法人向け

ベストな1枚が見つかる!法人&個人事業主必見のアメリカン・エキスプレスおすすめビジネスカードを紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「アメリカン・エキスプレス・ビジネスカード(以降「アメックスビジネスカード」)は数が多くてどれが良いか分からない!」
「アメックスは一通り見たけど自分のニーズに合った1枚を見つけられない」

クレジットカード選びは悩む方も多いはず。

この記事では各アメックスビジネスカードの特徴やメリット、年会費、追加カードの発行枚数から必要書類まで全て紹介します。

後半は法人、例えば10~20人規模の企業や中小企業におすすめのアメックスをピックアップします。

自営業や個人事業主の方にもおすすめのアメックスビジネスカードを紹介しますので、最初から最後まで見れば、あなたの悩みを解消できますよ。

アメックスビジネスカードを一挙紹介|各カードの特徴を1分で解説

アメックスビジネスカード 個人事業主や法人の方は迷ったらこのカード!高還元率のポイントサービスに業務効率を改善するビジネスサービス、加えて最高5,000万円の旅行傷害保険が付帯します。
アメックスビジネスゴールドカード 通常のアメックスのサービスにプラスしてゴールドカードにふさわしい、ビジネスサービスや空港サービス、更に接待時に役立つ豪華特典まで用意。
セゾンコバルトビジネスアメックス 個人事業主やフリーランスの方々も発行しやすいビジネスカード。年会費は抑えながらビジネスサービスやポイントサービスまで付帯します。
セゾンプラチナビジネスアメックス 海外出張が多いならこのカード。最高1億円の旅行傷害保険が付帯し、プラチナ会員限定の優待サービスや空港サービス、更にマイル優待も受けられます。

スタンダードなビジネスカードである「アメックスビジネスカード」や個人事業主やフリーランスにおすすめの「セゾンコバルトビジネスアメックス」

そしてステータス性の高さと充実の特典&優待を誇る「アメックスビジネスゴールドカード」や「セゾンプラチナビジネスアメックス」まであります。

それでは早速、次の項目から各カードの年会費や限度額等の内容から特徴、所有するメリットを紹介します。

【アメックスビジネスカード】法人&個人事業主どちらもおすすめ!使いやすく特典豊富な1枚

アメックスビジネスカードの基本情報

年会費 13,200円(税込)※当サイトよりお申込みで初年度年会費無料
必要書類 個人事業主:公的証明書類(運転免許証やパスポート等)
法人:公的証明書類、登記事項証明書または商業登記簿謄本のどちらか1枚。
限度額 審査を行い限度額を決めるため、一律の制限を設けていません。
追加カード発行費用&年会費 発行手数料無料。年会費は6,600円(税込)、必要に応じて何枚でも発行可能。
ETCカード発行費用&年会費 発行手数料無料。年会費は550円(税込)、本会員から最大5枚、追加カードは1枚につき1枚まで発行可能。

※引落し口座に設定する金融機関の通帳やキャッシュカードを事前に用意しましょう。

アメックスビジネスカードのメリットは?特徴は?

アメックスビジネスカードは、どのビジネスカードを発行しようか検討している方、または最初の1枚を何にするか迷っている方におすすめです。

なぜなら、ビジネスサービスから旅行傷害保険まで用意されており、様々な商品やポイント、マイルに交換できるポイントサービスを用意しているからです。

特典や優待の一部を紹介しましょう。

ビジネス・セービング 貸会議やプレゼン会場、出張時の宿泊施設やレストラン等を会員限定価格で味わえるサービスです。
福利厚生プログラム 75,000以上の契約施設を特別優待料金で利用できるクラブオフを用意。
ポイントサービス 100円=1ポイントで貯まり、年会費とは別に3,000円+税を支払うとお得なポイントシステムになる「メンバーシップ・リワード・プラス」に登録できます。
出張時のサポート 対象の空港近くの駐車場が優待価格、手荷物無料宅配や無料ポーターサービス等、出張時のサポートが充実しています。
海外旅行傷害保険&プロテクション 最高5,000万円の海外旅行傷害保険が付帯。更に不正利用時の補償やショッピング補償、キャンセル時の補償等を行うプロテクションサービスも用意。

年会費13,200円(税込)ながら、ビジネスサービスから各種保険まで充実した内容を持つのがこのカードの魅力です。しかも今なら初年度年会費が無料です。「まずは使ってから決めたい」という方はこのチャンスをお見逃し無く!

