三井住友ビジネスカードクラシックfor Owners

【ETCカード】三井住友ビジネスカード for Ownersクラシックのメリットデメリットと詳細&申し込み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
三井住友ビジネスカードクラシックfor Owners
ポイントサービス名 景品交換のみ(キャッシュバック・ポイント移行等は不可)
年会費(初年度) 使用者1名 税抜1,250円(税別)/2名目から1名につき 400円(税別)
年会費(二年目以降) 使用者1名 税抜1,250円(税別)/2名目から1名につき 400円(税別)
ETC年会費(初年度) 無料
ETC年会費(二年目以降) 1回でも利用すれば翌年も無料、利用がないと500円税別

三井住友ビジネスカードクラシックfor Ownersは法人向けETCカードがスゴイ!

法人の経理で一番面倒なのが経費処理です。
仕事の上で接待なども欠かせませんし、営業担当者の活動では、小口の経費も必要です。
この管理を現金の立替などで処理すると、いちいち精算事務が必要になり、各担当者の負担がかなり大きくなります。
当然、移動距離が長い営業担当者が一番この手の処理が大変となりますが、その中で交通費処理は非常に大変です。
三井住友ビジネスカードクラシックは、ETCカードとJR東海のプラスEXサービスで、これらの手間をかなり改善しています。
ETCカードなら、高速道路で支払をその都度する必要がなく、料金所もノンストップで通過するので、ストレスもなく事故防止につながります。
マイレージサービスなどの割引策は、今やETCカードを使わないと受けることができません。コスト意識の強い会社ほど、ETCカードを積極的に導入しています。
また、ETCカードは個人用の場合は1枚しか発行しませんが、三井住友ビジネスカードクラシックは、法人用のため複数枚の発行が可能です。
担当者ごとにETCカードを紐づけすれば、経費管理や行動管理もバッチリです。
同様に、JR東海のプラスEXサービスを利用することで、新幹線出張も管理が楽になります。
旅先でのレンタカーもETCカードを挿入することで、同時に経費管理が確実にできます。
ETCカードは個人利用でも便利ですが、三井住友ビジネスカードクラシックのような法人カードの場合、経費管理の容易さがプラスされ、更に利便性が高くなります

必要最低限で年会費も節約

会社によっては海外出張があり、海外旅行保険を付ける必要があるケースがあります。いちいちその際に海外旅行保険を付けるのも面倒であり、三井住友ビジネスカードクラシックのように、カードに海外旅行傷害保険が付帯されていると助かります。
そのせいもあり、三井住友ビジネスカードクラシックは、年会費無料とはなっていません
しかし、法人の経費として処理することができて、かつ事務の効率化にも貢献するのであれば高い費用ではないはずです。
経理担当者の仕事は、経理処理だけであれば、単に経理ソフトに入力すれば済むことが多いのですが、出張経費の精算は現金が絡むため神経を使います。
この処理がほぼなくなるだけで、経理担当者を他の建設的な仕事に従事させることが可能になります。

ポイント利用の制限

三井住友ビジネスカードクラシックは、ポイントでキャッシュバックなどができないようになっています。これは、経理担当者の不正防止の面があります。
経理担当者の中には、三井住友ビジネスカードクラシックのような法人カードのポイントを自分個人のポイントに交換してしまうことがあります。そして、そのことは会社側にわからないことが多いのです。
このような事故を防ぐために、会社事務所に直接届く景品交換だけに限定しているのです。

三井住友ビジネスカードクラシックfor Ownersの概要

ポイントサービス名 景品交換のみ(キャッシュバック・ポイント移行等は不可)
年会費(初年度) 使用者1名 税抜1,250円(税別)/2名目から1名につき 400円(税別)
年会費(二年目以降) 使用者1名 税抜1,250円(税別)/2名目から1名につき 400円(税別)
ETC年会費(初年度) 無料
ETC年会費(二年目以降) 1回でも利用すれば翌年も無料、利用がないと500円税別
キャッシング限度額 海外キャッシュサービスのみ0~30万円
ショッピング限度額 原則20万~100万円
海外旅行傷害保険 最高2,000万円(事前に旅費などをカード支払が前提)
ショッピング保険 年間100万円までのお買物安心保険 海外での利用のみ対象
申込資格 法人のみを対象(カード使用者は20名以下が目安)
その他サービス JR東海のプラスEXサービス

カード検索

カード絞り込み検索

新着記事

PAGE TOP