ロフトカード

【ETCカード】ロフトカードのメリットデメリットと詳細&申し込み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ロフトカード
ポイントサービス名 永久不滅ポイント
年会費(初年度) 無料
年会費(二年目以降) 無料
ETC年会費(初年度) 無料
ETC年会費(二年目以降) 無料
対応電子マネー

ロフトカードは年会費&発行費用が無料!


ロフトカードは、クレジットカード発行会社「セゾンカード」と「ロフト」がタッグを組み発行したクレジットカードです。
後ほど詳しく紹介しますが、セゾンカードの特典とロフトで活躍する特典、2つの特典を持っています。
2つの特典を持ちながらなんと!年会費・発行費用を無料で所有できるのです。
もちろん、年会費無料のために利用回数や利用金額、特定のサービスへの加入は一切必要ありません。
使わない時でも、維持費がかからないのは嬉しいポイントですね!
その上、利用金額1000円につき1ポイント貯まりますので、ポイントを貯めたいという方にもおすすめの1枚です。

etcカードも年会費無料! 家族カードは?


高速道路を利用したいなら、ロフトカードと一緒にetcカードも申し込みを行いましょう。
気になるetcカードの発行費用や年会費は全て無料!条件なしで年会費が無料になりますので、たとえ使わない期間があっても維持費がかかりません。
そして、etc利用料金もポイントの対象です。そのため、高速道路の利用料金も無駄なくポイントとして回収できます。
ただし、ロフトカードでは「家族カード」を発行するのは不可能です。
もし家族カードを発行したい場合は他のクレジットカード、または親族がロフトカードに申し込みましょう。

年会費をかけてアメックスを選択すべき?ロフトカードの国際ブランドは何がおすすめ?


ロフトカードでは、クレジットカードを発行する際「国際ブランド」を選択しなければいけません。
例えば「VISA」「JCB」「Master」そして年会費が発生する「アメックス」です。
国内メインであればJCBで問題ありませんが、海外でも利用を検討しているなら利用できる店舗が多い「VISA」「Master」が良いでしょう。
しかし、気になるのが「アメックス」です。
年会費「3,000円(税抜)」が発生しますので、一見するとブランドを気にしないなら年会費の無駄と考えます。
ですが、アメックスにすると充実した海外・国内旅行傷害保険が付帯するのです。

上図を見て分かるように、国内・海外共に最高3,000万円の旅行傷害保険が付帯しています。
もし、クレジットカードに保険を求めるなら国際ブランドをアメックスにすると良いでしょう。
ただし、他に海外・国内旅行傷害保険が付属するクレジットカードを持っているなら、保険充実させる分には良いですが、必要ないと感じれば年会費無料の国際ブランドを選びましょう。

ロフトカードは年会費無料で特典満載!
充実の特典4選紹介

毎月最後の金・土・日はお買い得?
ロフトカードで10%OFF


ロフトカードを持っていると、毎月最後の金・土・日をお得に過ごすことができます!
なんと、会員限定でロフトのお会計が「10%OFF」になるからです。
対象外商品も非常に少なく、ロフトで販売されているほとんどの商品が10%OFFの対象となるため、ロフトのヘビーユーザーは見逃せない特典です。
もちろん「割引は合計金額〇〇万円まで!」と言う制限もありませんので、大量に買い込んでもOK!
あなた個人で特典を利用するも良いですし、友人や家族を誘って一緒にお得を分かち合うのも良いでしょう。
※ただし、お会計が1,000円(税抜)以上から10%OFFになります

ロフトカード×ロフトアプリの組み合わせは最強!?


ロフトカードとぜひ、組み合わせていただきたいのが「ロフトアプリ」です。
ロフトアプリは無料でダウンロードできるアプリであり、スタンプを6つ貯めると10%OFFクーポンがもらえます。
スタンプを集めるのは非常に簡単で、1,000円(税抜)以上のレシート1枚に記載される「バーコード」をアプリで読み込むだけ。
すると、1,000円(税抜)以上のレシート1枚につき1スタンプがプレゼントされます。
しかもこのアプリ、現在行われている「プレミアムフライデー」に特典を設けており、ロフトカードと同じく、月末の金・土・日にスタンプ2倍サービスを行っています。
つまり、月末の金・土・日にロフトカードを使えば10%OFF、ロフトアプリを利用すればスタンプが2倍となり、お得感が大いに増すのです。
また、発行された10%OFFクーポンは利用日に制限がないため使いたい時に使えるのがメリットです。
もし、あなたがロフト、及びロフトカードを利用するならロフトアプリを忘れてはいけませんよ!

