クレジットカード

新婚旅行1年後に「無料(タダ)」でグアム旅行に行ける必殺ワザがあった!〜jal・anaマイル活用術〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「結婚」は一大イベント!

なんといっても人生初と言っていいほどの大金が動きます。

いきなりリアル過ぎてすみません。

・結婚式に新婚旅行

・新生活に向けた買い物

などなど、多額の出費を伴な一大イベントです。

サイフ的には大ピ~ンチ!

でも、そのピンチをチャンスに変えるワザがあります。

そのチャンスとは…

新婚旅行1年後にグアム旅行に行けること!それもタダで!

方法は簡単。

掛かる費用を全てクレジットカードで支払うだけです。

しかしそこには分かれ道が!

・クレジットカードをうま~く使う方法

・クレジットカードをヘタに使う方法

この2つがあります。

この記事は、クレジットカードをうまく使いこなし、その結果1年後に無料でグアムに行ける方法をご紹介します。

新婚旅行を含めた結婚費用の平均は? クレジットカードで支払うと?

結婚費用には、どのようなものが含まれるでしょうか?

婚約指輪に結婚指輪、挙式・披露宴費用、新婚旅行、お土産代、新居の家具・家電購入など、様々な費用が必要になります。

ゼクシィ結婚トレンド調査2017によると、首都圏の平均結婚費用は、「4,909,000円」だとか。

かなり高額ですよね。

これらをクレジットカードで支払うと、

ポイント還元率1%の場合=約50000マイル

0.5%の場合=約25000マイルが貯まる計算となります。

5万マイルもあれば! 世界中の人気大都市どこでも行けちゃいますよ~。

こんな大金を現金で支払っても、1マイルも入ってきません。

クレジットカードで支払わないなんて、大損です!

1年後に「無料」でグアムに行くには何マイル必要?

グアムへの近道。マイルを貯める大きな理由として、「特典航空券」が挙げられるでしょう。

特典航空券とは、無料で飛行機に乗れるチケットのことで、ANA・JAL共にこのサービスを提供しています。

グアムまでの特典航空券に交換するためには、1名につき往復で約20000マイル必要です。

2人で約40000マイル貯めるためには、

マイル還元率1%で約400万円、

マイル還元率0.5%で約800万のカード利用が必要になります。

「800万はキビシイ!」という方も安心してください。

マイルを大きく貯めるチャンスは2つあります。

・新婚旅行でフライトマイルを貯める

・航空会社系クレカでマイルを貯める

説明していきますね。

人気の新婚旅行先はどこ? 実はフライトマイルを貯めるチャンス

再びゼクシィ結婚トレンド調査2017より、新婚旅行について興味深いデータを見ていきましょう。

この調査によれば、新婚旅行先として人気ナンバー1は、ダントツで「ハワイ」だったそうです。

その割合はなんと31%で、新婚さん約3組に1組がハワイを選択しています。

そのうちパッケージツアーが44%、パッケージツアーのうちJTBが29%、HISが25%となっています。

つまり、「新婚夫婦の約3組に1組はハワイに行き、そのうち4割弱はJTBやHISなどの旅行会社を利用してツアーを組んでいる」というトレンドが浮かび上がってきましたよ。

この新婚旅行時、日本とハワイを往復しただけでフライトマイルを貯めることができます

日本=ホノルル1人往復7652マイル。2人で15000マイル強貯めることができます。

グアムへは2人で40000マイル必要ですから、残すところ25000マイル!

ポイント還元率1%のクレカなら250万利用でクリアです。

250万であれば結婚式費用と新生活の買物で使ってしまいますよね。

そしてさらに、ANAカード、JALカードには、他のカードにはないメリットが存在します。

次に、マイルUP方法、余計な出費を減らす方法をご紹介します。

ポイントモールを経由して旅行を予約! マイルを二重でゲットする

ANA・JAL各社の予約サイトには、JTBなどを利用してホテルや旅行を予約する際、各社のマイレージモールを経由することで、マイルを貯められるサービスがあります。

ANA マイレージモール
JALマイレージモール

旅行代金も各社のクレジットカードで支払うことで、二重でマイルをゲットすることができます。

海外旅行保険が自動付帯! 空港で高額保険に入るのはちょっと待って!

航空会社系クレジットカードには、海外旅行保険が自動付帯されています。

「少しでも結婚にかかる費用を節約したい・・・でも海外旅行に行くのに、保険をかけないのは不安・・・」。そんなお悩みも解消です。

ANAカード、JALカードであれば、海外旅行保険がセットされていますので、旅行保険料を節約することが可能です。

新婚さんにとって、ANAカード・JALカードを選ばない手はなさそうですね。

当サイトが自信をもっておすすめするクレカ2枚を、これからご紹介します。

マイルを貯めて1年後グアムへ!ANAカードJALカードどっちでマイルを貯める?

「ANAカード」「JALカード」といっても、飛行機のキャリアには特別こだわらない方も多いと思います。
そんな方にとって、「結局どっちを選んだらいいの?!」と悩まれる方もいらっしゃいますね。

ここからは、「ANAカード」、「JALカード」それぞれの魅力とチェックすべきポイントをお伝えしていきますので、あなたに合う1枚を見つけてください。

JALカードでマイルを貯めてグアム!裏ワザ付き

カードブランドのおすすめは?

jalカードのカードブランドは、VISA・マスター・JCB・アメリカンエクスプレス・ダイナースから選択することができます。

その中でもオススメは、「JAL普通カード」です。

ブランドは、VISA・マスター・JCBの中からお好きなブランドを選択すると良いでしょう。

年会費は?マイルはどれくらい貯まる?

