クレジットカード

アメリカン・エキスプレス・カードの海外旅行保険はすごい!補償金額に家族特約、返品補償にカードサービスまで完全ガイド!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

アメリカン・エキスプレス・カード=アメックスといえば、このグリーンのカード。

一般カードでありながらゴールドカード並みのステイタスを感じられるこのカードは、アメックスグリーンとも呼ばれています。

アメックスグリーンには海外旅行保険には、最大5000万円の補償、家族特約、ショッピング保険、返品補償も付いています。

空港ラウンジの利用や、各国のホテル宿泊料の割引、現地で何かと旅のヘルプをしてくれる日本語ホットラインなど、アメックスならではの海外旅行についてのサービスも充実。

今年のGWや夏休みの海外旅行でぜひ使ってみてはいかがでしょうか?

ここでは、アメックスの海外旅行傷害保険の補償内容、保険用語、上乗せ(合算)のウラ技や家族の保険、海外旅行向けのサービス、いざというときの海外緊急連絡先について解説します。

長い記事になりますので、

⇒アメリカン・エキスプレス・カード最大のメリットを今すぐ知りたい方はコチラ

⇒まだある海外旅行保険おすすめクレカ。エポスカード楽天カード楽天PINKカードライフカードセゾンブルーアメックス。

目次

アメックスの海外旅行傷害保険を徹底チェック!

アメックスに付帯する海外旅行保険を有効にする条件は? どの程度何をカバーしてくれるの? 利用条件と補償内容をチェックしてみましょう。

アメックスの海外旅行保険は自動付帯? 利用付帯? どう違う?

クレジットカード付帯の海外旅行保険には利用付帯と自動付帯の2つのタイプがあります。

利用付帯そのクレカでツアー代金や航空券のチケットの支払いをするなどの条件を満たさないと補償が有効にならない保険です。

自動付帯=クレカ会員ならとくに事前の手続き不要で、いざというときの補償がバッチリ付きます。

アメックスの海外旅行保険は利用付帯!

海外旅行保険を有効にするには、条件をクリアする必要があります。
なーんていうと面倒臭そうですが、知ってさえいれば、全然難しいものではありませんよ。

アメックスの海外旅行保険を有効にする条件とは?

アメックスの保険は利用付帯で、出国前でも出国後でも利用条件を満たしたときから最大90日間の補償が有効になります。

クレジットカードの利用付帯の海外旅行保険の場合、出国前の決済じゃないと使えないものもありますが、アメックスはなんと出国後、現地での決済でも利用できるのです。

保険をいつからいつまで有効にしたいのかにより、満たさなければいけない条件が異なるので、よく理解して上手に活用しましょう。

アメックスの海外旅行保険を旅行期間全体に有効にする条件とは?

自宅出発から帰宅まで、海外旅行期間全体にアメリカン・エキスプレス・カードの保険を有効にするには、出国前に次の条件を満たす必要があります。

旅行前に日本国内にて日本出入国のために時刻表に基づいて運行される国際航空機または国際船舶のチケットやパッケージ・ツアーの料金をアメックスで支払うこと。

アメックスの海外旅行保険は出国後でも有効にできる!

出国前に日本国内でのカードでツアー代金などの購入がなくても、出国後海外ではじめて飛行機や鉄道などの公共交通乗用具※のチケット料金をアメックスで支払えば、その購入時から帰宅するまでの最長90日間の補償が得られます。

保険のタイプ 利用付帯
補償の条件 出国前:日本出入国のための航空券・船舶のチケットをカードで決済。
出国後:現地の公共交通乗用具(鉄道、飛行機、船舶など)のチケットをカードで決済。
保険期間 海外旅行期間中(最大90日間)
引受保険会社 損保ジャパン日本興亜

※公共交通乗用具とは、航空法、鉄道事業法、 海上運送法に基づき、それぞれの事業を行う機関によって運行される航空機、電車、船舶などのこと。

電子マネーのチャージやデポジット、プリペイドカード購入費、空港利用税、航空券の発券手数料、航空券の消費税、航空機の座席指定手数料、ラウンジ利用料、タクシー代は対象外です。

ほかのカードの保険と併用したい場合のウラ技はこちら!

