電子マネー

メルペイが満を持して登場!メルカリ売上金が使えるメルペイの仕組みは?使い方は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フリマアプリ「メルカリ」がなんと!競合ひしめくキャッシュレス決済でサービスをスタートしました。

その名も「メルペイ」です。

メルペイはメルカリアプリがあれば誰でも使える手軽さと、売上金をそのまま決済に使える利便性を確保。

加えてdocomoが提供する「iD」と連携することで、iD対応の店舗、例えばコンビニや飲食店、更には百貨店やデパート等、幅広いスポットで使えます

手軽さと利便性を兼ね備えたメルペイは今後、キャッシュレス決済の台風の目となる存在かもしれません。

そこで、あなたにメルペイの仕組みや使い方を解説すると共に、メルペイが使える店舗やメリット等を幅広く紹介します。

既にメルカリを使っている方、またはこれから利用を検討している方どちらも、見逃せない内容ですよ。

メルカリがキャッシュレス決済に参入!メルペイ払いの仕組みは?チャージ方法は?

メルカリの売り上げでショッピングが楽しめる!メルペイの仕組みとは?


メルカリが提供するメルペイは、メルカリアプリを利用した決済サービスです。

メルカリの売上金をメルペイで使える「ポイント」に交換することで、メルペイ決済ができる店舗やサービスで利用可能。

もちろん、交換したポイントでメルカリ内の商品も購入できますので極端な話、スマホ1台あればメルカリの出品や購入、実店舗の決済まで対応できます。

使いこなせば、重たい財布を持たずスマホ1台で生活するキャッシュレス生活も夢ではありません。

メルペイ×銀行口座の連携が可能|ポイント購入無しでチャージできます


メルペイは、メルカリの売上金をポイント交換する方法の他に、銀行口座の連携が可能です。

銀行口座に連携させることで、わざわざメルカリの売上金をポイント交換することなくそのまま使えますし、たとえ売上金がなくとも「銀行口座」から直接チャージできます。

登録方法は下記の手順に沿って行えばOKです!

1.メルペイの画面から「お支払い用銀行口座の登録」を選択

2.次に「銀行口座を登録する」を選択し、登録したい銀行を選びましたら「同意して次へ」をタップ

3.「銀行口座の登録」画面で必要情報を入力すると、各銀行サイトへ移動するので所定の登録を済ませます

4.最後に、メルカリアプリのパスコード入力画面にて4桁の数字のパスコードを設定すれば完了

登録できる銀行は、三菱UFJ銀行や三井住友銀行と言ったメガバンクを始め、各地方銀行にも対応しています。

その上、銀行口座を登録すれば売上金の「180日間の振込申請期限(有効期限)」が無くなり、ゆうちょ銀行を除く登録可能な銀行口座への出金も1営業日で完了します。

もし、メルカリの売上金が無い場合は銀行口座を登録して、口座から直接チャージしましょう。
※最低チャージ金額は1,000円です。
※1日の上限チャージは20万円まで。既に100万円のチャージがされているとチャージはできません。

メルペイはクレジットカード&デビットカードの登録は可能?


メルペイを使う際、ポイントへ交換、またはメルペイに対応した銀行口座を登録することで利用できます。

では、他のキャッシュレス決済で利用される「クレジットカード」または銀行が発行する「デビットカード」も登録できるか?

答えはNOです。

メルペイは現時点でクレジットカード、そしてデビットカードの登録は不可能で、メルカリの売上金をポイント交換、または銀行口座からのチャージのみですので気を付けましょう。

メルペイ支払いで味わえるキャッシュレス決済のメリットとは?

メルカリ売上金&銀行口座で始められる!メルペイはクレカ無しでも使えます


メルペイのメリットは、メルカリアプリをダウンロードすれば誰でも簡単に始められることです。

メルカリをダウンロードし初期設定を済ませることで始められる手軽さ、そしてクレジットカードが無くても銀行口座や売上金があれば良いので、焦ってクレカを作る必要もありません。

他のキャッシュレス決済を見ると、初期設定の時点で面倒なやり取りや登録の難しさ。

中にはクレジットカードしか対応していないものもあり、人によってハードルが高くなり結果、始める前にリタイアする方もいます。

その点、メルペイはキャッシュレス決済が初めての方でもとっつきやすいサービスですので、あなたもすぐに慣れますよ。

2019年4月23日15時!売上金・メルペイ残高の振り込み申請ルールが変更!

