ライフカード

【ETCカード】Life CARD(ライフカード)の作り方

ライフカード
ポイントサービス名 誕生月にはポイント3倍で、2.5%還元率。新規入会後1年間&年間50万円以上の利用で還元率が1.5倍。「L-Mall(エルモール)」活用で「Amazon」や「Yahoo!ショッピング」での買い物がポイント2〜最大でポイント25倍。
年会費(初年度) 無料
年会費(二年目以降) 無料
ETC年会費(初年度) 無料
ETC年会費(二年目以降) 無料
対応電子マネー

ライフカード新規入会キャンペーン!2018年7月1日~9月30日まで

ライフカードはとても人気の高いETCカード(クレジットカード)です。
年会費無料なのに、高いポイント還元率と長い有効期限、入会特典で最大14,000円相当のポイントを貰えるからです。
当サイトではライフカードをイチオシしています。

ライフカードの年会費は条件なしで無料!


ライフカードに限らず、クレジットカードで気になるのが「年会費」です。年会費が高額ですと、いくらお得な特典や優待があっても、維持費がネックとなり所有しても旨みがありません。
しかし!ライフカードは年会費無料で利用できる素晴らしいクレジットカードです。
年会費無料のカードの場合、年間最低利用額の条件があったり、リボ払い専用のカードだったりすることが多いですが、
ライフカードは条件なしで年会費無料のために、わざわざ〇〇万円まで利用することもありませんし、リボ払いや特定のサービスへの加入をする必要はありません。
またポイント還元率は0.5%(1,000円=1ポイント。1ポイントは5円相当のため0.5%還元)のため、平均的な還元率です。ですが、後ほど紹介するキャンペーンを利用すれば、最大3倍までアップすることも可能です。
ライフカードは、銀行系カードほどの知名度はありませんが、
年会費無料なのに、これだけの還元率の誇るカードなので、人気が非常に高いです。

他のライフカードも年会費無料で利用できます


ライフカードはいくつか種類があるものの、各カードも年会費無料で利用できます。例えば…
①ライフカード<年会費無料>
学生専用ライフカード
③ライフカードStylish(←リボ払い専用)
中でも学生でしたら、通常のライフカードではなく「学生専用ライフカード」を選択しましょう。理由として3つの特典があるからです。
・海外で学生専用ライフカードを利用すると、5%キャッシュバック
・最高2,000万円まで補償される海外旅行傷害保険が付帯している
・携帯電話の利用料金決済をライフカードにすると毎月10人に1人の確立で「Amazonギフト券500円」プレゼント
このように、学生限定で特典を用意しています。
ただし注意点を挙げるなら、学生が終了した時点で通常のライフカードにシフトすることです。
年会費無料で利用できますが、残念ながら海外旅行傷害保険がなくなりますし、付帯したライフカードですと年会費1,250円(税抜)、家族カードでも400円(税抜)かかります。
そのため、海外旅行や海外出張がなければ、そのままでも良いでしょう。

etcカードの年会費は?ポイントは貯まるの?


さて、ライフカードは年会費無料でしたが、etcカードはどうでしょうか?
こちらも問題なく発行費用・年会費共に無料であり、年会費を無料にする条件や規則は一切ありません。所有しているだけで、年会費が発生しないのは非常に嬉しいポイントです!
ただし!
1点注意したいのが、ETCカードの利用分がポイント還元に反映されないことです。その上、後ほど詳しく紹介しますが「ステージ制度」の際、本来であれば期間中、利用金額によるステージアップに反映されます。
しかし、etcの利用金額はステージ制度の利用金額に反映されないのです。
この点は、ライフカードのetcカードのデメリットと言えますが、その分、年会費永年無料で利用できるのはメリットかと思います。

ライフカードのポイント特典は豪華!?初年度&誕生日月は破格のポイント還元

ライフカード初年度は1年間1.5倍のポイント還元率を実現!

