クレジットカード

ドコモの新料金プランがわかりにく~い!機種変更する?ガラケーや月々サポートはどうなるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ドコモの新料金プラン(ギガホとギガライト)が2019年6月1日よりスタートしました。
最大で月額料金が4割値下げとなる新料金プランとして注目を集めていますが、ホントにお得なのかな?

・新料金プランで本当に安くする方法
・プラン変更するタイミング
・ドコモユーザー必携dカードゴールド/dカード

ここでは、ドコモの新料金プランについて、可能な限りわかりやすく解説していきます。

ドコモ新料金プラン(ギガホとギガライト)のスタートはいつから?どんな内容?

ドコモ新料金プランのスタートは、2019年6月1日からです。
docomoの新料金プランとして、次の2種類が用意されています。

・ギガホ
・ギガライト

ギガホ=最大30GB 家族間音声通話無料

ギガホは、最大30GBの容量が使えるデータ通信と、家族間の音声通話料金が無料となる料金プランです。ギガホの料金プランを以下の表にまとめてみました。

ギガホ・月額料金(税抜) 定期契約あり:6,980円
定期契約なし:8,480円
国内通話料金(税抜) 30秒ごとに20円
※家族間の音声通話料金は無料
データ容量 30GB
SMS送信料金(税抜) 国内:1回ごとに3円~
海外:1回ごとに50円~
※国内、海外ともにSMS受信料金は無料

月額料金に関係する定期契約は、同じ回線を2年間継続し、2年目以降は「自動更新」することが前提となる契約です。
途中解約の際には、9,500円(不課税)の解約金が発生します。

月間のデータ容量30GBを超えた時点で、最大128kbpsに速度が落とされます。128kbpsは、テキスト中心のメールやSNSであれば問題なく使える速度です。

別途「スピードモード」を設定した場合、30GBを超えてからも変わらぬ速度でアクセスできます。ただし、1GBごとの追加料金が1,000円(税抜)かかるのでご注意ください。仮に10GBを追加した場合、1GB×1,000円=10,000円(税抜)の追加費用が発生します。

オプションプラン
かけ放題オプション(税抜) 月額1,700円
※国内通話料金が無料となるオプションです
※0570や0180、188や104などは対象外です
5分通話無料オプション(税抜) 月額700円
※5分以内の国内通話料金が無料となるオプションです
※5分を超えた分は、30秒ごとに20円がかかります
※0570や0180、188や104などは対象外です

家族以外との通話も無料にしたい方が対象となるオプションプランです。仕事などで通話をする機会の多い方におすすめと言えるでしょう。

ギガライト=データ使用量に応じた月額料金

ギガライトは、データ使用量に応じて月額料金が決定するプランです。

データ使用量 月額料金(月額・税抜)
ステップ1(1GB以内) 定期契約あり:2,980円
定期契約なし:4,480円
ステップ2(1.01~3GB) 定期契約あり:3,980円
定期契約なし:5,480円
ステップ3(3.01~5GB) 定期契約あり:4,980円
定期契約なし:6,480円
ステップ4(5.01~7GB) 定期契約あり:5,980円
定期契約なし:7,480円

ギガライトの月間データ使用量1~7GBまで。データ使用量が増えれば増えるほど、月額料金が高額になるプランです。自宅などにWi-Fi環境が整っている方ほどお得になる傾向があります。

国内通話料金(税抜) 30秒ごとに20円
※家族間の音声通話料金は無料
SMS送信料金(税抜) 国内:1回ごとに3円~
海外:1回ごとに50円~
※国内、海外ともにSMS受信料金は無料

