ANA VISA Suicaカード

飛行機も電車もショッピングもこの1枚!ANA VISA Suicaカード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ANA VISA Suicaカード
ポイントサービス名 1,000円=1ワールドポイント
年会費(初年度) 無料
年会費(二年目以降) 2,000円
ETC年会費(初年度) 年に1回以上利用で無料(利用無しで500円/税別)

ANAカード&Suica機能が付帯したANA VISA Suicaカード登場!


ANAマイルを貯めやすい「ANAカード」と電子マネー「Suica」が一緒になった「ANA VISA Suicaカード」が登場しました!
クレジット機能とANAマイレージ、そしてSuicaの合計3種類の機能を兼ね備えた便利なカード、果たしてどのようなサービスや特典を持っているのでしょうか。
これより1つずつ詳しく解説しますので、最後まで見逃せませんよ!

ANA VISA Suicaカードでポイント&ANAマイルが貯まる!


ANA VISA Suicaカードは、ショッピングやレストラン、公共料金と言った各種支払いでポイントが貯まります。
「1,000円=1ポイント」でポイントが貯まり、貯まったポイントは後ほどアイテムやギフトカード、各種電子マネーに交換可能です。
ですが、ANAカードの機能を備えていますのでポイント交換でしたら「ANAマイル」への交換がおすすめ!
「1ポイント=5マイル」で交換できますし、更に交換したマイルを「ANAスカイコイン」へ交換することも可能です。
もちろん、強制的にマイルへ交換されませんので「今月はマイルに交換、翌月は〇〇に交換しようかな」と言うことも可能なのが嬉しいポイントです。
ちなみに「マイル以外のアイテムに興味がない!」方向けに手数料無料で利用できる「自動移行コース」が用意されています。
もし、マイルへの交換が面倒と感じるなら、自動で「1ポイント=5マイル」に交換できる自動移行コースをおすすめします。

ANAマイルを大いに貯めたい!希望を叶える10マイルコースを用意


「1ポイント=5マイルでは物足りない!もっと貯められる方法はないかな?」
と思ったそこのあなた!
実はANA VISA Suicaカードで「10マイルコース」と言う、マイルを大量に貯めたい方必見のコースを用意しています。
年間手数料「6,000円+税」が発生するものの、通常の2倍でマイルが貯まりますので「1ポイント=10マイル」に還元率がアップするのです。
例えば、下記のようにクレジットカードで月々の支払いをすると、どれだけマイルが貯まるのでしょうか。
●月々5万円の場合
・1ヶ月:50ポイント=500マイル
・6ヶ月:300ポイント=3,000マイル
・1年間:600ポイント=6,000マイル
日々のショッピングや各種支払いを行うと、月々5万円は発生することでしょう。
すると上記のように1年間で6,000マイル貯まりますので例えば「東京⇔大阪」間の片道航空券を入手できます。
●月々10万円の場合
・1ヶ月:100ポイント=1,000マイル
・6ヶ月:600ポイント:6,000マイル
・1年間:1,200ポイント:12,000マイル
ショッピングだけでなく、例えば公共料金や税金などの様々な支払いを全てクレジットカードで行うと月々10万円は発生するでしょう。
そうなると、1年間で12,000マイルが貯まりますので「東京⇔大阪」「東京⇔仙台」等の区間の往復航空券を無料で入手できるのです。
確かに手数料は痛いところですが、このように大いにマイルを貯められなおかつ、支払によっては1年で1回分、往復の航空券を入手できますので検討することをおすすめします。

年間利用金額でボーナスポイントプレゼント!

ANA VISA Suicaカードでは、年間利用金額に応じてボーナスポイントを用意しています。

ボーナスポイントのプレゼント対象者は50万円以上利用した方から対象となり、最大で300万円以上利用すると「V3」までアップします。
その上、目標金額に到達して終了…ではなく、更に利用しても10万円ごとにボーナスポイントがプレゼントされるのは嬉しいポイントです!
もちろん、利用金額や利用回数の限度はありませんので、使えば使うほどポイントが貯まり、なおかつ貯まったポイントをマイルに交換できます。
したがって、ANA VISA Suicaカードはクレジットカードを頻繁に利用する方にもお得な1枚です。

ANAカードマイルプラス対象店舗でポイント&マイルの二重取り!


