クレジットカード

マイルの有効期限には悩まされない!実質無期限でマイルが貯まるクレカ6選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「特典航空券を手に入れたい!」とマイルを貯め始めたけれど、なかなか貯まらなくて…、と感じているあなた!

多くの航空会社のマイルには有効期限があるので、せっかく貯めたマイルなのに特典航空券に交換する前に期限切れ……、という悲しい事態に遭遇する方も多いはずです。

でも安心してください!
クレジットカードのポイントでマイルを実質無期限にする方法があるのです。

そこで今回はマイルやポイントの期限にフォーカスして、“マイルを実質無期限に貯めることができるクレジットカード”を紹介します。
年会費無料のお得なカードから、年会費はかかるけれどマイルやポイントがザクザク貯まるカードまで選んでみました。

海外だけでなく国内旅行も、なかなか行けない今だからこそ、期限を気にすることなくマイルやポイントをしっかり貯めて、旅を楽しめる時が来たら特典航空券ででかけましょう!

まずは利用したいマイルの有効期限をチェックしよう

ご存知のようにマイルには有効期限がありますが、航空会社によって設定された期限は違います。
またANAとJALはマイルの積算方法にも違いがあるので、まずは複習しておきましょう。

航空会社によってマイルの有効期限は異なります

日本人がよく利用する航空会社の一般会員の場合は以下の通りです。

航空会社 マイレージクラブ名称 マイルの有効期限
ANA ANAマイレージクラブ 3年間
JAL JALマイレージバンク 3年間
ブリティッシュ・エアウェイズ エグゼクティブクラブ 3年間
エアーフランス フライング・ブルー 2年間
ユナイテッド航空 マイレージプラス 有効期限なし
デルタ航空 スカイマイル 有効期限なし
シンガポール航空 クリスフライヤー 3年間
大韓航空 スカイパス 10年後の12月31日まで

私たちが利用する機会の多いANAとJALのマイル有効期限は3年です。貯めたマイルは年ごとに失効するのではなく、3年目を迎えたマイルから1カ月分ごとに失効していきます。

自分の積算マイル数をしっかり把握しておかないと、気が付いた時にはマイルが失効していた……、という事態はありえます!

とはいえ毎月、マイルをチェックするのは確かに面倒ですよね。

ANAとJALはマイルの期限は同じく3年(36カ月)。
飛行機の搭乗によるフライトマイルはどちらも国内線は約2~3日後、国際線は約4~5日後、提携航空会社は約1~4週間にマイルとして積算されますが、ショッピングによるマイルの貯まり方は少し異なります。

JALカードはショッピングでもポイントではなく直接マイルが貯まります。一方ANAのカードは提携会社によってはポイントとして貯まり、マイルと交換するには手続きが必要です。

ANA:
フライトマイルは搭乗後自動的にマイレージクラブに貯まる
ショッピング決済ではポイントとして貯まりマイルに交換する
ポイントのマイル交換は「マイル移行手続き」と呼ばれ、入会時に毎月の「自動移行コース」か、交換したい時に手続きをする「都度移行コース」を選択。「移行手数料」が必要な場合もあるのでクレカを選ぶときは必ず確認しましょう
JAL:フライトマイルもショッピングマイルも、一部のカードを除いて自動的にマイレージバンクにそのままマイルとして貯まる

ANAやJALのマイルの有効期限を伸ばす・無期限にする方法はある?

外資系航空会社のマイレージプログラムの中には有料でマイルの有効期限を延長できるものもありますが、残念ながらANAとJALでは一般会員がマイルの期限を伸ばす方法はありません

ANAやJALのマイレージ会員がマイルの有効期限を延長や無期限にするには、ANAは「プレミアムダイヤモンド会員」や「ミリオンマイラー」、JALは「JMBダイヤモンド会員」や「JGCプレミア会員」の会員資格が必要です。

そのためには1年間で、例えば東京=大阪間なら普通運賃で55往復程度の利用、さらに毎年更新が必要なので、仕事などで相当頻繁に飛行機を利用する人以外にはなかなか難しい条件でしょう。

でも期限を気にすることなくマイルをキープしておけるクレジットカードがあれば、ゆっくりじっくりマイルを貯めて有効に使う事ができます!

