ETCコーポレートカード

【ETCカード】ETCコーポレートカードのメリットデメリットと詳細&申し込み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ETCコーポレートカード
年会費(初年度) 617円(税込)/1枚(年1回)
ETC年会費(初年度) 発行手数料:617円(税込)/1枚

ETCコーポレートカードとは?|首都・阪神高速の新割引に対応!

ETCコーポレートカードは、東/中/西日本高速道路株式会社が発行するETCカードです。
大口・多頻度利用の方を対象とした、ETCシステムの利用を前提とする高速国道等の通行料金の割引制度です。
簡単にいいますと、運送業者など、業務で車を使うことが多い会社が、経費削減のために導入するカードで、ネクスコ東/中/西日本の高速道路での利用車両台数や利用金額が大きいほどお得な割引になります。
このカードが作れるのは
法人または個人事業主で、首都・阪神高速の利用金額が月額1枚あたり5,000円以上は見込める方
こんなにお得なETCコーポレートカードを作るには、中小企業や個人事業主などのビジネスを支援する高速情報協同組合がおすすめです。

そのメリットは
1.首都・阪神高速道路のETC特典30~50%割引後、さらに最大20%割引
2.クレジット機能がない
3.保証金がいらない(組合が保証してくれるので、支払い保証や高額の保証金がいらない。高速情報協同組合の加入出資金は1万円。退会時に返金される)
4.ネットで簡単に申し込め手続きがお得(関係書類の取り寄せがいらない。組合員になることで経済的信用も組合が引き受けてくれる)
5.利用明細(請求書)で管理が簡単

それでは、ひとつひとつ見ていきましょう。

1. 首都・阪神高速道路のETC特典30~50%割引後、さらに最大20%割引

ETCコーポレートカードは、走る時間帯に合わせて、大きな割引があります。
休日割引/土日祝0:00~24:00 最大30%
※軽自動車・普通車のみ。地方部限定。大都市近郊区間以外
平日朝夕割引/6:00~9:00、17:00~20:00 最大50%
※土日祝除く。大都市近郊区間以外
深夜割引/0:00~4:00 30%
さらに
下記の首都・阪神高速の新割引制度を利用すると
・5,000円~10,000円利用/割引率10%
・10,000円~30,000円利用/割引率15%
・30,000円~50,000円利用/割引率20%
・50,000円~利用/割引率20%
※etc2.0搭載車両も割引率は変わりません
そうなんです。ここでも20%割引!

時間帯割引が最大50%+首都・阪神高速が最大20%割引
されます。
これほどの割引が受けられるのであれば、首都高や阪神高速の利用頻度が高い事業者は、使わない手はありませんね。

2.クレジット機能がない

従業員に持たせる際、不正利用の心配が一切ありません。
クレジットカード一体型のETCカードだと、そうはいきませんね。

3.保証金がいらない(組合が保証してくれるので、支払い保証や高額の保証金がいらない。高速情報協同組合の加入出資金は1万円。退会時に返金される)

保証金はいりませんが、出資金は必要です。
ETCコーポレートカードを作るには、まず高速情報協同組合に加入します。
その際に必要なものは
・出資金10,000円/1社
※脱退時に返金されます
・カード発行手数料617円(税込)/1枚
・取り扱い手数料617円(税込)/1枚(年1回)

4.ネットで簡単に申し込め、手続きがお得

ETCコーポレートカードの発行をNEXCOへ直接申し込みますと、申し込み書類の取り寄せから、現金(デポジット)または銀行保証の支払保証が必要になります。
デポジットも10,000円ではすみません。
さらに、各契約者単位割引の条件や月間利用額、車両1台あたりの利用額などが、加入希望の法人1社単位ではなく、事業協同組合(=契約者)単位で判定されるため、自分の会社が条件をクリアしなくても、申し込みがしやすくなったり、割引が適応になりお得になる場合があります。
つまり、手間のかかる支払保証を事業協同組合がまとめてやってくれるので、手間も少なく、割引も適応になります。

5.利用明細(請求書)で管理が簡単

ETCコーポレートカードの支払は、月末締めの翌々月8日。
支払いまで余裕があるのも事業者にはうれしいですね。
このETCコーポレートカードは、各カードに車両の車載器番号を登録します。
専用の車載器を利用しますから、他の車両で使うことができません。
カード1枚で車1台。
また、クレカの機能がないためETC車載器に差し込んでおくことが前提です。
なぜならカードごとに請求されるため、車両ごとに損益を掴むことができますし、車両の運行効率も把握できます。
保有している車両数が100台単位の運送会社などにとって、経費管理だけではなく、経営管理資料としてETCコーポレートカードの請求書を使うことができるのです。
法人向けクレカのETCカードにはない、利便性ですね。

まとめ

ETCコーポレートカードは、東/中/西日本高速道路株式会社が指定する高速道路で、高い割引率が得られるetcカードです。
割引率はETC特典最大50%、さらに最大20%割引!
首都高・阪神高速を頻繁に使い、管理する車両が多い場合は、すぐにでも導入を検討してみてください。
もちろん、仕事もプライベートも首都高を大いに利用する個人事業主の方にも、おすすめです。

ETCコーポレートカードの概要

年会費(初年度) 617円(税込)/1枚(年1回)
ETC年会費(初年度) 発行手数料:617円(税込)/1枚
最短発行日 組合に書類到着後、10日程度
申込資格 法人もしくは個人事業主の方
その他サービス 値引サービス:首都高・阪神高速で最大2割引

カード検索

カード絞り込み検索

新着記事

PAGE TOP