VIASOカード

貯まったポイントはオートキャッシュバック!VIASOカード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
VIASOカード
年会費(初年度) 無料
年会費(二年目以降) 無料
ETC年会費(初年度) 1,080円
ETC年会費(二年目以降) 1,080円

VIASOカードの年会費は?家族カードやETCカードも教えて!


三菱UFJニコスが発行する「VIASOカード」は、後ほど詳しく紹介しますが他のクレジットカードにはない特徴を持つカードです。
中でもポイントアップは素晴らしく、10%以上も還元率がアップする裏技まで備えています。
しかし気になるのは、VIASOカードの年会費や発行手数料です。
ポイント還元率が高いカードに限って、余計な手数料や年会費が発生しますがVIASOカードはどうでしょうか。
答えは、発行手数料・年会費共に発生しません。
その上、2年目以降も決まった利用金額や利用回数もなく、特定のサービスへの加入も一切必要としませんので持っているだけで年会費がかかることもないのです。
使わない期間があっても、維持費が発生しないのは大変嬉しいことですね!

VIASOカードの家族カードやETCカードは年会費が発生する?


VIASOカードでは、家族カード・ETCカードの発行ができます。
家族カードの場合、発行手数料・年会費共にかかることはなく、本会員の信用情報に問題なければ手軽に発行できます。
そしてなんと!家族カードで利用した分のポイントを、本会員のカードと合算できますので家族カードの利用分が無駄になりません。
ただし、ETCカードだけは新規発行時に手数料として「1,080円(税込)」が徴収されます。
とは言え、かかる費用は発行手数料のみで年会費については一切、発生することはありません。発行後は存分に活用しましょう。

VIASOカードはキャッシュバック方式!気になる還元率は?

VIASOカードはショッピングの利用代金1,000円で5ポイント(個別明細ごとに100円あたり0.5ポイントで計算)ためることができます。
そして何より、VIASOカードは他のクレジットカードと違い「キャッシュバック方式」となります。
そのため、1年間に貯まったポイントを集計し後日「1ポイント=1円」であなたの銀行口座に自動でキャッシュバックされます。
※キャッシュバックは「1,000ポイント」を超えてから行われます
気になる還元率は「1,000円=1ポイント(1ポイントは0.5円相当のため還元率は0.5%)」と、クレジットカードの中でも平均的な還元率です。
ですが、続いて紹介する方法を利用することで、ポイント還元率を何倍にもアップできます。

VIASOカードは携帯電話料金&高速道路&プロバイダーの支払いでポイント還元率アップ!?


VIASOカードのポイント還元率をアップさせる方法としてまず、携帯料金や高速道路、プロバイダー料金の支払をVIASOカードにする方法があります。
例えば下記の支払いでVIASOカードのポイント還元率がアップします。
●ETCが使える高速道路&有料道路
●携帯電話料金
・docomo
・au
・sohtbank
・Y!mobile
●プロバイダー料金
・Yahoo! BB
・@nifty
・OCN
・au one net
・BIGLOBE
・ODN
これらの料金をVIASOカードで支払うと、ポイント還元率が2倍にアップします。
もちろん、期間限定のポイントアップや複雑な支払い方法を覚える必要はなく、ただ単に上記で紹介した料金をVIASOカードで支払えばOKです。
たったこれだけで、ポイント還元率が2倍になりますので、これらの料金を支払っているならVIASOカードの方がお得ですよ。

VIASOカードでポイント還元率が10%以上!?お得なVIASO eショップとは?


VIASOカードを更にポイントアップさせるなら「VIASO eショップ」を利用しましょう。
VIASO eショップとは、三菱UFJニコスが運営するサイトであり、サイトを経由して商品を購入すると通常ポイントの他にボーナスポイントがもらえるのです。
サイトを経由してネットショップを利用するとどのぐらいポイントが貯まるのか?一部を抜粋して紹介しますので一緒に見ていきましょう。
●ネットショップ
・Amazon:0.5%+0.5%=1%
・楽天市場:0.5%+1%=1.5%
・LOHACO:0.50%+2%=2.5%
・Yahoo!ショッピング:0.5%+1%=1.5%
●ドラッグストアー
・マツモトキヨシ:0.5%+5%=5.5%
・ケンコーコム:0.5%+5%=5.5%
・DHCオンラインショップ:0.5%+1%=1.5%
●本・雑誌・電子書籍
・楽天ブックス:0.5%+1%=1.5%
・honto:0.5%+5%=5.5%
・BookLive!:0.5%+10%=10.5%
・ひかりTVブック:0.5%+10%=10.5%
※紹介したポイント還元率は「通常獲得ポイント+ボーナスポイント=合計ポイント」で掲載しています。
上記を見て分かるように、なんと最大10%もポイントがアップします!
大手ネットショップのAmazonや楽天も10%に届かないものの、普段利用するよりもお得にポイントを貯めることができます。
もちろん、今回紹介した店舗以外にも例えば百貨店や家電量販店、グルメやファッション等々、様々なネットショップが用意されています。
VIASO eショップを利用するだけで簡単にポイントアップができますので、もし頻繁に利用しているネットショップがありましたら、サイトを経由して利用してみましょう。
※VIASO eショップ:https://www.point-meijin.com/161291115777/

VIASOカードは海外旅行&海外出張の良きパートナー!海外旅行傷害保険があります


海外旅行や海外出張をすると、気になるのが現地で病気や怪我、またはトラブルに巻き込まれた時です。
日本国内と異なり、多額の診察料や治療費を請求される。またはトラブルに巻き込まれ、巻き込まれた拍子に備品を壊してしまうことも…。
そんな時に役立つのがVIASOカードの「海外旅行傷害保険」です。
VIASOカードで旅行代金や海外旅行・出張先の交通機関の料金等を支払うことで、利用できる保険であり、下記のように補償が充実しています。