セゾンカードの特典を活用!
全国の西友・リヴィンで5%割引


ロフトとセゾンカードの良いとこ取りのロフトカードは、セゾンカードの特典も大いに活用できます。
その中の1つが全国の西友・リヴィンで「5%割引」できます。
毎月5日・20日、一部対象外の商品・店舗はありますが、食料品に限らず幅広い商品が全品5%割引になる、優秀な特典です。
例えば、あなたが西友・リヴィンで毎月5,000円利用しているとしましょう。
すると1ヶ月で「250円」半年で「1,500円」1年間で「3,000円」です!3,000円もあれば、豪華なランチに軽自動車のガソリン代、そして毎月の生活費で足りないところに補填できる金額です。
もしあなたが、西友・リヴィンを頻繁に利用しているなら、ロフトカードの特典を大いに活用しましょう。

永久不滅ポイントで
ポイントの有効期限がない!


セゾンカードもう1つの強みは「永久不滅ポイント」です。
永久不滅ポイントは、その名の通り、ロフトカードで貯めたポイントが何年経過しても消滅しないサービスを指します。
他のクレジットカードのように、〇年間で消滅し、せっかく目的のアイテムまであと少し!というところまで来たのに、消滅してショックを受けることがありません。
その上「手続きを行えば永年不滅」という面倒な作業も一切必要とせず、自動的に有効期限がなくなるのはありがたいことです!

e+とタッグを組んだ!
先行予約&優待割引を受けられます


インターネットチケット予約サイト「e+」は、セゾンカードとタッグを組み、会員限定のサービスを開始しました。
e+のサービスを活用すると、今まで入手できなかったチケットも「先行予約」または優先して予約ができます。
また、特定のチケットが割引になる「優待割引」も用意しているため、お得にチケットを購入できるのです。
ロフトカードにはe+の特典も含まれているため、チケットを購入している見逃せない特典ですよ。

ロフトカード会員限定でお得な情報プレゼント! ロフトカードニュースとは?


最後に紹介する特典は「ロフトカードニュース」です。
ロフトカードニュースとは、会員限定で商品情報やプレゼント企画、そしてモニター募集や特別ご優待まで、様々なお得情報を掲載しています。
これは、ロフト店舗にも置いておらず、会員以外の方には一切見られない秘密の情報満載です!
この情報を入手できるのは、会員限定のためロフトカードを発行したら、ロフトカードニュースはお見逃しなく。

セゾンポイントモールで
ポイント最大30倍!?


ロフトカードを利用する際、忘れてはいけないのが「セゾンポイントモール」です。
セゾンポイントモールとは、クレディセゾンが運営するポイントモールであり、こちらを経由してショッピングサイト、例えばAmazon・楽天・Yahooショッピングなどを利用するとポイント還元率がアップするのです。
普段、Amazonを利用すると1,000円につき1ポイントのみですが、セゾンポイントモールを経由して利用するだけでボーナスポイントがプラス!合計2ポイントを獲得しますので、実質2倍のポイント還元率になります。
もちろん、Amazonに限らずセゾンポイントモールに記載されているショッピングサイトであれば、2倍以上のポイント還元率を実現します。
インターネットショッピングのヘビーユーザーなら、最大30倍にもなるセゾンポイントモールは絶対に見逃せませんよ!

ロフトカードの保険は自由自在!?
必要な物だけ選択可能

ロフトカード単体では、残念ながら「ショッピング保険」などの保険が付属していません。
しかし!ロフトカードは、あなたが本当に必要な保険を選んでカスタマイズできるサービスを行っています。
それでは、選択できる保険の一部を紹介していきましょう。
●お買物安心プラン

〇お買物安心プラン 基本コース[A]
・補償内容:カードで購入した商品(購入日から90日)
・補償限度額:100万円 自己負担額5,000円
・保険料 年額 300円
〇お買物安心プラン 充実コース[Y]
・補償内容:カードで購入した商品(購入日から180日)
・補償限度額:100万円 自己負担額1,000円
・携行品:補償限度額10万円(現金3万円)[自己負担額1,000円]
・保険料:月額300円
●生活安心プラン

〇生活安心プラン[E]
・補償内容:入院日額 1,000円、アスクドクターズ
・インターネットから医師に直接相談できるQ&Aサイトを利用可能(月3回まで)
・保険料・サービス料:月額300円(保険料80円、サービス料220円)
●ご迷惑安心プラン