通話料金は先述した「ギガホ」と同様、家族間の国内通話料金が無料です。別途、「かけ放題オプション」をプラスすることができます。

番外編:ケータイプラン

ケータイプランとは、docomoのガラケー(フィーチャーフォン)を利用している方の料金プランです。

ケータイプラン
月額料金(税抜)
定期契約あり:1,200円
定期契約なし:2,700円
国内通話料金(税抜) 30秒ごとに20円
※家族間の音声通話料金は無料
データ容量 100MB
SMS送信料金(税抜) 国内:1回ごとに3円~
海外:1回ごとに50円~
※国内、海外ともにSMS受信料金は無料

ギガホやギガライトと同様、2年間の定期契約を結んだ方とそうでない方で月額料金が異なります。ガラケーは通話やメールがメインということもあり、データ容量は100MBです。
スピードモード(1GBごとに1,000円/月)を適用することで、最大128kbpsからスマホと同じ通信速度で利用可能です。

docomoが2019年1~3月にかけて、日本の10都市にて計測したスマートフォンの通信速度を表にまとめてみました。

Android 下り:145~283Mbps
上り:22~43Mbps
iOS 下り:120~234Mbps
上り:15~37Mbps

データ引用元「実効速度計測結果」

通信速度の「下り」は、「ダウンロード」のスピードです。メールの受信や、画像や動画の視聴の際に関係します。下りの速度が遅いと、動画が途中で止まったり、画像が「Loading…」のまま表示されません。

一方、通信速度の「上り」は、「アップロード」のスピードです。メールやSNSのメッセージの送信に関わります。仕事で大容量のデータのやり取りをする際に重要です。

1000kbps=1Mbpsのため、145Mbps=145000kbps(128kbpsの1132)ということです。

ドコモの新料金プランで月額料金を4割安くするための条件

ドコモの新料金プランで月額料金を4割安くするための条件として、
「ギガライト」
「みんなドコモ割」
「ドコモ光セット割」
の組み合わせがあげられます。旧料金プランとギガライトの比較表は以下のとおりです。価格は税抜き

データ使用量 旧料金プラン(月額) ギガライト月額料金(月額)
ステップ1(1GB以内) シンプルプラン:980円
spモード:300円
ベーシックパック:2,900円
合計:4,180円
定期契約あり:2,980円
みんなドコモ割:-1,000円
※3人以上
ドコモ光セット割:0円
合計:1,980円(1人あたり)
ステップ2(1.01~3GB) シンプルプラン:980円
spモード:300円
ベーシックパック:4,000円
合計:5,280円
定期契約あり:3,980円
みんなドコモ割:-1,000円
※3人以上
ドコモ光セット割:-1,000円
合計:1,980円(1人あたり)
ステップ3(3.01~5GB) シンプルプラン:980円
spモード:300円
ベーシックパック:5,000円
合計:6,280円
定期契約あり:4,980円
みんなドコモ割:-1,000円
※3人以上
ドコモ光セット割:-1,000円
合計:2,980円(1人あたり)
ステップ4(5.01~7GB)
※旧料金プランは5.01~20GB
シンプルプラン:980円
spモード:300円
ベーシックパック:7,000円
合計:8,280円
定期契約あり:5,980円
みんなドコモ割:-1,000円
※3人以上
ドコモ光セット割:-1,000円
合計:3,980円(1人あたり)

「みんなドコモ割」(3人以上)と「ドコモ光セット割」と組み合わせることで、ステップ1からステップ4のすべてにおいて、40%以上の割引が実現できる計算です。

ステップ1では「ドコモ光セット割」の恩恵はありませんが、Wi-Fi環境が整うことから、データ使用量の節約につながります。

「みんなドコモ割」は、3親等以内が加入できる家族割引サービスです。3親等には、曾祖父母と曾孫、伯父伯母とその配偶者、甥姪とその配偶者が該当します。最大20名までのグループ加入が可能です。

「ドコモ光」に関しては、動画の視聴やゲームを頻繁に行うことが想定される、小中学生のお子様のいる家庭におすすめと言えるでしょう。単身者の場合には、「ドコモ光」の月額料金とのバランスを踏まえた上で導入を検討すると良いかもしれません。自宅にてパソコンを使った仕事をしている方に向いていると思われます。