⇒ アメックス付帯の海外旅行保険で補償は十分?保険金額の上乗せ・合算のウラ技は?

アメックス付帯の海外旅行傷害保険/補償一覧

アメックスの海外旅行保険の補償内容と補償金額(最高額)を具体的に見てみましょう。

補償内容 補償金額(最高額)
① 傷害死亡・後遺障害 5000万円
② 傷害治療費用 100万円
③ 疾病治療費用 100万円
④ 救援者費用等 200万円
⑤ 個人賠償責任危険 3000万円
⑥ 携行品損害 30万円(免責3000円)
1品につき最大10万円、年間最大100万円
⑦ 緊急医療キャッシュレスサービス エリアや場合によりあり
⑧ 乗継遅延費用 なし
⑨ 出航遅延・欠航・搭乗不能費用 なし
⑩ 受託手荷物遅延 なし
⑪ 受託手荷物紛失 なし
⑫ ショッピング安心保険
(ショッピング・プロテクション)
100万円(免責1品または一対につき1万円)、年間最大100万円
⑬ 返品補償(リターン・プロテクション) 年間最大15万円(1品につき最大3万円)

アメリカン・エキスプレス・カード付帯の海外旅行傷害保険は、最大5000万円と高額ですが、傷害・疾病治療費がそれぞれ100万円と少ないのがデメリット。

傷害死亡・後遺障害の保険金も大切ですが、旅先で多いトラブルは事故や病気の治療費です。

ショッピング安心保険や返品補償が付いているのはアメックスグリーンならではのメリット!

次に①~⑫の補償内容・用語を説明していきますが、傷害・疾病治療費を上乗せするウラ技はアメックス付帯の海外旅行保険で補償は十分?保険金額の上乗せ・合算のウラ技は?で説明します。

保険用語ってわかりにくい! わかりやすく説明しよう!

アメリカン・エキスプレス・カードの補償について説明しましたが、保険用語ってよくわからない言葉がありますよね。

それではさきほど紹介した補償内容表の①〜⑫の用語について説明していきましょう。

①傷害死亡・後遺障害=最高5000万円

海外旅行中の事故によるケガが原因で事故の日を含め180日以内に死亡した場合。

<傷害とは?>

急激かつ偶然な外来からの事故による、身体に負ったケガ(骨折、やけど等)のこと。

つまり、交通事故のように予測できない外的要因によるケガのこと。

<後遺障害とは?>

海外旅行中の事故によるケガが原因で事故の日を含め180日以内に身体に後遺障害が残った場合。その後遺障害の程度に応じて、最大補償金額の3%〜100%を支払う。

医師による治療の効果や完治が医学上期待できない、被保険者の身体に残された症状が完治できないという機能の重大な障害に至ったものまたは身体の一部の欠損。

つまり完治して事故前の機能が取り戻せない機能障害のこと。

②傷害治療費用=最高100万円

海外旅行中の事故によるケガ(骨折、やけど等)を負った場合の治療費。ただし、事故の日から180日以内に治療のため支出した費用で、保険会社が妥当と認めたもの。

③疾病治療費用=最高100万円

海外旅行中に発病した病気の治療費、旅行中に感染して医師の診療を受けた約款所定の感染症の治療費。

④救援者費用等=最高200万円

旅行中にケガ、病気による入院費、親族が現地に駆けつけた交通費、宿泊費等。

⑤個人賠償責任危険=最高3000万円

旅行中にホテルの備品を壊してしまった、他人にケガをさせてしまった等の賠償費用。

⑥携行品損害=30万円(免責3000円)1品につき最大10万円

旅行中にバッグを盗難された、観光中に人がぶつかってきてカメラを落としたら壊れてしまった、等。免責とは、自己負担する金額のこと。

⑦緊急医療キャッシュレスサービス=エリアや場合によりあり

海外旅行中のケガや病気によって、病院や日本への緊急移送や現地での治療が必要な場合に、保険会社が提携する病院でキャッシュレス、つまり現地支払いなしで診療や治療が受けられるサービス。

