ETCカード

2018年~2019年中央自動車道の年末年始&お正月は渋滞予測で渋滞を回避|渋滞情報&便利アプリ紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

毎年恒例の年末年始&お正月の中央道(中央自動車道)の渋滞ラッシュを避けたい!

そんな悩みを解決するのが、これより紹介する中央道の渋滞情報&渋滞予測です。

ここでは、高速道路全体の年末年始・お正月に発生しやすい日にちと共に、中央道で特に渋滞が発生しやすいスポットを細かく解説。

一緒に渋滞情報をリアルタイムで確認できる便利なアプリやサービスを紹介しますので、中央道で渋滞を避けたい方は最後まで見逃し厳禁ですよ!

2018年~2019年の年末年始&お正月は中央自動車道が大渋滞!全国渋滞情報で時期をチェック!


例年、NEXCO東日本/NEXCO中日本/NEXCO西日本/JB本四高速/(公財)日本道路交通情報センターでは、年末年始やお正月の高速道路の渋滞情報や渋滞予測を紹介しています。

<<10㎞以上の渋滞予測回数>>

こちらは、年末年始&お正月に発生する全国高速道路の渋滞予測です。

2018年12月28日や31日に関して、渋滞がそこまで発生しませんが問題は帰省ラッシュが始まる「2018年12月29日・30日」です。

下り線では渋滞回数が増加するため、早め、または遅めの帰省で渋滞を避けられるでしょう。

そしてもう1つ、見逃せないのが帰宅ラッシュが始まる「2019年1月2日・3日」です。

全国の高速道路で上下線共に慢性的な渋滞が始まり、思うような運転ができないでしょう。

そのためなるべくなら、帰宅ラッシュが始まる日を外して1月4日や5日がおすすめです。

年末年始&お正月の中央自動車道の渋滞を回避したい|渋滞予測をチェック!

首都圏の高速道路は大渋滞!年末年始&お正月の中央自動車道も渋滞に巻き込まれます


2018年~2019年に限らず、年末年始やお正月で毎年大渋滞が発生するのが「首都圏」の高速道路です。

中央道も首都圏の高速道路に入るため、渋滞に巻き込まれる可能性が非常に高い!

上記を見てみましょう。

こちらは「首都圏」の高速道路に限定した渋滞予測です。

下り(外回り)方面はそこまで渋滞回数が多くありませんが、問題は上り(内回り)です。

全国の高速道路同様に、2019年1月2日・3日に渋滞が激増し2日間だけで31回、上り(内回り)の渋滞回数の半分を占めています。

そして、中央道の上りでは1月2日の「小仏TN付近」で最大25kmの渋滞が予想されています。

首都圏の高速道路とかかわりのある中央道で渋滞を避けるためにも、なるべく日にちや時間をずらして渋滞に巻き込まれないことが得策です。

中央自動車道は2018年の年末も渋滞が予測されている?渋滞が発生しやすい場所は?


全国の高速道路、首都圏の高速道路の年末年始&お正月の渋滞予測を確認できたところで、次は中央道の細かい渋滞場所をピックアップして紹介します。

2018年の年末に発生しやすいのが「高井戸出口付近」「日野BS付近」です。

高井戸出口付近は、2018年12月28日の6時~9時に発生しやすく、予測渋滞は10kmです。

また、2018年12月30日の日野BS付近では10時~13時に、最長20kmの予測渋滞が発表されています。

もし、中央道の高井戸・日野を利用するなら、これらの時間帯を避けることをおすすめします。

中央自動車道は2019年1月2日&3日も気が抜けない!大渋滞にご用心


年末年始を終え、ゆっくりと帰省先で過ごしたのも束の間!次に待っているのは「帰宅ラッシュ」です。

中央道では、1月1日はさほど渋滞は発生しませんが「1月2日&3日」になると、急激に渋滞回数が増加します。

まず確認したいのが2019年1月2日、中央道の上り「高井戸出口付近」です。

見ると10時~18時の間で渋滞が発生し、最大約20km!渋滞を突破するのに50分以上かかります。

そして渋滞は続き、翌日1月3日も中央道の上りで大渋滞が発生します。

高井戸出口付近&小仏TN付近で最も渋滞が発生しやすく、特に小仏TN付近では11時~21時まで慢性的な渋滞が予測されています。

とは言え、渋滞が既に予測されているため100%ではありませんが、これらの時間帯やスポットを避ければ渋滞に悩まされることは減るでしょう。

あなたも、帰宅ラッシュに巻き込まれないよう、日にちをずらしたり混雑する時間帯を避けて戻りましょう。

中央自動車道も年末年始&お正月もETC割引が受けられる?対象のETC割引&日程は?


