イオン首都高カード

【ETCカード】イオン首都高カードのメリットデメリットと詳細&申し込み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
イオン首都高カード
ポイントサービス名 還元率換算で0.5% 付帯保険:カード盗難保険のみ
年会費(初年度) 無料。家族カード3枚まで無料
ETC年会費(初年度) 無料
ETC年会費(二年目以降) 無料
対応電子マネー

イオン首都高カードなら日曜日に首都高利用で20%割引! タイムズでポイントも貯めて完璧

東京近郊に住んでらっしゃる方には、マイカーは持たないものの、たまにレンタカーで出かけることがあったり、マイカーは週末しか乗らないと言う人も少なくないでしょう。
都内の異動は公共交通機関の方が圧倒的に有利です。
しかし、日曜日には首都高速の利用料金が20%割引になるイオン首都高カードは、このようなサンデードライバーにはジャストミートのカードです。
もちろんイオンカードですから基本的な機能はきっちり押さえられています。
言うまでありませんが、イオンカードには無料のETCカードが自動的に付帯されます。
読み取り機に差し込んでおけば、首都高の料金所でいちいち停まる必要はありません。
休日のドライブがより一層快適になることは間違いありません。
ところで、都内を車で移動する際、悩みの一つに駐車場があります。
下手に路上駐車をすると、最近は駐禁を民間委託していますから、知らない間に自転車のおじさんに違反シールを貼られるので要注意です。
その悩みを解決するのが、どこにでもあるタイムズです。タイムズは便利な存在です。
イオン首都高カードなら、利用のたびにタイムズポイントも貯まるので便利です。
また、イオン首都高カードは羽田と成田に提携駐車場があるため、30%割引で利用することも可能です。
しかも、首都高速のPAを利用すると、ときめきポイントが5倍付きます
ときめきポイントの基本的な還元率は0.5%なので、2.5%の高還元率になるわけです。
最近は首都高のPAも夜景観賞スポットととして紹介されており、無視できない存在です。
首都高と提携しているカードはイオン以外にもありますが、使い勝手の面などを考えるとイオン首都高カードはベストの選択だと考えられます。
提携施設も多くあるので、マイカーのない人も要チェックです。

WAON一体型で基本機能が充実しているイオンカード

イオンカードは、TVCMでご存知の通り、20日と30日は5%OFFです。
更に55歳以上の会員は、毎月15日も5%OFFです。家族カードも対象なので、年長者を本会員にすればお得な日が増加します。
イオン首都高カードは、WAONと一体化しています。
また、イオンIDを使うことでドコモのスマホをおさいふケータイにすることができます。
全国どこへ行ってもIDの使えないコンビニはないでしょう。
最近は自販機もWAONやIDが使えますから、利便性は非常に高くなっています。
クレジットカードの利用状況を一括管理することで、家計支出を管理することができます。
また、支払も一本化することで口座不足等の不測の事態を防ぐこともできます。
イオン首都高カードにひとまとめにすることで、便利さはさらに拡大します。

イオン首都高カードの概要

ポイントサービス名 還元率換算で0.5% 付帯保険:カード盗難保険のみ
年会費(初年度) 無料。家族カード3枚まで無料
ETC年会費(初年度) 無料
ETC年会費(二年目以降) 無料
対応電子マネー
キャッシング限度額 千円~300万
ショッピング限度額 会員による
最短発行日 2週間程度
申込資格 18歳以上(高校生不可)で電話連絡可能な方
その他サービス 毎週日曜の首都高速が5%OFF タイムズポイントも貯まる 首都高速PAでときめきポイント5倍 提携施設で優待割引有

カード検索

カード絞り込み検索

新着記事

PAGE TOP