⑧乗継遅延費用=なし

複数の飛行機を乗り継ぐ予定が、1つめの飛行機が遅延して次の飛行機に乗り遅れた場合。

⑨出航遅延・欠航・搭乗不能費用=なし

飛行機の欠航や出発遅延などにより、かかった宿泊費、食事代等。

⑩受託手荷物遅延=なし

預けたスーツケースや荷物がほかの都市に運ばれてしまうなどして到着が遅延。そのために必要になった生活必需品等の購入費。

⑪受託手荷物紛失=なし

受託手荷物遅延で、所定の時間以上手荷物が受け取れなかった場合、紛失扱いになる。

⑫ショッピング安心保険(ショッピング・プロテクション)=最高100万円

カードで購入した物品に対して、購入日から120日間に起きた、海外、国内で発生した盗難などの偶然な事故・破損・爆発・破裂・火事などによる損害を補償。

1事故の1品または1セットにつき、免責1万円。年間最大100万円。

⑬返品補償(リターン・プロテクション)=最高15万円

カードで購入した商品が、未使用かつ故障・損傷なく正常に機能しているが返品をしたい場合。

購入店が返品を受け付けない場合に限り、購入日から90日以内に連絡すれば商品をアメックスに返却できます。商品の購入額(海外利用の場合は日本円相当額)はカード代金引き落とし口座に払いしされます。

年間最大15万円。1品につき最大3万円を補償。

※それぞれの項目には保険の対象となる細かい条件があるので、詳しくは保険約款でご確認ください。

海外旅行先で多いこんなトラブル。アメックスの補償は?

海外旅行保険って、たとえばどんなときに必要なの? 紛失や盗難、病気、損害賠償の事例をいくつかあげてみましょう。

ペルーのトレッキングで高山病に!

ペルーでトレッキング中に高山病を発症。

現地病院での受診・治療費用が発生して約16万円かかった。

アメックス付帯の保険は疾病治療費の補償が最大100万円なので、この場合は保険でカバーされますね。

中国でホテルの備品を破損!

誤ってホテルのロビーの置物を割ってしまい、ホテルから損害賠償請求を受けた。

置物の代金で約20万円を補償。

アメックス付帯の保険は損害賠償の補償が最大3000万円なので、この場合は保険でカバーされますね。

ハワイで転んでデジカメが壊れた!

ハワイで観光中、段差につまずいて転倒し、持っていたデジタルカメラを落として破損した。

携行品損害で約10万円かかった。

アメックス付帯の保険は携行品損害の補償が最大30万円なので、この場合は保険でカバーできます。

ただし、1事故につき免責金額3000円となります。

※傷害・疾病の事例と治療費はエイチ・エス損保「ネット海外旅行保険たびとも」旅行先でのトラブル事例より

⇒アメリカン・エキスプレス・カード付帯の海外旅行保険で補償は十分?保険金額の上乗せ・合算のウラ技は?

アメックスグリーン付帯の旅行傷害保険/家族への補償は?

アメックスグリーンの海外旅行保険について家族への補償はどうなっているのかを解説します。

アメックスには家族カードはあるの? 海外旅行保険の家族特約は?

アメックスの海外旅行保険には家族特約が付いています。これは一般のゴールドカードやプラチナカードに匹敵するサービスですね。

家族カード会員への補償と家族特約の違いとは?

・家族カード会員への補償とは、家族が会員になっているカードに付帯する保険の補償。つまり家族自身が家族カードを持っている必要があります。
・家族特約とは、自分の持っているカードに付帯する家族への補償のこと。この場合、家族がカードを持っている必要はありません。

更に、アメックスでは、家族カードを発行することもできますが、年会費が1枚6000円(税抜)とやや高額。

家族カード会員の対象となるのは、原則、配偶者・ご両親・18歳以上の子供で、最大6枚まで発行できます。

それでは、アメックスグリーンの家族への海外旅行保険補償額をみてみましょう。

アメックスグリーンの家族の補償は?

