マイル

e JALポイントの貯め方とお得な活用術 ~メリットとデメリットも解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

JALマイルを貯める目的は国内線や国際線の特典航空券!という人が多いと思います。でもなかなか旅行の機会がなかったり、マイルと交換したいモノが決まらず、
「せっかく貯めたマイルなのに有効期限がきてしまいそう……」
なんて事があるかもしれません。そんな時のマイル活用法としておすすめしたいのがe JALポイントへの交換です。

今回はe JALポイントのマイルからの交換方法や有効期限などの基礎知識、活用法、特典航空券への交換と比べてのメリット・デメリットについて、JALマイラーとして、知っていて絶対に“損なし”の情報をお届けします。

e JALポイントとは?

「e JALポイント」は、簡単に言うとJALホームページでの航空券やツアー購入代金の一部、または全額の支払いに利用できるポイントのこと。
1ポイント=1円相当として利用ができて、ほぼ現金と同じように使える 電子マネーのようなものです。

e JALポイントの貯め方はJALマイルからの交換が基本

e JALポイントの基本的な貯め方は、JALマイルから交換です。
交換レートは

5,000マイル=5,000ポイント(5,000円相当)
10,000マイル=15,000ポイント(15,000円相当)

5,000マイル以上5,000マイル単位で交換することができます。
一度に10,000マイルをe JALポイントに交換した場合は、1.5倍になるので、10,000マイル貯められそうなら、5,000マイルで交換するより、 10,000マイルまとめて交換するほうが断然お得です。

またJALホームページから、JALが提携する保険商品の契約や更新でe JALポイントを貯めることもできます。
海外旅行保険、自動車保険、火災保険、医療保険、がん保険、生命保険、ゴルファー保険、自転車向け保険、ペット保険など色々あります。

e JALポイントを貯めるために保険に入るというのは、あまり現実的ではありませんが、例えば海外旅行前でちょうど旅行保険をかけなければいけないと思っていたり、何か新たに保険契約を考えているという場合は、ぜひチェックしてみてください。

JALマイルからe JALポイントへの交換方法と注意点

JALマイルのe JALポイントへの交換は、JALホームページまたはJALモバイルサイトで行います。
1. JALマイレージバンクにログイン
2. マイルを使うから→ e JALポイント特典を選択
3. 必要事項を記入
と、とても簡単。
交換は即時に反映されるので、すぐにポイントを使って航空券などの決済ができます。

JALマイルをe JALポイントに交換するときの注意点は以下の2点。
1. 通常少なくとも5,000マイルが必要
2. 10,000JALマイルならe JALポイント15,000円相当と交換レートが1.5倍になるので、お得に交換するには10,000マイル貯める必要がある

e JALポイントの有効期限は延長可能で実質無期限にできる!

e JALポイントの有効期限は、マイルから交換を行った日の1年後の同月末ですが、じつは交換するたびに有効期間が伸びます
そして注目すべきは、その際の交換で獲たポイントだけでなく、保有するe JALポイントの残高すべてが最新の有効期限となることです。

例えば2019年8月1日にマイルからe JALポインに交換すると、有効期限は2020年8月31日。
次に、2020年7月15日に特典交換を行った場合、有効なe JALポイント残高すべての有効期限が2021年7月30日まで延長されます。
つまり年1回、マイルからe JALポイントへの交換を行えば、その時、保有する全てのe JALポイントの期限が延長!  実質的に有効期限を無期限にできるのです。

有効期間を気にすることなく使っていけるのは、e JALポイントの大きなメリットといえます。

注意点!
2018年まではキャンペーンや保険の加入などでe JALポイントの加算があれば、e JALポイントの期限が全て更新されました。
しかし2019年からは、ポイント残高全ての有効期限の更新は、JALマイルからの交換の場合のみとなりました。
※各種キャンペーンで付与されるポイントについては、キャンペーン毎に有効期限が定められています。

e JALポイントの使い方と注意点

e JALポイントはJALホームページでの支払いに使えます。使い道は大きくわけると以下の3つです。

1. JAL国内線・国際線航空券
2. JALパックツアー(国内・海外)
3. JAL国際線特典航空券に含まれる税金・燃油サーチャージ

国内線や国際線の航空券の購入に使えます

JALのホームページ経由での予約に限り、e JALポイントを使って航空券の予約・購入ができます。代金の支払いのときに「e JALポイントを使う」を選択するだけと簡単です。
対象航空券はJALグループ国内線航空券とJAL国際線航空券で、先得など割引運賃のチケットにも使えます!
ただし予約できるのはJMB会員本人のみ利用できるのはJMB会員本人、会員の配偶者と2親等以内の親族です。

