エポスカード

【ETCカード】エポスカードのメリットデメリットと詳細&申し込み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
エポスカード
ポイントサービス名 キャッシュバック換算で0.5%
年会費(初年度) 無料
年会費(二年目以降) 無料
ETC年会費(初年度) 無料
ETC年会費(二年目以降) 無料
対応電子マネー

エポスカードはマルイのハウスカード

昔「赤いカード」として有名だったマルイのハウスカードがエポスカードです。
名前こそ変わりましたが、ハウスカードなので、マルイで使えばポイントが多くたまります
マルイだけではなく、提携店が多くあるので、そこで使っても有利なクレカです。
年会費無料で、海外旅行傷害保険が付いているエポスカードは、お得なイメージがあります。
また、貯まったポイントをそのままマルイの買い物で使うことができます。
Visaプリペイドカードへのチャージも可能です。
エポスカードの基本的なポイント還元率は0.5%で、マルイで使えば1%の還元率です。
他のクレカ同様にポイントモール経由で通販等を使えば、ポイントアップの可能性もあります。
エポスカードはそれだけではなく、提携ショッピングセンターなどでのポイントアップや割引もあるので、使い道は広いはずです。
また、マルイでのお買い物が年4回10%オフにもなります。
また、エポスカードには、使いやすいETCカードも付けることができますから、高速道路をノンストップ&キャッシュレスで利用できます。
最近は、ETCカードを使わないと高速料金の割引が一切効かないようになっていますから、ドライバーの必需品です。
必ずしも、マイカーを持っていない人でもレンタカー利用の機会はあるでしょう。
ETCカードの申込をしてから、ETCカードが実際に手元に届くまでには、多少なりとも時間がかかります。
年会費無料のため、あらかじめETCカードを作っておいた方が賢明でしょう。

普段使いできるハウスカード

ハウスカードの多くは、特定のショッピングセンターだけでしか使われないことが多いです。
結果としてクレカが多く貯まり、財布が肥大化する原因になります。
しかし、エポスカードなら、マルイ以外での買い物などでもポイントがきちんとつきます
ETCカードを付けることができますし、楽天Edyも付けることができますから、スマホがクレカ代わりになります。
Visaプリペイドカードだけではなく、エポスカードはスターバックスカードにもチャージできます。
また、年会費は必要ですが、モバイルSuicaにもできますから、通勤通学時などには大変便利です。
ここまで利用価値が広いと、独身の方であればメインカードとして利用することが十分可能です。
百貨店などの買い物は一つにまとめた方が、ポイントや値引の効率がいいことは間違いありません。
マルイをよく使っているのであれば、エポスカードを使う事でポイントは多くたまりますし、そのポイントをそのまま値引に使うことができます。
マルイ以外で使ってもポイントは貯まるので非常に効率がいいカードライフを送ることができます。

エポスカードの概要

ポイントサービス名 キャッシュバック換算で0.5%
年会費(初年度) 無料
年会費(二年目以降) 無料
ETC年会費(初年度) 無料
ETC年会費(二年目以降) 無料
対応電子マネー
最短発行日 10日〜2週間。マルイ各店カードセンターなら即日発行が可能
海外旅行傷害保険 海外旅行賠償保険 最大2000万、海外旅行傷害保険 最大500万
申込資格 18歳以上(高校生を除く)
その他サービス VISAプリペイドカード入会

カード検索

カード絞り込み検索

新着記事

PAGE TOP