個人事業主や法人どちらもビジネスカードに迷ったら、各機能やサービスが揃ったアメックスビジネスカードをおすすめします。

【アメックスビジネスゴールドカード】ビジネスや国内&海外出張もお任せ!豊富な特典とサービスでビジネスライフを全力サポート

アメックスビジネスゴールドカードの基本情報

年会費 34,100円(税込)
必要書類 個人事業主:公的証明書類(運転免許証やパスポート等)
法人:公的証明書類、登記事項証明書または商業登記簿謄本のどちらか1枚。
限度額 審査を行い限度額を決めるため、一律の制限を設けていません。
追加カード発行費用&年会費 発行手数料無料。年会費は13,200円(税込)、必要に応じて何枚でも発行可能。
ETCカード発行費用&年会費 発行手数料無料。年会費は550円(税込)、本会員から最大5枚、追加カードは1枚につき1枚まで発行可能。

※引落し口座に設定する金融機関の通帳やキャッシュカードを事前に用意しましょう。

アメックスビジネスゴールドカードの魅力とは?所有するメリットは?

「ステータス性の高いビジネスカードが欲しい」「1枚のビジネスカードで様々なビジネスサービスや出張、保険をサポートできるカードが欲しい」

それなら「アメックスビジネスゴールドカード」を発行しましょう。

年会費は「34,100円(税込)」かかりますが、先に紹介したアメックスビジネスカードの機能も使えますし、ここでは紹介しきれないほど豊富な特典を数多く用意します。

ビジネスサポート ビジネスセービングを初め、調査サービスやコンサルティングサービス、会食や接待にふさわしいレストランを案内する「ビジネス・ダイニング by ぐるなび」等を用意。
出張サポート 空港ラウンジサービスからエアポート送迎サービス、JR東海エクスプレス予約サービス等を用意。更に海外出張や旅行時、現地で24時間対応の日本語サポートを用意。
接待時に役立つビジネスサポート 全国1,100以上のゴルフ場の予約&手配が無料の「ゴルフ・デスク」大切な方、取引先への贈り物に最適なワインを紹介、販売する「ゴールド・ワインクラブ」等を用意。
サポート&プロテクションサービス インターネット上で発生した不正利用からショッピング補償、更にキャンセル補償や返品補償等を用意したプロテクションサービスを用意。
国内旅行/海外旅行傷害保険 最高1億円(国内旅行は最高5,000万円)の旅行傷害保険が付帯。

この特典や優待は、ほんの一部です。出張にも接待にも備品の注文にも幅広く使えるビジネスサービスを取りそろえています。

ステータス性を求めたり1枚のビジネスカードで多岐にわたるサービスや保険を求めるなら、アメックスビジネスゴールドカードを発行しましょう。

【セゾンコバルト・ビジネス・アメックスカード】個人事業主やフリーランス必見|必要最低限の機能を備えた便利な1枚

セゾンコバルト・ビジネス・アメックスカードの基本情報

年会費 1,100円(税込)
必要書類 公的証明書類(運転免許証やパスポート等)、引落し口座に設定する金融機関の通帳やキャッシュカード(決算書・登記簿謄本等は必要なし)
限度額 審査を行い限度額を決めるため、一律の制限を設けていません。
追加カード発行費用&年会費 発行手数料無料。年会費無料で最大4枚まで発行可能。
ETCカード発行費用&年会費 発行手数料無料。年会費無料で最大5枚まで発行可能。

セゾンコバルト・ビジネス・アメックスカードを発行するメリットは?

セゾンコバルト・ビジネス・アメックスカードを発行するメリットは、下記の3つにあります。

●必要書類が公的証明書と金融機関の通帳やキャッシュカードの2点で申し込める。

●年会費1,100円(税込)ながら、ビジネスサービスや優待サービスを用意(もちろん、年会費は経費に計上できます。)

●ポイント有効期限の無い永久不滅ポイントが「1,000円=1ポイント」で貯まります。更にボーナスポイント・パートナーズで利用すれば最大10倍にポイントアップ。

必要書類が少ないため、起業したばかりの自営業の方、またはフリーランスの方は申し込みやすく年会費も1,100円(税込)で済むのも嬉しいポイントです。
「エックスサーバー」「かんたんクラウド」と言ったビジネスの優待サービスから、ビジネスアイテムの購入(モノタロウ)から仕事の発注(クラウドワークス)等でポイント4倍サービスまで実施します。
もちろん、追加カードやETCカードも発行できます。

スタートしたばかりの自営業や個人事業主の方、または必要最低限の機能だけあれば良いならば、セゾンコバルト・ビジネス・アメックスカードをおすすめします。

【セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスカード】ステータス性&機能に申し分なし|コストパフォーマンスが高い1枚

