JNB Visaデビット付キャッシュカード

JNBポイント?Tポイント?貯めたいポイントで選べるジャパンネット銀行デビットカード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
JNB Visaデビット付キャッシュカード
ポイントサービス名

JNBスタープログラム

年会費(初年度) 無料
年会費(二年目以降) 無料
ETC年会費(初年度) 取扱なし

ジャパンネット銀行デビットカードは無料で発行できる優れもの


ジャパンネット銀行デビットカードを発行したいけど、気になるのが「発行費用」や「年会費」です。

発行費用や使わない時でも発生する年会費を、徴収されるのは、なんだかもったいないですよね?

その点、ジャパンネット銀行デビットカードでは発行費用・年会費共に無料で作成できます。

「でもキャンペーンや何かのサービスに入らないと無料にならないのでは?」

と言った心配もご無用です。キャンペーンの利用、または何かのサービスに加入しなくても年会費を永年無料で利用できるため、初めて発行する際に全く費用が発生しません。

 

ジャパンネット銀行デビットカードで家族カードやETCカードは作れる?


「家族のために家族カードやETCカードを発行したい」

クレジットカードなら、家族カードやETCカード、本会員の信用情報に問題が無ければ簡単に発行できました。

しかし、ジャパンネット銀行デビットカードでは、家族カードやETCカードを発行することはできません

これは、全てのデビットカードに言えますが、そもそも家族カード・ETCカードは「本会員の家族に家族カードやETCカードを発行しても返済できるだろう」と勤務状況や年収を加味し、信用して発行しています。

一方、デビットカードは一切の審査がなく発行できるため、残念ながら発行は不可能です。

とは言え、ジャパンネット銀行デビットカードに審査はありませんので、家族カードではなく個人で発行しましょう。

またETCカードもクレジットカードが無くても利用できる「ETCコーポレートカード」がありますので、そちらを活用してはいかがでしょうか?

ジャパンネット銀行デビットカードは2種類用意!JNB&Tポイントが貯まるデビットカード

ジャパンネット銀行では「JNBポイント」が貯まるデビットカード、そして「Tポイント」が貯まるデビットカードの2種類を用意しています。

こちらは「JNBポイント」が貯まるデビットカードです。

500円につき1ポイント貯まり後日、1ポイント=1円にて交換できます。ただし、ポイント交換でアイテムやギフトカードなどに交換できません。

次に紹介するデビットカードでは「Tポイント」が貯まります。

ファミリーマート以外では500円につき1ポイントですが、ファミリーマートで使用するとなんと「200円につき2ポイント」貯まります。

その上、ファミリーマートで開催されている下記のイベントを活用すると更にお得です。

・カードの日:火曜・土曜は最大5倍のTポイントが貯まる

・レディースデー:女性のみ水曜日に利用すると2倍

・ファミランク:ランクに応じて1~3倍

このように、Tポイントを荒稼ぎできますので、ファミリーマートを現金で買い物しているよりもお得にポイントが貯まります。

したがって、どちらのポイントを貯めて利用するか?お好きな方を選択してみましょう。

第三者不正使用保険で不正利用された時も安心!