ANA VISA Suicaカードは「ANAカードマイルプラス」の対象店舗で利用すると、更なるお得をあなたに提供してくれることでしょう。
と言うのも、対象店舗で利用するとポイントの他になんと「マイル」まで加算されるのです。
つまり、ポイント&マイルで二重取りが可能になります。
それでは、対象店舗の一部を下記に紹介していきましょう。

この他にも大手コーヒーチェーン「スターバックス:100円=1マイル」でしたり「ENEOS電気:200円=1マイル」と言った公共料金までマイルを貯められます。
そのため、もしあなたが週に何回も訪れている店舗やスポットがありましたら、ANA VISA Suicaカードを作成してお得にポイント&マイルを貯めてみましょう。

フライトマイル&入会・継続でボーナスマイルプレゼント


ANA VISA Suicaカードに「ANAカード」と同じ機能がありますので、ANA航空機、または「スターアライアンス」に加盟する航空会社の航空機「フライトマイル」が貯まります。
更に、ANA VISA Suicaカードがあれば「区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×10%」のボーナスマイルが貯まるため、他のクレジットカードよりもANAマイルを効率よく貯められるのです。
そしてなんと!ANA VISA Suicaカードに入会&継続ボーナスとして「1,000マイル」プレゼントまで行っています。
これらのボーナスマイルを、ANA VISA Suicaカード会員でしたら受けられますので是非とも忘れずに入手しましょう。

ポイントUPモールでポイント最大20倍にアップ!

あなたがネット通販を頻繁に利用しいるなら、ANA VISA Suicaカードと一緒に「ポイントUPモール」を利用しましょう。
ポイントUPモールを経由してネット通販サイト、例えばAmazonや楽天市場、Yahooショッピング等を利用すると通常ポイントの他に「ボーナスポイント」がプレゼントされます。
そして期間限定で、各ネット通販サイトが通常よりも何倍にもポイントアップすることがあり、最大で20倍のポイント還元率を受けられるのです。
もちろん、ネット通販サイトの他にもネット旅行予約サイトの「じゃらん」やApple公式通販サイト、そして成城石井やマツモトキヨシと言った店舗までありますので、あなたも是非利用してみましょう。

直接マイルを貯めたいならANAマイレージモールがおすすめ

あなたが直接マイルを貯めたいなら「ANAマイレージモール」がおすすめです。
こちらも同じく、ANAマイレージモールを経由してYahooショッピングや楽天市場を利用すると通常のポイントの他に「ボーナスマイル」がプレゼントされます。
店舗ごとにマイルの還元率は異なり「100円=1マイル」「200円=1マイル」「300円=1ポイント」等のように設定されています。
更に、期間限定でマイルが何倍にもアップするキャンペーンも開催されていますので、キャンペーンを利用すればANAマイルを更に貯められるのです!
したがって、直接マイルを貯めたいならANAマイレージモールの利用をおすすめします。

ANAふるさと納税でマイルが貯まる!実質2,000円で特産品を味わいましょう


ここ最近、高級和牛やお酒、またはお米や海産物等を実質2,000円で楽しめる「ふるさと納税」が拡大しています。
数多くのふるさと納税サイトがありますが、実はANAでもふるさと納税ができるサイトをオープンしています!
種類も豊富で肉・魚と言った食品から、日本酒・焼酎等のお酒。更にふるさと納税することで「パラグライダー体験」や「高級料理プラン」と言った体験型まで用意!
そして、ふるさと納税100円ごとに1マイル貯まるため、例えば5万円のふるさと納税をすると500マイルと一緒に納税によって受けられる特典まで楽しめるのです。
もし、毎年ふるさと納税をされているなら、ANA VISA Suicaカードと一緒にANAふるさと納税を利用してマイル&特典を受けてみましょう。

ポイントの有効期限は2年間|有効期限を延ばす方法は?


ANA VISA Suicaカードで貯まったポイントの有効期限は2年間になります。
残念ながらたとえANA VISA Suicaカードを利用しても、ポイント有効期限は延長されませんので有効期限を過ぎるとポイントは消滅します。
もし、有効期限が迫っているなら「ANAマイル」に交換することをおすすめします。
実はANAマイルに交換すると新たに「3年間」有効期限が発生するため、ポイント有効期限の2年間、マイルの3年間を合わせると最大「5年間」に延長可能です。
よって、ポイント有効期限が迫っているなら3年間、有効期限を延長できるマイルへ交換しましょう。

ANA VISA Suicaカードの国内&海外旅行傷害保険は?ショッピングや不正利用時は大丈夫?


