クレジットカード

楽天カードにコンタクトレス(タッチ決済)が登場!Visa、マスターカードが対応。JCBは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2020年4月1日より、楽天カードがコンタクトレス決済(タッチ決済)に対応しました。Visaとマスターカードの2ブランドなら、レジでピッとタッチするだけで簡単に決済できるようになります。

そこでコンタクトレス決済(タッチ決済)のメリットやデメリット、すでに楽天カードをお持ちの方がコンタクトレス決済可能なカードに切り替える方法を解説します。

毎回暗証番号を入力する手間を省きつつ、安全にカードで買い物をしたい方には、コンタクトレス決済がとてもおすすめです。ぜひ参考にしてくださいね。

目次

楽天カードのコンタクトレス(タッチ決済、非接触型決済)とは?Visa・マスターカードは対応、JCBは非対応

コンタクトレス決済とは、クレジットカードを店舗レジにある非接触型リーダーにかざすだけで、代金の決済が完了する仕組みのことです。
タッチ決済や非接触型決済、NFC(近距離無線通信)など、カードブランドやメディアなどで呼び方が異なりますが、すべて同じ意味だと思ってください。

Visaやマスターカードのコンタクトレス決済は、最近になってCMや広告でよく見るようになった印象がありますが、実は世界的にすでに普及していました。

ではなぜ日本で使えなかったのでしょうか?それは日本でFelicaという独自の電子決済規格がすでに使われており、専用のカードリーダーが普及していたので、世界的に使用されているVisaやマスターカードのタッチ決済を使える規格には対応していなかったからだそうです。

しかし近年インバウンドが活発になったことから、Felica以外の電子決済にも対応できるリーダーが導入され始め、Visaやマスターカードのコンタクトレス決済も利用できるようになったというわけです。

今回楽天カードでは、Visaとマスターカードブランドに限りコンタクトレス決済ができるようにしました。
JCB・アメックスのカードブランドを使用している場合は、残念ながら非対応となっています。

楽天カードでコンタクトレス決済(タッチ決済)を使う4つのメリット

コンタクトレス決済を利用するメリットは主に4点あります。この機会に整理しておきましょう。

①暗証番号やサインなしでスピーディーに決済できる

コンタクトレス決済のメリットといえば、この「スピーディーな決済」が一番大きいでしょう。

店舗レジでクレジットカードを利用するときには、基本的に暗証番号を入力するかサインをする必要があります。
その手間が面倒で、他のキャッシュレス決済手段に移行した人もいるようです。

しかし他の電子決済手段でも、専用アプリを開いて画面を見せるか、アプリ上でボタンをスワイプする作業が発生します。
結局何かの一手間が必要になることは、クレカの暗証番号やサインと変わりないのです。

ところがコンタクトレス決済なら、レジでカードリーダーにピッとかざすだけで支払いが完了します。
カードを一枚だけ持ち歩けば、スピーディーに買い物を済ませられる。そんな便利な日常を実現できるサービスなのです。

②カードを手渡す必要がなくスキミングなど不正利用を防止できる

クレジットカードは便利な反面、店頭のカードリーダーにクレカを通して行われるスキミングや、店員によるカード番号の不正利用なども少数ですが発生していました。

しかしコンタクトレス決済ならカードを店員に手渡す必要がないので、これらの被害に遭いにくくなります。

また最近の社会情勢的に、他者と触れないようにしている人も多いはず。
タッチ決済なら現金やクレカを店員とやり取りする必要がないので、衛生的にも安心できますよ。

③海外でもコンタクトレス決済(タッチ決済)できる

これまで日本のクレジットカードやデビットカードに採用されるのはFelicaが多かったので、海外でコンタクトレス決済できるカードは限られていました。

しかし今後は楽天カードを海外に持っていけば、Visaやマスターカードに対応する海外店舗でタッチ決済できるようになります。
コミュニケーションに不安がある人ほど、支払いを簡単に済ませられるのは大きなメリットでしょう。

④コンタクトレス決済でもキャッシュレス還元を受けられる

2019年10月より期間限定で実施されている、キャッシュレス還元キャンペーン。
コンタクトレス決済もこのキャッシュレス還元の対象になりますので、支払額の2%もしくは5%が還元されます。

