クレジットカード

個人事業主こそ法人クレジットカード!法人カードの必要性&おすすめカード3選紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

個人事業主なのに、いまだ個人のクレジットカードを使っているそこのあなた!

今すぐに個人用、法人用のクレカに分けることをおすすめします。

クレジットカードを分けることで、仕事中に利用した金額を簡単に把握できますし、支払いを一元化させることで振込手数料の削減に繋がるのです。

更に法人カード特有の充実した特典、例えばビジネスサービスの利用や各種保険の充実、加えて接待時に役立つレストランやゴルフ場の割引等も用意しています。

そして何より、個人カードで経費を支払うのは基本的にNGのため、必要性が増します。

そのためこの記事では、個人事業主がなぜ法人カードが必要なのか?持つことでどのようなメリットがあるのか?

また、あなたが申込時に審査落ちしないようポイントからおすすめの法人カードも紹介します。

個人事業主が個人&法人カードに分ける必要性&メリットとは?

仕事&プライベートでお金を仕訳|法人カードはお金の管理に役立ちます


個人カードと法人カードを分けるメリットとして、公私混同しないように仕訳ができることです。

個人カードで全て、個人の支払い・会社の支払いをすると、どれが私的な利用で会社の経費であるかが分からなくなります。

すると、仕訳に無駄な時間を割かれ、貴重なビジネスタイムを浪費します。

もし法人カードが作成すれば、公私混同せず経費が明確に分かりますので仕訳に時間が取られませんし、経理の方や税理士から私的か?経費か?問われることもなくなります。

無駄な時間を使わないためにも、個人と法人で分けておくことをおすすめします。

毎月の法人カードの明細書でお金の流れを可視化|無駄使い防止&確定申告時に便利


会社の支払いを法人カードにすると、クレジットカードの明細書1枚でお金の流れを可視化できます。

明細書を見れば、いつ・どこで利用したかを一目で分かりますし、社員にクレジットカードやETCカードを渡しているなら、無駄な利用がないかをチェックできます。

また今までのように、現金で全て支払うと領収書を逐一発行しなければいけませんし、帳簿への記入や会計ソフトへの入力と言った手間がかかります。

しかし今では、法人カードによってクラウド会計ソフトと連携していることもあり、クレカ×クラウド会計ソフトの連携で、使った瞬間に記録される便利なソフトまであるのです。

お金の流れを可視化することで自身、あるいは社員の無駄遣いを確認し、コストカットに繋がる

そして、クラウド会計ソフトと連携していれば、確定申告時の手間が省けますのであらゆる無駄が省けますよ。

法人カードは特典が充実|海外旅行傷害保険&ビジネスサービス


法人カードを持つことで、様々な特典が使えるのも個人カードにはない強みです。

国内・海外出張時に役立つ保険や特典、または業務の効率化やコストカットに繋がるビジネスサービスまで用意しています。

では一例として「アメックス・ビジネスカード」の特典を抜粋して紹介しましょう。

・アメックス・ビジネスカードの利用情報を「クラウド会計ソフト freee」に連携

・国内、海外共に最高5,000万円の旅行傷害保険が付帯

・専任スタッフがあなたの荷物を空港、または到着ロビーから駅、バス停まで運ぶポーターサービスが付帯

・対象の空港パーキングが割引

等々、ここでは紹介しきれないほどの特典を揃えています。

またアメックス・ビジネスカードだけでなく、他のビジネスカードもカード会社独自の特典がありますので、個人カードよりも事業に役立つ機能を使えますよ。

クレジットカード会社からの警告がなくなる


個人事業主にとってクレジットカードは、商品の仕入れに利用していることもあるでしょう。

しかし、個人カードを商売のための仕入れに利用する、または明らかに個人利用の範囲を超える金額や商品の購入は、カード会社によって警告が入ります

警告を無視すると最悪の場合、クレジットカードを強制解約されます。

その点、法人カードを作成すればこれまで紹介したメリットを味わえますし、警告から解放されますので、なるべく個人・法人カードのように分けましょう。

個人事業主は法人カードに厳しい?クレカ審査のポイントは?

