クレジットカード

エポスカードの限度額を増額するには?ショッピング・キャッシングの増額方法を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

エポスカードは学生から社会人まで人気の年会費無料カードです。
しかしエポスカードの利用可能額が少なくて、すぐに限度額を超えてしまう……。
そんな方は、一時的に限度額を増額してはどうでしょうか?

限度額を上げられる条件や、ショッピング利用・キャッシング利用別の手続き方法などを詳しく解説します。
もし日常的に限度額を上げたい場合は、他のエポスカードにグレードアップしてもいいかもしれません。
ぜひ参考にしてみてくださいね!

あなたのエポスカードの利用限度額は?まずは確認方法をチェック

まずはエポスカードの利用可能額(利用限度額・限度枠などとも言います)の確認方法をチェックしておきましょう。

エポスカードに関する手続きは、インターネットの「エポスNet」や、「エポスカード公式アプリ」から可能です。

エポスNetの場合は、エポスNetマイページにログインして、「ご利用可能額を見る」という部分をクリック。
ショッピングとキャッシング、それぞれの利用可能額を確認できます。

エポスカード公式アプリの場合は、アプリにログインして「お支払照会」をタッチ。
その次に「ご利用可能額照会」をタッチすると、ショッピング・キャッシングの利用可能額を確認できますよ。

画像引用:カードの限度額はあとどれくらい残っていますか?(エポスカード公式サイト)

最近はスマホからアプリで確認する人が多い印象です。
まずは自分の限度額を確認してみてくださいね!

エポスカードのショッピングは、一時的な増額しかできない!

エポスカードの特徴として、ショッピング払いの増額は、一時的な増額しかできないことに注意しましょう。

一時的な増額は、ブライダルや旅行、引っ越し、定期券利用など、利用する目的によって増額できるかどうか、増額できる金額が変わります。

結婚式や新婚旅行など、ブライダル目的での増額は、400万円まで可能です。
これは太っ腹ですよね!

一方、ブライダル以外の利用では、「現在の利用可能枠の2倍」もしくは「現在のご利用可能枠+100万円」のうち、少ない方の金額が利用上限になります。

例えば、利用限度額50万円の人が、引っ越しのために限度額を増額したいときは、

・50万円×2倍=100万円
・50万円+100万円=150万円

このうち少ない方である100万円まで増額できるということです。

増額できる期間は、1ヶ月以内で設定するよう定められています。
詳しくはこちらの図を参考にしてくださいね。

画像引用:ショッピングご利用可能枠の一時的な増額サービス(エポスカード公式サイト)

エポスカードの限度額はどれくらい?毎月の上限額を上げるならグレードアップを!


今の限度額が低いので、エポスカードの毎月の上限額を上げたい!
しかし自分から上限額を上げることは、この一時的な増額しかできません。

ただ、定期的な利用・返済があり、収入状況にも余裕があるなど、エポスカード側から見て「この人はもっとカードを利用してくれそうだ」と判断した場合は、自動的に上限額を上げてくれることもあります。

しかし確実に上げてくれるわけでもないので、エポスカードのグレードアップを検討するといいかもしれません。

エポスカードは、一般カードの他に、ゴールドカード、プラチナカードがあります。

私が以前エポスカードを持っていたときの体験談ですが、もともとエポスカードの上限額は50万円でした。
しかし使って一年ほど経ったときに、ゴールドカードへ無料グレードアップできるインビテーション(招待)が来たのでグレードアップし、上限額が100万円になりました。
その後上限額は200万円まで上がり、プラチナカードへのインビテーションも来ています。

エポスカードではカードごとの上限額は明らかにしていませんが、だいたいの目安は次の金額だと言われています。

エポスカード:上限50万円
ゴールドカード:上限300万円
プラチナカード:上限1500万円

あくまで非公式な金額なので、参考程度にとどめてくださいね。

キャッシングは毎月の上限額を上げられる!でも使いすぎに要注意

ちなみにショッピング利用ではなくキャッシング利用なら、毎月の上限額を上げる申請は可能です。
急な出費や、収入が少ないときには助かりますね。

ただ審査があるので、全員が希望通りの増額ができるわけではありません。
またキャッシング利用には、実質年率18.00%という高い手数料がかかるので、くれぐれも使いすぎには注意した方がいいでしょう。

ショッピング利用可能枠・限度額を上げる方法

ショッピング利用の限度額を一時的に上げたいときの手順を、簡単に説明しましょう。
増額には必ず審査がありますので、増額できない可能性もあります。

まず一時増額の申込みは、エポスNetでのみ受け付けています。
電話やマルイにあるカードセンターなどでは申し込めないのでご注意ください。

エポスNetのマイページへログインし、「各種お申し込み(オプションサービス)」から申込みしましょう。

申込み期間は、ブライダル目的の場合は利用開始日の1ヵ月~1週間前まで、それ以外の場合は利用開始日の1ヵ月~2日前までと決まっています。

申込みが完了したら、審査結果が出るまで待ちましょう。
公式サイトには審査に2~3日程度かかると記載がありますが、土日など休業日を含まない可能性もあるので、1週間ほど余裕を見ておくと安心です。

申し込み結果はメールで届きます。
増額できた場合は、希望した利用開始日の当日AM0時(日本時間)から上限額が上がった状態で、カードが利用できるようになりますよ。

キャッシング利用可能枠・限度額を上げる方法


キャッシング利用の増額申込みも、エポスNetから
行います。

8:00~21:50に申し込んだ場合は基本的に10分程度、21:50~翌日8:00に申し込むと、翌日8~9時頃までに結果が出ます。
ただ例外的に、1週間ほど時間がかかることもあるようです。

審査結果は、審査終了の案内メールか、エポスNetの状況照会から確認できます。

限度額の増額審査、注意点やデメリットはある?

