三菱UFJデビット

国内でも海外でも三菱UFJデビット!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
三菱UFJデビット
ポイントサービス名 利用金額の0.2%を自動でキャッシュバック
ポイント最大還元率 最大0.5%
年会費(初年度) 無料
年会費(二年目以降) 無料
対応電子マネー

三菱UFJデビットは15歳から利用可能!15歳~23歳まで年会費無料も見逃せない

三菱UFJデビットでは、中学生を除く満15歳以上からデビットカードを発行できます。

例えば、お子様の海外留学や修学旅行で海外に行かれる際、現金を大量に持ち歩くリスクを減らすメリットもありますし、銀行口座内のお金しか利用できないため無駄遣いをするリスクもなくなります。

また、世界約4,000万ヶ所、利用できるVisaブランドですから海外だけでなく日本国内でも学生に限らず卒業して社会人になってからも活用します。

そして何より、15歳~23歳(※)まで年会費無料で利用できるのも魅力の1つです。
※中学生は除く
※初年度およびカード有効期限月の翌月1日時点で23歳以下の方

2019年7月1日~2020年6月30日までの新規入会者は年会費無料(カード有効期間5年間)!

7月より年会費が無料(カード有効期間5年間)になっております!

ネックになっていた年会費を考えず、カードを発行することができます。
※優遇対象となる入会期間(2019年7月1日~2020年6月30日)や年会費の無料期間(カード有効期間5年間)は継続する可能性があります。
※5年後に年会費が発生する場合は、カード更改事前通知状でお知らせ予定です。

家族カードやETCカードは発行不可能ですが、あなた自身で利用する分には非常に便利なデビットカードです。

三菱UFJデビットのキャッシュバック率は最大0.4%!

三菱UFJデビットは、利用金額よりポイント還元ではなく「キャッシュバック」になります。

通常キャッシュバック率は「0.2%」と控えめですが、下図を見るとその考えも一変します!

まず入会後3ヶ月間は、常に「0.4%」の還元率です。

もちろん、3ヶ月間を過ぎても「前年1年間の利用金額」「誕生月」を組み合わせることで0.4%のキャッシュバックを実現できます。

ポイント還元と異なり、わざわざポイントをアイテムや電子マネーなどに交換する手間がなく、自動的にキャッシュバックされますので、ポイントよりも現金派の方には打ってつけのサービスです。

ショッピング保険&不正利用時の補償が付帯する

三菱UFJデビットは、デビットカードながら「保険」が充実しているのも魅力的です。

例えば「ショッピング保険」を見ていくと、三菱UFJデビットで購入した商品が破損・盗難により被害が出た時、年間100万円を限度に購入日より60日間補償します

(ただし1事故あたり自己負担額5,000円徴収されます)

また、第三者があなたのデビットカードを不正利用した際に生じた損害も補償されるのです。

三菱UFJデビットのカスタマーセンターに問い合わせた日より、60日前までさかのぼり、年間100万円まで補償してくれます。

デビットカードながら、ショッピング保険や不正利用時の補償が付いているのは、さすがメガバンクのデビットカードと言えます。

三菱UFJデビットは海外ATMで現地通貨を引き出せる

海外でも利用できる三菱UFJデビットは、急に現金が必要になった時も安心です。

理由として、海外ATMよりあなたの銀行口座に入っている日本円を現地通貨に交換して引き出せるからです。

これにより、わざわざ両替屋を探す手間もなくなりますし、ATMは公共交通機関や主要スポットに多く見られますのでいつでも現地通貨を引き出せます。

(引き出し可能な海外ATMは「VISA」または「PLUS」のマークがあるATMです)

ただし、所定のレート(Visaの定める為替レート+海外事務手数料(取引金額の3.05%))が日本円から現地通貨に変換し、引き出した際に発生します。
また1回の利用につき海外ATM手数料(100円/回(税抜))が徴収されます。
(海外ATMによっては利用手数料も徴収されます)

「海外ATMで〇〇ドルだけ引き出したのに、余計なお金が徴収されている…。もしかしてだまされたかな?」

と思わないよう、海外ATM利用時は上記の金額が別途、発生することを覚えておきましょう。

口座管理もバッチリ!三菱UFJデビットの便利なサービスとは?

各サービス利用時にメールを送信|お知らせメールサービス

三菱UFJデビットでは、利用するごとに「VISAデビット会員専用web」に利用履歴が掲載されていきます。

とは言え、利用するごとにページを開くのは面倒ですよね?

でしたら「お知らせメールサービス」を活用してみましょう。

このサービスでは、例えばショッピング利用時、海外ATM引き出し時、または年会費や公共料金支払いなど、各種支払いや引き出しが発生した時にあなたのメールアドレスに「利用確認」を伝えるメールが送信されるのです。

これなら、わざわざwebページを開く必要はありませんし、自分が利用したことのないショッピングのメールが届いた場合、迅速にデビットカード停止と補償の連絡を行えます。

アプリで口座管理ができる

三菱UFJデビットでは、利用履歴や口座残高が一目で分かる「スマートフォンアプリ」を用意しています。

My Moneyアプリと呼ばれるアプリを起動すると、図のように利用履歴や口座残高を瞬時に確認できますので、使いすぎや口座残高不足で、レジ前で恥をかくこともなくなります。

便利なアプリを入れておくことをおすすめしますよ。

三菱UFJデビットのデメリットは?

三菱UFJデビットのデメリットは「年会費」「キャッシュバック率の低さ」そして「クレジットカードとの比較」この3点にあります。

三菱UFJデビット、実は23歳(※)までは無料ですが24歳以降は年会費「1,000円(税抜)」発生します。
※初年度およびカード有効期限月の翌月1日時点で23歳以下の方

とは言え、年間10万円以上利用すれば年会費を無料にできますが、そこまで利用しない方にとってはデメリットと言えるでしょう。

そしてキャッシュバック率も、0.4%を常に保っていれば良いですが、通常のキャッシュバック率0.2%は低いです。

ポイント還元率が素晴らしい楽天銀行デビットカード(JCB)なら、100円=1ポイント、その上貯まったポイントを加盟店や楽天市場で1ポイント=1円で利用できますので、どうしても見劣りします。

また、同じ三菱UFJ銀行発行のカードでも、クレジットカードと比較すると、ステータス性や機能性で見劣りするのも否めません。

ただ、上記が気にならない場合は、特にデメリットとも感じないデビットカードの中で優秀な1枚となることでしょう。

まとめ

最後になりますが、三菱UFJデビットはメガバンクが発行するデビットカードながら、キャッシュバック率最大0.5%、その上各種保険を付帯している優秀なデビットカードです。

確かに同社が発行しているクレジットカードと比べれば、機能性やサービス面で見劣りしますが、デビットカードと考えれば、これほど優れた1枚はなかなか見られません。

あなたが、ポイントではなくキャッシュバックを求め、なおかつ充実した保険を求めるなら三菱UFJデビットがおすすめですよ。

三菱UFJデビットの概要

ポイントサービス名 利用金額の0.2%を自動でキャッシュバック
ポイント最大還元率 最大0.5%
年会費(初年度) 無料
年会費(二年目以降) 無料
対応電子マネー
利用限度額 口座残高範囲内
最短発行日
ショッピング保険 年間100万円(免責1事故5千円)
紛失盗難補償制度 紛失・盗難の届け日を含め60日前にさかのぼり規定に基づいて補償
申込資格 15歳以上(中学生除く)
その他サービス ●不正利用補償 ●最大0.5%まで自動キャッシュバック

記事検索

カード検索

カード絞り込み検索

FPコラム

アンケート調査

PAGE TOP