クレジットカード

アパマンショップはクレジットカードで初期費用や家賃が支払える!おすすめのカード3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

アパマンショップは、クレジットカードで家賃や仲介手数料を含む初期費用が支払える、「カードで家賃 賃貸物件」を提供中です。

家賃をクレジットカード払いにすることで、ポイントが貯まるメリットがあります。

例えば月々10万円の家賃でポイント還元率が1%の場合、10万円×1%×12(ヶ月)=12000ポイント(12,000円相当)を受け取ることが可能です。

他にも敷金や礼金などの初期費用もカード払いを選ぶことで、より多くのポイントが知らず知らずのうちに貯まっていくことでしょう。

ここでは、アパマンショップの「カードで家賃 賃貸物件」に、おすすめのクレジットカードを3つ選んで紹介します。

アパマンショップの賃貸物件の家賃をクレジットカードで払う5つのメリット

アパマンショップの賃貸物件を、クレジットカードにて家賃や敷金などの初期費用を支払うことで、以下の5つのメリットがあります。

①クレジットカードのポイントがもらえる

アパマンショップの賃貸物件の家賃などをクレジットカードで支払う最大のメリットといえば、ポイントがもらえる点です。

賃貸物件の家賃の支払いは、物件を管理している不動産会社への銀行口座への振込や、大家さんなどに現金で直接支払う方法が考えられます。

月々の家賃 ポイント還元
現金払い(口座振込) 80,000円(年間960,000円) なし(口座振込は手数料あり)
クレジットカード払い 80,000円(年間960,000円) 月間400円(0.5%)~800円(1%)

年間4,800円(0.5%)~9,600円(1%)

