ANAダイナースカード

ANAダイナースカードでANAとダイナースの特典を満喫!ANAに乗るなら欲しい一枚!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ANAダイナースカード
ポイントサービス名

リワードポイント:カード利用100円ごとに1ポイント(1マイル相当)
ポイントの有効期限なし
ANAグループ便を搭乗ごとに25%のボーナスマイルが貯まります

ポイント最大還元率 1.2%
年会費(初年度) 27,000円(税抜)
年会費(二年目以降) 27,000円(税抜)
ETC年会費(初年度) 無料
ETC年会費(二年目以降) 無料

「ANAマイルを貯めたい!そしてゴールドカードと同じくらいのサービスとステータス性も欲しい!」

そんな欲張りなあなたの希望を叶えるのが、ダイナースクラブとANAがタッグを組んだ「ANAダイナースカード」です。

このカードの特徴を簡潔に紹介すると下記の3点になります。

1.ANAダイナースカードはANAマイルが実質1%還元で貯まる

2.ゴールドカードと同等のサービスを用意

3.最高1億円の国内&海外旅行傷害保険、そしてショッピングガード保険や海外旅行保険プラスも用意

この他にも、ANAダイナースカードはANAマイルを効率よく貯めたい方や、サービスやステータス性を求める方にピッタリの特典や優待を用意しています。

この記事では、ANAダイナースカードの魅力をあなたにお伝えしたいと思いますので、隅々まで徹底的に解説します。

ANAダイナースカードでANAマイルが大いに貯まる!還元率は?ポイント有効期限は?

ANAダイナースカードのANAマイル還元率は実質1%!高還元率のクレジットカードを堪能しましょう

ANAダイナースカード最大の魅力はANAマイルが実質、還元率1%で貯まることです。

と言うのもこのカード、100円=1ポイントでポイントが貯まり、なおかつ貯まったポイントを「1ポイント→1ANAマイル」に交換できます。

仮にあなたが、ショッピングや公共料金の支払いを含む全ての支払いをクレジットカードで行い、月々10万円利用するとANAマイルはどれほど貯まるか?

1ヶ月で「1,000ポイント」1年間利用すると「12,000ポイント」貯まりますので、12,000ANAマイル貯められます。

1年間で12,000ANAマイル貯まれば、0~600マイル区間の往復航空券や、片道なら2,001~4,000マイル区間まで交換できます。

ANAダイナースカードを上手に活用すれば、1年間で国内旅行、人によっては海外旅行の航空券も獲得できるでしょう。

あなたもANAダイナースカードを発行したら、日々の買い物や支払いをANAダイナースカードにして効率よくポイントを貯めましょう。

ANAダイナースカードは継続&搭乗でもマイルが貯まる|優待店・Edyチャージも活用しましょう

ANAダイナースカードは、クレジットカード決済以外にも、様々な方法でポイントを貯められます。

例えば…

1.ANAダイナースカード入会時、または継続時にマイルをプレゼント

2.通常のフライトマイルに加え、ANAグループ便を搭乗ごとにボーナスマイルをプレゼント

3.ANAカードマイルプラス提携店・対象商品でショッピングやサービス利用時、通常ポイントにプラスして「100円=1マイル」または「200円=1マイル」プレゼント

4.ANAダイナースカードから楽天Edyにチャージすると200円=1マイルプレゼント

等々、ANAダイナースカードはクレジットカード決済でポイントを貯めて交換だけでなく、サービスを活用してANAマイルを貯められます。

ANAダイナースカードは実質マイルの有効期限なし?マイルを使わない時は交換せずにそのまま!