個人事業主は安定した収入が大切|毎月の収入を確認


個人事業主は「安定した収入」が審査通過の鍵です!

正社員でしたら、月々一定の収入が見込まれますし会社によってボーナスが支給されますので、クレジットカードの利用金額の回収が容易です。

一方、個人事業主は会社に属さないため、月々の収入が安定せず審査側も回収不能だけは避けたいため、審査を厳しくします。

そのため、たとえ年収が少なくとも毎月、一定の収入を出すことが大切です!

反対に、年収が高額でも何ヶ月か収入が途絶えることがあると、安定した収入とは言えませんので注意しましょう。

個人事業主のクレジットカード作成に屋号は必要?無職&無記入はNG


個人事業主は人により「屋号」を設けていない方が見られます。

税務署に開業届を提出することで個人事業主として認められますが、提出していない場合は自称になるのです。

確かに開業届を出さず、屋号を設けていなくとも商売はできますが、クレジットカード審査で不利になります。

なぜ不利になるのか?その理由を簡単に紹介すると、開業届を出していないため社会的信用がなく、確定申告を行っていない方ですと明確な収支が分からないからです。

屋号を持たず、収支が分からない申込者にカード会社は不信に思いますので結果、審査落ちが発生します。

だからと言って屋号がないため無記入にする、個人事業主として開業届を出していないから無職と記入するのは更に審査落ちの危険性が高まります。

クレジットカード審査は「信用」が大切ですので、審査通過のためにも税務署で開業届を行い屋号を設け、確定申告も一緒に行いましょう。

収入証明書の提出が肝心|収益&お金の流れの明確化で信用アップ


クレカ審査のポイントとして、あなたの「収入証明書」もカード会社にチェックされます。

正社員として働いていた時、収入証明書として「源泉徴収票」を提出すればよいですが、自営業では収入証明書の提示があります。

しかし、収入証明は1年間の収支を証明するものであり、確定申告しませんと発行すら不可能です。

つまり、開業1年目の方は収入証明書の発行ができません。

ただ収入証明書が不要なクレジットカードもありますので、審査に通過しやすくするなら後ほど紹介するクレカが良いでしょう。

ですが、申込したいクレジットカードが収入証明書が必要にもかかわらず申込むと、審査に落とされます。

カード申し込み&審査落ちは、信用情報に掲載されるためむやみやたらに申し込まず1年間、安定した収支を出す。または収入証明書がないクレカを申し込みましょう。

法人カードは審査が甘い?個人事業主専用カード導入に最適のクレカを選択


法人カードの審査に通過するなら、個人事業主のために用意されたクレジットカードを選ぶべきです。

専用カードの場合、本来なら収入証明書が必要なところ提出がない。そして、個人事業主としてスタートしたばかりでも申込できるクレジットカードがあります。

例えば、後ほど紹介する「三井住友ビジネスカードfor Owners」や「オリコエグゼクティブ for Biz」等が挙げられます。

確かに申し込みやすいですが信用情報に傷がある、または金融事故を起こしていると、たとえ専用カードであっても審査通過は厳しいため注意しましょう。

個人事業主用の法人カードが登場!おすすめしたい3枚のクレカとは?