出典:JALマイレージバンク

★JAL国内線代金に利用時の注意点

1. JALグループ搭乗区間のみ利用可能
2. JALビジネスきっぷ、おともdeマイル割引、eビジネス6での利用は不可。
3. e JALポイントでの支払いは10円単位。
4. 購入金額に対してe JALポイントが足りない場合の差額は、クレジットカードでの支払いができますが、コンビニ支払い、ATM支払い、インターネット振込との併用はできません。

★JAL国際線代金に利用時の注意点

1. 日本発の航空券が対象で海外発のものには利用不可。ただし日本発着がJAL国際線であれば他社区間も含めて利用できます。
2. 購入した航空券はJALグループ以外の他航空会社への変更不可。
3. 購入する国際線航空券に含まれる税金、燃料税の支払いにも使えます。
4. e JALポイントでの支払いは1円単位。
5. 購入金額に対してe JALポイントが足りない場合の差額は、クレジットカードでの支払いが可能。コンビニ支払い、ATM支払い、インターネット振込との併用はできません。
6. 利用できるのはログインしている会員本人のe JALポイントのみで、同行者がいる場合も、e JALポイントは会員本人の航空券分から優先的に自動充当。

JALの国内外パックツアーの購入に使えます

JALのホームページからの予約・購入に限り、国内外JALパックツアー代金にe JALポイントを使うことができます。
1. 国内外のJALパックツアー
2. 国内JALダイナミックパケッケージ(海外は利用不可)
3. マイルツアー

JALダイナミックパッケージは、旅行スタイルに合わせて往復航空便と宿泊施設を組み合わせ、好きな行程を作ることができる自由度の高いツアー。
e JALポイントは国内ツアーでは使えますが、残念ながら海外行きのダイナミックパッケージには使えません

マイルツアーは手持ちのマイルをe JALポイントに換えて購入しやすいように、10,000JALマイル(15,000e JALポイント=15,000円相当)単位で基本販売価格を設定したツアーです。

★JALパックツアー代金に利用時の注意点

1. JAL海外ダイナミックパッケージ、J-TAP商品、ジャルパック海外e-ホテル、割引キャンペーン商品は利用不可。
2. e JALポイントでの支払いは1円単位。
3. 不足分はクレジットカードとの併用が可能。コンビニ払い、ATM払い込み、インターネット振り込みとの併用は不可です。
4. 国内・海外のJALツアーでe JALポイントを使用できるのはJMB会員本人(ツアー申込み代表者)と会員の配偶者、二親等以内のみ。会員本人(代表者)のツアー参加が必須です(国内JALダイナミックパッケージを除く)。
5. 同じ予約で複数会員のe JALポイントの合算はできません。

燃油サーチャージなどの支払いにも使えます

海外行きの航空券は料金にプラスして燃油サーチャージが必要ですが、e JALポイントに関しては以下のようになっています。
○ 購入する国際線航空券の燃油サーチャージ代金には使用できます
× 国際線特典航空券手配時の税金・燃油チャージ代金には利用できません

⇒ 詳しくはJALホームページのe JALポイントお取り扱い詳細および注意事項をご確認ください。

e JALポイントのメリットと活用方法

ここまでのおさらいも兼ねて、JALマイルとの比較でe JALポイントのメリットをまとめてみましょう。

e JALポイントのメリット・ベスト4
1. 有効期限は延長可能で実質無期限にできる
2. 5,000マイルから交換でき、1ポイント1円で利用ができる
3. ポイントの払い戻しができる
4. JALマイルやフライオンポイント(ステータスを決めるポイント)が加算される