もし、ANAダイナースカードで貯めたポイントをANAマイルに交換する時、一旦立ち止まりマイルをすぐ使うかどうか?考えましょう。

と言うのも、ANAマイルはマイルの有効期限はありますが、ANAダイナースカードで貯めたポイントに有効期限がないからです。

つまり、ANAダイナースカードのポイントのままにして、ANAマイルを交換したい時に利用すれば実質、ANAマイルの有効期限を無くせます。

そのため、貯まったらすぐ交換するのではなく、使いたい時にANAダイナースカードのポイントからANAマイルに交換しましょう。

ANAダイナースカードの特典や優待はゴールドカード以上?空港ラウンジ&手荷物宅配無料等のサービスを用意

ANAダイナースカードの魅力は、ANAマイルだけではありません。

ANAダイナースカードに付帯する特典や優待が、あなたのライフサポートをより充実したものにする。そして海外旅行や海外出張が多い方を選りすぐりのサービスでカバーします。

では、付帯するサービスを簡単にですが紹介しますので、一緒に見ていきましょう。

・国内/海外850ヵ所以上の空港ラウンジを本会員、そして家族会員は無料で利用可能

・ANAダイナースカードが提供する「エグゼクティブ ダイニング」により、対象のレストランで所定のコースを注文し、2人以上予約すれば1人分が無料。

・国内の名門ゴルフ場をANAダイナースクラブ会員限定で優待価格で利用可能

・手荷物宅配サービスを使えば海外から帰国時、スーツケース等の荷物を1個のみ自宅や勤務先へ無料で送付します

・ゴルフトーナメント観賞、オペラ鑑賞会、高級料理店の会食会等、会員限定のイベントを多数用意。

このように、ANAダイナースカードの特典や優待を見ると、ゴールドカードカード以上のサービスが軒を連ねます。

もちろん、この他にもANAダイナースカードは用意していますので、見逃さず存分に利用しましょう。

ANAダイナースカードは充実の保険内容を会員に提供|海外旅行傷害保険&ショッピング保険等を用意

ANAダイナースカードは自動付帯で5,000万円の国内&海外旅行傷害保険が付帯|利用付帯なら最高1億円にアップ

ANAダイナースカードは、あなたの国内&海外の出張や旅行をサポートする旅行傷害保険を付帯しています。

ANAダイナースカードの海外旅行傷害保険は、自動付帯のため持っているだけで「傷害死亡・後遺障害」「傷害・疾病」等の治療費、また損害賠償や携行品被害等も補償します。

ですが、海外旅行プラン・航空券と言った支払いをANAダイナースカードにすると、利用付帯分が適用され最高1億円にすることも可能です。

また、国内旅行傷害保険も同様に利用付帯を適用すれば、最高1億円の補償が受けられます。

海外旅行傷害保険を手厚くする「海外旅行保険プラス」を用意

もし、あなたが海外旅行傷害保険を更に手厚くしたいなら「海外旅行保険プラス」を活用しましょう。

ANAダイナースカードの年会費とは別に費用は発生しますが、海外旅行傷害保険にプラスにすることで手厚い保険が受けられますし、保険が適用される日数を自分で決められます。

※保険内容の変更により価格が変動することもあります。

一例ですが、上記のようにあなた自身で保険が適用される期間を選択し金額を支払えば、ANAダイナースカードの保険とプラスして選択したプランの保険が適用されます。

海外旅行や出張中、何が起きるか分からず事故やトラブルによって数千万円の請求が発生します。

少しでも海外旅行や出張中の不安を払拭したいなら、海外旅行保険プラスを利用しましょう。

ANAダイナースカードにショッピング保険が付帯|最高500万円の補償を受けられます

あなたが購入した商品が、破損・盗難・火災と言った偶然の事故で損害を被った場合、ANAダイナースカードのショッピング保険「ショッピング・リカバリー」を使いましょう。

1品につき「10,000円」の自己負担は発生しますが、購入してから最大90日間、最高500万円の補償が受けられます。

もちろん、国内・海外共にショッピング・リカバリーが使えますので、大切な商品もショッピング保険で安心です。

ANAダイナースカードは紛失・盗難による不正利用を補償します

万一、あなたのANAダイナースカードを紛失、または盗難にあい「不正利用」された時、慌てず騒がずANAダイナースカードのコールセンターに問い合わせましょう。

・日本国内:0120-074-024(24時間/年中無休)

・海外で紛失、盗難:81-3-6770-2796(有料)(24時間/年中無休)

問い合わせを行い、コールセンターの指示のもと手続きを行うことで「60日前」までさかのぼり、不正利用を補償します。

しかし、問い合わせを行わずに放置したり補償期間を過ぎますと、残念ながら不正利用分が補償されませんので注意しましょう。

ANAダイナースカードの年会費は無料?有料?家族カードやETCカードは?

