ANA JCBカード


年会費初年度無料、2年目から税抜2千円
ETC年会費無料

JCBの便利さとマイルハンターのいいとこ取り

ANA JCBカードは、JCBカードに加え、ANA搭乗ごとにマイルが貯まっていく便利なカードです。日本では加盟店網が一番完備されていると言われるJCBですが、ご存知の通りTDLのオフィシャルスポンサーなので、TDLファンの方には便利さ倍増のはずです。

また、電子マネーのQUICPay楽天Edy、更には鉄道系ICカードのPiTaPaを付けることができるので、このカード一枚で何でもできると言って過言ではありません。

更に、年会費無料のETCカードが付いていますから、休日のドライブには力強い味方でしょう。ANA JCBカードを持つ人なら、当然空港へ行く回数も多いはずですが、空港へ車で行くのであれば有料道路を利用するはずです。

ETCカードがあれば、有料道路利用で利便性も高く、ETCカードを利用することによる割引やマイレージでかなりのお得度があるはずです。

 

JCBカードの強み

ANA JCBカードは、ANAカードとしての面もありますが、それより普段の利用ではJCBカードとしての役割が多いでしょう。TDLばかりではなく、海外旅行の際にはJCBPLAZAが慣れない海外の地で、頼りになる相談相手になってくれます。

また、旅行の予約もJCBトラベルなら、わざわざ旅行代理店に行かなくてもスマホ上で予約ができます。友達とカフェで相談しながら旅行プランを決めるという事が可能です。

必ずしもゴールドカード会員でなくても、このような嬉しいサービスが多いのがJCBカードの魅力です。

 

有料カードの価値

ANA JCBカードは、最初の1年は年会費無料ですが、次の年からは年会費が必要です。税抜2千円の年会費に意味があるかと言われそうですが、最高1千万円の旅行傷害保険がその答です。

最近は、年会費無料のクレカも多く、買い物代金の決済だけであれば、それで十分です。

しかし、ANAで旅行をすることを考えると、旅行傷害保険は必須です。ANA JCBカードを使い倒すほどの旅行ができるといいですね。

 

ANAマイルハンター

入会時にANAマイルが1000マイルもらえ、かつ更新の都度、1000マイルゲットできます。それだけではなく、搭乗の際に基本マイルの1割が加算されますから、マイルの貯まり方が早いです。

2年目から年会費が必要ですが、1000マイルのボーナスポイントがあるので、実質的な負担額はかなり低くなるはずです。

 

電子マネーでポイントゲット

クレカを利用するほどの買い物はあまりしないという人も多いようですが、電子マネーを使えば利用額が激増します。

コンビニの買い物など金額は知れているという人も多いでしょうが、実際にANA JCBカードに付随する電子マネーでコンビニの支払を決済してみると、金額の大きさにびっくりするはずです。

これも当然ポイントゲットの対象になりますし、ANAマイルに交換できます。電子マネーを使う事でキャッシュレスの便利さと、ポイントゲット2つのメリットがあります。

カード概要

カード名ANA JCBカード
選択可能ブランドJCB
ETC年会費無料
入会金無料
年会費初年度無料、2年目から税抜2千円
カードタイプ分離タイプ
入会対象条件

18歳以上でご本人または配偶者に安定継続収入のある人(学生は除く)

最大ガソリン値引き

なし

ポイントサービス

還元率換算で0.5%

付帯保険

海外旅行傷害保険最大1,000万
ショッピング保険年間100万

その他サービス

電子マネーのQUICPay・楽天Edy、鉄道系ICカードPiTaPa