ETCカード

ETCなしのアクアライン料金は最大70%損する!ETCで大幅割引&メリット、使い方一挙紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

あなたは東京湾アクアラインを利用したことがありますか?
千葉県の木更津金田ICから、神奈川県の川崎浮島ICまで繋がっていますので、千葉と神奈川を行き来するのがスムーズで、海ほたるPAのように観光スポットも用意しています。
とは言え、利用するためにはお金がかかり、軽自動車は「2,470円」普通車は「3,090円」も発生!
これでは、使いたくても料金で二の足を踏んでしまいます。
しかし、これは「ETCなし」の場合です。
自動車にETCを装着し、ETCレーンを通過するだけで最大70%割引を実現します!
そこでこれより、ETC割引の詳細な情報とメリット。そしてアクアライン利用時の注意点や素朴な疑問まで多数紹介。
休日や大型連休にアクアラインに行ってみましょう!

目次

アクアライン×ETCで最大70%割引!ETCあり・なしの通行料金紹介

東京湾アクアラインは、千葉県の木更津金田ICから神奈川県の川崎浮島ICを結ぶ有料道路です。
千葉県と神奈川県の往来がスムーズになった他、観光名所の「海ほたるPA」が用意されていますので、そこだけを利用する方にも大人気です。
そんなアクアラインを、あなたには是非ともETCカード×ETC車載器を用意して利用していただき!
と言うのも、ETCありとなしでは料金が大きく違うからです。

通常料金 ETC車割引料金
軽自動車 2,740円 640円
普通車 3,090円 800円
中型車 3,700円 960円
大型車 5,090円 1,320円
特大車 8,490円 2,200円

上記を見て分かるように、ETCなしでは軽自動車が「片道:2,470円」、普通車は「片道;3,090円」と非常に高い金額です。
一方、ETC料金を見ると軽自動車が「片道:640円」普通車でも「片道:800円」と1,000円を切る安さを実現します。
そしてなんと!中型車や大型車、特大車までETCを利用すれば約70%OFFで東京湾アクアラインを利用できるのです。
その上「木更津金田IC→川崎浮島IC」「川崎浮島IC→木更津金田IC」どちらから利用しても、料金が変わらないのは嬉しいポイントです。

アクアラインはETC必須!料金&渋滞解消等のメリット紹介

アクアラインの通行料金が半額以下!ETCなしはありえない

アクアラインをETCで利用するメリットとして、まず挙がるのが「料金」です。
先ほど紹介したように、ETCなしで軽自動車でも2,470円発生しますが、ETCがあるだけで「640円」になります。
もちろん、軽自動車のみならず「普通車」「中型車」「大型車」にいたるまで、幅広い車種が約70%の割引を受けられます。
確かに、ETCカード&ETC車載器を揃える手間、そしてETC車載器を購入する費用はかかりますが、アクアラインを常に利用するならETCは必須ですよ!

アクアラインのETCレーンは快適!一般レーンの渋滞を解消

アクアラインでETCを利用する2つ目のメリットは、ETCレーンで渋滞を回避できることです。
アクアラインに限らず、高速道路や有料道路の一般レーンは、料金の用意・係員への支払いでどうしても遅くなります。
一方、ETCレーンであれば、そのようなステップを踏まずたた、通行するだけでOKです!
特にGWやお盆休み、年末年始はアクアラインの入口や出口が大変混雑します
しかし、ETCを利用すれば一般レーンの大渋滞に巻き込まれず、スムーズに入場・退場ができます。

アクアラインの海ほたるだけ使いたい!ETCでUターンは可能?


アクアラインにある「海ほたるPA」は、観光スポットとしても有名であり連日、多くの観光客で賑わっています。
中には、海ほたるだけ利用したい方もいると思いますのでNEXCO東日本では、海ほたるのみ利用してUターンすることが可能になりました。

通常料金 ETC車割引料金
軽自動車 2,740円 640円
普通車 3,090円 800円
中型車 3,700円 960円
大型車 5,090円 1,320円
特大車 8,490円 2,200円

気になる料金は片道料金と変わりませんが、Uターンによる別料金を請求されることはありません
ただ、注意していただきたいのは「Uターン方法」です。
例えば、川崎側から海ほたるを目指した場合…

まず川崎方面を見ると現金の方は、海ほたるPA後に必ず「海ほたる料金所」で支払いをしなければいけません。
ETCであれば、そのまま料金所のETCレーンを通過すれば良いので、「川崎方面」へ退出しましょう。

木更津方面を見ると現金の場合、Uターン証明券発券機で発券後、海ほたる料金所で支払い後は、木更津金田ICで発券した券を係員に渡しましょう。
ETCは木更津方面さえ間違わなければ、ETCレーンを通過すれば良いので非常に簡単です。
アクアラインは、海ほたるPAのみ利用したUターンはできるものの、料金や退出方面を間違わないよう気を付けましょう。

バイクツーリングでアクアラインを利用|ETC料金は割引?割引不可?

アクアライン×ETC付きバイクもOK!軽自動車料金で通行可能

アクアラインは自動車だけでなく、バイクも走行できる有料道路です。
とは言え、ただ単に通行してしまうと自動車と同じく高額な通行料を支払わなければいけません。
しかし、バイクにもETCカード&ETC車載器を用意すれば、お得な料金でアクアラインを利用できます。
気になる料金は、軽自動車料金と同じく「640円(通常は2,470円です)」となり、木更津金田IC~川崎浮島IC・海ほたるのみの利用でも同じ料金です。
自動車と同じく、70%に近い割引を実現しますのでバイクもETCカード&ETC車載器は必須ですよ。

アクアラインのツーリング前に天候チェック!バイク走行時の横風は強烈?