JAL普通カードで貯まるマイルは、通常200円=1マイル(還元率0.5%)ですが、年会費2,000円(税別・本会員)+1,000円(税別・家族会員)に加え、年会費3,000円(税別)のショッピングマイル・プレミアムに入会することで、100円=1マイル(還元率1%)を貯めることができます。

初年度は、本会員と家族会員の年会費が無料になりますので、実質3,240円でマイル還元率1%のカードを保有することができます。

さらにショッピングマイル・プレミアムは、本会員が入会すれば家族会員も自動適用になりますので、2年目以降も家族全員の年会費が6,000円(税別)と、コストをかけず家族みんなでマイルを貯めることができます。

例えば、

【新婚旅行を含む結婚費用として500万円支払った場合】

これだけで50,000マイル貯まります。

さらにJALカードの場合、全国に約52,000店舗ある特約店でカード払いを利用すると、通常200円=1マイルのところ200円=2マイル、つまりマイルを2倍貯めることができます。

JALマイレージモール」を経由して特約店でお買い物をすると、貯まるマイルは特約店の2倍に加え、ショッピングマイル・プレミアムに加入していれば、さらに2倍になるので、通常の4倍マイルが貯まる計算になります。

マイレージモールには、カタログギフトやエステなどもあり、結婚式というイベントだけで、マイルがドンドン貯まっていく魅力的なサービスが盛りだくさんです。

JALホテルや提携式場で結婚式をすると、お得にマイルが貯まる!
ホテル・ニッコーオークラなど、全国のJALホテルで披露宴を行うと、披露宴費用200円につき1マイルを貯めることができます。披露宴費用が300万円だとすると、これだけで15,000円貯まります。
また提携式場での結婚式を成約した場合、結婚式の総額によって、24,000マイル〜48,000マイルを貯めることができます。
もし披露宴会場が未定でJALカード会員なのであれば、JALホテルやJAL提携先を選択肢に入れてみても良いでしょう。さい。

ANAカードでマイルを貯めてグアム!裏ワザ付き

カードブランドのおすすめは?

anaカードのカードブランドは、VISA・マスター・JCB・アメリカンエクスプレス・ダイナースから選択することができます。

その中でもオススメできるのは、利用状況に応じて2年目以降の年会費割引がある「ANA VISA一般カード」です。

年会費は?マイルはどれくらい貯まる?

ANA VISA一般カードの年会費は初年度無料で2,000円(税別)。

家族カード(例えば奥さま)は1,000円(税別)。

このカードで貯まるマイルは、通常1,000円=5マイル(還元率0.5%)です。

コース 5マイルコース 10マイルコース
移行手数料 無料 6,000円(税別)
※年度(4月16日~翌年3月31日)ごと
換算率 1,000=1ポイント=5マイル 1,000=1ポイント=10マイル
単位 1ポイント以上、1ポイント単位
移行方法 自動移行または都度移行
ボーナスポイント以降 可/1ポイント=3マイル
※ボーナスポイントは都度移行のみ

しかし、
年会費2,000円(税別・本会員)+1,000円(税別・家族会員)に加え、上表にある10マイルコースに登録し、ポイントからマイルへの移行手数料(年間6,480円・親会員のみ)を支払うと、1,000円=10マイル(還元率1%)貯めることができます。

さらに初年度は、本会員と家族会員の年会費が無料になりますので、実質6,000円(税別)でマイル還元率1%のカードを保有することができます。

2年目以降も、必要年会費は家族合計で9,000円(税別)とリーズナブルです。

具体的に、どれくらいマイルが貯まるか計算してみましょう。

例えば、
【新婚旅行を含む結婚費用を500万円支払った場合】
これだけで50000マイル貯まります。

さらに初年度から毎年1000マイルのボーナスマイル×2名分をもらうことができますので、合計52000マイルがあっという間に貯まってしまいます。

いかがですか?グアムは余裕で行けちゃいますね

ANAの提携結婚式場で結婚式をすると、お得なサービスがある!
インターコンチネンタルホテルや、ANAクラウンプラザホテルなど、IHG・ANA・ホテルズグループの対象ホテルで披露宴を行なった場合、お料理と飲み物の総額分を100円=1マイルで貯めることができます。
また、提携式場での結婚式を成約した場合、結婚式の総額によって、15,000マイル〜30,000マイルを貯めることができます。
これから式場選びをする方は、合わせて検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

どちらのカードにも魅力的なポイントがたくさんありますので、どちらにしようかと悩んでしまう場合には、自宅から近い空港はどちらのキャリアの飛行機が飛んでいるか?

という視点から選んでみるのも良い方法です。

また、たくさん買い物をするタイミングだからといって、ゴールドカードを選択するのは時期尚早と言えます。

年会費のコストをかけずにマイルを貯めて、ぜひ楽しいグアム旅行を目指してみてくださいね。

カード絞り込み検索

カード検索

カード絞り込み検索

新着記事

PAGE TOP