有効期限は延長可能!実質無限に延長できます

マイルの有効期限は36カ月で延長不可
せっかく貯めたマイルも、その間に使わなければ悲しいことに無効になってしまいます。
でもマイルを年1回、e JALポイントに移行すれば、e JALポイントの有効期限として1年延長できます。

有効期限が迫っているJALマイルがあるのに、多忙でフライトの予定が組めずに使い切れない場合は、とりあえずe JALポイントに交換して有効期限を1年延ばし、その間に旅行の計画をたてて航空券やツアーの代金として使うというのはマイルの賢い活用法のひとつです。

ちなみにe JALポイントは有効期限内に支払いを完了すれば、搭乗日(ツアー出発日)が有効期限後でも大丈夫。
e JALポイントの有効期限が2019年9月6日→9月1日に航空券を予約決済すれば、搭乗日が2019年9月6日以降でも問題ありません。

5,000マイルから交換でき、1ポイント1円で利用ができます

マイルの場合は必要マイル数を満たさないと利用することができませんが、e JALポイントはお金と同様に1ポイント=1円単位(国内航空券では10ポイント=10円単位)で利用できます。
またポイントを全て使っても購入代金に満たない場合、不足分はクレジットカードで支払えばよいので、マイルに比べると使い勝手は数段いいと言えます。

ポイントの払い戻しも可能

e JALポイントを使って購入した航空券・ツアーなどをキャンセルした時は、ポイントの払い戻しができます(マイルの場合も払い戻し可能)。
航空券やツアーのキャンセルには通常、所定の手数料が発生しますが、まずはe JALポイントを優先的に充当。手数料を引いたポイントが払い戻されます。

例えば、15,000円の航空券を全額e JALポイント(15,000ポイント)で決済後、キャンセル→キャンセル料が4,000円の場合は4,000e JALポイントが充当されて、残り11,000e JALポイントは戻ってきます。

30.000円の航空券を5,000e JALポイント(5,000円相当)+クレジットカード払い(25,000円)で購入後、キャンセル→6,000円のキャンセル料が発生した場合は5,000円分のe JALポイントと1,000円のクレジット払いで決済され、クレジットカード払いの24,000円は返金されます。

JALマイルやフライオンポイントが加算されます

e JALポイントで購入した航空券は、JALマイルとフライオンポイントが加算されます。
特典航空券はマイルやフライオンポイントの加算はないのでので、この点は大きな違いのひとつです。

フライオンポイントは、JALマイレージ会員の中でのステータスを決めるためのポイント。
50,000ポイント以上貯めると「JALグローバルクラブ」と呼ばれる上級会員に加入することができます。上級会員になるとラウンジの利用や優先チェックインなどさまざまな特典があります。

e JALポイントのデメリット

もちろん、e JALポイントにもデメリットもあります
1.  e JALポイントはマイルに戻せない
2.  e JALポイントが使えないものやサービスがある

e JALポイントはマイルに戻せません

JALマイルからe JALポイントへの交換したマイルは、e JALポイントが未使用でも再びマイルへ戻すことはできません。
交換には基本的に5,000JALマイルという、けっして少なくないマイルを使うことになるので、「取りあえずマイルの延命に」と考えず、計画性をもって交換するようにしましょう。

e JALポイントにも使用制限があります

使い方でも書きましたが、e JALポイントを航空券やツアーの購入に使う際には利用制限があります。

使えないもの
1. 国内線航空券=JALビジネスきっぷ、おともdeマイル割引、eビジネス6での利用はできません。
2. 国際線航空券=日本発の航空券が対象。海外発のものには利用できません(日本発着がJAL国際線であれば他社区間も含めて利用可)。
3. ツアー=海外行きのダイナミックパッケージには利用できません。
4. 税金・燃油特別付加運賃の支払い= 特典航空券では利用できません(e JALポイント利用も含む購入する航空券の場合は使用可)。

