電子マネー

スマホ決済アプリとクレジットカードの組み合わせでポイント爆上げ!2重3重取りで得しちゃおう!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スマホ決済アプリの存在は認識しているものの、実際には「どの○○Payを使えば良いのだろう?」と、迷っている方も多いのではないでしょうか。

特に2019年10月1日以降の、消費税増税に合わせたポイント還元制度で恩恵を得るためには、スマホ決済アプリやクレジットカード、電子マネーやデビットカードのキャッシュレス決済を利用することが必須です。

ここでは、多くのスマホ決済アプリの種類の中からおすすめの5つのサービスを選び、ポイントを2重取り、3重取りできるクレジットカードとの組み合わせを紹介します。

スマホ決済はキャッシュレス決済の一種

スマホ決済は、キャッシュレス決済の一種です。

キャッシュレス決済 カード決済 ・クレジットカード
・交通系ICカード(SuicaやPASMOなど)
・電子マネーカード(nanacoやWAONなど)
・デビットカード
キャッシュレス決済 スマホ決済 ・電子マネー(モバイルSUICAなど)
・スマホ決済アプリ(○○Pay)

関係性としては、このようなニュアンスで捉えておくと理解しやすいかと思われます。

・キャッシュレス決済⇒現金以外での支払方法
・カード決済⇒クレジットカードなどカードタイプの決済方法
・スマホ決済⇒スマートフォンアプリを利用した決済方法

スマホ決済は2種類

スマホ決済は、次の2つの種類に分けられます。

・NFC(Near Field Communication/非接触型IC決済)
・QRコード決済

NFC(Near Field Communication/非接触型IC決済)

お手持ちのスマートフォンを専用の端末にかざすだけで、商品やサービスの代金の支払いが完了するスタイルです。

アプリがそのまま電子マネーとなるタイプ
・SUICA(スイカ)
・nanaco(ナナコ)
・WAON(ワオン)
・Edy(エディ)
・QUICKPay(クイックペイ)

クレジットカードや電子マネーを登録するタイプ
・Apple Pay(アップルペイ)
・Google Pay(グーグルペイ)
・おサイフケータイ

NFCは、アプリを起動しなくても決済できるため、会計時のもたつきを防ぐメリットがあります。

QRコード決済

QRコード決済は、以下の2つのパターンがあります。PayPayや楽天ペイ、LINE Payなどが代表的です。

スマホ画面のQRコードをスキャンしてもらう

スマホ決済アプリを起動後、スマホ画面に表示されるQRコードまたはバーコードを、レジの担当者に専用機器を使って読み取ってもらう形です。

提示されたQRコードをスキャンする

お店のレジカウンターに提示されているQRコードを、お手持ちのスマホでスキャンして、支払いを済ませます。

スマホ決済の4つの選考基準

ここからは、「結局、どの○○Payを選んだらいいの?」という方のために、スマホ決済の4つの選考基準を紹介します。

・ポイント還元率
・キャンペーン
・利用可能な店舗数
・チャージや支払方法

ポイント還元率をチェック!

スマホ決済の魅力のひとつに、ポイント還元があります。
特に2019年10月1日以降の消費税増税にともなう、2%または5%のポイント還元が実施されることもあり、基本のポイント還元率はチェックしたいところです。
※消費税増税にともなうポイント還元制度は、2019年10月1日~2020年6月30日まで

後ほど紹介する5つのスマホ決済サービス(○○Pay)のポイント還元率を、以下の表にまとめています。

ポイント還元率 特典 還元例
楽天ペイ 0.5~1.5% 楽天スーパーポイント 1,000円⇒5~15円相当
10,000円⇒50~150円相当
LINE Pay 0.5~2% LINE Payボーナス 1,000円⇒5~20円相当
10,000円⇒50~200円相当
PayPay 0.5~1.5%
※2019年10月1日以降
PayPayボーナス 1,000円⇒5~30円相当
10,000円⇒50~300円相当
d払い 店舗:0.5%
ネットショップ:1%
dポイント 1,000円⇒5円または10円相当
10,000円⇒50円または100円相当

キャンペーンをチェック!