アメックスグリーンの海外旅行傷害保険における家族特約と家族カード会員への補償額です。

会員種別 本会員 家族特約 家族会員
年会費 1万2000円(税抜) なし
(本会員の補償に含まれる)
6000円(税抜)
傷害死亡・後遺傷害 5000万円 1000万円 5000万円
傷害治療費用 100万円 100万円 100万円
疾病治療費用 100万円 100万円 100万円
個人賠償責任 3000万円 3000万円 3000万円
携行品損害(免責3000円) 30万円
※1点あたり10万円限度
30万円
※1点あたり10万円限度
30万円
※1点あたり10万円限度
救援者費用 200万円 200万円 200万円
航空機遅延費用等 なし なし なし
航空機寄託手荷物遅延等費用 なし なし なし
ショッピング安心保険
(免責1事故1万円)
100万円 100万円
返品補償
(リターン・プロテクション)
年間最大15万円
※1点最大3万円
年間最大15万円
※1点最大3万円

※金額はすべて限度額
※引受保険会社は損保ジャパン日本興亜です。

表の通り、家族カード会員にも本会員と同じ補償が付きますが、本会員の補償に含まれる家族特約は、死亡・後遺障害の補償額が1000万円と下がるだけで、治療費や損害の補償額は同じです。

家族カード会員の年会費は1枚6000円(税抜)。家族と旅行中に別行動する予定があれば別々にカードを持ったほうが便利ですが、保険だけを考えれば家族特約で十分かもしれません。

アメックス付帯の海外旅行保険で補償は十分?保険金額の上乗せ・合算のウラ技は?

最大5000万円の補償が利用付帯するアメックスですが、万が一のときは補償が足りないかもしれません。

傷害・疾病治療費が少ない!アメックスグリーンのデメリットを解消するには?

アメックスは、傷害死亡・後遺障害の補償額が最高5000万円と高額ですが、残念ながら傷害・疾病治療費がそれぞれ最大100万円と少ない!

また緊急医療キャッシュレスサービスは、「あり」と公言しないまでも、できるだけカード会員に負担のないよう手助けするという内容。

このデメリットを解消するには、年会費無料の他社カードとの複数持ちがおすすめです。

アメックスグリーンのデメリットは保険付き年会費無料クレカの複数持ちで解消!

アメックスグリーンと一緒に海外旅行に持っていきたいおすすめカードを紹介します。

アメックスに上乗せするクレジットカードのおすすめはこの1枚!

イチオシは、年会費永年無料で旅行保険が自動付帯のエポスカードです! 年会費がずっと無料で保険が自動付帯なので、持っていても損をすることはありません!

では、アメックスグリーンとエポスカード複数持ちした場合の補償額を見てみましょう。

アメックスにエポスカードを上乗せ(合算)した場合


アメックス

 + 


エポス

エポスカードは年会費無料で海外旅行保険が自動付帯!

アメックスとエポス、2枚のカードを持っているとどんな補償内容になるでしょうか?

アメックスとエポスカードを2枚持ちした場合の補償内容は次のように合算されます。

アメックス エポスカード アメックス+エポスカード
付帯のタイプ 利用付帯 自動付帯 利用付帯+自動付帯
傷害死亡・後遺傷害 5000万円 500万円 5000万円
(保険内容が重複した場合、高いほうが支払われる)
傷害治療費用 100万円 200万円 合算で300万円
疾病治療費用 100万円 270万円 合算で370万円
個人賠償責任(免責なし) 3000万円 2000万円 合算で5000万円
携行品損害(免責3000円) 30万円 20万円 合算で50万円
救援者費用 200万円 100万円 合算で300万円

上の表でも説明しましたが、傷害死亡・後遺障害は補償金額が高い方のカード1枚分だけになるので、上の表の場合はアメックスの5000万円となります。

それ以外は傷害と疾病の治療費はもちろん、個人賠償責任や携行品、救援者費用までしっかり合算されます。

アメックスグリーンの弱点である傷害疾病の治療費が、エポスカードは充実。エポスカードに足りない傷害死亡・後遺障害の補償がアメックスグリーンは5000万円。

またアメックスの海外旅行保険では、「ある」とも公言できないけど「ない」とも言い切れない。なるべく会員の負担にならないよう手助けする。

つまりアメックスグリーンではケースバイケースという緊急医療キャッシュレス・サービスがエポスカードでは「あり」と公言されています。

つまり、アメックスグリーンとエポスカードの組み合わせはお互いの弱点をフォローしあえる最適なコンビなのです!