中央道の渋滞情報と一緒に、あなたに覚えて欲しいことが「ETC割引」です。

と言うのも、年末年始やお正月期間、関越道でETC割引を受けられます!

「休日割引」を受けたいと思いましたら、2018年12月29日、30日。そして2019年1月1日~3日、5日・6日に利用しましょう。

2018年12月28日・31日、2019年1月4日は休日割引の利用は不可能ですので、深夜0時~4時に割引の「深夜割引」やETCマイレージ登録で利用できる「平日朝夕割引」を活用しましょう。

もちろん、この他にも各高速道路で様々な割引を用意していますが、ここでは紹介しきれないほど膨大な割引があります。

そこで下記ページで詳細にまとめていますので、そちらも是非見逃さずにチェックしましょう!

中央自動車道の渋滞ラッシュを未然に防ぐ|渋滞予測&渋滞情報におすすめのサイト一挙紹介!

【ドライブトラフィック】リアルタイムで高速道路の渋滞が分かる!渋滞予測&細かな道路情報もお任せ


渋滞情報を手軽に検索するなら、無料で使える「ドライブトラフィック」がおすすめです。

このサービスを利用することで、渋滞情報をパソコンやスマートフォン、タブレット端末等で手軽に入手できますし、なおかつ1時間ごとに更新される渋滞予測もチェックできます。

あなたが利用する高速道路状況の他にも、工事や点検等で通行止めになっている区間や、雨や風、降雪等の天候による速度制限までも細かく記載。

更に「〇〇kmの渋滞」「△△kmの速度制限」と言ったように、記載されているのも大きな強みです。

そのため、出発前に渋滞情報を確認したり、休憩中に確認するのも良いでしょう。

【ドラぷらアプリ】スマートフォンでどこでも渋滞情報&予測をGET!危険個所も通知する優れたアプリ


ドライブトラフィックを更に手軽に利用できるスマートフォン&タブレット端末向けアプリ「ドラぷらアプリ」も渋滞情報&予測に大いに役立ちます。

このアプリをダウンロードすれば、インターネット環境下であればいつでも、どこでも渋滞情報を収集できると共にこれから予想される渋滞や、工事や点検による通行止めや速度制限と言った情報も確保できます。

極めつけは、冬季限定で使える「ライブカメラ機能」です。

ライブカメラを利用することで、これらから向かう高速道路をリアルタイムで確認できますので、もし降雪地帯に踏み込むなら事前にチェーンの用意。

事故が発生しているなら、事前に場所を確認できているため安全運転で走行できます。

そして、危険個所や合流地点等の事故が多い場所に突入すると警告する「ヒヤリ箇所通知機能」も搭載されていますので、無料ながら非常に役立つアプリです。

ドラぷらサイト・アプリ内のドラとらに表示されている規制情報はシステムの都合上、当面の間「冬タイヤ装着」の区間の規制内容が「チェーン装着」と表示されます。
今回導入された「タイヤチェーン規制」に基づく「チェーン規制」を表すものではないので、ご注意ください。

【渋滞予測カレンダー】中央自動車道の渋滞情報を手軽に入手|一緒に使う高速道路も合わせて検索


最後に紹介するのは「渋滞予測カレンダー」です。

渋滞予測カレンダーは、中央道のもっと細かい渋滞予測を見たい!または中央道と合わせて別の高速道路の渋滞予測を見たい時に役立つサービスです。


例えば2019年1月2日の中央道を見ると、上りで「高井戸出口付近」「小仏TN付近」の渋滞を先ほど紹介しましたが、その他に「府中BS付近」「笹子TN西坑口付近」と言った渋滞箇所が出てきます。

また、このサービスを活用すると、時間帯ごとに発生する渋滞距離を公表していますので更に渋滞情報を細かく調べられます。

そして、2019年1月2日に中央道だけでなく圏央道も利用する場合も、上図のように一緒に検索できますので1つ1つ調べる必要がありません。

手間も手数料も一切かかりませんので、もっと細かく渋滞情報を入手したいなら渋滞予測カレンダーを利用しましょう。

まとめ

毎年発生する年末年始&お正月の渋滞は、渋滞が発生する時間帯や場所を事前にチェックしておけば、渋滞に巻き込まれないストレスフリーな運転ができます。

一方、渋滞情報を入手せずに帰省する、または帰宅すると大渋滞につかまりますので、渋滞による時間の無駄やストレスを溜めてしまいます!

これらを避けるためにも、事前に渋滞情報や渋滞予測をチェックしておき、自分が利用する高速道路でいつ、どこで発生するのかを確認しておきましょう。

そうすれば、渋滞に巻き込まれずに年末年始&お正月を快適に過ごせるでしょう。

カード絞り込み検索

記事検索

カード検索

カード絞り込み検索

新着記事

PAGE TOP