ライフカードは他のクレジットカードと比べ、ポイント還元率の特典が多くあります。
その中の1つが「初年度」だけ味わえるポイントアップキャンペーンです。
このキャンペーンは、初年度の1年間限定で「ポイント還元率1.5倍」にアップします。このポイントアップには「〇〇万円までが対象」という制限が一切ありません。
つまり、初年度は使えば使うほど、お得にポイントを貯められるというわけです。初年度が終了すると、キャンペーンも終了し、もとの0.5%のポイント還元率に戻ります。
そのため、初年度はポイントを大量に獲得できるチャンスのため、大いに活用していきましょう。

誕生月もポイントアップ!驚異の3倍にポイント還元率が上昇

初年度のキャンペーンが終了したからと言って、肩を落としているそこのあなた!
実は、初年度のキャンペーン以降も「誕生日月」の1ヶ月間限定のキャンペーンが、あなたを待っています。
このキャンペーンを利用すると、なんと「ポイント還元率3倍」にアップするのです!
通常が0.5%ですので、3倍になると「1.5%」になります。これは初年度のキャンペーンを超す驚異的なポイント還元率ですので、この月に集中してショッピングやグルメを楽しむのも良いでしょう。

貯まったポイントが無駄にならない?ポイント有効期限は5年間


これだけ魅力的なキャンペーンがあっても「ポイント有効期限」が短ければ意味がありません。せっかく貯まったポイントが全て無駄になります。
ライフカードはポイント有効期限が無期限ではありませんが「有効期限2年間」です。しかし、ある方法を利用すれば最長5年間まで延ばせます。
その方法は「ポイント繰越コース」に申し込むことです。
申し込み方法は至って簡単で、ライフカードのポイント交換ページより選択して、ポイント交換を行う要領で手続きを進めばOKです。すると、有効期限を延長させ最長5年間にできます。
ポイントが永久不滅とはいきませんが、最長5年間あれば、あなたが欲しいと思うアイテムまでポイントを貯めることができるでしょう。

ネットショッピング利用者必見!L-Mallでポイント還元率が最大25倍にアップ

もしあなたが、ネットショッピングを頻繁に利用しており、なおかつライフカードへ申し込みを検討しているなら「L-Mall」を利用してみましょう。
L-Mallとは、ライフカードが運営するインターネットサイトであり、このサイトを経由しショッピングサイト、例えばAmazonや楽天と言ったサイトで買い物をするとポイント還元率がアップします。
しかも、このポイント還元率アップは非常に強力で、なんと「最大25倍」ポイントアップさせることができます!
こちらも、金額によるポイント制限はありませんので思う存分、経由してショッピングサイトを利用し、ポイントを大いに貯めましょう。

L-Mallならゴルフ場予約もOK!予約でポイントを美味しくGET!


他のクレジットカードも、カード会社が運営するサイトが続出している中、ライフカードでは他と差別化を図るように「ゴルフ場予約」を受け付けています。
・ゴルフダイジェスト オンライン
・じゃらんゴルフ
上記2ヶ所の予約サイトと提携しているため、予約と同時に「クレジットカードのポイント」そして「ボーナスポイント」を獲得!予約もでき、なおかつポイントを大量に入手できますので、正に一石二鳥と言えるでしょう。
もしゴルフ場を予約するなら、ライフカードのL-Mallを活用しましょう。

ライフカード×ふるなびがタッグを組む!ふるさと納税もライフカードにお任せ


現在、ふるさと納税は全国各地の地方自治体の返礼品を集めた「ふるさと納税サイト」より、手軽に申し込めます。
そんな中、ライフカードはふるさと納税サイトの「ふるなび」とタッグを組み、お得に利用できるサービスを開始しました。
L-Mall経由でふるなびの返礼品を選ぶと「ポイント還元率2倍」にアップしますので、通常利用よりもお得にポイントが貯まります。
ポイントアップ対象の返礼品は特に指定されておらず、ふるなびにある返礼品全てがポイントアップの対象です。
もし、ふるなび利用者がいましたら、L-Mallのサービスを見逃さないよう気を付けましょう。

ステージ制度でポイント還元率最大2倍!ヘビーユーザー見逃し厳禁のサービス

クレジットカードを頻繁に利用しても、全くポイント還元率が変化しないのは非常にもったいない!
そこでライフカードでは、1年間の利用金額に応じてポイントがアップする「ステージ制度」を用意しました。

上図を見て分かるように「50万円以上=1.5倍」「100万円以上=1.8倍」「200万円以上=2倍」のようにアップしていきます。
これなら、頻繁にクレジットカードを利用するヘビーユーザーにとって「待ってました!」と言わんばかりの制度かと思います。
もし年間、上図の金額を超えるようであれば、ライフカードのステージ制度を上手に活用していきましょう。

ライフカードのここがもったいない!抱えるデメリットとは?