次からは、それが可能なクレカをご紹介していきましょう!

年会費は絶対払わない!!無料でポイントを貯めてANAやJALマイルに換えるカード2選

「マイルは貯めたいけれど、年会費は払いたくない!」という方も多いはず。そんな方にオススメなのがセゾンカード・インターナショナルJCB CARD Wです。
年会費がかからないからこそ時間をかけて、じっくりマイルを貯めることができるので、マイル初心者にもオススメです。

「セゾンカード・インターナショナル」は年会費が無料な上にポイントの有効期限なし!

セゾンカード・インターナショナル」はセゾンカードが発行するカードの中でも最もスタンダードなクレジットカード。
年会費は永年無料。貯まるポイントは「永久不滅ポイント」なので有効期限もなし。このクレカならポイント消滅や交換期限が迫る心配は無用です。
日常の買物はもちろん、携帯電話料金や光熱費などの毎月の固定費の支払いもセゾンインターにすれば毎月ポイントが貯まります!
貯まったポイントはANAマイルにもJALマイルにも交換ができというのも、メリットです。

カード利用1,000円=1ポイント
ANAマイル、JALマイルへの交換率は以下の通りです。
●ポイントのマイルへの交換率
1 ポイント→ ANA 3マイル
1 ポイント→ JAL  2.5マイル

交換率を見ると100円換算で0.25~0.3マイル。
ANAやJALのメインカードが通常、100円で1~1.5マイル貯まることを考えると、セゾンインターではなかなかマイルが貯まらないのは事実です。
でも「ボーナスポイントキャンペーン」期間などは100円の利用で実質1.5~3マイルほど貯めることができます!

また「ボーナスポイントキャンペーン」期間以外でも「セゾンポイントモール」を経由したネットショッピングでは、通常ポイントにボーナスポイントが加算されてポイントが2倍~最大30倍になることもあります。

ポイントを効率よく貯めるなら、ネットショッピングの際は必ず事前に「セゾンポイントモール」をチェックしましょう。
「セゾンポイントモール」ではAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングなども利用でき、例えば「Amazon Fashion」ではポイント9倍キャンペーンなどもあります。その際は100円のショッピングでANA=2.7マイル、JAL=2.25マイルと高い還元率になります。

セゾンカード・インターナショナル】の基本情報


●年会費 永年無料/家族カード無料
●ポイント有効期間 永久不滅
●ポイント最大還元率 通常1%
●交換できるマイル ANA/JAL
●国際ブランド Visa/Mastercard/JCB
●ETC年会費無料 家族カードも無料 ※発行手数料935円
※カードの申込み対象は18歳以上(高校生は除く)で、専業主婦、学生も申し込み可能。ただし連絡が可能な方。セゾンカードが提携する金融機関に決済口座も必要になります。

家族カード利用分のポイントは本会員のポイントと合算なので、家族もカードを利用すればよりポイントが貯まります
※家族カードは本会員と同居、同姓の家族が対象です。

「JCB CARD W」39歳以下必携!最大の魅力はポイントの高い還元率!

JCBカードW」は39歳以下の方を対象に一般のJCBカードの機能や特徴を持ちつつ、ポイント還元率を特化させたスペシャルなクレジットカード。
入会はWeb限定で年会費は無料。39歳までに入会すれば40歳以降も年会費無料のまま継続できます。

ポイントには2年間という有効期限がありますが、貯まったポイントはANAマイル、JALマイル、デルタ航空スカイマイルに手数料なしで交換可能
500ポイント→1,500マイルになります。

そして、JCBカードWの最大の魅力はポイント還元率の高さです。
一般のJCBカードは1,000円で1ポイントですが、JCBカードWは加えて更に1ポイントが付与されるので1,000円→2ポイントと2倍になります!
ポイント倍増には項目制限がないのでショッピングやレストラン利用はもちろん、税金や公共料金などの固定費の支払でもポイントは2倍です。

例えばJCBカードなど一般的なカードで毎月5万円のクレジット利用をした場合、1年間で、50,000円×12=600,000円→600ポイントですが
JCBカードWなら倍の1,200ポイントと倍増します。

インターネットショッピングの際、ポイント優待サイト「Oki Doki ランド」を経由して買物をすれば、通常のポイント以外にボーナスポイントを獲得できておトクです。
例をあげるとAmazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの買い物では、ポイント2倍から最大20倍に!