2018年12月に開催されて話題となったPayPayの「100億円キャンペーン」に代表されるように、スマホ決済アプリは、キャンペーンを定期的に行っているのが特徴です。
先述した5つのスマホ決済アプリが開催中または開催予定の主なキャンペーンを、次の表にまとめてみました。

開催中または開催予定の主なキャンペーン
楽天ペイ 全員対象!全店舗でずーーっと5%還元。10/1~12/2
LINE Pay LINE Payシネマデイ(TOHOシネマズ)。 ~2020年8/20まで
PayPay B.LEAGUEもペイ!ペイ!ペイ!最大20%戻ってくるキャンペーン。~2020年5月
まちかどペイペイ第一弾。10/1~11/30まで
毎月いつもどこかでワクワクペイペイ
d払い d払い20%還元キャンペーン。~10/14要エントリー
dポイントスーパー還元プログラム

利用可能な店舗数をチェック!

クレジットカードや電子マネーと比べて、今ひとつ浸透していなかったスマホ決済アプリですが、2019年に入ってからは、多くのお店で使えるようになりつつあります。
2019年9月時点の利用可能な店舗を、スマホ決済アプリごとに、次の表にまとめてみました。

利用可能な主な店舗
楽天ペイ ファミリーマート、ローソン、welcia、上島珈琲店、松屋、くら寿司ほか
LINE Pay ローソン、カラオケ館、山野楽器、近鉄百貨店、くら寿司、成城石井ほか
PayPay セブンイレブン、ファミリーマート、GEO、ツルハドラッグ、牛角ほか
d払い ファミリーマート、ローソン、マツモトキヨシ、JapanTaxi、ビックカメラほか

決済機器の導入のハードルを下げているせいもあり、クレジットカードが使えない店舗でも、スマホ決済アプリは使えるというパターンも珍しくありません。

チャージや支払方法をチェック!

スマホ決済アプリは、チャージや支払方法も、選考基準のひとつと考えられます。
スマホ決済アプリは、クレジットカードまたは銀行口座を登録することで、利用できるようになる仕組みです。各社のチャージや支払方法を、以下の表にまとめています。

チャージ/支払方法
楽天ペイ ・クレジットカード(VISA、MasterCard、楽天カード)
LINE Pay ・銀行口座
・LINE Payカードを使ったレジでのチャージ
・コンビニのレジで現金チャージ
PayPay ・クレジットカード(VISA、MasterCard、Yahoo!Japanカード)
・銀行口座(Yahoo!マネー/ウォレットへの登録)
d払い ・クレジットカード
(VISA、MasterCard、JCB、アメリカン・エキスプレス、dカード)
・docomoの携帯電話または「ドコモ光」の月額料金と合算

おすすめのスマホ決済と相性バツグンのクレジットカード5組でポイント2重取り・3重取り!

ここからは、おすすめのスマホ決済アプリと、相性抜群のクレジットカードとの組み合わせを紹介します。

・楽天ペイと楽天カード
・LINE PayとVisa LINE Payカード
・PayPayとYahoo!JAPANカード
・d払いとdカードGOLD

楽天ペイと【楽天カード】

楽天ペイは、クレジットカードを登録することで、利用開始となるスマホ決済アプリです。
登録できるクレジットカードは、VISAまたはMasterCard。
楽天カードに限り、アメックスやJCBの登録ができます。

楽天ペイのポイント還元率は0.5%。
楽天カードとの組み合わせによって、3倍の「1.5%」にポイント還元率がアップします。

楽天カード

楽天カードは、年会費永年無料で持つことができるクレジットカードです。
通常のポイント還元率は1%ですが、楽天市場では3倍(還元率3%)、楽天カード優待店舗では2倍(還元率2%)のポイントがプレゼントされます。