・補償内容:個人賠償責任 1回の事故につき補償限度額1億円、日常事故弁護士相談サービス
・弁護士電話相談費用無料(1事案30分程度)
・保険料 月額300円(保険料180円、サービス料120円)
この他にも…
・暮らし・持ち物安心プラン
・いつでも安心プラン
・けが安心プラン
・お留守番安心プラン
・お住まい安心プラン
・キャッシング安心プラン
・ゴルフ安心プラン
・お車安心プラン
などのように充実した保険を用意しています。
保険によって月額・年額のように分かれますが、他のクレジットカードのように不要な保険が付属して、多額の年会費をとられることはありません。
もし「こんな保険があったら良いな…」「自分でクレジットカードの保険をカスタマイズしたい」と思いましたら、ロフトカードの保険を活用してみましょう。

ロフトカードは各種電子マネーに対応!
チャージでポイント獲得


ロフトカードは、以下の電子マネーに対応しています。
・QUICPay
・iD
・nanaco
・楽天Edy
・モバイルSuica
・SMART ICOCA
・au WALLET
nanacoや楽天Edyへのクレジットカードチャージは、残念ながらチャージはできるものの、ポイントを貯めることはできません。
一方、モバイルSuica・SMART ICOCA・au WALLETの3種類は、チャージを行いつつポイントを貯められる素晴らしい電子マネーです!
その上、チャージした金額で決済すれば各電子マネーのポイントも同時に貯まりますので、クレジットカード・電子マネーのポイント2重取りができます。
中でもau WALLETでは特約店があるため、特約店で利用すると更にポイント還元率をアップ可能です。
現在拡大中の電子マネーに対応しているのも、ロフトカードの強みと言えます。

ロフトカードのここが残念!
気になるデメリットは?

ロフトカードは家族カードを発行できない


ロフトカードのデメリットとして、まず家族カードを発行できないところです。
現在、多くのクレジットカードでは、本カードとは別に親族に家族カードが発行できます。
家族カードがあれば、審査で落とされている方や、諸事情でクレジットカードを持てない親族へ手軽に持たせることができます。
その上、家族カードで利用したポイントは全て本会員に行くため、皆で一緒にポイントを貯められるメリットがあります。
しかし、ロフトカードでは残念ながら発行できませんので、他のクレジットカードの家族カードを発行するか、審査に通りやすいクレジットカードを親族に勧めましょう。

アメックス以外に海外旅行傷害保険&
不正利用時の保険がない


冒頭でも紹介しましたが、国際ブランドを「アメックス」に選択すれば「海外旅行傷害保険」が付属します。
その上、不正利用された際も安心の「オンライン・プロテクション」もあり、不正利用の損害を補償してくれます。
一方、アメックス以外の国際ブランドを選択すると、年会費無料の代わりにそれらの保険が付属しません。
他のクレジットカードでは、標準でも付属するシステムのため、海外旅行傷害保険や不正利用時の補償がないのは痛いところです。
もし、他のクレジットカードでカバーできるなら良いですが、もしない場合は他に1枚作る、または保険会社の保険を活用しましょう。

まとめ

最後になりますが、ロフトカードは「ロフト」「セゾンカード」の美味しいところ取りの、贅沢なクレジットカードです。
ロフトで割引になる特典から、セゾンカードのお得な割引&永久不滅ポイントなど、見逃せない特典満載!
ただ、保険の面で若干の難がありますが、その部分はロフトカードで保険をカスタマイズする、または足りない部分をもう1枚のクレジットカードで対応しましょう。
ロフトや様々な箇所でお得なロフトカードをぜひ、候補の1つに加えてみてはいかがでしょうか。

ロフトカードの概要

ポイントサービス名 永久不滅ポイント
年会費(初年度) 無料
年会費(二年目以降) 無料
ETC年会費(初年度) 無料
ETC年会費(二年目以降) 無料
対応電子マネー
キャッシング限度額 規定に準ずる
ショッピング限度額 規定に準ずる
最短発行日 セゾンカウンターで最短即日
ショッピング保険 年間50万円
申込資格 18歳以上(高校生は除く)で電話連絡が可能な方で、提携する金融機関に決済口座をお持ちの方
その他サービス 全国の西友・リヴィンで5%OFF 毎月、最後の金土日の3日間、店頭商品10%OFF JCBを選んだ人のみ、海外でJCBカードを使うと最大10万円分のJCBギフトカードが2,100名に当たるキャンペーン中。 アメックスを選ぶと年会費3,000円

カード検索

カード絞り込み検索

新着記事

PAGE TOP