ジャパンネット銀行デビットカードは、例え不正利用された時も利用者をしっかりサポートしてくれます。

「第三者不正使用保険」という、不正利用された時に補償する制度を設けているため、以下のように最大500万円まで補償します。

・盗難・偽造キャッシュカードによる不正使用被害:50万円

・インターネットバンキングにおける預金等の不正な払戻しに関する補償:500万円

※法人に限り、インターネットバンキングの不正利用被害にあった場合、最大5,000万円の補償

万一、不正利用された際、慌てずカスタマーセンターに問い合わせて第三者不正使用保険を利用しましょう。

海外で現金が必要になった時もキャッシングができる


ジャパンネット銀行デビットカードは海外でも大活躍します。

国際ブランドの「VISA」が付属されているため、海外の店頭に「VISAマーク」があれば、心おきなくジャパンネット銀行デビットカードを利用できるのです。

しかし、時には「現金」も必要なケース(チップ・屋台など)もあり、両替屋を探すのは一苦労です。

ですが、ジャパンネット銀行デビットカードがあれば「VISA」または「Plus」マークがある海外ATMでキャッシングできます。

出金手数料無料で、自分の口座にある現金を海外の通貨に変更して引き出せるため、わざわざ両替商で日本円を交換する必要はありません。

ただし、下記注意点だけはしっかり、頭に入れておきましょう。

・海外ATMでは利用手数料を徴収されることがあります

・長時間、ATMでカードを取らない、現金を取らないと防犯のため回収されることがあります

・日本円から海外通過に変更されるとき、円換算レートにより3.02%(税込)が発生します

ジャパンネット銀行デビットカードにカードレス登場!


インターネットショッピングでも利用できる「ジャパンネット銀行デビットカード」は、クレジットカードがなくとも「VISA」が利用できるネットショップであれば利用できます。

とはいえ、ネット上にデビットカードの情報を入力すると、第三者に利用される危険性があります。

そこで、ジャパンネット銀行デビットカードでは「カードレスVISAデビット」を発行しました。

このデビットカードの特徴は主に2つ。

1つは、カード番号を自分で最大4つまで設定できるところです。

ジャパンネット銀行デビットカードでは既に、カード番号が決まっていますが、カードレスなら自分でカード番号を設定できます。

そして1日最大5回までカード番号の変更でができるため、ネットショッピングで決済した後に、カード番号を変更すれば漏れる心配もありません。

2つ目はカードレスのため、紛失リスクがなくなることです。

もともと、インターネット上にあるデビットカードのため、第三者に拾われて不正利用される危険性がなくなります。

このように、便利なカードレスVISAデビットを用意していますので、もしネットショッピングを楽しみたいけどセキュリティに不安があるなら、試してみましょう。

ジャパンネット銀行デビットカードのデメリットは?

ポイント還元率が低い


ジャパンネット銀行デビットカードでまず気になるのが、ポイント還元率の低さです。

ジャパンネット銀行デビットカードでは500円につき1ポイント貯まり、後日1ポイント=1円に交換できますが他のデビットカードの方が還元率が高くなります。

例えば「楽天銀行デビット」を見ると、還元率が1%。セブン銀行デビットカードではセブン&アイグループで1%、セブンイレブンで1.5%のポイント還元を実現します。

したがって、ポイント還元率を重視するなら、ジャパンネット銀行デビットカードはおすすめできません。

海外旅行傷害保険やショッピング保険が付帯しない


デビットカード全体の弱点として、付帯する保険が少ないことが挙げられます。

確かに、ジャパンネット銀行デビットカードに「第三者不正使用保険」が付帯していますが、それ以外の保険はありません。

例えば多くのクレジットカードに付帯する「海外旅行傷害保険」や「ショッピング保険」と言った保険が付帯しないのは、厳しいところです。

もし保険を求めるなら、保険が付帯するクレジットカードを作成する、または保険会社が用意する保険を活用していきましょう。

まとめ

最後になりますが、ジャパンネット銀行デビットカードは保険やポイント還元率で短所があるものの、Tポイントの高還元率、そして不正利用時に強い補償を用意しています。

その上、ネットショップでショッピングを楽しむ際も、セキュリティ対策として「カードレスVISAデビット」を用意していますので、安心してショッピングを楽しめるのです。

そのため、Tポイントを貯めている方やネットショップで強固なセキュリティを求めるなら、ジャパンネット銀行デビットカードは非常におすすめですよ。

JNB Visaデビット付キャッシュカードの概要

ポイントサービス名

JNBスタープログラム

年会費(初年度) 無料
年会費(二年目以降) 無料
ETC年会費(初年度) 取扱なし
キャッシング限度額 -
ショッピング限度額 -
最短発行日 5日
紛失盗難補償制度 キャッシュカード盗難…補償限度額:50万円
申込資格

15歳~

カード検索

カード絞り込み検索

新着記事

PAGE TOP