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスカードの基本情報

年会費 22,000円(税込)(年間200万円以上利用すれば年会費11,000円(税込))
必要書類 公的証明書類(運転免許証やパスポート等)引落し口座に設定する金融機関の通帳やキャッシュカード(決算書・登記簿謄本等は必要なし)
限度額 審査を行い限度額を決めるため、一律の制限を設けていません。
追加カード発行費用&年会費 発行手数料無料。年会費無料で最大4枚まで発行可能。
ETCカード発行費用&年会費 発行手数料無料。年会費無料で最大5枚まで発行可能。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスカードがなぜおすすめ?魅力やメリットを紹介

最後に紹介するのは「セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスカード」です。プラチナカードですが年会費22,000円(税込)に抑えており、利用金額によって半額にできる優れものです。

加えて、年会費以上にお得な特典や優待は絶対に見逃せません。

ポイントサービス 1,000円=1ポイントでポイントが貯まる(貯まったポイントは「永久不滅ポイント」のため、ポイント有効期限無し)
コンシェルジュサービス 24時間365日、専任のスタッフがあなたの相談や問い合わせに対応。
セゾンマイルクラブ 「セゾンマイルクラブ」に登録すると、ポイントの他に「1,000円=10JALマイル」が貯まる(サービスの年会費無料)
プライオリティ・パス 600以上の都市、148以上の国や地域で1,300ヵ所以上の空港ラウンジを利用できる「プライオリティ・パス」に無料で登録可能。
ビジネスサービス ビジネスを効率化させるサービス「ビジネス・アドバンテージ」最大3ヶ月間無料で使える「クラウド型会計ソフト freee」等を用意。
旅行傷害保険 国内旅行は最高5,000万円、海外旅行は最高1億円の旅行傷害保険が受けられます。

もちろん、この他にも数多くの特典や優待が用意されており、例えば出張や旅行中に航空機が遅延・欠航した時の保険や、荷物が遅延・紛失した時の保険まで付帯します。

ビジネスサービスから出張&旅行中の保険まで充実しながら、安価な年会費で所有できますので、コストパフォーマンスが高い1枚を求めるならセゾンプラチナ・ビジネス・アメックスカードを発行しましょう。

法人にピッタリのアメックスビジネスカードを紹介!従業員数&企業規模にマッチした1枚とは?

社員10人未満の企業におすすめのアメックスビジネスカードは?

セゾンコバルト・ビジネス・アメックスカード

おすすめポイント① ビジネスカードの必要最低限の機能を持ち合わせつつ、年会費が1,100円(税込)と言う安さを実現。
おすすめポイント② 追加カードやETCカードも発行できるため、社員に数枚程度を渡したい時にも役立ちます。
おすすめポイント③ 付帯するサービスや機能が限られているため、決済だけに使いたい、またはとりあえずビジネスカードを持ちたい方にもおすすめ。

社員10人未満の企業なら「セゾンコバルト・ビジネス・アメックスカード」がおすすめ。ビジネスカードとして必要最低限の性能を持ち合わせながら、追加カードやETCカードも発行でき、なおかつ「年会費1,100円(税込)」で持てます。

国内出張や海外出張が多いなら、年会費を多少かけても「アメックスゴールドビジネスカード」や「セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスカード」をおすすめします。

しかし、社員が多くないのでサービスは最小限で良い、またはとりあえずビジネスカードを持ちたい方、カードの維持費を少しでも抑えたいならセゾンコバルト・ビジネス・アメックスカード一択です。

社員10人~20人未満の企業におすすめのアメックスビジネスカードは?

アメックスビジネスカード

おすすめポイント① 豊富なビジネスサービスと福利厚生プログラムが付帯し、更にビジネスカード情報を「freee」へデータ連携させることも可能。
おすすめポイント② 複数の社員へ追加カードを発行でき、なおかつETCカードも追加カード1枚につき1枚発行できますので、ビジネスカードを複数枚持たなくても良い。
おすすめポイント③ 最高5,000万円の海外旅行傷害保険が付帯。あなた自身が海外出張する時、または追加カードも適用されますので社員が海外へ行く時に役立ちます。

社員10人~20人未満の企業でしたら「アメックスビジネスカード」をおすすめします。

社員数が増えると、業務効率の改善のためにビジネスサービスを導入する、追加カードを発行して1人ずつ渡すことなども考えると思われます。

アメックスビジネスカードなら豊富なビジネスサービスが用意されていますし、追加カードも必要に合わせて柔軟に発行できます。

更にビジネスカード、追加カードの決済情報を連携する会計ソフトと連携できるため、経理や総務の負担を解消できるメリットもあるのです。

もちろん、海外出張をされる方、また社員が海外出張される時も最高5,000万円の海外旅行傷害保険が付帯しますので、社員数が多くなりましたら柔軟に対応できるアメックスビジネスカードをおすすめします。

中小企業におすすめのアメックスビジネスカードは?

