ゆうちょ銀行・郵便局でETCカードを作るには?


jp-bankゆうちょ銀行や郵便局でETCカードを作るにはどうすれば良いのでしょうか?

郵便局からゆうちょ銀行になってからも利用率が高いのがゆうちょの特徴です。

代表的な、理由は以下の通りです。

  • ゆうちょ銀行の通帳から各種振り込み料金が安い
  • 学校関係の引き落とし口座に指定されている
  • 給料関係の振り込み口座に指定されていることが多い
  • 学生になって、社会人になって、はじめて開設した口座
  • ATMが近所にあり、いつでも利用出来る

こんなゆうちょ銀行でも、ETCカードが持てるサービスもあることをご存知でしたか?

ゆうちょ銀行でETCカードを持つにはどうすれば良いのでしょうか?

JP BANKカードを持てばETCを作れる!

jp-bank-visa実は、JP BANKカードを持っている人なら誰でもETCカードを作ることができます!

(ETCカード機能についてはこのページの一番下に詳しく記載しています。)

JP BANKカードは、ゆうちょ銀行から発行されているクレジットカードです。

ゆうちょ銀行のキャッシュカードと一体型になっています。これは、とても便利です。

さらに、引き落としもゆうちょ銀行の口座からになります。

種類はVISA、JCB、マスターです。

 
【ちょっと注意!】

JP BANKカードのETCカードを作る場合、とても時間がかかります

まず、オンラインでETCカードの申し込みが直接できません。オンラインでできるのは、申し込み書の請求だけです。

申し込み書が届くまで約1週間かかります。
それが嫌な場合には、直接郵便局の窓口に行き、申し込み書をもらい、記入して投かんします。

クレジットカードの審査が通ってカードが届くのは、申込書の到着から約2週間後になります。
なので、JP BANKカードをすでに持っているという人でも、申込書の投かんから最低でも2週間はかかるので注意してください。

もう少し早くETCカードがほしいという人は
  ⇒ 即日・スピード発行ETCカード

 
「JP BANKカードでどうしてもETCカードを発行したい!」という方は以下の方法でJP BANKカードを申し込むことが出来ます。

●サイト管理人よりちょっと一言
注意したいのが、JP BANKカードは初年度年会費無料ですが、2年目からは1,312円と年会費がかかるところ。年会費がかかる割には、カードの機能は、一般に出回っているクレジットカードの基本機能と何ら変わりないため、ゆうちょでクレジットカードを作ることに特別こだわりがないということであれば、年会費無料のカードを選択することをおすすめします。
⇒ 年会費無料のおすすめカード一覧はこちら

JP BANKカード申込方法

JP BANKカードを申し込むには電話・インターネットと2つの方法があります。

電話で申し込む場合

JP BANK カードデスク
電話で申し込みたい場合は、JP BANKカードデスクに電話します。
0120-933-000
受付:9時~17時
ETCカード申込書を請求します。電話してから約1週間でETCカードの申込書が届きます。
携帯電話から掛ける場合(有料)は、
東京:03-5392-7170
大阪:03-6533-8004


スマートダイヤル24
スマートダイヤル24の電話サービスでも申し込み可能です。
0120-919-324
(自動音声)
自動音声対応になっているので、インターネットが苦手な人はこちらの方が便利です。携帯電話からかけることも出来ます。

インターネットで申し込む場合

インターネットの場合は、
インターネットからETCカードの申込書の請求します。請求から約1週間で申込書が届きます。
ETCカードはJP BANKカードWEBサイトに会員登録します。
そこからETCカードを追加申し込みします。

ゆうちょ銀行のETCカードの機能について

気になるETCカードのサービスは、次のようになります。

  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • 会員保障制度有り
  • マイレージサービス
  • 支払いがJP BANKカードと合算請求

ゆうちょ銀行からETCカードを作りたい方はぜひ参考にしてみてください。

JP BANKカードは即日発行に対応していないため、今すぐにETCカードを発行したい!という方はこちらのページをご覧ください。
⇒ 即日発行できるETCカード一覧