ANAダイナースカードの年会費は2万円超え!?無料or割引にする方法は?

ANAダイナースカードの年会費は「27,000円」のため、他のクレジットカードと比較すると高額です。

とは言え、これだけ豊富な特典と優待、そしてANAマイルの貯まりやすさを見るとANAダイナースカードはANAカードの中で優れた存在です。

反対に、ここまで紹介した特典や優待、ANAマイルをそこまで貯めていない方からすると年会費がネックになりますので、作成する前にあなたの用途にあっているか確認しましょう。

ANAダイナースカードの家族カードやETCカードは発行できる?年会費は?

ANAダイナースカードは、家族カード&ETCカードも発行できます。

「でもANAダイナースカードと同じ年会費でしょ?」

と思われがちですが実は!ANAダイナースカードの家族カードは「6,000円+税」なんと、本カードの年会費と比べ半額以下です。

もちろん、家族カードもANAダイナースカードの本カードと同じ機能を使えます。

ETCカードを見ると、新規発行手数料や年会費共に無料で利用できるため、高速道路を使うならANAダイナースカードと一緒に作成しましょう。

ANAダイナースカードの追加カードでビジネスカードが作成可能

実はANAダイナースカード、追加カードとして「ビジネスカード」も発行できます。

年会費として「2,000円+税」発生しますが、ANAダイナースカードとは別の支払い口座(法人口座)に設定も可能です。

公私でクレジットカードの支払いを分けたい時、ANAダイナースカードとは別にビジネスカードを発行しましょう。

まとめ

ANAダイナースカードは、ANAマイルを効率よく貯めたい方、またはゴールドカードに引けを取らない充実の特典&優待、ステータス性を求める方にピッタリの1枚です。

年会費は確かにデメリットですが、これほど充実のサービスを1枚のクレジットカードに凝縮しており、なおかつ会員が有効活用すれば年会費以上のお得なクレジットカードになります。

もしあなたが、ANAマイルが貯まるクレジットカードや豊富なサービス等を求めるなら、ANAダイナースクラブを候補に入れてみてはいかがですか?

ANAダイナースカードの概要

ポイントサービス名

リワードポイント:カード利用100円ごとに1ポイント(1マイル相当)
ポイントの有効期限なし
ANAグループ便を搭乗ごとに25%のボーナスマイルが貯まります

ポイント最大還元率 1.2%
年会費(初年度) 27,000円(税抜)
年会費(二年目以降) 27,000円(税抜)
ETC年会費(初年度) 無料
ETC年会費(二年目以降) 無料
利用限度額 規定による
キャッシング限度額 規定による
ショッピング限度額 規定による
最短発行日 最短3営業日
国内旅行傷害保険 最高1億円
海外旅行傷害保険 最高1億円
ショッピング保険 最高500万円
紛失盗難補償制度 紛失・盗難の届け日を含め60日前にさかのぼり規定に基づいて補償
申込資格

27歳以上

その他サービス

旅行サービスに特化しており、空港送迎タクシーサービスや、ANA国際線でのビジネスクラスカウンターの利用や、空港ラウンジの利用などがあります。

ダイナースクラブのサービスも充実しており、対象レストラン所定のコース料理が1名様分、もしくは2名様分が無料になる「エグゼクティブ ダイニング」や名門ゴルフ場の優待予約サービスがある。

記事検索

カード検索

カード絞り込み検索

新着記事

PAGE TOP