ライフカードに海外旅行傷害保険がない


ライフカードのデメリットとしてまず「海外旅行傷害保険」がないことです。
先ほど、学生専用のライフカードのところで紹介したように、最大2,000万円の海外旅行傷害保険を付帯する場合は「年会費1,240円(税抜)」のライフカードに変更しなければいけません。
また、海外旅行や国内旅行に行くタイミングで、保険を適用させることは不可能です。
したがって、海外旅行傷害保険を年会費無料で受けたい方は、ライフカード以外のクレジットカードを探したほうが良いでしょう。

キャンペーンがないと他のクレジットカードとポイント還元率が変わらない


ライフカードのメリットと言えば、キャンペーンを活用したポイントアップです。
しかし、ポイントアップのキャンペーン、またはステージ制度を上手に活用してきませんと、通常は0.5%のため、他のクレジットカードと変わりません。
現在、年会費無料でもポイント還元率が高いクレジットカードが続出しています。例えば「楽天カード」や「オリコカード・ザ・ポイント」を見ると、通常時でも1%ポイント還元です。
ただ、通常時でもポイント還元率の高いクレジットカードとライフカードを組み合わせた裏技は利用できます。
キャンペーン期間以外は、楽天カードやオリコカード・ザ・ポイントを利用する。そして誕生月になればライフカードを利用して美味しくポイントを入手する。
このような方法も利用できますので、ライフカードをメインだけでなく「サブカード」としても有効活用できます。

特定のサービス&ギフトカード購入でポイントが貯まらない


ETCのところで紹介しましたが、ETCの利用料金は残念ながらポイントを貯めることは不可能です。
ですが、他にもポイントが還元されないサービスや商品があります。例えば「電子マネーへのクレジットチャージ(楽天Edy、nanaco)」「ライフカード販売のJCBギフトカード」では、ライフカードを利用してもポイントは1ポイントも貯まりません。
もちろん、キャンペーンを適用しても貯まりませんので、もし上記サービスの利用を検討しているなら注意しましょう。

まとめ

いかがでしたか?
ライフカードは年会費無料でありながら、キャンペーンを利用することで大量のポイントを獲得できます。
その上、L-Mall経由で商品を購入すると最大25倍にポイントアップ。しかも、ゴルフ場予約やふるさと納税でもポイントアップするのです!
確かに、海外旅行傷害保険や通常時のポイントと言ったデメリットがあるものの、保険が付帯したクレジットカードを持つ。または通常時、いつでもポイント還元率が高いクレジットカードを使い、キャンペーン期間中はライフカードを利用する、サブカードとして用いるのも良いでしょう。
年会費無料ながら様々な特典を持っているライフカード、あなたもクレジットカードを作成するなら候補の1つに入れてみては?

ライフカードの概要

ポイントサービス名 誕生月にはポイント3倍で、2.5%還元率。新規入会後1年間&年間50万円以上の利用で還元率が1.5倍。「L-Mall(エルモール)」活用で「Amazon」や「Yahoo!ショッピング」での買い物がポイント2〜最大でポイント25倍。
年会費(初年度) 無料
年会費(二年目以降) 無料
ETC年会費(初年度) 無料
ETC年会費(二年目以降) 無料
対応電子マネー
キャッシング限度額 200万円
ショッピング限度額 10~200万円
最短発行日 最短3営業日発行
紛失盗難補償制度 カード会員保障制度あり
申込資格 日本国内にお住まいの18歳以上(但し高校生を除く)で、電話連絡が可能な方。
その他サービス プロパーカード新規入会キャンペーン最大15,000円キャンペーン実施中!! 盗難・紛失に遭われてもカード会員保障制度で損害保障

カード検索

カード絞り込み検索

新着記事

PAGE TOP