使用者に関しては
1. 航空券(国内線、国際線)の予約ができるのは、e JALポイントを使うJMB会員本人と会員の配偶者や二親等以内の親族に限定され、友人や恋人の分は不可。
2.  国内・海外のJALツアーでe JALポイントを使用できるのはJMB会員本人(ツアー申込み代表者)と会員の配偶者、二親等以内のみ。会員本人(代表者)のツアー参加が必須です(国内JALダイナミックパッケージを除く)。

e JALポイントのお得な活用術

JALマイルの使い方をお得度で考えてみると、やはり特典航空券がいちばん。ただし特典航空券には様々な制約があります。
一番のネックは特典航空券の予約座席数には制限があるので、予約したい便に空席があっても、特典航空券では予約が取れない場合があるということです。
とくに人気路線・人気クラス・人気シーズンは競争率がより高くなってしまいます。
そんな時にe JALポイントが活躍! e JALポイントは現金と同等扱いなので、特典航空券分の空席がなくても、座席数が多い普通の航空券分に空席があれば購入することができます。座席のグレードも自由に選べます。

またe JALポイントは航空券以外にも、ホテルと航空券がセットになったJALパックツアーにも使えるので、ホテル代としても利用できることにもなります。

e JALポイントとJALマイルどっちがお得? 特典航空券との比較で検証!

航空券は曜日や時間帯によって料金が大きく変わるので、単純には比較はできませんが、座席に余裕がある早期に先得運賃など予約すると安く購入できます。

安い運賃の航空券を予約すれば、JALマイルを特典航空券にするより、JALポイントに交換して航空券を買う方がお得になるケースが増えるので、結果的に特典航空券よりもe JALポイントを活用した方がお得な場合もけっこうあります。

特典航空券よりも少ないマイルで利用可能なケースもある!

東京〜沖縄で特典航空券とe JALポイントで比較してみましょう。

特典航空券の予約は2か月前から前日までなので、早い段階だと予約できませんが、東京⇔沖縄の特典航空券に必要なマイル数はレギュラーシーズンなので往復で15,000マイル。

15,000マイルをe JALポイントに交換すれば20,000e JALポイント(20,000円相当)になるので、東京⇔那覇の往復が20,000円未満ならe JALポイントのほうがお得になります。

2019年9月の羽田⇔沖縄線は先得運賃(55日前)だと往復で17,400円~なので、マイルを特典航空券として使うより、e JALポイントにして使う方が最大2,600円お得になるのです。
さらに航空券購入の場合は往復で1,466JALマイルが加算されます。

またホテルと航空券は、別取りするより一緒に取ったほうが価格的にもお得なケースが多いので、宿泊を伴う旅行であれば特典航空券よりもe JALポイントを使ったパックツアーにするのもおすすめです。

e JALポイントを活用するためにはJALカードを!

e JALポイントの原資となるJALマイルを貯めるならJALカードは必携。
なぜなら、JALカードは保有しているだけでJALマイルを貯められる要素が多々あるからです。
JALカードなら、クレジット使用額によるマイル以外にフライトボーナス、継続ボーナス、アドオンマイルなど、航空券購入での利用でザクザクとJALマイルがたまる仕組みがあります。
航空券を一般発売前に先行予約できるにもうれしいところです。

JMB会員の先得運賃での予約開始日は、2019年9月9日までは半期に1回(1月、8月)でしたが、2019年9月10日以降は、すべての運賃・特典航空券(一部除外もあり)も搭乗日の330日前の午前9:30から予約できるようになります!

また、e JALポイントの活用にあたっても、JALカードを保有しているとより一層便利。
たとえば、JALマイルからe JALポイントへの交換は、通常最低5,000マイルからですが、JALカード会員(クレジットカード)限定で3,000マイル から交換できるキャンペーンをたびたび実施!