カード限度額の増額を申し込んだ場合、申し込み完了後に取消すことはできません
また、増額期間中は支払日(口座引落し日)の変更ができないこと、増額期間の終了後に利用残高が利用可能枠を超えている場合は、利用可能枠が回復するまでカードの利用が停止される点だけ注意した方がいいでしょう。

ちなみに一時的な増額を一度利用したら、もう二度と増額できなくなるのでしょうか?
エポスカードのカスタマーセンターに確認したところ、増額を再度申し込むことはできるそうです。
ただ毎回審査があるので、希望に添えない場合があるかもしれないそう。

また、もし一時的な増額ができなかったとしても、そのままカードが利用停止になることはないそうです。
この点は安心できますね。

エポスカードは3種類!あなたに合うカードは?

エポスカードは一般カード・ゴールドカード・プラチナカードの3種類。
一般からゴールドへのランクアップは、インビテーションですと年会費が永年無料になります。さらにゴールドからプラチナもインビテーションで年会費が1万円お得に。エポスは一般カードから育てましょう。
では、それぞれのスペックや特徴をご説明します。

エポスカード Visa


エポスカードはショッピングビル・マルイを始め、さまざまなシーンで利用できる年会費無料のクレジットカードです。
国際ブランドは世界シェアNo.1のVISA。海外でも利用しやすいですね。

エポスカードのポイント還元率は基本0.5%ですが、インターネットショッピングではさらにお得!
ポイントアップサイト「たまるマーケット」経由でお買い物をすると、ポイントが2〜30倍貯まるお店もあります。

またエポスカードを持っているだけで優待が利用できる店舗は、なんと1万店。居酒屋やカラオケ店など、よく行く施設も含まれていますよ。
もちろんマルイでも特典があり、年4回開催されるセールでは、カード払いするだけでほぼ全品が10%オフになるんです。

最近では、毎月3000円から積立投資ができるtsumiki証券というサービスも登場。
積立するだけで、その金額の0.1%〜0.5%のポイントが貯まるので、これを機に資産形成を始めるのもいいかもしれません。

エポスゴールドカード


エポスカードをグレードアップしたいなら、まずはゴールドカードを検討しましょう。
ゴールドカードは年会費が高いイメージですが、エポスゴールドなら年会費は5000円(税込)。
しかも年間50万円分以上利用すれば、翌年以降ずっと年会費が無料になります。

また、エポスカードからのインビテーションや、プラチナ・ゴールド会員の家族からの紹介で加入した場合は、初年度から永年無料です。
比較的手の届きやすいカードだといえるでしょう。

ポイント還元率は一般カードと同じ0.5%ですが、ポイントの有効期限が2年間から無期限に延長されます。
また年間のボーナスポイントが最大1万ポイントも受け取れたり、3ショップまでポイントが最大3倍になるポイントアップ特典もあったりと、長く使えるお得さが魅力です。

空港のラウンジ利用も無料なので、旅行を楽しくするアイテムにもなりますね。

エポスプラチナカード


エポスプラチナカードは、年会費は通常3万円(税込)ですが、エポスゴールドカードからのインビテーションや年間100万円以上カードを利用した方は、翌年以降2万円(税込)で利用できます。

他のプラチナカードは年間維持費に10万円ほどかかるケースもあるので、手の届きやすいステータスカードでしょう。

エポスゴールドとエポスプラチナを比べると、ポイント還元がかなりお得になっています。
年間のボーナスポイントはエポスゴールドだと最大1万ポイントでしたが、エポスプラチナの場合は最大10万ポイント!

またお誕生日月にカードを利用するとポイントが2倍になったり、選べるポイントアップ制度も利用できたりと、お得な特典が満載です。

海外旅行や海外出張時にも、エポスプラチナは大活躍。
万が一のときに使える海外旅行傷害保険の最高補償額はなんと1億円。
さらに同行した家族分も、最高2000万円まで補償対象になります。

空港ラウンジ1000カ所以上が利用できる「プライオリティ・パス」も使えるようになるので、旅行によく行く方はエポスプラチナの方が使い勝手がよいでしょう。

エポスカード上限額の増額は一時的!カードのアップグレードも検討しよう

エポスカードのショッピング利用の限度額を上げたい場合は、一時的な増額のみ申し込むことができます。
ブライダルやそれ以外など、目的によって上限額を設定し、計画的に利用しましょう。

キャッシング利用の上限額も上げることは可能ですが、高い金利手数料がかかるため、過度な利用には要注意です。

ただ毎回限度額を上げる申請をするのは手間なので、日頃からエポスカードを多く使う方はエポスゴールドカードやエポスプラチナカードへのアップグレードも検討するといいでしょう。

自分に合ったエポスカードを見つけて、日々の生活をより豊かに、より便利にしてみてくださいね!

PAGE TOP