JCBカードWのポイントには2年間の有効期限がありますが、年会費無料のカードの中ではダントツの高還元率!ポイントをマイルに交換するための参加登録費や移行手数料も一切かかりません。
カードを上手に活用すればポイントがしっかり貯まるので、有効期限内に特典航空券がきっと手に入りますよ。

JCB CARD W】の基本情報

●年会費 無料/家族カード無料
●ポイント有効期間 2年間
●ポイント最大還元率 通常1%
●交換できるマイル  ANA  JAL デルタ航空
●国際ブランド Visa Mastercard JCB
●ETC年会費無料 家族カードも無料 ※発行手数料935円
※カード申込み対象は18歳以上39歳以下で、本人または配偶者に安定継続収入がある方。または高校生を除く18歳以上39歳以下で学生(一部、申し込み不可の学校もあります)。
※家族会員は生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)で、本会員が学生の場合は家族カードの申込みできません

手頃な年会費のカードなら「Mileage Plusセゾンカード」マイル交換にひと手間かけてお得に貯める

Mileage Plusセゾンカード」 はユナイテッド航空のマイルが貯まり、セゾンカードの豊富な特典やサービスも受けられるクレカです。
マイルはユナイテッド航空をはじめ、ANAなどスターアライアンス加盟航空会社の特典航空券に交換できます。

マイレージプラスセゾンの国際ブランドはアメックス、VISA、Masterの3つから自由に選べますが、おすすめするのはアメックス。アメックスを選ぶと2年目以降は毎年「サンクスマイル(500マイル)」のプレゼントがあります。
年会費1,500円という手頃なクレカなのに継続するだけで毎年500マイルがもらえるのはかなりお得!

マイレージプラスセゾンでは利用金額1,000円に対して、ポイントではなく5マイル(還元率=0.5%)が付与されます。
これはJALカードがポイントではなくマイルがもらえるのと同じです。
ユナイテッド航空はもちろん、ANAやルフトハンザドイツ航空などのスターアライアンス各社を利用した際のフライトマイルも加算されます。海外のエアラインを利用する機会がある方にはうれしい要素です。

通常の還元率は0.5%ですが、追加で5,500円の「マイルアップメンバーズ」に入会すると3倍の15マイル(還元率=1.5%)になります。
さらに「マイルアップメンバーズ」に入会することで通常2年のマイルの有効期限を無期限にすることができます。

「マイルアップメンバーズ」に入会するとマイルの期限が無くなり、還元率も3倍にアップ!ただし年間獲得数3万マイル(200万円利用相当)に達すると還元率は戻ります。

さらにマイレージプラスセゾンで利用するユナイテッド航空の「マイレージプラスプログラム」には独自のメリットがあります。
1.マイルは本会員や家族以外、友人や知人の特典航空券の予約にも使えます。
2.海外特典航空券はANAを含めスターアライアンス加盟航空会社すべてで燃油サーチャージ代金が必要ありません。
3.特典航空券の交換に少しマイルが足りない時などはマイルの購入ができます。

なかでもマイルの購入ができるのは注目ポイントです!

[Mileage Plusセゾンカード]の基本情報

●年会費 1,650円/家族カードなし
●ポイント最大還元率 1.5%
●マイル有効期間 2年間
●「マイルアップメンバーズ」 年会費5,500円※マイル無期限に
●マイル交換 ユナイテッド航空、ANAなどスターアライアンス加盟航空会社
●国際ブランド アメリカン・エキスプレス Visa Mastercard
●ETC年会費無料 家族カードも無料 ※発行手数料935円