他にもキャンペーンやアンケートの回答などでe JALポイントをGETすることができるので、JALのホームページやお知らせは要チェックです。

★現在開催中のJALカード会員対象のキャンペーン

「3,000マイル=3,000e JALポイント(3,000円相当)」から、3,000マイル単位で交換できるキャンペーンを実施しています。
より小口でe JALポイントに交換できるので、有効期限が迫ったJALマイルが3,000マイルから5,000マイルという人はチャンスです!
※2020年3月31日まで

おすすめカード① JALカード普通

初めてのJALカードならスタンダードタイプの普通カードがおすすめ。年会費は2,000円(税抜 ※初年度は年会費無料!)と手頃ながら、JALカード共通の多様な特典を受けることができます。「日常でのカード決済を中心にJALマイルを貯めたい」「できる限りお得にJALマイルを貯めたい」という人におすすめのカードです。

〈JAL普通カードスペック〉

年会費 2,160円(初年度無料)
JALマイル還元率 0.5%
入会後搭乗ボーナスマイル 1,000マイル
毎年初回搭乗ボーナスマイル 1,000マイル
海外旅行保険 最大1,000万円
JAL機内販売割引 10%オフ
JALパックの割引 最大5%オフ

おすすめカード② JAL CLUB-A

JAL CLUB-Aカードは、一般カードとゴールドカードのカテゴリーの間にあるカードです。入会後搭乗ボーナスマイルや毎年初回搭乗ボーナスマイル、フライトボーナスマイルなどはゴールドカードと同等で、JAL便の利用で効率的にJALマイルを貯めることができます。
普通カードに比べて、旅行保険が充実。JALビジネスクラス・チェックインカウンターを利用ができるのは、JAL便に乗る機会がある人にはうれしいポイントです。また毎年秋にJALオリジナルカレンダーの送付があり、不要の場合は500 e JALポイントもらえます(既に保有しているe JALポイントの期限更新はできません)。

〈JAL CLUB-Aカードのスペック〉

年会費 10,800円
JALマイル還元率 0.5%
入会後搭乗ボーナスマイル 5,000マイル
毎年初回搭乗ボーナスマイル 2,000マイル
フライトボーナスマイル +25%
海外旅行保険 最高5,000万円
JAL機内販売割引 10%オフ
JALパックの割引 最大5%オフ
空港ラウンジ 国内主要空港+ハワイの利用可

おすすめカード③ JAL CLUB-Aゴールドカード

JAL CLUB-A ゴールドカードは、普段のショッピングでもJAL便利用時でも効率的にJALマイルを貯められる魅力的なカード。
入会後搭乗ボーナスマイルや毎年初回搭乗ボーナスマイル、フライトボーナスマイルなど、JAL便搭乗で効率的にJALマイルを貯まるのに加えて、クレジットカードでのお買い物で貯まるマイル数が2倍になるショッピングマイルプレミアム(通常年会費3,240円)に無料で自動加入しています。国内の空港ラウンジ利用や旅行保険も充実。JALオリジナルカレンダーの送付も、もちろんあるので、それを500 e JALポイントに換えられます(既に保有しているe JALポイントの期限更新はできません)。

〈JAL CLUB-Aゴールドカード〉

年会費 17,280円
(SuicaとAMEXは20,520円、ダイナース:30,240円)
JALマイル還元率 1.0%
入会後搭乗ボーナスマイル 5,000マイル
毎年初回搭乗ボーナスマイル 2,000マイル
フライトボーナスマイル +25%
海外旅行保険 最高5,000万円~1億円
JAL機内販売割引 10%オフ
JALパックの割引 最大5%オフ
空港ラウンジ 国内主要空港+ハワイの利用可

まとめ

JALマイルをe JALポイントに交換するおすすめのタイミングは以下の3つ。
1. JALマイルの有効期限36カ月 が切れそうなとき
2. 特典航空券の空席がなくて予約が取れないとき
3. 飛行機搭乗でJALマイルやフライオンポイントを貯めたいとき

使い道が幅広く自由度が高いe JALポイントは、その貯め方や使い方を知れば、とても便利なマイル活用法。マイル以上にお得な使い道もあります。
e JALポイントはJALマイルの交換で獲得するのが基本なので、そのためにもまずはJALマイルが効率よく貯まるカードを手に入れて、上手に賢くマイルを貯めることです。そしてe JALポイントを活用して旅をどんどん楽しんでください。

カード絞り込み検索

記事検索

カード検索

カード絞り込み検索

新着記事

PAGE TOP