クレジットカード

長いGWでお財布が空っぽ!使いすぎで月末のお金が足りない!を事前に回避する9つのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

GWが10連休となったこともあり、使いすぎで月末のお金が足りない!と焦る学生や社会人、主婦や主夫の方もいるかもしれません。

GWの間は銀行などの金融機関もすべて休業となり、ATMは稼働していますが、お金が足りなくてクレジットカード払いを選ぶケースも考えられます。

そのため、後ほど請求される金額が想定以上となることも。

ここでは、いますぐ目の前の支払いを何とかする6つの方法と、使いすぎてお金が足りなくなる前に、事前に回避する3つのコツを紹介していきます。

1いますぐ支払いを何とかしたい!お金が足りない時の速攻対処法6

今月の支払いをどうすればよい? 支払い期限が迫っている!

そんな切羽詰まった状態でお金が足りない時の6つの対処法を紹介します。

①クレジットカードのリボ払い設定をする

クレジットカードの「リボ払い」を設定することで、月々の支払い金額を調整して負担を軽減します。

例えばセブンプラス・カード(JCB/VISA)のリボ払いサービス「支払い名人」に登録した方には、もれなく300ポイント(300円相当)がプレゼントされるキャンペーンを実施中です。

仮に5月中に「支払い名人」に登録し、支払金額を30,000円に設定した場合、30,000円を超えた金額に関しては、7月以降の支払いとなります。

とりあえず急場をこの形でしのぐことにして、支払い金額の締切日である6月10日以降に、リボ払い設定を解除すると良いでしょう。

②生命保険の積立から借り入れをする(契約者貸付制度)

「契約者貸付制度」は、終身保険や学資保険、養老保険などの生命保険に加入している方が対象となる方法です。

銀行などの金融機関よりも低い金利で借り入れすることができます。

まずは契約中の生命保険に「解約返戻金(解約払戻金)」が存在することを、契約書より確認してください。

③定期預金があれば崩す

すでに定期預金口座をお持ちの方で、まとまった金額が口座に入っているようであれば、窓口で手続きをして、定期預金から用意するやり方もあります。

その際には、通帳と印鑑、運転免許証などの本人確認証明書を持参しましょう。

④不用品の販売

フリマアプリなどを利用して、不用品を販売してお小遣いを稼ぐやり方です。

ブランド物のバッグやアクセサリーなどがあるようなら、買取業者に無料査定してもらうのも良いかもしれません。

⑤キャッシング

クレジットカードやカードローンなどから、キャッシングをする方法です。

貸金業法が適用されるため、金利は年15%~20%、年収の1/3以内が借り入れの限度となります。

キャッシングをする場合には、貸金業法に登録した会社からにしてください。この記事の後半で紹介しています。

⑥周囲から借りる

家族や友人などからお金を借りて当座の補填をします。

きちんと返済しないと人間関係に影響が出るので注意しましょう。ちなみに借用書は、メモ用紙でも法的に有効な書類となります。

2.いつも財布はギリギリの状態!回避するためにどうすればいいの?

給料日前などにギリギリの生活状態を回避することを目的とした、これからお金を使いすぎないための3つのコツを紹介します。

①財形貯蓄や定期預金への自動振替

お金を貯める方法として、もっとも簡単なものは、給料から天引きされるシステムを作ることです。

企業の財形貯蓄や定期預金への自動振替がおすすめと言えるでしょう。

普通預金口座 ・生活費
・携帯電話料金などの公共料金
・食費、交際費など
定期預金口座 月々1万円~を普通預金口座から自動振替
財形貯蓄 月々1万円~を給与から天引き