LINE Payと【Visa LINE Payカード】

LINE Payは、SNSアプリでおなじみのLINEから、簡単に登録できるスマホ決済アプリです。
コンビニでの現金チャージや、LINE Payカード(デビットカード)を使ったチャージで使えるようになります。

銀行口座を登録することで、本人確認が完了し、残高の上限額が10万円から100万円へとアップ。
本人確認終了後は、ユーザー間の送金や、セブン銀行ATMより、1日1,000円から10,000円まで出金が認められます。※出金手数料200円(税抜)

LINE Payのポイント還元率は、0.5%から2%と、前月の利用金額ごとに異なるのが特徴です。

カラー ポイント還元率 前月の利用金額
ホワイト 0.5% 0~9,999円
レッド 0.8% 10,000~49,999円
ブルー 1% 50,000~99,999円
グリーン 2% 100,000円以上
LINE Payのキャンペーンなどは、ツイッターの「LINE Pay公式アカウント」よりチェックしてください。

Visa LINE Payカード

2019年10月下旬より申し込み開始、2020年1月以降に発行予定のクレジットカードです。
LINE Payアカウントと連動させることで、カード発行より1年間、「3%」のポイント還元率が実現します。初年度の年会費は無料です。

PayPayと【Yahoo!JAPANカード】

PayPayは、○○Payの中で最も知名度の高いスマホ決済アプリと言っても過言ではないでしょう。
設定時に銀行口座(Yahoo!マネー/ウォレット)やクレジットカードを登録することで、利用開始となります。登録できるクレジットカードは、VISA、MasterCard、Yahoo!Japanカードです。

Yahoo! JAPANカード

Yahoo! JAPANカードは、Yahoo!ショッピングやLOHACOを利用する機会の多い方におすすめのクレジットカードです。年会費は永年無料。Yahoo!ショッピングおよび、LOHACOの利用にて、通常の3倍(還元率3%)のポイントをプレゼント。貯まったポイントは、ヤフオク!やTポイント加盟店にて利用可能です。

d払いとdカードGOLD

d払いは、キャリア携帯会社のドコモが提供するスマホ決済アプリです。ドコモの利用者は、携帯電話料金との合算で支払うことが可能です(10,000~100,000円)。dアカウントを作ることで、他の携帯電話会社のユーザーも利用することができます。

d払いに登録できるクレジットカードは、VISAとMasterCard、JCBとアメリカン・エキスプレスです。クレジットカードの登録の際には、カードの利用限度額=d払いの決済上限金額となります。

d払いのポイント還元率は0.5%。dカードとの組み合わせで、ポイント還元率1.5%にアップします。ドコモ口座の開設後は、貯まったdポイントを含めた10万円以内の残高が出金可能です。(出金手数料200円・税抜)

dカードGOLD

dカードGOLDは、ドコモのスマホや「ドコモ光」のユーザーに特におすすめのクレジットカードです。ドコモの携帯電話料金やドコモ光の月額料金の10%が、ポイントとして還元されるためです。
※dカードGOLDでの支払いが条件

dカードGOLDの年会費は10,000円(税抜)。100円(税込)ごとに1ポイントが還元(還元率1%)されるシステムです。dポイント加盟店や特約店の利用にて、2倍(還元率2%)から3倍(還元率3%)のポイントを受け取るチャンスが用意されています。

おわりに

ここまで、人気のスマホ決済アプリ「楽天ペイ」と「LINE Pay」、「PayPay」と「d払い」を組み合わせることで、ポイントが2倍、3倍、またはそれ以上となるクレジットカードを紹介してきました。

スマホ決済アプリは、各社が開催するキャンペーンに参加することで、20%以上のポイントが還元されるケースも少なくありません。2019年10月1日から始まるポイント還元事業者の利用にて、より多くのポイントが得られるチャンスが広がっています。

この機会を活かすためにも、スマホ決済アプリとクレジットカードの組み合わせを、是非ともご検討ください。

PAGE TOP