年会費よりマイル!とにかくマイルを貯めたい方にマイル特化型クレカ3選

「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」ポイントとマイル期限合わせて6年間有効

ANAアメリカン・エキスプレス・カード」はANAとアメリカン・エキスプレスが提携して発行するカード。
ANAマイルを貯めている方や、今から貯めようと考えている方は要チェックのクレカです。
その理由は簡単。ANA系カードとアメックス系カード、それぞれのメリットを兼ね備え、ANAカードの中でもマイルが貯まりやすいカードなのです。
ANAアメックスがあれば高還元率のポイントとともにANAマイルを効率よく貯めることができます。

ANAマイルとクレジットポイントの両方が貯まります

ANAカードならではのメリットはカード入会や毎年の継続、フライト利用でボーナスマイルがもらえることです。
・カード入会 1,000マイル
・カード継続 毎年1,000マイル
・ANAフライトマイルは区間マイル+10%ボーナスマイル付き

さらにANAアメックスはポイントが貯まりやすいクレカでもありポイント還元率は「100円=1ポイント」と高還元率。
例えば毎月5万円カード利用をしていると1カ月で500ポイント、1年間で6,000ポイントが貯まります。

また特定の店舗での利用はポイントアップに加えてANAマイルがもらえるのはANA系のカードならではのメリットです。
・ANAグループでの利用→通常の1.5倍にポイントアップ
・「ANAカードマイルプラス加盟店」での利用→ポイントとは別に100円=1マイルが自動加算。ポイントとマイルをダブルで獲得
・ANAグルメマイル参加店での利用→ポイントとは別に100円=1~2マイル

マイル交換には「ポイント移行コース」への登録が必要

ANAアメックスのクレジット利用で貯まるポイントには3年という有効期限があります。しかしその間、一度でもポイント交換を行えば、そのたびに有効期限が延長される仕組みになっていて計画的にマイルに移行すればポイントを実質無期限で貯める事ができるのです!

ただしANAアメックスからANAマイレージクラブへのポイント移行には「ポイント移行コース」への登録が必要。
年会費とは別に費用が発生しますが、登録期間中はポイントの有効期間が無期限になるので期限延長のために行うポイント交換は無用!大きくポイントを貯めて好きな時にマイルに移行すれば、無駄なく特典航空券に交換することができます。

ポイントは1000ポイント単位で「1,000ポイント→1,000ANAマイル」の高レートで交換できます。

ここで注意したいのが「ポイント移行コース」に登録の際は「自動移行コース」ではなく「都度移行コース」を選ぶこと。「自動移行コース」だとマイルに移行された時点でマイルの有効期限(36カ月)が適用されるので、自分で移行するタイミングを決められる「都度移行コース」を選ぶのが得策です。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード」の詳細

●年会費 7,700円/家族カード2,750円
●カード利用 100円につき1ポイント
※ANAグループでのカード利用(航空券、ツアー、機内販売)はポイント1.5倍
●ポイント最大還元率 1%
●ポイント有効期限 3年間
●ポイント移行コース 年会費6,600円
●メンバーシップ・リワード・プラス 年会費は3,300円
●ボーナスマイル 入会時1,000マイル、毎年継続時1,000マイル、フライト区間マイレージ+10%
●ETC年会費無料 家族カードも無料 ※発行手数料は935円

「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード」なら無期限で15社のマイルに交換ができる

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード(以下スカイ・トラベラー)」はアメリカン・エキスプレスが発行している航空サービスに特化したクレジットカードです。
“最強のマイル系カード”とも言われ、飛行機利用や旅行・出張が多い方にはとくにおすすめの1枚です。

その主な理由は以下の4つ
1.ポイントが無期限で貯められる
2. 対象航空会社の航空券や旅行代理店の指定旅行商品をカードで購入するとポイントが通常の3倍貯まる
3.貯めたポイントは15の航空会社のマイルに自由に交換できる
4空港ラウンジや旅行保険などのトラベル関係のサービスが充実している

では次にポイントと期限について見ていきましょう。

旅行関連の支払いではポイントの還元率がアップ

スカイ・トラベラーには「メンバーシップ・リワード・プラス」が自動付帯しています。これはアメックス系カードのオプションプログラムで、登録するとポイントの有効期限が無期限になり、ポイントの換算レートもアップ!
通常、登録には年会費3,300円が必要ですが、スカイ・トラベラーには自動付帯なので追加の出費はありません。