楽天カードのポイント還元と合わせると、最低でも3%もしくは6%もお得になります。この機会にクレカを活用していきたいですね。

楽天カードでコンタクトレス決済(タッチ決済)を使うデメリットは2つ

一方でコンタクトレス決済にもデメリットや注意点があります。この内容を知った上でカードを利用すると安心ですよ。

①カードを落としたら不正利用される可能性がある

万が一あなたがコンタクトレス決済可能なクレジットカードを落とした場合、拾った人に簡単に不正利用される危険性があります。

その対策として現在実施されているのは、カード利用額に上限を設けることです。
一定金額を超えると暗証番号やサインが必要になるようにして、多額の金銭被害に遭うリスクを下げています。

もしカードの不正利用をされた場合には、各カード会社が用意している補償を受けられます。
カードを紛失したら、すぐにカード会社に連絡して指示を仰ぐといいでしょう。

②一定金額以上は暗証番号やサインが必要になる

上記の通りセキュリティ上の都合から、コンタクトレス決済には一度に利用できる金額に上限が設けられています。
楽天カードでは、国内・海外問わず一定金額を超える買い物で暗証番号やサインが必要です。

※2020年4月27日現在、楽天カードのホームページには、一定金額としか明記されておりませんが、visaブランドでは一定金額(原則1万円)となっています。

楽天カードのコンタクトレス(タッチ決済)の使い方、使える店


店舗レジにこのようなマークがついていれば、楽天カードのコンタクトレス決済が使用できます。Visaブランド・マスターカードブランドとも、タッチ決済できる店舗は徐々に増加しているようです。

また楽天カードをApple Payに登録しておくと、Apple Payの使える店舗でもタッチ決済ができるようになります。Apple PayはiDやQUICPay、Suicaが使える店舗レジで利用できますので、さらに活躍の場が広がりますよ。

楽天カードのVisa・マスターカードでコンタクトレス決済(タッチ決済)が使える店舗

楽天カードのVisaもしくはマスターカードブランドでタッチ決済ができる店舗を紹介します。今後取り扱いが増えていけば、さらに便利になりますね。

【楽天カードでコンタクトレス決済が使える店舗例】
・コンビニエンスストア:ローソン
・百貨店、小売店、スーパー:京王百貨店、文教堂、TSUTAYA、エブリイ、PLANT
・飲食店:マクドナルド、すき家、はま寿司、ぐるなびPay
・ショッピングモール:表参道ヒルズ、クリスタ長堀、丸ビル、新丸ビル
・交通機関:関西国際空港(KIX)、ジャパンタクシー

詳しくはこちらの公式サイトも参考にしてください。
ご利用可能な店舗(Visa)
Mastercard®タッチ決済がご利用いただける加盟店例(Mastercard®)

楽天カード・Apple Payでコンタクトレス決済(タッチ決済)が使える店舗

楽天カードを登録したApple Payのタッチ決済が利用できる店舗の例はこちらです。

【Apple Payでコンタクトレス決済が使える店舗例】
・コンビニエンスストア:セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ
・小売店、スーパー:蔦屋書店・TSUTAYA、ココカラファイン、マツモトキヨシ、イオン、アピタ・ピアゴ、Joshin
・家電量販店:コジマ、エディオン、ビッグカメラ
・飲食店:マクドナルド、すき家
・ショッピングモール:表参道ヒルズ、クリスタ長堀、丸ビル、新丸ビル
・交通系:日本交通

iDやQUICPay、Suicaが使える店舗ならどこでも利用できますので、実際にはさらに多くの場所でタッチ決済できますよ。

(Apple Pay)ここまで便利な払い方を、ここまで多くの場所で。

コンタクトレス決済(タッチ決済)機能付きの楽天カードを手に入れる方法

コンタクトレス決済ができる楽天カードを入手する方法を、まだ楽天カードを持っていない場合、すでに持っている場合に分けて説明します。

楽天カードをまだ持っていない場合

2020年4月1日以降に新規で楽天カードに申し込み、Visaもしくはマスターカードブランドを選べば、コンタクトレス決済機能つきのカードが作成できます。間違えてJCBやアメックスブランドを選択しないよう注意してくださいね。

すでに楽天カードを持っている場合

いま持っている楽天カードを作り直せば、コンタクトレス決済機能を搭載することができます。2020年4月1日以降に、会員ページ「楽天e-NAVI」の「カードの作り直し」より申し込んでください。

もし楽天カードの家族カードを作り直したいときは、楽天e-NAVIでは手続きできないそうですので、本カード会員から楽天カードコンタクトセンターへ電話しましょう。

なおカードを作り直すための手数料はかかりません。通常のカード再発行には手数料がかかるので良心的ですね。

コンタクトレス機能付き楽天カードは6種

この機会に新規で楽天カードを作成するのも手です。その際には、コンタクトレス機能がついている以下の6種類の中から選んでみてください。

楽天カード


最もベーシックな楽天カードは、年会費永年無料で日常使いしやすいカードです。ポイント還元率は1%で、100円の利用につき1ポイントが貯まります。さらに楽天市場での買い物で+1〜2%、楽天トラベルなどの関連サービスで+1%以上など、ポイントアップしやすいのも特徴です。

