法人ETCカード(UCブランド)

【ETCカード】法人ETCカード(UCブランド)のメリットデメリットと詳細&申し込み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
法人ETCカード(UCブランド)
年会費(初年度) 540円(税込)/1枚(年1回)
年会費(二年目以降) 540円(税込)/1枚(年1回)
ETC年会費(初年度) カード発行手数料: 540円(税込)/1枚
ETC年会費(二年目以降) カード発行手数料: 540円(税込)/1枚

クレジット決済機能のない個人用ETCカード(パーソナルカード)があるのと同様に、クレジット機能のない、法人、個人事業主が使える法人ETCカードもあります。
有名なのは、NEXCO東日本・中日本・西日本が発行するコーポレートカードですが、組合を通して申し込めば、他のブランドの法人ETCカードを使う事も可能です。
広く使われているのはUCブランドのクレジット決済機能の無い法人ETCカードです。

発行は、協同組合を通す

他ブランドもそうですが、協同組合が取り扱っている事がほとんどです。
協同組合に関してはまたご説明するとして、協同組合を通す事で、新会社でも申し込みが通り安くなる事が知られています。
※協同組合が一つの会社として申し込む為に、自社が基準に達していなくても契約が可能になる為。

メリット

  • クレジット機能がついていないので安心
  • 従業員に現金を持たせなくていい
  • 利用明細(請求書)で管理が簡単
  • 高速道路のみ利用できるカード
  • 手渡しでも利用可能
  • 必要枚数、お申込み可能
  • 特典として30%の割引が受けられる
  • レンタカー、従業員の車でも利用可能

コーポレートカードとは少し割引内容で異なったりする所はありますが、法人ETCカードならではのメリットが多くあります。
特に費用管理に関しては、大きく改善する事は間違いないと思います。

必要経費がかかる

ETCカードを申し込む際に、必要経費が掛かります。これは取り扱う協同組合で変わってくる箇所があったりしますので、必ず確認するようにしましょう。

  • 出資金(脱退時返金): 10,000円/1社
  • カード発行手数料: 540円(税込)/1枚
  • 取扱手数料: 540円(税込)/1枚(年1回)
  • 毎月の走行金額の5%を手数料

法人ETCカード(UCブランド)の概要

年会費(初年度) 540円(税込)/1枚(年1回)
年会費(二年目以降) 540円(税込)/1枚(年1回)
ETC年会費(初年度) カード発行手数料: 540円(税込)/1枚
ETC年会費(二年目以降) カード発行手数料: 540円(税込)/1枚
最短発行日 組合に書類到着後、10日程度
申込資格 法人もしくは個人事業主の方
その他サービス 深夜割引、休日割引が使える

カード検索

カード絞り込み検索

新着記事

PAGE TOP