個人事業主がなぜ法人カードを持つ必要があるのか?メリットとは?を理解したところで、いよいよあなたにおすすめしたい法人カードを紹介します。

・三井住友ビジネスカードfor Owners

・オリコエグゼクティブ for Biz

・アメックス・ビジネスカード

合計3種類の法人カードを.の特徴やメリットを合わせて、1つずつ詳しく解説していきます。

どのような特徴があるのか?早速見ていきましょう。

三井住友ビジネスカードfor Owners


初めに紹介するのは「三井住友ビジネスカードfor Owners」です。

特徴はなんと言っても、初めてビジネスカードを持たれる方でも満足の行く機能を数多く揃えていることです。

※こちらは「三井住友ビジネスカードfor Owners(一般)」の内容です

クラシック(一般)の場合、年会費1,250円+税ながら、旅行や出張時で活躍する海外旅行傷害保険&ショッピング補償が付帯。

そして、「アスクル」「DHLエクスプレス」「日産レンタカー」等のビジネスサービスや、約1,000ヶ所以上の施設が利用できる福利厚生まで揃えています。

その上、一括払いだけでなく多数の支払方法と各電子マネーを用意しているのも見逃せないポイントです。

もちろん一般のみならず「ゴールド」「プラチナ」と言った、ステータス性のあるクレジットカードも用意しています。

登記簿・決算書不要、そして個人事業主でも申し込めますので、初めてビジネスカードを持たれる方も満足の1枚になることでしょう。

オリコEX Gold for Biz S


「コストパフォーマンスが高いビジネスカードが欲しい!」

そんな希望に応えてくれるのが「オリコEX Gold for Biz S」です。

初年度年会費無料、更にゴールドカードながら年間2,000円+税で所有できる優れもの。

そして国内、海外出張や旅行時のもしもに対応する旅行傷害保険が、どちらも最高5,000万円まで受けられます。

更に、格安の年会費とは思えないほど充実したサービスがあなたを待っています。

・福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」を会員価格で利用可能

・国際ブランド「Master card」限定で「Mastercard ビジネスアシスト」「Mastercard T&E Savings」を用意

・国際ブランド「VISA」限定で「Visaゴールドカード優待特典」ビジネスサービスの割引や出張時の宿泊&レストランの優待を受けられる「Visaビジネスオファー」を用意

・国内主要空港、ハワイ・仁川空港の空港ラウンジサービスを用意

等々、ビジネスカードにふさわしい特典達が勢揃いです。

コストパフォーマンスが高く、なおかつ年会費を安く抑えるなら「オリコEX Gold for Biz S」がおすすめです。

アメックス・ビジネスカード


最後に紹介する法人カードは「アメックス・ビジネスカード」です。

「アメックスはステータス性も高いし、何より創業1年目で申し込めないのでは?」

と言う心配は無用です!

アメックス・ビジネスカードは、これまで紹介してきた2枚同様「起業1年目」から申し込める法人カードです。

そしてアメックスにふさわしい、豪華特典を受けられるのもこのカードの魅力と言えます!

例えば…

・国内、海外旅行傷害保険が共に最高5,000万円付帯

・国内主要空港やハワイ、仁川空港の空港ラウンジを無料で使える。同伴者も1名まで無料

・無料ポーターサービスが付帯

・空港パーキング割引や、空港まで荷物を運ぶ「手荷物無料宅配サービス」を用意

・購入した商品の返品補償を行う「リターンプロテクション」を用意

また、ゴールドカードになると海外旅行傷害保険が最高1億円。更にエアポート送迎サービスやキャンセルプロテクションまで付帯します。

その代わり、年会費は一般のグリーンで「12,000円+税」ゴールドは「31,000円+税」にアップします。

とは言え、ステータス性抜群であり、なおかつ国内や海外を飛び回る方にとって心強いサービスが数多く揃っています。

国内や世界を飛び回る方やステータス性を求めるなら、アメックス・ビジネスカードが良いでしょう。

まとめ

個人事業主でも、個人カードよりも法人カードを所有することを強くおすすめします。

公私混同で私用・経費にまわすものが分からなくなるリスクがなくなりますし、利用明細を確認することで自身の無駄遣いも把握できます。

更にビジネスシーンで役立つ特典や、個人カードにはない保険や割引もまた法人カードの強みと言えます。

その上、年会費が高くとも「経費」として入れられますので、たとえ年会費が高額でも自分好みのカードを選択できます。

そのためもし、あなたが個人事業主として法人カードを持っていないなら、所有することをおすすめします。

カード絞り込み検索

カード検索

カード絞り込み検索

新着記事

PAGE TOP