加盟店で利用するとエポスカードが一気に豹変します!
割引が30%、時には50%にまでなる勢いと、ポイント還元率が5~10倍にアップする特典。高速道路でドライブをしつつ、観光地でエポスカードを利用すればお得な旅行を楽しむことができるのです。
その上、クレジットカードやETCカードは年会費無料のため、日本国内で猛威を振るうこと間違いなし!
ただ、通常利用のポイント還元率の低さと、ETCカード単体でもポイント還元率が変わらないというマイナスポイントがあるため、第3位に位置付けました。

まとめ

最後になりますが現在、ETCカードと連動するクレジットカードを簡単に選ぶのは非常にもったいないことです。
これまで紹介してきたように、各クレジットカードには年会費無料ながら優秀なクレジットカード。そしてポイント還元率やガソリン代、そしてマイルがお得に貯まるクレジットカードなどなど、魅力的なクレジットカードがそろっています。
もし、あなたがETCカードを作るためにクレジットカードを、これから作成しようと思いましたら、自分のニーズに合ったクレジットカード&ETCカードをおすすめします。

カード絞り込み検索

カード検索

カード絞り込み検索

新着記事

PAGE TOP