定期預金や財形貯蓄は、普通預金のようにキャッシュカードで引き出すことができません。

仮に月給が20万円だったとしますと、財形貯蓄もしくは定期預金に1万円を差し引いた金額の19万円でやりくりをしていくということです。

ボーナスは20%ほどを貯蓄に回します。ボーナスが30万円の場合には、6万円を定期預金口座に入金するのがおすすめです。

クレジットカードの支払いを前倒しするのに使うのも良いでしょう。特にリボ払いを選択している場合には効果的です。

残額が減る→返済回数が少なくなる→完済に近づく流れにつながります。

②交際費の設定

続いて、月々の交際費の設定です。

会社の同僚や趣味の仲間などとの飲み会や食事会は、相応の金額がかかります。かといって、毎回毎回断るのも非現実的です。

例えば、毎月の交際費を5万円と決めて、それ以上は使えないルールにします。

必然的に、飲み会などの優先順位を考慮するようになるため、流されるままお付き合いをする回数が減少するでしょう。

余った分は翌月の交際費に上乗せしても良いかもしれません。

③レシートに目を通す習慣をつける

コンビニエンスストアのレジカウンターにて、レシートを捨てるための箱が用意されているケースが見受けられます。

それだけレシートを受け取らない人が多いことの証明です。

レシートには、何の品物をいくらの金額で購入したか?ということが記載されています。このレシートの金額、案外間違っていることが少なくありません。場合によっては本来の金額よりも多い金額を支払っている可能性が存在します。

もちろん頻繁に起こるわけではありませんが、レシートを逐一確認する習慣があれば、その場で返金してもらうことが可能です。

まずはレシートに目を通す習慣をつけることから始めてみましょう。次にレシートを家に持ち帰って、財布から出してチェックしてから捨てる流れが作れると完璧です。

慣れてくると、クレジットカードや携帯電話料金などの料金明細も、無意識レベルで確認するようになります。

3.社会的に信用度の高い消費者金融4社を五十音順で紹介!

ここからは、社会的に信用度の高い消費者金融4社を、五十音順で紹介します。

アイフル

東証一部上場企業のアイフルは、スマホやパソコンから24時間、キャッシングの申し込みができるのが特徴です。

カードを作成しなくても、スマホアプリとセブン銀行ATMによる借入や返済ができます。

基本は即日審査のため、お急ぎの際、特に重宝するでしょう。公式サイトの「1秒診断」から事前にチェックすることも可能です。審査は最短30分で完了します。

契約時にカードレスの選択や、口座振替の登録をすることで、自宅などへの郵送物もありません。

アイフルの「キャッシングローン」を選択した場合、最大30日間金利「0円」となります。

金利は年3.0%~18.0%。仮に10万円を月々1万円ずつ返済した場合、1年で完済です。(支払総額109,160円)

アコム

三菱UFJファイナンシャルグループのアコムは、初めてのキャッシングの方を対象とした、「30日間金利0円サービス」を提供中です。

借入をした翌日から30日以内に全額返済した場合、元金のみで金利が1円もかかりません。31日目からは、年3.0%~18.0%の金利が適用されます。

10万円のキャッシングに対しては年18.0%の金利です。

アコムでは、パソコンやスマートフォンから24時間申し込みができます。

借入や返済も、ローソンやセブン銀行のATMなどから行うことが可能です。

プロミス

SMBCグループのプロミスでは、メールアドレスの登録とWEB明細を選択した初めて利用する方のために、「30日間無利息サービス」を実施しています。

プロミスは30日以内の返済であれば、複数回の借入があっても無利息のままです。

スマホやパソコンから会員専用ページにログインすることで、借入や返済の手続きができるようになっています。

三井住友銀行のATMであれば、振込手数料や時間外手数料が発生しません。金利は年4.5%~17.8%です。

モビット

三井住友銀行グループのモビットでは、最短30分の審査完了を上回る「最速ルート」での申し込み方法が用意されています。

公式サイトから「カード申込」をタップ。必要事項に入力後、コールセンターに連絡。

指定の手続きが済みましたら、最短3分にて普段使用している銀行のキャッシュカードでキャッシングができるようになります。

モビットの金利は年3.0%~18.0%です。

お手持ちのスマホに「モビットアプリ」をインストールすることで、最寄りのセブン銀行にて借入や返済が24時間いつでもできます。

おわりに

ここまで、「いますぐお金を何とかしたい6つの対処法」と、「お金が足りないケースを回避するための3つのコツ」を紹介してきました。

人生は一寸先は闇と言われています。最悪の事態を想定しつつ、準備をしておくことが大切です。

お手持ちのスマホで正しい情報を得ることを心がけてください。

カード絞り込み検索

記事検索

カード検索

カード絞り込み検索

新着記事

PAGE TOP