VIASOカードは一般カード会員になるため、最高2,000万円の補償金が支払われます。
また、病気やケガの際に利用する「傷害・疾病による治療費用限度額」が、年会費無料ながら200万円付いていますし、店舗や施設の備品等を壊した時に補償する「賠償責任限度額」も最高2,000万円あるのは非常に助かります。
その上、家族カードも本会員と同等の海外旅行傷害保険が受けられるのも見逃せないポイントです。
海外旅行や海外出張のもしもの事態に対応できる優れものですので、1枚所有することをおすすめします。

VIASOカードは不正利用&ショッピング保険が付帯しています


VIASOカードに限らず、クレジットカードを利用していると気になるのが「不正利用」や「ショッピング保険」についてです。
使用した覚えがないのに、第三者に勝手に利用されていた。または紛失や盗難後に不正利用されていた…等々あります。
そして、商品を購入したのは良いものの商品が破損していた、盗難された際に補償されず、泣き寝入りだけは避けたいところです。
その点、VIASOカードは不正利用の補償やショッピング保険が自動で付帯されています。
それぞれを簡単にですが紹介していきましょう。
●不正利用時の補償
・補償の対象になる取引は「インターネットショッピング」「モバイルショッピング」「電話、プロバイダーの通信料金」の3種類
・対象期間は、利用明細が届いた日より60日以内(WEB明細も同じです)です
・もし対象期間を過ぎると、補償されませんので注意しましょう
●ショッピング保険
・ショッピング保険の対象は「VIASOカード」で購入した商品です
・購入日より90日以内に、事故や火事等で損害を受けた、または盗難にあった場合に対象となります
・日本国内の場合、VIASOカードで購入し、なおかつ「分割払い」「リボ払い」した商品が補償を受けられます
・海外の場合、VIASOカードで購入した商品であれば支払い方法にかかわらず補償を受けられます
・年間補償金額は100万円(1件につき3,000円の自己負担があります)
このように、不正利用時の補償やショッピング保険が、あなたの万一の事態にしっかりサポートしてくれます。
もしもの時も、VIASOカードがあれば補償を受けられますので、是非とも活用していきましょう。

VIASOカードの国際ブランドMasterの特典や優待を存分に活用しましょう!

VIASOカードがあれば、付帯する国際ブランド「Master」の特典や優待を存分に活用できます。
例えば、これより紹介する特典や優待をVIASOカード会員限定で受けられます。

上図はあくまでも一例ですが、全国約120万ケ所のレジャー施設やカラオケなどのエンタメ施設の料金が割引になります。
その上、全国約500店舗のレストランでも優待価格で楽しめますし、会員限定で優先予約も可能です!
VIASOカードがあるだけで、至れり尽くせりの特典や優待を受けられるため、所有して一切損のないクレジットカードと言えます。

VIASOカードのここが惜しい!気になるデメリットとは?

ポイント還元率が低い&キャッシュバックしかできない


VIASOカードの気になるポイントとして、まずポイント還元率とキャッシュバックについてです。
ポイント還元率は確かに、一部の支払いやVIASO eショップを利用することでポイントアップできます。
しかし、それらを利用しない方々からすると、0.5%しかポイント還元されません。
これは少々痛いポイントです。
そして、ポイントを貯めてもキャッシュバックしかできないのも、人によってはデメリットになります。
しかも、1,000ポイントに満たないと、ポイントが全て消滅(有効期限は1年間のため消滅します)するため、あまり利用しない方からすると全く嬉しくありません。
これらのポイントは、VIASOカードの大きなデメリットと言えます。

VIASOカードは電子マネーのチャージでポイントが貯まらない


現在、nanacoや楽天Edy、Suica…等々、あなたの周りには様々な電子マネーが溢れていることでしょう。
もし、あなたが電子マネーを利用しているならクレジットカードからチャージするのがおすすめです。
チャージすることで、クレジットカードのポイントも貯まりますし、電子マネーを利用すれば例えばnanacoや楽天Edyそれぞれのポイントも貯まるので、ポイントの2重取りができます。
しかし、VIASOカードは各電子マネーにチャージをしてもポイントが貯まりません。
その上、nanacoやWAON等にもチャージできないのは辛いポイントです。
もし電子マネーのチャージを検討しているなら、他のクレジットカードを別途発行することをおすすめします。

まとめ

VIASOカードは、ポイントを「1ポイント=1円」で自動でキャッシュバックするため、ポイントを使い忘れることもありませんし、1ポイントも無駄なく利用できます。
更に、携帯電話料金や高速道路、通信料金を支払うことで2倍にポイントアップしますし、VIASO eショップを活用すると最大10%までアップ可能です。
その上、年会費や発行手数料も発生しませんので、維持費もかからない優等生と言っても過言ではありません!
確かに、還元率やキャッシュバック、電子マネー等のデメリットもありますが、それを感じさせないメリットや特徴を持っていますので、初めてクレジットカードを所有する方にもおすすめできる1枚です。
もしクレジットカードで迷っていましたら、VIASOカードを作成してはいかがでしょうか?

VIASOカードの概要

年会費(初年度) 無料
年会費(二年目以降) 無料
ETC年会費(初年度) 1,080円
ETC年会費(二年目以降) 1,080円
ショッピング限度額 100万円
最短発行日 最短翌営業日発行
海外旅行傷害保険 最高2,000万円
ショッピング保険 年間限度額100万円
その他サービス VIASOカードの利用金額合計1,000円ごとに5ポイント加算され、たまったポイントは1ポイント1円でオートキャッシュバック。(個別明細ごとに100円あたり0.5ポイントで計算)

カード検索

カード絞り込み検索

新着記事

PAGE TOP