楽天カードはセキュリティ面も充実しており、ネット不正あんしん制度やカード盗難保険の基本的な補償サービスも付帯しています。

カードフェイスはシンプルなシルバーデザインだけでなく、かわいいディズニーデザインや個性的なお買い物パンダデザインなども選べるので、好きなデザインカードを持ち歩けますよ。

楽天PINKカード


楽天PINKカードは楽天カードの基本機能はそのままに、女性に嬉しいカスタマイズ特典をつけた年会費永年無料のカードです。カスタマイズ特典の内容は、楽天トラベルや楽天ブックスなどで割引を受けられる楽天グループ優待サービス、街中の飲食店や映画館、育児サービスなどを割安に利用できるライフスタイル応援サービス、手頃な保険料で加入できる女性のための保険プランの3点。楽天カードをメインで使う方が活用しやすい特典になっています。

楽天ゴールドカード


楽天ゴールドカードは、ゴールドカードとしては格安の年会費2200円(税込)で利用できます。ポイント還元率は基本の1%に加えて、楽天市場の利用なら最大で5%までポイントアップが可能です。

さらに国内空港や一部の海外空港のラウンジが年2回まで無料で利用できたり、審査結果にもよりますが利用可能額が最大200万円にアップしたりと、通常の楽天カードよりも使い勝手が向上しています。

楽天プレミアムカード


楽天プレミアムカードは年会費11000円(税込)で作成できる、ゴールドカードよりさらに1ランク上のカードです。世界148カ国・1300ヶ所以上の空港ラウンジが利用できる「プライオリティ・パス」が利用でき、中でもランクの高いプレステージ会員と同等のサービスが受けられます。

もしこのプライオリティ・パスを使う権利を取得するために他のカードを作った場合、アメックスのゴールドカードだと年会費31900円(税込)がかかります。相対的に見て楽天プレミアムカードの手軽さが分かります。

他にもニューヨークやパリ、ホノルルなど世界38拠点のサービスデスクが利用できたり、海外・国内旅行傷害保険で最高5000万円まで補償されたりと、楽天ブランド1の手厚いサービスを受けられるのがメリットです。

楽天ANAマイレージクラブカード


ANAで空の旅を楽しみたい人におすすめなのが、楽天ANAマイレージクラブカード。楽天カードの基本機能にANAマイレージ機能を追加しています。年会費は初年度無料、それ以降も年に一度以上利用すれば無料で利用できます。

ポイントプログラムは、カード利用額100円につき1楽天ポイントが貯まる「楽天スーパーコース」と、200円につき1マイルが貯まる「ANAマイルコース」の選択制です。申込後でもWEBから簡単にコース変更ができるので、ライフスタイルに合わせてポイントを貯めることができますね。

ANA国内線での空港カウンターの搭乗手続きが不要な「スキップサービス」にも対応しているほか、海外旅行傷害保険も付帯されています。

楽天アカデミーカード


18歳から28歳までの学生限定で作成できるのが、楽天アカデミーカードです。年会費は永年無料で利用できます。

楽天アカデミーカードの大きな魅力は、学生向けの特別なポイントプログラムです。入会特典として2000ポイント、カード利用特典として3000ポイント、さらに条件を満たせば楽天市場利用特典として555ポイントが獲得できます。実質5000円分以上がもらえるなんてお得すぎるでしょう。

他にも楽天ブックスでのポイントアップや、楽天トラベルでのポイントアップとクーポン配布など、学業やプライベートで使える特典が満載。卒業後は更新手続きなしで楽天カードが届きます。学生生活から社会人スタート時までサポートしてくれるカードです。

楽天カードでコンタクトレス(タッチ決済)が可能に。Visa・マスターカードでスピーディーで安全な買い物を!

2020年4月より、Visaブランド・マスターカードブランドの楽天カードを作成すれば、コンタクトレス決済が利用できるようになりました。すでに楽天カードを持っている場合は、楽天e-NAVIから作り直しを依頼すれば、無料で対応してもらえます。

タッチ決済は店頭でのスピーディーかつ安全な買い物を実現してくれる、便利な機能です。まだ楽天カードを持っていない方は、この機会に好みの楽天カードを作成してこの便利さを体感してみてはどうでしょうか。

PAGE TOP