ETC車載器の再セットアップ方法は?料金・必要な物・手順解説


「新しく中古自動車を購入した!」または「住所変更でナンバープレートを交換した!」等々、あることでしょう。

そんな時、あなたの購入した自動車、所有する自動車に「ETC車載器」がありましたら注意が必要です!

と言うのも、ある条件に当てはまるとETC車載器が利用できないからです。

それを知らずにETCレーンを利用すれば、ETCレーンで立ち往生することになりますよ!

危険な立ち往生を防ぐためにも、今回あなたにETC車載器の「再セットアップ」について解説していきます。

もちろん、再セットアップに必要なパターンから必要なもの、手順まで詳しく掲載しますので最後まで是非、読んでみましょう。

ETC再セットアップはどんな時必要?自分でセットアップはできる?

もともとETC車載器を設置し、ETCカードを入れただけではETCレーンを通ることはできません。

車載器に車のナンバープレートなどの車両情報を登録する必要があり、これをセットアップといいます。

ETC再セットアップはどんな時に必要?

新しく自動車を購入した・新しいETCを購入した…と言う場合は、新規でセットアップを行うことで簡単に解決します。

一方、中古自動車の購入など、ある条件下ではたとえETC車載器を持っていても「再セットアップ」しなければいけません。

その条件と言うのが、下記の3つです。

・現在、所有している車から別の車へ取り付ける場合

・ナンバープレートを変更した場合

・車両に牽引装置を付けた場合

上記のように「車両情報」が変更される場合は必ず、ETC車載器を再セットアップしなければいけませんので、あなたもしっかりと覚えておきましょう。

ETC再セットアップができる店舗とは?探し方は?

もし、ETC車載器のセットアップが必要でしたら、最寄りの自動車ディーラー・自動車用品販売店、または整備工場に足を運びましょう。

しかし、全ての店舗でETCセットアップができるとは限りません。

※ETCセットアップのマーク挿入

上図のマークが提示されているディーラーや店舗、整備工場でないとETC再セットアップを行ってもらえません。

反対に、再セットアップができる店舗でしたらマークが提示されてますので、できるかどうかを判断する材料になります。

また、再セットアップができる店舗を探せるサービスも用意されていますので、こちらも利用して最寄りの店舗をさがしてみましょう。

ETC再セットアップにかかる費用は?

ETC再セットアップにかかる費用は約3,000円が相場です。

もし、あなたが所有する自動車にETC車載器が既に設置されていましたら、再セットアップ費用のみで済みます。

ところが、新しくETC車載器を設置する場合は別途、ETC車載器の料金&取り付け料金がプラスされるのです。

とは言え、自動車用品販売店では、ETC車載器+設置料金+セットアップ料金がセットのお得な商品もあるため、新規で設置するならセット商品をおすすめします。

ETC再セットアップは自分でもできる?できない?

「お金がかかるなら、ETCの再セットアップを自分でやろうかな?」

と言いたいところですが、残念ながらセットアップ・再セットアップ両方共、先ほど紹介したマークが提示されている店舗でなければ、行えません。

したがって、再セットアップは自分では不可能ですので、必ず再セットアップができる店舗や業者のところへ足を運びましょう。

ETC再セットアップに必要なもの&手順紹介

「ETC再セットアップをしたい!でも何を用意すれば良いの?」

勢いだけではETC再セットアップはできません。そこでまずは、ETC再セットアップに必要なものを用意しましょう。

・車検証

・車載器本体

・運転免許証

・セットアップ申込書(こちらは店舗にも用意されていますので、店舗で記入しても大丈夫です)

※もし、第三者に依頼する時は「委任状」が必要です

以上が、ETC再セットアップに必要です。

もし、車載器本体を既に自動車へ取り付けてしまった場合、申込書記入時に「車載器登録番号」「形式登録番号」が必要になりますので、事前にメモしておくと良いでしょう。

それでは、必要なものが分かったところで再セットアップの手順を紹介します。

①:ETC再セットアップができる最寄りの店舗を探しましょう。店舗がありましたら「電話予約」で再セットアップを依頼しましょう
※電話予約をすることで、確実にETC再セットアップができる日にち・時間帯を教えてくれますし、あなたに都合の良い時間帯を予約できるかもしれません

②:予約日、店舗の担当者に事情を説明し「セットアップ申込書」を記入しましょう。記入後は、持ってきた車検証や車載器、運転免許証を提示しましょう。
※ETC車載器が設置されている場合は既に申込書に番号が記載されていますので担当者に見せるだけでOKです

③:早ければ30分程度で再セットアップの作業が完了します。完了後、ETC車載器が反応するかチェックし、問題なければ無事に再セットアップ完了です。

別段、難しくない手順で再びETC車載器を利用できます。

再セットアップ時、必要なものを絶対に忘れず、最寄りのETC再セットアップができる店舗へ足を運びましょう。

ETC再セットアップの?を解消!Q&Aコーナー

Q.自動車用品販売店、例えばオートバックスやイエローハット、ジェームスでもできますか?

A.自動車用品販売店の多くは、ETC車載器の販売から設置、ETCのセットアップまで幅広く行っています。

もちろん、再セットアップも行っており、基本的にどの自動車用品販売店でも大丈夫でしょう。

ただし、一部の店舗では行っていない可能性もありますので、必ずETCセットアップを行う店舗を探せるサイトで確認しましょう。


Q.ETC車載器の再セットアップはバイクも必要ですか?

A.自動車だけでなくバイクも、ETC車載器の再セットアップが必要です。

車と同じく店舗で再セットアップを行いましょう。


Q.ETC再セットアップは、自分のパソコンからオンライン上で申請できますか?

A.残念ながら、ETCの再セットアップをあなたのパソコンからオンライン上で申請することはできません。

必ず、最寄りのETC再セットアップを行う店舗にお願いしましょう。


Q.ETC車載器を再セットアップしたら、ETCカードも新しく作り直した方が良いですか?

A.ETCカードはたとえETC車載器が変わった、またはETC再セットアップを行っても交換する必要はありません。

今まで通り利用できますので、再発行する必要はありませんが、読み込み辛さや反応しない場合は新しく作り直すことをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?

ETC再セットアップは、あなたの所有する自動車の「車両情報」を変更する時、ETC車載器も同時に変更する必要があります。

そのために再セットアップを行い、設置されているETC車載器を新しい車両情報へ登録しなければなりません。

とは言え、必要なものや手順もそこまで難しくなく、費用はかかりますが誰でも簡単にできます。

もし、今回紹介した例に当てはまりましたら、ETCレーン上で立ち往生しないためにもETC再セットアップを行いましょう。