②初期費用を全額用意する必要がない

アパマンショップの賃貸物件では、クレジットカードにて敷金や礼金などの初期費用を支払うこともできるのもメリットのひとつと言えるでしょう。

引っ越しの際には、引越し業者への支払いだけでなく、家具や家電を新調するなど、案外費用がかかるものです。

中には当初予定していた以上の金額を負担するケースもありえます。

特に粗大ごみや廃棄品の処分は数千円から万円単位になることも。

初期費用をクレジットカード払いにできることで、まとまった現金を用意する必要がなくなります。

一括払いで後日支払うことや、分割払いやリボ払いを選ぶことも可能です。

物件選びの選択肢も広がるかもしれません。

③スピーディーな手続き

初期費用をクレジットカード払いにした場合、不動産会社や銀行の営業時間にとらわれずに、事務手続きができるのも隠れたメリットです。

特に人気の物件を選ぶ際に、有利に働くのではないでしょうか。

タッチの差で物件の契約が決まるケースは決して少なくありません。

④家賃滞納のリスクが減少する

アパマンショップなどの賃貸物件にて、クレジットカードで家賃を支払える物件が増えている一番の理由が、家賃滞納のリスク

仕事などの都合で銀行の営業時間内に家賃を振り込むことができない。といったことを防ぐことにつながります。

大家さんなどの物件の所有者にとっても、家賃のクレジットカード払いをしてもらうことで、確実かつ堅実な家賃収入に結びつく点が大きなメリットとなるでしょう。

⑤クレジットカードのグレードアップにつながる

アパマンショップの賃貸物件の家賃をクレジットカード払いにすることで、月額の利用金額が増えることになります。

カード会社にもよりますが、年間で100万円以上の利用が確認された際に、ゴールドカードなどのインビテーションが届くケースもあるようです。

そのため、結果的にクレジットカードのグレードアップにつながることになります。

アパマンショップの賃貸物件の家賃をクレジットカードで払う2つのデメリット

アパマンショップの賃貸物件の家賃をクレジットカード払いにすることで、ポイントが貯まるなどのメリットもある一方で、2つのデメリットも存在します。

①クレジットカードは「後払い」であること

アパマンショップの賃貸物件の家賃をクレジットカードで支払う際、その月の家賃の請求は翌月や翌々月になることがほとんどです。

そのため、冠婚葬祭などで思わぬ出費があった月に、家賃の支払いの余裕がなくなるということも考えられます。

普段から貯金を習慣づけるなど、各々で工夫することが大切です。

②リボ払いには注意

クレジットカードの支払い方法として、リボルビング(リボ)払いが存在します。

リボ払いは月々一定の金額を支払うことで、ショッピングなどができるシステムです。

リボ払いは毎月の負担額を減らすことが可能ですが、金利手数料も上乗せされるため、トータルの支払金額が増えてしまう点があります。

アパマンショップの賃貸物件の初期費用ではリボ払いも選ぶことができますが、完済のタイミングを踏まえた上で、クレジットカードを上手に活用してください。

アパマンショップ・クレジットカードで支払える費用について

アパマンショップの賃貸物件にて、クレジットカードで支払える費用は以下の通りです。

・家賃
・初期費用

家賃

毎月の賃料です。
クレジットカードの一括払いのみ対応しています。
分割払いやリボ払いはできません。

初期費用

アパマンショップなどの賃貸物件の入居時にかかる費用です。
クレジットカード払いでは、一括払いまたは分割払い、もしくはリボ払いから選ぶことができます。

敷金

カーペットやクロス(壁紙)の張替えや、掃除などの原状回復に使われる費用です。
退去時の状況に応じて戻ってくる可能性があります。

礼金

大家さんなどの物件の所有者に支払われる、文字通り「お礼」としての費用です。
退去時に返却されることはありません。
賃貸物件によっては、「礼0(ゼロ)」のように発生しないケースもあります。

仲介手数料

物件を紹介する不動産会社の収益となります。
賃貸物件の場合、賃料の1ヶ月分もしくは50%が一般的です。
分譲物件では、(売買価格×3%+6万円)×1.08(消費税8%)で上限金額が算出されます。
※売買価格400万円以上の物件です

その他

初期費用には、火災保険や鍵の交換費用などが含まれることもあります。

アパマンショップの賃貸物件に対応しているクレジットカード

アパマンショップの賃貸物件に対応しているクレジットカードは、次の8種類です。

・VISA
・MasterCard
・JCB
・アメリカン・エキスプレス
・ダイナーズクラブ
・UFJカード
・NICOSカード
・DCカード

VISAやMasterCardなどの提携カードも含まれていますので、ほとんどのクレジットカードが使えると言っても過言ではないでしょう。

アパマンショップでPontaポイントが貯まる


JMBローソンPontaカードVisa

アパマンショップでは、コンビニエンスストアローソンなどで利用できる「Pontaポイント」がプレゼントされるシステムとなっています。

例えば、アパマンショップの来店時にPontaカードを提示した場合、来店した月の翌月末に10ポイントを受け取ることが可能です。

お客様カードへの記入が条件となります。

他にも、仲介手数料が80,000円の場合、800ポイント(800円相当)をプレゼント。

通常のPontaカードはもちろん、JMBローソンPontaカードVisaで月々の家賃を支払うことで、より多くのPontaポイントが貯まっていきます。

アパマンショップでお得な「JMBローソンPontaカードVisa」は、こちらの記事がわかりやすくまとめられています。

⇒JMBローソンPontaカードVisaならポンタポイントとマイルが貯まるクレジットカード!はこちら

アパマンショップ「カードで家賃 賃貸物件」クレカ払い物件の探し方

ここからは、アパマンショップの公式サイト「カードで家賃 賃貸物件」から、クレジットカード払いに対応してる物件の探し方を紹介します。

①アパマンショップTOPページからスタート!