続いて「ギガホ」と「みんなドコモ割」と「ドコモ光セット割」を組み合わせた際の、新旧料金プランの比較です。

プラン 内容
旧料金プラン(月額・税抜) シンプルプラン:980円
spモード:300円
ウルトラデータLLパック:8,000円
※データ使用量:30GB
合計:9,280円
ギガホ月額料金(月額・税抜) 定期契約あり:6,980円
※データ使用量:30GB
みんなドコモ割:-1,000円
※3人以上
ドコモ光セット割:-1,000円
合計:4,980円(1人あたり)

こちらもおよそ53の月額料金の割引が実現できることがわかります。

ただし、新料金プランには、スマートフォン端末の料金が含まれていないため、そのあたりは夏モデル以降の会社発表に期待したいところです。

ギガホ割

・期間:2019年5月22日~9月30日
・ギガホ(定期契約)またはギガホ(定期契約なし)に新規契約した方が対象
・最大6ヶ月間、月々1,000円が月額基本料金より割引されます

はじめてスマホ割

・期間:2019年5月22日~
・ギガホまたはギガライト(定期契約あり・なし)にドコモのガラケーより乗り換えた方が対象
・ドコモケータイ、らくらくホン、キッズケータイの18ヶ月以上の利用が条件
・最大12ヶ月間、月々1,000円が月額基本料金より割引されます
・ギガホ割とのダブルでの割引も適用可能

ドコモの新料金プランへの変更を一旦見送った方が良いドコモユーザー5つのパターン

ドコモの新料金プランは条件を満たすことで、40~50%ほどの月額料金の割引が適用される可能性があります。
とはいえ中には、新料金プランへの変更を一旦見送ったほうが良い、次の5つのパターンのドコモユーザーが存在するのも事実です。

ここからは、それぞれのベストな新料金プランへの変更のタイミングを紹介します。

①「端末購入サポート」割引適用中のドコモユーザー

「端末購入サポート」とは、12ヶ月間の継続利用の代わりに、月額料金が割引されるサービスです。仮に2019年3月1日に「端末購入サポート」を使って購入した場合には、2020年3月1日以降が新料金プランへの変更のタイミングです。

2019年3月2日の場合には、2020年4月1日以降が変更のタイミングとなります。このタイミングより早かった際には、割引解除料の支払いが発生するのでご注意ください。

端末を購入した時期を忘れてしまった方は、会員専用ページ「My docomo」にログインして「ご利用機種」を確認することをおすすめします。

②「月々サポート」割引適用中のドコモユーザー

前回購入したスマートフォンの分割払い(24回など)が残っているドコモユーザーには、「月々サポート」割引が適用されています。そのため、分割払いが完了した翌月以降が、ギガホやギガライトに変更するタイミングです。

③「docomo with」を利用中のドコモユーザー

「docomo with」とは、同じ機種を使用し続けることで、月々1,500円(税抜)の月額料金割引を受けることができるサービスです。ドコモの新料金プランのギガホやギガライトに変更した時点で、「docomo with」の割引は終了してしまいます。

そのため、現在の契約プラン(「docomo with」適用)と比較検討した上で、新料金プランの変更に踏み切ることをおすすめします。
「docomo with」は、 2019年5月31日で新規申込み受付を終了しています