ルール変更後に申請を行う際は、メルカリアプリを最新バージョンにアップデートする必要あり。

アップデートのタイミングもルール変更と同じ2019年4月23日15時以降の予定。ただし、アップデートのタイミングは3~5日ずれる可能性もあります。

変更前 変更後
通常振込 210円 200円
お急ぎ振込 410円 400円
振込申請ルール ※申請金額が10,000円以上の場合、振込手数料がかかりません
※211円以上の売上金(またはメルペイ残高)があれば振込申請が可能
※申請金額が10,000円以上の場合も振込手数料がかかる
※201円以上の売上金(またはメルペイ残高)があれば振込申請が可能 

 

Android&iPhoneどちらも利用可能|ユーザーを選ばないキャッシュレス決済


メルペイのもう1つのメリットは、AndroidやiPhoneを選ばず、どちらにも対応していることです。

昨今、続々と登場する便利なスマートフォンアプリを試してみたい!そう思っても、自分が使うスマホに対応していなければ使えません。

かと言って、機種変更するのは費用がかかりますので泣く泣く諦めてしまう方も見られます。

一方メルペイは、AndroidやiPhoneどちらにも対応しますので機種変更する手間がありませんし、登録料や手数料も発生せず無料で使えます。

どちらの機種にも対応しているのも、メルペイのメリットと言えます。

メルペイの将来性に期待!?今後のキャンペーンや特典は見逃しNG


メルペイを含めたキャッシュレス決済、例えばPayPayや楽天Pay等はスタート時はそこまで注目されていないサービスでした。

しかし、それらのサービスが一気に注目を集めたのがキャンペーンや利用特典です。

PayPayであれば100億円キャンペーンや、楽天Payならポイント還元率10%キャンペーンと言った魅力的なものばかりでした。

あくまでも予想ですが、メルペイも更なる利用者獲得のためにお得なキャンペーンや利用特典を設けるのではと考えています。

もしスタートした時に慌てないよう常日頃、メルペイをチェックして備えておきましょう。

メルペイ払いはコンビニ&飲食店で大活躍!iD決済対応の加盟店でも使えます

メルペイは数店舗だけしか使えない…と言うことは一切ありません!

セブンイレブンやファミリーマート等の大手コンビニチェーンやマクドナルド。更にすき屋・ガスト、かっぱ寿司と言った飲食店も利用できます。

またメルペイは、docomoが提供する「iD」に対応しますので、店頭にiDマークがあればメルペイも利用できます

メルペイ以上にiD決済は広く普及しているため、たとえメルペイが使えない店舗でも、もしかしたらiD決済に対応しているかもしれませんよ。

メルペイを実店舗で使いたい!使い方や決済方法を解説

メルペイ利用前に要チェック!チャージは完了してる?ポイント移行はOK?


メルペイを実店舗で利用する前に、まずはチャージが完了しているか売上金をポイントに移行できているかを確認しましょう。

また、メルカリアプリをただ単にダウンロードしてもメルペイは利用できませんので、必ず初期設定や銀行口座からチャージするなら口座登録を行いましょう。

いざメルペイを使おうとしても、ポイントや金額がチャージされていないと決済できませんので事前確認は必須ですよ。

実店舗でメルペイを使う|使い方&決済方法、店員さんに伝える言葉とは?


準備が整いましたら早速、店頭でメルペイを使いましょう。

使い方は下記の手順に沿って進めばOKです!

1.初めに、利用を考えている店舗がメルペイに対応しているか確認しましょう。もし対応していない場合、iDマークを探しましょう。

2.メルペイマーク、iDマークどちらかの確認がとれましたら、商品を選んでレジへ向かいます。

3.メルカリアプリを開き「メルペイ」をクリックし、電子マネー(iD)を開くをタップします。

4.画面が移動しますので「パスコードで支払う」をタップし、パスコードを入力しましょう。

5.「リーダーにかざしてください」の表示が出ましたら、店頭にある専用端末にかざせば決済完了です。

このように進めていけば、店頭でメルペイによる支払いができます。

ただ、メルペイをスムーズに利用するなら知名度のある「iD支払いでお願いします」と伝えた方が良いでしょう。

メルペイが新サービス&協力タッグを組む!?今後予定されるサービスは?


メルペイは今後、2つのサービスを展開予定です。

1.メルカリ内の後払いシステムを2019年春に「メルペイあと払い」変更予定。

2.メルカリ×LINE Payがタッグを組み、2019年夏頃にLINE Payが利用できる店舗でメルペイも利用できる予定です。

メルペイあと払いサービスは今まで、メルカリ内でしかできなかった後払いを今後、実店舗でも可能にするサービスです。

後払いシステムの中身、例えば後払いに使える金額や後払いのために審査はあるのか?等の内容は不明ではありますが、クレジットカードとは違った後払いサービスは画期的と言えます。

また、LINE Payと協力関係を結びましたので今後、LINE Payが利用できる店舗でもメルペイが使えますので更に、使える店舗が大幅に増えます。

今後もメルペイは、サービスを拡大していくと思われますので目が離せません!

まとめ

最後になりますが、メルペイは後発のキャッシュレスサービスですがiDやLINE Pay等、様々なサービスと協力関係を結び、使える店舗を増加しています。

その上、登録方法や使い方も複雑ではなく、メルカリアプリをダウンロードして初期設定さえ完了すれば誰でも利用できます。

加えて、売上金の他に銀行口座を登録すればチャージもできますので、クレジットカードやデビットカードを持っていない方も手軽に始めらるのもメリットです。

今後どのようにメルペイがサービスを拡大するのか?また、他のキャッシュレス決済にない画期的なサービスをスタートするのか?メルペイの動きに注目しましょう。

カード絞り込み検索

記事検索

カード検索

カード絞り込み検索

FPコラム

アンケート調査

PAGE TOP