まずはアパマンショップのTOPページを開きます。

下にスクロールしていき、「こだわり特集から賃貸マンション・アパート物件を探す」から、画像の赤で囲んだ「すべて見る」をタップします。

②こだわりのお部屋探し

「こだわりのお部屋探し」が表示されます。

猫の写真をタップしたい欲求を抑えつつ、下にスクロール。

カードで家賃物件の「この条件ですぐに検索」をタップします。

③「カードで家賃 賃貸物件」

「カードで家賃 賃貸物件」が表示されます。

赤で囲んだ「カードで家賃の物件を探す」をタップ

ここでは関東エリアを選択してみました。

続いて東京を選択。

人気の吉祥寺がある武蔵野市を選びました。

より細かな希望条件が指定できるようになっています。

賃貸物件が見つかりました。

アパマンショップの「カードで家賃 賃貸物件」におすすめのクレカ3選

ここからは、アパマンショップの「カードで家賃 賃貸物件」におすすめのクレジットカードとして、以下の3つを選んで紹介していきます。

・Yahoo! JAPANカード
・リクルートカード
・JMBローソンPontaカードVisa

①Yahoo! JAPANカード

Yahoo! JAPANカードは、年会費永年無料で発行できるクレジットカードです。

ポイント還元率は1%、TSUTAYAなどで利用できるTポイントが付与されます。

Yahoo! JAPANショッピングやLOHACOの利用にて3倍(3%)のポイントをプレゼント。

提携ブランドは、VISAとMasterCardとJCBの中から選ぶことが可能です。

最大10000ポイント+PayPay19%還元!キャンペーン情報

Yahoo! JAPANカードを新規発行した方に、もれなく4000ポイント(4,000円相当)をプレゼントするキャンペーンを実施中です。

カード申し込みから2ヶ月後の末日まで11回ショッピングをするだけで、2000ポイント(2,000円相当)を受け取ることもできます。

同じ期間に3回の利用で、最大6000ポイント(6,000円相当)がもらえるチャンスです。

話題のスマホアプリPayPayとの組み合わせで、最大19%のPayPayポイントを入手することもできます。※ポイントは期間固定(申し込み月から5ヶ月めの15日まで)

②リクルートカード

リクルートカードは、ポイント還元率1.2%の高還元率を誇る、年会費永年無料で持つことが可能なクレジットカードです。

じゃらんやポンパレモールなどの利用にて、最大4.2%のポイントをプレゼント。

提携ブランドは、VISAとMasterCardとJCBの3種類から選択可能です。

最大6000ポイントがもらえる!新規入会キャンペーン

リクルートカードを新規で発行した方が対象となるキャンペーンです。

まずは入会した直後に期間限定の1000ポイント(1,000円相当)が付与されます。

続いてカード発行日の翌日から60日以内にカード利用をした際に2000ポイント(2,000円相当)、携帯電話の料金の支払いにて3000ポイント(3,000円相当)をプレゼント。

貯まったポイントは、JALマイレージやOisixの野菜に交換することもできるようになっています。

③JMBローソンPontaカードVisa

JMBローソンPontaカードVisaは、年会費が永久無料のクレジットカードです。

通常のポイント還元率は0.5%ですが、ローソンもしくはローソン100での利用にて、4倍の2%の還元率を実現します。

ローソンやローソン100で使った際には、JALのマイル(還元率0.5%)が同時に付与されるメリットも。

貯まったPontaポイントは、アパマンショップの賃貸物件の家賃の支払いに充てることも可能です。

新規入会キャンペーン 2019年3月31日まで

JMBローソンPontaカードVisaの新規発行で、もれなくJALマイル500マイルがプレゼントされます。

おわりに

アパマンショップの賃貸物件にてクレジットカードで家賃などを支払うことで、現金払いでは絶対に発生しないポイントを毎月もらうことにつながります。

ここで紹介した3つのクレジットカードと組み合わせることで、より多くのポイントが貯まっていくことでしょう。

お得なキャンペーンも実施中です。是非、新生活を迎えるタイミングでクレジットカード作りを検討してみてください。

カード絞り込み検索

カード検索

カード絞り込み検索

新着記事

PAGE TOP