ライフカードビジネスライト/ETCカード

【ETCカード】ライフカードビジネスライトのメリットデメリットと詳細&申し込み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ライフカードビジネスライト/ETCカード
年会費(初年度) 無料
年会費(二年目以降) 無料
ETC年会費(初年度) 無料
ETC年会費(二年目以降) 無料


ライフカードビジネスライト/ETCカードは、年会費無料で1枚まで作成することが可能です。

ETCカードを持つことで、高速道路のETCゲートをスムーズに通過できるため、料金所で行列を作る必要もありません。

ETCカードの利用料金は、ライフカードビジネスライトの月々の支払いにひとまとめされるため、経費管理を一元化します。
自動車での営業や外回りが多い方にとって、必須のアイテムと言えるでしょう。

ETCマイレージ

ライフカードビジネスライト/ETCカードが手元に届いたら、「ETCマイレージサービス」に登録することをおすすめします。
ETCマイレージは、高速道路の通行料金に応じて付与されるポイントです。

道路事業者 ETCマイレージ
NEXCO東日本
NEXCO西日本
NEXCO中日本
宮城県道路公社
本州四国連絡高速道路株式会社
通行料金10円ごとに1ポイント
神戸市道路公社 通行料金50円につき3ポイント
※月額利用料金に応じたボーナスポイントが別途加算
名古屋高速道路公社
愛知県道路公社
広島高速道路公社
福岡北九州高速道路公社
通行料金100円ごとに1ポイント
※月額利用料金に応じたボーナスポイントが別途加算

貯まったETCマイレージは、高速道路の無料通行分に充てることができるようになっています。
道路事業者ごとの還元レートを、次の表にまとめてみました。

道路事業者 無料通行分還元レート
NEXCO東日本
NEXCO西日本
NEXCO中日本
宮城県道路公社
本州四国連絡高速道路株式会社
1,000ポイント=500円相当
3,000ポイント=2,500円相当
5,000ポイント=5,000円相当
神戸市道路公社 200ポイント=100円相当
名古屋高速道路公社
愛知県道路公社
広島高速道路公社
福岡北九州高速道路公社
100ポイント=100円相当

ライフカードビジネスライトを持っている方がETCカードを作る場合

すでにライフカードビジネスライトを持っている方が、ETCカードを作る方法は以下のとおりです。

・ライフカードビジネスライトを手元に用意
⇒会員専用サイト「LIFE-Web Desk」にログイン
⇒ETCカードの申し込み手続きページに進みます
⇒名前や住所などの必要事項を入力
⇒ライフカードビジネスライトのカード番号や有効期限などを入力
⇒入力内容に間違いがなければ送信
⇒登録した住所宛にETCカードが届きます

ライフカードビジネスライトを持っていない方がETCカードを作る場合

ライフカードビジネスライトを持っていない方がETCカードをカードを持つためには、ライフカードビジネスライトと同時にETCカードを申し込む必要があります。

ライフカードビジネスライトは年会費無料の法人クレジットカードです。
法人経営者や個人事業主はもちろんのこと、フリーランスや副業で一定以上の収入のあるサラリーマンなどの方も申し込むことができます。

ETCカードの利用料金も、ライフカードビジネスライトの月々の支払いとまとめられるため、経費の管理が容易となるメリットが得られるでしょう。
確定申告や決算書の作成にも役立ちます。
特に起業したての経営者やフリーランスにおすすめのカードです。

ライフカードビジネスライト/ETCカードの概要

年会費(初年度) 無料
年会費(二年目以降) 無料
ETC年会費(初年度) 無料
ETC年会費(二年目以降) 無料
利用限度額 規定による
キャッシング限度額 なし
ショッピング限度額 10万円~200万円
最短発行日 4営業日
紛失盗難補償制度 紛失・盗難の届け日を含め60日前にさかのぼり規定に基づいて補償
申込資格 法人代表者または個人事業主
その他サービス 従業員カード3枚まで発行可能/ MasterCard優待サービス/ Visa優待サービス/ クラウド会計ソフトfreee(フリー)優待特典/ 弁護士無料相談サービス/ カーシェアリング「タイムズカープラス」/ 福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」/ 海外アシスタンスサービス「LIFE DESK」/ 旅行サービス「リロの旅デスク」/

PAGE TOP