④「ドコモ学割」適用中のドコモユーザー

2018年12月から2019年5月31日までに「ドコモ学割」で契約したドコモユーザーは、契約した月の13ヶ月後が新料金プランへの切り替えのタイミングです。

2018年12月契約の方は、2020年1月以降。

2019年5月契約のユーザーは、2020年6月以降の変更であれば、月々1,500円(税抜)の割引が継続されます。

⑤定期契約(2年契約)中のドコモユーザー

定期契約中のドコモユーザーの場合、2年契約満了月を含めた3ヶ月の間に新料金プランへの変更をすることで、解約違約金9,500円(不課税)が発生しません。

例えば2019年6月が満了月の場合、2019年6月1日~8月31日までが、新料金プランに契約するベストなタイミングです。

ドコモの新料金プランへの変更方法について

ドコモの新料金プランへの変更は、以下の手順で行います。

新規契約

①最寄りのドコモショップを探します
「ドコモショップ」

②希望の日時に事前に来店予約
「来店予約」

③必要書類を用意して、お店に訪問して「ギガホ」もしくは「ギガホライト」の新規契約を結びます
「本人確認書類」

④他社からの乗り換え(MNP/ナンバーポータビリティ)はこちらを参照してください
「他社からお乗りかえ(MNP)」

ドコモユーザー

①「dアカウント」にログイン
②「ご契約内容の確認・変更」より、「ギガホ」または「ギガライト」に変更します

お得な新料金プランをさらに後押し!dカードGOLDはドコモユーザーの必須アイテム!

ドコモの新料金プランをさらにお得にしたい方には、「dカードGOLD」「dカード」がおすすめです。

dカードGOLDは年会費10,000円(税抜)で発行できるゴールド・クレジットカード

ドコモやドコモ光の月額利用料金や、スマートフォンの購入代金の支払い方法として選択することで、10%のポイント還元が得られます。毎月4,000円(税込)の月額料金の場合、400ポイント(400円相当)を受け取ることが可能です。

他にも日本国内の主要空港ラウンジが無料で利用できたり、スマートフォンの購入後3年間、最大で10万円までの補償が受けられるメリットがあります。

dカードGOLD新規入会キャンペーン

・入会特典として電子マネー「iD」2,000円分をプレゼント
・2019年4月1日~12月31日までの入会で「iD」1,000円分がもらえる(合計3,000円分)
・2019年4月1日~9月30日までに国際ブランドを「VISA」にすることで「iD」1000円分をさらにプラス(合計4,000円相当)
・ドコモ月額料金の支払いをdカードに指定することで、電子マネー「iD」1,000円分が受け取れます
・入会月の翌月末までに20,000円(税込)以上の利用にて、電子マネー「iD」8,000円相当を付与
※要エントリー
・「こえたらリボ」と「キャッシングリボ」の設定で、電子マネー「iD」2,000円分をプレゼント

dカードは初年度年会費無料のクレジットカード


2年目以降は1,250円(税抜)の年会費ですが、前年度に最低1回以上の利用があれば翌年度も年会費無料となります。そのため、ドコモの携帯電話料金の支払いに設定するのがおすすめです。
dカードのポイント還元率は1%。コンビニエンスストア「ローソン」にて、最大5%の割引および還元が得られます。

dカード新規入会キャンペーン

・入会特典として電子マネー「iD」1,000円分をプレゼント
・2019年5月1日~9月30日までに国際ブランドを「VISA」にすることで「iD」1000円分をさらにプラス(合計2,000円相当)
・ドコモ月額料金の支払いをdカードに指定することで、電子マネー「iD」1,000円分が受け取れます
・入会月の翌月末までに20,000円(税込)以上の利用にて、電子マネー「iD」4,000円相当を付与
※要エントリー
・「こえたらリボ」と「キャッシングリボ」の設定で、電子マネー「iD」2,000円分をプレゼント

おわりに

ここまで、ドコモの新料金プラン「ギガホ」と「ギガホライト」の解説と、おすすめのクレジットカードとして、「dカードGOLD」と「dカード」を紹介してきました。

新料金プランは条件を満たすことで、40%以上の月額料金割引の可能性を秘めています。

dカードGOLDとの組み合わせで、さらに10%のポイント還元も。

今回紹介した情報が、ドコモの新料金プランの理解を深めることにつながれば幸いです。

カード絞り込み検索

記事検索

カード検索

カード絞り込み検索

新着記事

PAGE TOP