スカイ・トラベラーのカード利用で貯まるマイルも通常「100円につき1ポイント」と高還元率ですが、27の対象航空会社の航空券や旅行代理店(日本旅行、アップルワールド)の指定旅行商品を購入すると、ポイントが3倍の「100円で3ポイント」になるのです。
日本旅行ではパッケージツアー、前払いするホテルなどの宿泊代金、新幹線やJRやバスのチケット購入も対象。飛行機を使わない旅行商品でもポイントは3倍になります(一部除外品あり)。

他にもカード入会で3,000ポイント(3000マイル相当)、毎年のカード継続ごとに1,000ポイント(1000マイル相当)のボーナスポイントがあります。
加えて入会後1年以内に対象航空会社の航空券を日本国内で購入すると5,000ポイント(5,000マイル相当)も付与されます!

通常、5,000ポイントもらうには50万円(100円で1ポイント)の買物が必要と考えると、どれだけおトクなプレゼントなのか実感できます。
入会した年に1回でも「ファーストフライト・ボーナスポイント」クリアすれば8000マイルがプレゼントされるので、ANAの国内特典航空券の片道はラクに入手できます。

無期限ポイントはANAなど15社のマイルに交換可能

貯めたポイントは無期限で失効の心配がないので、ゆっくりとポイントを貯めて好きなタイミングでマイルに交換ができるのもスカイ・トラベラーの魅力。
それも世界の航空会社15社のマイルに移行できるのです。
残念ながらJALマイルは対象外ですが、世界のエアライン15社のマイルに移行して特典航空券を手に入れることが可能です。
目的地や発着時間などの選択肢が増えるので、特典航空券を利用した旅の計画も練りやすくなりますよ。

●スカイ・トラベラーのポイントをマイル交換できる航空会社15社
ANA(全日空)、シンガポール航空、スカンジナビア航空、タイ国際航空、アリタリア航空、エールフランス/KLM航空、チャイナエアライン、デルタ航空、カタール航空、キャセイパシフィック航空、フィンランド航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、ヴァージンアトランティック航空、エティハド航空、エミレーツ航空
※2019年10月時点の提携航空会社。

スカイ・トラベラーなら手数料なしでどの航空会社のマイルでも「1000ポイント⇒1000マイル」のレートで移行できます。
ただしANAのマイルに交換する場合のみ、年5,500円の「メンバーシップ・リワード ANAコース」に登録が必要で、年間80,000ポイントの交換上限があります(他の航空会社は上限なし)。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード」の詳細

●年会費 11,000円/家族カード5,500円
●カード利用 100円で1ポイント
●ポイント還元率 1.0%
●ポイント無期限
●メンバーシップ・リワード・プラス 無料
●ボーナスポイント 入会時3,000ポイント、毎年継続時1,000ポイント
●ETC年会費無料 家族カードも無料 ※発行手数料は935円
●国際ブランドAMEX(アメックス)
●交換可能マイル ANA、スカンジナビア航空、エールフランス/KLM航空、
ブリティッシュ・エアウェイズなど全15社
※入会資格は20歳以上で、本人に安定した継続的な収入のある方

「スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード」は高めの年会費以上のおトクが満載

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(以下SPGアメックス)」は40社を越える世界の航空会社のマイルに交換できる「マリオットボンヴォイ(Marriott Bonvoy)ポイント」が貯まるクレカです。
入会で「マリオットボンヴォイ・ゴールドエリート会員」の資格が得られ、「いつもの旅行を特別なものにしてくれる」旅行特化型カードとしても人気を集めています。

「マリオットボンヴォイ」とは世界規模の高級ホテルチェーン「スターウッドプリファードゲスト(SPG)」「マリオットリワード」「ザ・リッツ・カールトン・リワード」の3つが統合し2019年2月に誕生した新しいホテルプログラム。3つの巨大ホテルグループブランドを合わせて29ブランド、世界130の国と地域、6,700軒を超えるホテルが参加する世界最大のホテルプログラムです。
日本でもシェラトンやヒルトン、マリオットやリッツカールトン、セントレジスなどがあります。
SPGアメックス会員になるとマリオットボンヴォイに参加しているホテルの様々なプログラムや特典、割引を利用することができ、利用額に応じてマリオットボンヴォイポイントを貯めることができます。

