ANAダイナースカード

ANAダイナースカードはポイント有効期限、マイルの移行上限&手数料なし!高額利用で超大量マイルゲット!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ANAダイナースカード
ポイントサービス名 ダイナースクラブ リワードポイントが100円につき1ポイント(還元率1%)。1ポイント=1ANAマイルに交換できる。ポイントは有効期限なし、マイル交換は移行手数料無料で移行上限なし。
ポイント最大還元率 1%
年会費(初年度) 29,700円
年会費(二年目以降) 29,700円
ETC年会費(初年度) 無料
ETC年会費(二年目以降) 無料
対応電子マネー

ANAダイナースカードの年会費や還元率、メリットは?

ANAダイナースカードは、その名の通りANAカードとダイナースクラブの提携カードです。

年会費は29,700円。ステイタスがあり、
・数百万円の高額利用が可能なダイナースクラブ
・マイルがどんどん貯まる航空系上級カード
2つのメリットがあります。申込み条件は、年齢27歳以上。

ちょっとここで、ダイナースクラブの一般カードとの違いを比べてみましょう。ダイナースクラブの一般カードの年会費は24,200円。
ANAマイルの換算率は1ポイント=1マイルと同じですが、マイルに交換するにはダイナースグローバルマイレージプログラム(年間参加費6,600円)に加入する必要があるので…、
24,200円+6,600円=30,800円となり、ANAダイナースカードの年会費を超えてしまうのです。

それだけではなく、
ANAダイナースカードにある入会・更新ボーナスマイル(2,000マイル)や+25%のフライトボーナスマイルもないのです!(特別キャンペーンなどは除く)

マイルの貯め方について詳しくはこちら

つまり
マイルを貯めるなら、ダイナースクラブカードよりANAダイナースカードのほうが断然お得!

マイルがザクザク貯まり、ANAカードのメリットも受けられるので、ダイナースクラブカードを持ちたい人には断然オススメしたいカードです。

追加カードはビジネスにも!

ANAダイナースカードでは次のような追加カードを作ることができます。
家族カード
年会費6,600円。本会員の配偶者、両親、18歳以上の子どもが対象。本会員同様、最大1億円補償の海外旅行傷害保険が付帯。

ETCカード
年会費無料。所有する車の台数により5枚まで発行可能。

ビジネスアカウントカード
発行手数料5,500円、次年度以降・年会費毎年5,500円。ビジネス経費を別に管理できるカードで仕事の効率化!

パーソナルローンカード
発行手数料無料。使途自由なローンは最大300万円の利用可能枠!

ANAマイルがどんどん貯まる!ポイント有効期限や移行上限&手数料なし!

ANAダイナースカード最大のメリットは、マイルを貯めやすくて使いやすいこと

マイルは移行手数料や移行上限があるため、使いにくいということがありますが、
ANAダイナースなら…

  • ダイナースクラブ リワードポイントは有効期限なし!
  • マイル移行手数料無料、移行上限なし!つまり貯めたマイルはいつでも使いたいときに使いたいだけ使えるのです。

お得なマイルの貯め方はこちら↓↓

ダイナースクラブ リワードポイント 100円につき1ポイント。1ポイント=1ANAマイルに交換可能
入会ボーナスマイル 2,000マイル
更新ボーナスマイル 2,000マイル
フライトボーナスマイル +25%
ANAカードマイルプラス ANAカードマイルプラス提携店・対象商品利用でダイナースクラブ リワードポイントとは別に、100円につき1マイルまたは200円につき1マイルを自動加算
Edyチャージ 200円につき1マイル

さらに入会キャンペーンで超大量マイルをゲット!

旅行や出張にベスト!ANAダイナースならではの限定サービス

ANAダイナースならではの限定サービスにも注目! 旅行や出張がお得になるサービスがいっぱいです。

  •  ANAカード専用運賃「ビジネスきっぷ」
  • ビジネスクラスカウンターでチェックイン
  • IHG・ANA・ホテルズグループジャパン朝食無料&ウェルカムドリンクサービス
  • 空港内免税店での割引 (10%OFF)
  • 国内線・国際線の機内 販売割引 (10%OFF)
  • 空港内店舗「ANA FESTA」での割引(5%OFF)、お買い上げ金額100円につき1マイル加算
  • 「ANAショッピング A-style」での割引 (5%OFF)
  • ANAスカイホリデー・ANAハローツアー・ANAワンダーアース割引販売 (5%OFF)

ANAダイナースの付帯サービスや特典

ANAダイナースカードのおもな特典や付帯サービスをまとめました。

海外・国内旅行傷害保険

海外でも国内でも最高1億円! 家族会員にも同様の保険付き!
※自動付帯5,000万円、利用条件付き5,000万円。

ショッピングリカバリー

ANAダイナースカードで購入した商品が壊れた場合や盗まれた場合などに、購入日より90日間、年間500万円まで補償。

空港ラウンジの利用

国内/海外あわせて1,000ヵ所以上ある空港ラウンジを、本会員、家族会員ともにそれぞれ年間10回まで無料で利用できる。

エグゼクティブ ダイニング

対象の一流レストランにて、おすすめのコース料理を1名(人数により2名)分を無料で提供。

ANAダイナースプレミアムカード招待への第一歩!

ANAダイナースカードの上位カードであるANAダイナースプレミアムカードは招待制で限られた人だけが所有できるまさにプレミアムなカード。マイルの貯まり方、つまり還元率が断然違います。
招待してもらうには、まずANAダイナースカードで実績を積むのが早道!

2つのカードを比較してみましょう。

ANAダイナースカード ANAダイナースプレミアムカード
年会費 本会員 29,700円
家族会員  6,600円
本会員 170,500円
家族会員 無料
利用可能額 一律の制限なし 一律の制限なし
ポイント還元率 1%(100円ごとに1ポイント) 1.5%(100円ごとに1ポイント+プレミアムポイント0.5ポイント)、ANAグループでの利用で2.5%
マイル換算 1ポイント=1マイル
ANAカードマイルプラスで100円につき2マイル
1ポイント=1マイル
プレミアム・ボーナスポイントプログラムとANAカードマイルプラスで100円につき最大4.5マイル
入会・継続ボーナスマイル 2,000マイル 10,000マイル
搭乗マイル +25% +50%
空港ラウンジ利用 年間10回まで無料 回数無制限、同伴者1名無料。プライオリティパス付帯

ポイントは有効期限なし、マイルの移行手数料&移行上限なしはどちらも同じ。
でもマイルの積算率が格段に高いANAダイナースプレミアムカードは、使い方によっては高い年会費を払ってもあまりあるサービスを受けられます。
高額利用が可能なカードなので、年間数百万円カードを利用する、国内・海外の出張や旅行が多い人には絶対オススメです!
まずはANAダイナースカードを取得して実績を重ねましょう!

ANAダイナースカードの概要

ポイントサービス名 ダイナースクラブ リワードポイントが100円につき1ポイント(還元率1%)。1ポイント=1ANAマイルに交換できる。ポイントは有効期限なし、マイル交換は移行手数料無料で移行上限なし。
ポイント最大還元率 1%
年会費(初年度) 29,700円
年会費(二年目以降) 29,700円
ETC年会費(初年度) 無料
ETC年会費(二年目以降) 無料
対応電子マネー
利用限度額 一律の制限なし
キャッシング限度額 300万円
ショッピング限度額 一律の制限なし
最短発行日 約2週間
国内旅行傷害保険 最高1億円
海外旅行傷害保険 最高1億円
ショッピング保険 年間500万円限度
紛失盗難補償制度 年間500万円限度
申込資格 27歳以上

PAGE TOP