アメリカン・エキスプレス・カードとエポスカードの保険を上手に使うウラ技

アメックスグリーンの海外旅行保険は利用付帯、エポスカードの自動付帯です。
エポスカードの保険は有効なカードを持っていれば、保険も自動的に有効になるので、出国前に何か手続きをする必要もありません。

アメックスグリーンとエポスカード、2枚のカードの海外旅行保険を上手に使うウラ技とコツを紹介しましょう。

アメックスには家族特約がある

アメックスグリーンには家族特約が付いているので、海外旅行に同行する家族がほかの保険付きクレジットカードを持っていない場合は、アメックスの保険を旅行全体に有効にしましょう。
出国前にパッケージツアーや航空券代金をアメックスで支払えばOKです。

旅行期間が長い場合は、アメックスの利用付帯条件を上手に活用する

アメックスグリーンもエポスカードも保険の有効期間は海外旅行中の最長90日間ですが、アメックスグリーンは出国後の公共交通乗用具(飛行機、鉄道など)の料金決済時点から最長90日間、保険を有効にすることができます。
旅行期間が90日間を超えてしまう場合は、旅行終了時までの期間から逆算して90日前から保険を有効にすれば、トータルでの保険期間を長くすることができるのです。
家族特約を考えなければ、エポスカードには万が一の緊急医療キャッシュレスサービスが付いているので、いざというときも安心です。

アメックスとVISA、カード2枚持ちのメリット

ショッピングやレストランの支払いに使う場合、アメックスはアメリカやカナダ、ハワイなど北米エリアでは強いのですが、アジアやヨーロッパなどでは高級ホテルやショップ以外は使えないところが多いかもしれません。
エポスカードとの2枚持ちは、保険が上乗せできるだけでなく、世界中で幅広く使えるVISAカードが持てる。
さらにアメックスはキャッシングができませんが、エポスカードVISAなら世界各国で可能。
保険についてはアメックスにもエポスカードにもいざというときの緊急連絡先はアジアやヨーロッパなど各方面にあるので安心ですね。

<ココがポイント!>
・アメックスグリーンには家族特約が付いている
・アメックスとVISA。2つの国際ブランドが使える
・アメックスはキャッシングできないがエポスカードVISAは世界で使える!
・旅行期間が90日間を超える場合は、現地に行ってからアメックスの保険を有効にして保険期間を延長できる

⇒アメックスの詳細はこちら!
⇒エポスカードの海外旅行保険詳細はコチラ!
⇒エポスカードの詳細はこちら

アメックスの最短発行日は? 年会費は?

2019年のGWは最大10連休! 海外旅行前にカードを作りたいけど、まだ間に合うの?

会員種別 本会員 家族会員
年会費 1万2000円(税抜) 6000円(税抜)
最短発行日 2〜3週間 本会員申し込み後、約2週間
国際ブランド Amexのみ Amexのみ

アメックスの審査には、通常2〜3週間かかりますのでお早めに!

アメックスの新規入会キャンペーンはポイントを大量にゲットするチャンス!

入会と3ヶ月間の利用で最大18000ポイント獲得可能
ご入会後3ヶ月以内に3回のカードご利用で500ポイント
ご入会後3ヶ月以内に20万円のカードご利用で1,500ポイント
ご入会後3ヶ月以内に60万円のカードご利用で10,000ポイント
60万円のカード利用で、6,000ポイント合計18,000ポイントがもらえるチャンスです。

航空券にホテル代、ツアー代金、お土産代などなど旅行の代金を全部アメックスで支払い、更に家賃や光熱費、スマホ代などの月々の支払いもアメックスにすれば実は難しくありません。

一度しかない新規キャンペーンをがっつり活用しましょう!

⇒アメックス(アメックスグリーン)の大量ポイントがもらえる年会費キャンペーンはこちら!

アメックス最大のメリット!海外旅行サービス充実でステイタスのある旅行を楽しめる!

アメックスグリーンには、ステイタスのある海外旅行を楽しむためのサービスが充実しています。

最大5000万円の海外旅行保険には家族特約・ショッピング&返品補償付き!

最大5000万円の海外旅行傷害保険が利用付帯で、家族特約(家族への補償)もバッチリ。

最大100万円のショッピング安心保険(ショッピング・プロテクション)、最大15万円の返品補償(リターン・プロテクション)が付いているのは、アメックスブランドならではのサービスです。

国内外30の空港ラウンジが利用できる!