ポイントは実質無期限。高還元率だからでドンドン貯まる

SPGアメックスの利用で貯まったポイントは、その後24カ月間に1度もポイント獲得や交換がなかった場合は失効。でもその間に1度でも利用すれば、そのつど有効期限が延びるので、定期的に利用することで無期限にできます。
とはいえ、ポイントを貯めてマイルを獲得するためにはカードを利用しないと意味はありませんし、SPGアメックスは「ポイントが貯まりやすく、ポイントをマイルに交換しやすいクレカ」なのです!

通常、ショッピングなどのカード利用でも100円=3ポイントと高還元率。マリオットボンヴォイ・ロイヤルティプログラム参加ホテルでの利用では100円につき6ポイントとアップします。

さらに入会特典として「マリオットボンヴォイ・ゴールドエリート」の資格が自動付帯されているので、ロイヤルティプログラム参加ホテルでの利用の際は1ドルに付き12.5ポイントに!
なんと合わせて25%アップのポイントを貯めることができます。

さらに入会ボーナスポイントとして、入会後3カ月以内に10万円以上利用の条件付きながら、30,000ポイント付与されるのもうれしいところ。
3カ月で10万円ならけっして難しい話ではありませんよね。

ポイントで40以上の航空会社の特典航空券を狙え!

ホテル利用やカードショッピングで獲得したポイントは、ANAやJALをはじめアメリカンエアライン、ブリティッシュ・エアウェイズ、ユナイテッド航空、エアーフランス/KLM、アリタリア航空、アシアナ航空など40を超える世界の主要提携航空会社のマイレージプログラムへマイルとして移行できます。

1回の手続きで60,000ポイント移行でき、その都度15,000ボーナスポイントが付いて、その合計がマイルに移行されます。

移行レートはANAやJALを含めてほとんどのマイレージプログラムで
「3ポイント=1マイル」です。
ANAやJAL、ユナイテッドなど各航空会社が発行しているカードで貯めたマイルは、それぞれ自社や所属しているアライアンスの航空会社の特典航空券にしか交換できません。
SPGアメックスならアライアンスの枠を超えた幅広い選択肢の中でポイントの移行先を決めることができるので、より希望通りの特典航空券を手に入れることができるようになるでしょう。

年会費は高いながら、カード利用でマイルがどんどん貯まり、数々の特典サービスが付いているSPGカード。上手に活用すれば、世界中のホテルの無料宿泊券と好きなエアラインの特典航空券で、年会費以上の贅沢で優雅な旅を実現できます!

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード」の詳細


●年会費 年会費34,100円/家族カード15,500円
●カード利用 100円で3ポイント
●ポイント還元率 3.0%
●ポイント実質無期限
●ボーナスポイント 入会ボーナスポイント(入会後3カ月月以内に10万円以上の利用で30,000ポイント)毎年継続時1,000ポイント
●継続ボーナスプレゼント 毎年1回、Marriott Bonvoy参加ホテルでの1泊無料宿泊特典(50,000ポイント相当)
●交換可能マイル ANAやJALをはじめ世界の主要航空会社
●Marriott Bonvoyゴールドエリート会員資格が自動付帯 ※家族カードはなし
●ETC年会費無料 家族カードも無料 ※発行手数料は935円
●国際ブランドAMEX(アメックス)
※入会資格は20歳以上で、本人に安定した継続的な収入のある方
※申し込みには事前にMarriott Bonvoy会員番号が必要

まとめ

いかがでしたか?
残念ながら海外航空会社の一部マイレージクラブを除き、基本的にマイルには有効期限があります。でもマイルに交換する前のポイントを無期限で貯めることは可能です。ポイントをプールしておいて好きなタイミングでマイルに移行すれば、実質無期限でマイルが利用できるのです。
そのためにも大切なのがクレジットカード選び。年会費やマイルの還元率、旅関係の特典なども参考に、自分のライフスタイルに合ったクレカを手に入れましょう。カードを賢く活用してマイルはドンドン貯めて、特典航空券との交換を目指してください!

PAGE TOP