国内や海外旅行・出張時に、病気や怪我、またはトラブルに巻き込まれた際に役立つのが「旅行傷害保険」です。
怪我や病気の治療時に発生する医療費や、損害賠償を求められた際にも金額が設定されていれば補償を受けられます。
ではANA VISA Suicaカードはと言うと、確かに海外旅行保険が「自動付帯」で利用できますが、正直おすすめはできません。
理由として「傷害による死亡:最高1,000万円」「傷害による後遺障害:40万円~1,000万円」「救援者費用:100万円」この3点しか用意されていないからです。
最も利用する「医療費」や損害賠償請求時に必要な費用も補償されず、なおかつ携行品被害の際にも補償されません。
ただ、下記のようにショッピングガード保険や不正利用時の補償は設定されています。
・ショッピングガード保険:自己負担3,000円で「最高100万円」まで補償します。
※補償期間は購入日および購入日の翌日から90日間
・不正利用時の補償:カスタマーセンター問い合わせ後、最大60日前にさかのぼり補償します
ショッピングガード保険や不正利用時の補償は優れており、特にショッピングガード保険は90日間&最高100万円まで補償する優れものです。
旅行傷害保険に関しては不十分と思われますので、他に旅行傷害保険が付帯するクレジットカードを用意する、または保険会社の保険に加入することをおすすめします。

ANAカード共通の割引&優待を受けられます

ANA VISA Suicaカードは、ANAカード共通の特典を受けられるのも魅力的なポイントです。
それではこれより、ANA VISA Suicaカードで受けられる特典の数々を簡単にですが紹介していきます。
・国内線・国際線の機内販売:10%OFF
・空港内免税店:5~10%OFF
・空港内店舗「ANA FESTA」:10%OFF
・成田空港近くの「セントラルパーキング成田」が優待料金で利用可能
・ANAショッピング A-style:5%OFF
・ANAスカイホリデー・ANAハローツアー・ANA大人のゆとり旅・ANAワンダーアース:5%OFF
・ANAビジネスソリューション公開講座 受講料金:15%OFF
・ニッポンレンタカー、トヨタレンタカー、オリックスレンタカー:5%OFF
・ハーツレンタカー:5%~20%OFF
等々、この他にもANA VISA Suicaカードを提示&利用することで割引や優待を受けられるのです!
あなたも、これらの特典を見逃さないよう大いに活用していきましょう。

ANA VISA Suicaカードの発行手数料&年会費は?ETCカード・家族カードは発行可能?


ANA VISA Suicaカードにこれほど多数の特典を用意しておきながら、発行手数料無料であり、なおかつ年会費「2,000円+税」に抑えています。
残念ながら年会費を無料にする方法はありませんが、下記のサービスにより年会費を抑えることが可能です。
・WEB明細サービス:500円+税 割引
・WEB明細サービス&まいペイすリボ登録:1,249円+税 割引
家族カードの発行は不可能ですが、ETCカードの発行はできます
その上、発行手数料も発生せず年会費も年1回、利用することで無料にできます(利用しない場合、500円+税が発生)
このように、ANA VISA Suicaカードの年会費が高額!と言うこともなく、安価に抑えられています。
したがって、維持費を抑えつつポイントやマイルを大いに貯めることができますよ!

まとめ

最後になりますが、ANA VISA Suicaカードはポイント&マイル、そしてSuica機能を備えた便利な1枚です。
更に航空機の利用だけでなく、ショッピングやネット通販を利用してもマイルが貯まるのは嬉しいポイントであり、キャンペーンや「ポイントUPモール」等のサイトを利用すれば大いにポイントを貯められます。
もちろん、Suicaチャージでもポイントが貯められます。
こんなに便利なANA VISA Suicaカードを見逃すのは非常にもったいない!
あなたがもし、ANAマイルを貯めることができ、なおかつお得な1枚を探しているならANA VISA Suicaカードがピッタリの1枚になることでしょう。

ANA VISA Suicaカードの概要

ポイントサービス名 1,000円=1ワールドポイント
年会費(初年度) 無料
年会費(二年目以降) 2,000円
ETC年会費(初年度) 年に1回以上利用で無料(利用無しで500円/税別)
キャッシング限度額 0〜100万円
ショッピング限度額 10〜80万円
その他サービス 旅行傷害保険:海外旅行 1,000万円 国内航空 1,000万円 ショッピング補償:年間100万円まで ※海外での利用、および国内でのリボ払い・分割払い(3回以上)の利用のみ対象

カード検索

カード絞り込み検索

新着記事

PAGE TOP