クレジットカード

HIS旅行代金はクレジットカードで手軽にお得にお支払い!おすすめのクレジットカード3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

HIS(エイチ・アイ・エス)ではクレジットカードでの支払いが手軽でお得です。
旅行代金の支払いは比較的高額になるケースも少なくありません。
そのため、実質的な支払いを先送りできてポイントも貯まるクレジットカードは、強い味方となることでしょう。
しかも分割払いにすることも可能です。

ここでは、HISでのクレジットカードの支払いにて得られる5つのメリットと、おすすめのクレジットカードを3つ選んで紹介します。

HISでクレジットカードは使える?それとも使えない?⇒使えます!

HIS(エイチ・アイ・エス)では、クレジットカードによる旅行代金の支払いに対応しています。HISで使えるクレジットカードは、VISAとMasterCard、JCBとアメリカン・エキスプレス、そしてダイナースクラブです。提携ブランドのカードも含まれますので、日本国内のクレジットカードのほとんどが使用できます。

支払い方法


HISのクレジットカードによる旅行代金の支払いは、以下の手順で行います。
予約の際に入力したメールアドレス宛に、「ご請求のご案内」メールが届きます。

メール本文を下にスクロールしていき、「クレジットカード決済のご案内」に記載されてあるURLをタップ。

「お支払い情報」をきちんと確認してから、クレジットカード情報を入力します。お手持ちのカードの提携ブランドを選び、カード番号(16桁など)と有効期限(月/年)、カードの名義(所有者の氏名)と支払回数、そしてカードの裏面に記載されているセキュリティーコード(3桁など)を入力もしくは選択します。支払回数は、一括払いと分割払いとリボ払いから選ぶことが可能です。

決済(旅行代金の支払い)の内容をすべて確認しましたら、「上記の内容で決済する」をタップ。

支払いが完了しました。後ほど「ご入金完了メール」が登録したメールアドレス宛に届きます。

クレジットカード支払い時の注意点

HISでクレジットカード支払いの際に注意することは、カードの利用限度額の確認です。特に海外旅行の場合、訪れる国や地域にもよりますが、数十万円の旅行費用となる可能性があります。

現時点での利用限度額の確認後、若干不足しているようなら、カード会社に増額の申し込みをしておくのもひとつのやり方です。アメリカン・エキスプレスの場合には、デポジットにて事前に入金しておく増額方法もあります。

HISで使える電子マネーとスマホ決済アプリ

HISでは、コンビニ決済を選択することで、電子マネーでの支払いも可能です。事務手数料5%が上乗せされた金額(旅行代金)となります。電子マネーと対応店舗を表にしました。

電子マネー/スマホ決済アプリ 対応店舗
WAON(ワオン) ミニストップ
nanaco(ナナコ) セブンイレブン
PayPay(ペイペイ) HIS店舗

またHIS店舗のみではありますが、スマホ決済アプリPayPayが利用できます。

クレジットカードでHISの旅行代金を支払う5つのメリット

ここからは、クレジットカードでHISの旅行代金を支払5つのメリットを紹介します。

旅行代金の割引が受けられる

クレジットカードの中には、レストランやホテルなどの宿泊施設と提携しているものも少なくありません。ほとんどの場合、飲食費の割引やドリンクのサービス、宿泊費の割引などが用意されています。

ポイントが貯まる

クレジットカードでHISの旅行代金を支払う一番のメリットは、ポイントが貯まることです。そもそも現金での支払いではポイントが発生しません。貯まったポイントはギフトカードやマイルなどに交換することができます。旅行費用によっては、ポイントをお土産代に充てることも可能です。

旅行代金の支払いを先送りすることができる

クレジットカードでHISの旅行代金を支払った場合、実際には30日から60日後の口座引き落とし日まで、支払いのタイミングを先送りすることになります。そのため、決済時に多額の現金を用意する必要がありません。

様々な支払い方法が選択できる

HISではクレジットカードの支払い方法として、一括払いと分割払い、そしてリボ払いが用意されています。旅行費用は数十万円単位となるケースもあることから、分割払いなどにすることで、負担を軽減することにつながるでしょう。

旅行保険などが利用できる

クレジットカードには、旅行傷害保険やショッピング保険などがセットになっているものもあります。盗難や紛失、カードの不正利用に遭った際に補償される保険も。自動付帯はカードを所有しているだけで適用される保険です。一方、利用付帯は、交通費や宿泊費などをカードで支払うことが条件となります。詳しくはお手持ちのカードの利用規約をチェックしてください。

HISの旅行代金の支払いにおすすめのクレジットカード3選

ここからは、HISの旅行費用の支払いにおすすめのクレジットカードとして、次の3つを選んで紹介します。

・エポスカード
・楽天ANAマイレージクラブカード
・アメリカン・エキスプレスカード

エポスカード

エポスカードは入会金無料、年会費永年無料のクレジットカードです。国際提携ブランドはVISA。「Fate/stay night」や「新テニスの王子様」、「銀魂」や「プリキュア」などのカードデザインも用意されています。

エポスカードは、200円(税込)ごとの利用につき1ポイント(還元率0.5%)を付与。「たまるマーケット」を経由することでHISでの3倍(1.5%)をはじめ、2倍(1%)から30倍(15%)のポイントアップのチャンスがあります。

ハワイやタイや台湾では、ショッピングや飲食店の割引などのお得な特典も。最大500万円補償の海外旅行傷害保険も自動付帯。旅行前の一時的な増額にも対応しています。

楽天ANAマイレージクラブカード

楽天ANAマイレージクラブカードは、初年度の年会費無料、2年目以降は500円(税抜)の年会費で所有できるクレジットカードです。年に1回以上の利用にて、翌年度の年会費が無料となります。国際提携ブランドはJCBとVISAとMasterCardです。

楽天ANAマイレージクラブカードのポイント還元率は1%。ANAマイレージモールの経由後、楽天市場でのショッピングにて、200円につき1ANAマイルと2楽天スーパーポイントを同時に受け取ることが可能です。

最大で2000万円が補償される海外旅行傷害保険(利用付帯)や、ハワイ・ワイキキの「楽天カードラウンジ」の無料利用もできるようになっています。

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カードは、年会費12,000円(税抜)で持つことができるクレジットカードです。ポイントは100円ごとに1ポイント(還元率1%)。メンバーシップ・リワード・プラス(年会費3,000円・税抜)への登録で、1000ポイント=1000ANAマイルに交換できます。

「HISアメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク」より、日本国内や国外のパッケージツアーなどの予約が可能です。最大5000万円補償の海外旅行傷害保険や、羽田空港などの29ヶ所の空港ラウンジが無料で利用できる特典があります。

おわりに

ここまで、HISで使えるクレジットカードの種類や支払い方法、クレジットカード支払いの5つのメリットや、おすすめのカード3選を紹介してきました。今回取り上げた3つのカードとHISとの組み合わせで、海外や国内の旅行を存分に楽しんでください。

カード絞り込み検索

記事検索

カード検索

カード絞り込み検索

新着記事

PAGE TOP