アクアラインをバイクで走行する場合、気を付けてほしいのが「横風」です。
アクアラインは東京湾を走る有料道路であり、他の高速道路のように風よけになる防風林やフェンスが設置されていません
したがって天候が悪化、または晴れていても風が強いと、バイクに直接強烈な横風が来るのです。
風がない時であれば速度制限を守り快適な走行を楽しめます。しかし、強風の時は速度を落として安全運転を心がけましょう。

アクラアイン利用前に確認|通行止め&速度制限情報


自動車・バイクに限らず、アクアラインを利用するなら事前に、交通情報をチェックしておきましょう。
アクアラインでは事故やトラブルにより、車線が封鎖される、または片側2車線のところ1車線になることもあります。
これだけでしたら、どこの高速道路と変わりませんが、アクアラインは横風による「速度制限」もあるのです。
制限速度は「80km/h」ですが、強風になると60km/h~70km/hに制限されることもあります。
また季節の変わり目や台風時に発生しやすい「暴風」になると、アクアラインが封鎖されてしまい利用できません。
事前にアクアラインの情報をチェックしていれば、速度超過やアクアラインが封鎖され無駄足になることもありません。
そのため、あなたには事前に交通情報をチェックしてから走行することをおすすめします。
※チェックする場合「Yahoo交通情報」や「アクアライン交通情報ナウ」が良いでしょう。

アクアラインのためにETCを付けたい!ETCキャンペーン&お得情報紹介

ETC助成金キャンペーンでお得にGET!関東圏にお住まいなら見逃し厳禁


「アクアラインをETCでお得に利用したい!でも…ETC車載器を持っていない…」
と嘆いている方に朗報です!
実は、NEXCO東日本でETC車載器の「助成金キャンペーン」を行っています。
もし、このキャンペーンを利用すると通常価格から1万円割引になりますので、浮いたお金で海ほたるPAで優雅に過ごしたり、旅行やレジャーに活用するのも良いでしょう。
下記URLより、詳しいキャンペーン内容が記載されていますので、ETC助成金キャンペーンの見逃しはいけませんよ!

クレジットカード加入でポイント獲得|ポイントでETC車載器を購入しましょう


もう1つ、お得にETC車載器を購入できる方法として「クレジットカード」に加入する方法があります。
とは言え、クレジットカードが何でも良いではなく、加入することで「ポイント」がプレゼントされるカードを狙うのです!
例えば楽天カードやYahoo!Japanカード、ライフカードのように入会するだけで5,000~1万ポイントプレゼントされるカードが狙い目です。
プレゼントされたポイントで、楽天市場やヤフーショッピングを利用して購入すれば、通常価格で購入するよりもお得に購入できます。
もしクレジットカードを所有していない、またはサブカードを探しているならクレジットカードのキャンペーンを利用し、お得にETC車載器を入手しましょう。

アクアラインの〇〇が分からない!アクアライン&ETCに関するQ&Aコーナー

アクアライン割引と他の割引、例えば深夜割引・休日割引も一緒に利用できますか?


アクアライン割引と深夜割引や休日割引等、その他の割引と併用はできません
アクアラインは「アクアライン割引」のみ適用されますので覚えておきましょう。

アクアライン利用時、ETCマイレージサービスのポイントを獲得できますか?

アクアラインでは、割引を併用して利用できませんが「ETCマイレージサービス」のポイントは加算されます。
ポイントは一律「80ポイント」です。
たとえ、木更津金田IC~川崎浮島ICまで走行する、または海ほたるを利用してUターンする場合でもポイントは変わりません。

年末年始やお盆休み等、アクアラインのETC割引が利用できない期間はありますか?


GWやお盆休み、年末年始と言った特定の日にちに割引が適用されないこともあるETC割引。
しかし、アクアライン割引は「終日利用可能」ですので、たとえ長期休暇や年末年始に突入しても利用できます。
もちろん、海ほたるだけ行くパターンでも適用されますので存分に活用しましょう。

ETCレーンが事故により封鎖されています。この場合、アクアラインの割引は受けられますか?


通常、アクアライン割引を受けるためには入場~退場までETCレーンを走行する「ETC無線走行」が必須です。
しかし事故やトラブルで、ETCレーンが封鎖された時に限り、一般レーンでもアクアライン割引が受けられます。
その際、必ず係員にETCで入場したこと、割引の適用等を伝えることを忘れずに行いましょう。

まとめ

いかがでしたか?
東京湾アクアラインは、千葉県と神奈川県をスムーズに通行できる有料道路ですがETCなしの場合、残念ながら高額な料金を請求されます。
しかし、ETCカード&セットアップ済みのETC車載器を用意すれば、軽自動車・普通車が片道1,000円以内で利用可能。
更に中型車以上も割引になりますので、導入しないのはもったいないです。
また、ETCを用意しておけば海ほたるPAからのUターンも、面倒な手続きを踏むことなく簡単に利用できるのもETCの利点です。
これほど便利でお得なETCを、あなたも東京湾アクアライン利用前に用意しておきましょう。

カード絞り込み検索

カード検索

カード絞り込み検索

新着記事

PAGE TOP