アメックスビジネスゴールドカード

おすすめポイント① ビジネス・出張・接待等に役立つサービスを多数用意するため、ビジネスの効率化や出張時のサポート。更に取引先の方をもてなす時に役立つ接待サポートも充実します。
おすすめポイント② 国内が最高5,000万円、海外が最高1億円の旅行傷害保険が付帯します。更に航空機の遅延や欠航、荷物の遅延や紛失時の補償も利用できます。
おすすめポイント③ 一目でアメックスビジネスゴールドカードと分かるデザインのため、ステータス性をアピールしたい方にもおすすめできる1枚です。

中小企業におすすめするビジネスカードは「アメックスビジネスゴールドカード」です。

ビジネスや出張時、あなたや社員をサポートする豊富なサービスはもちろんのこと、取引先の方をもてなす際に活躍する接待サービスが充実しています。

例えば、会員&取引先の方と楽しめる「ビジネス・カード会員様限定イベント」や本来、予約が取れないゴルフ場の優先予約、更に会食や接待に役立つ「ビジネス・ダイニング by ぐるなび」等を用意します。

他にも、一目で分かるステータス性の高さや、充実の旅行傷害保険も見逃せませんので規模が大きくなりましたら「アメックスビジネスゴールドカード」を検討してはいかがですか?

※コストをかけずに豪華特典や優待を味わいたい場合は「セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスカード」をおすすめします。

国内外への出張が多い方、または社員の出張回数が多い方

アメックスビジネスゴールドカード

おすすめポイント① アメックスビジネスカードの機能やサービスを利用でき、なおかつビジネス・出張・接待等に役立つサービスを多数用意します。
おすすめポイント② 国内が最高5,000万円、海外が最高1億円の旅行傷害保険が付帯します。更に4つのプロテクションサービスで、ビジネスカードの不正利用や大事な購入品の補償等まで行います。
おすすめポイント③ 国内や海外で航空機が遅延/欠航、または荷物が遅延/紛失した場合の保険が用意されています。

あなたや社員の国内外への出張が多いなら「アメックスビジネスゴールドカード」を発行しましょう。

おすすめポイントとして「出発前&帰国後のサービス」「保険」「現地の対応」の3点が挙げられます。

出発前なら日本国内の主要空港の空港ラウンジが利用できますし、手荷物無料宅配サービス等、ゴールドカードならではの特典が充実しています。
万一、国内出張や海外出張でトラブルに巻き込まれても、最高1億円の旅行傷害保険(国内は最高5,000万円)が用意され、なおかつ「航空機の遅延・欠航、荷物の遅延・紛失」時の補償も用意します。

そして何より、海外で不明点、代わりに予約してもらいたい等、困ったことがありましたら24時間日本語サポートを行う「オーバーシーズ・アシスト」が使えるのも大きなメリットです。

このように、国内外の出張時に活躍するサービスが豊富に揃っているため、出張が多い方はアメックスビジネスゴールドカードを発行しましょう。

自営業&個人事業主におすすめのアメックスビジネスカードはどれ?理由も交えて紹介!

自営業や個人事業主の方におすすめの1枚は「セゾンコバルト・ビジネス・アメックスカード」または「セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスカード」がおすすめです。

なぜこのカードがおすすめか?理由は3つあります。

1.必要書類が公的証明書や引き落とし口座に設定するための書類だけで、スタートしたばかりの自営業の方や個人事業主・フリーランスの方が発行しやすい。

2.セゾンコバルト・ビジネス・アメックスカード、セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスカード共に年会費を抑えられる。

3.カードをランクアップしたい時も、コストパフォーマンスが高いセゾンプラチナ・ビジネス・アメックスカードが用意されている。

他にも、セゾンコバルト・ビジネス・アメックスカードは年会費を抑えつつ、必要最低限の機能がありますので「とりあえずビジネスカードを持ちたい方」や「無駄な機能を省いたシンプルなカードが欲しい方」にピッタリです。

そのためスタートしたばかりの自営業や個人事業主、フリーランスの方は「セゾンコバルト・ビジネス・アメックスカード」または「セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスカード」をおすすめします。

まとめ

最後になりますが、アメックスのビジネスカード4種類はそれぞれ特徴がありますので、どれを選んで良いか分からなくなります。

ですが、今回紹介した内容をよく読んでいただき、各カードが持つ魅力や所有するメリットを覚えればあなたにピッタリの1枚が見つかります。

絶対に闇雲に選ぶのは止め、自分のニーズを満たすアメックスのビジネスカードは何か?よく考えてから発行しましょう。

そうすれば、発行後に「やっぱり別のアメックスにすれば良かった…」と言う後悔がなくなりますよ。

PAGE TOP