アメックスグリーン会員なら、国内28空港と、ハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港(旧・ホノルル国際空港)、韓国 仁川国際空港のラウンジを無料で利用できます。

さらに同伴者1名まで無料!

プライオリティ・パスのメンバーシップ年会費が無料!

プライオリティ・パスとは、国内外1,200ヶ所以上の空港ラウンジを利用できる会員制サービスのこと。アメックスグリーンの会員なら通常99米ドルの年会費が無料に!

カード会員と同伴者それぞれ1回32米ドルの利用料が必要ですが、ラウンジにより、ドリンクやフード、雑誌・新聞、WiFiやパソコン利用のサービスが受けられます。

乗り継ぎ時間が長いときや、万が一飛行機が遅延しているときにゆっくり休むことができるのもメリットです。

グローバル・ホットライン(日本語・24時間)が現地で旅行をサポート!

海外旅行中のレストランや現地ツアーの手配から、事故や病気になったときの医療機関のご紹介など緊急時の支援まで、アメックスのグローバル・ホットラインがお助け!

アメックスのグローバル・ホットラインなら日本語で24時間対応でヘルプ。緊急時に医師や病院も紹介してくれるので、本当に心強いですね!

グローバル・ホットラインのサービス内容はこちら!

■旅行・レジャー関連サービス
・航空券の予約、発券の手配、予約の再確認、変更
・ホテルなど宿泊施設の紹介、予約、取消
・レンタカー/リムジン・サービスの案内、予約、取消
・現地ツアーの案内、予約、取消
・レストランの案内、予約、取消
・ゴルフ・コースの案内、予約、取消
・主要都市でのミュージカル等のチケットの案内
・天気予報

■緊急時等のサービス

・最寄りの日本大使館、領事館の案内
・カード紛失・盗難の処理、再発行の手続き
・パスポート、所持品の紛失・盗難時のサポート
・パスポート、査証、予防接種等についての案内
・医師、歯科医、病院、弁護士の紹介
・カードに付帯される海外旅行傷害保険の保険金請求のお手伝い
・緊急メッセージの伝言サービス

■その他のサービス

・その他のカードに関する問い合わせ
・電話による簡単な通訳サービス(ビジネス等の場合を除く)
・通訳派遣のアレンジメント

※サービス内容は海外旅行先によっても異なります。

グローバル・ホットラインの連絡先はこちら!

エクスペディアでホテル宿泊料金8%オフ!

アメリカン・エキスプレスのカード会員なら、世界各国のホテルをオンラインで予約できるサイト「エクスペディアExpedia」で宿泊料金が8%オフ!

長い旅行になると8%の割引分で、何泊分かの費用が実質無料になるかも!

アメックス専用旅行サイト&トラベルデスクが海外旅行のプラン作り、ツアーやチケット取得をお手伝い!

アメリカン・エキスプレスには、カード会員専用の旅行予約サイトとトラベルデスクが用意されています。

どんなサービスが受けられるのか、簡単に紹介しましょう。

アメリカン・エキスプレス・トラベルオンライン

アメックスのカード会員専用旅行サイト「アメリカン・エキスプレス・トラベルオンライン」では、国内外のホテル、海外航空券、レンタカーのオンライン予約が可能。優待料金やポイント特典など、カード会員限定の特典も多数!

H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク

アメックスのカード会員専用トラベルデスク「H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク」なら、電話1本で海外・国内のご旅行の手配やプラン作りの手助けをしてくれます。

※トラベルデスクの運営は株式会社エイチ・アイ・エスが担当しており、パッケージ・ツアー以外の手配や観光プラン作成などには別途所定の手数料がかかります。

アメックスの緊急連絡先

カード紛失、盗難、事故、急病などトラブルが発生した場合は次の連絡先にすぐ電話して、オペレーターの指示に従いましょう。

パニックしがちな緊急時も日本語で対応してくれるので安心ですね。

【出発前・帰国後の連絡先】
アメリカン・エキスプレス・保険ホットライン:0120-234586(フリーダイヤル)9:00〜17:00(土日祝休)

【海外からの連絡先/グローバル・ホットライン 日本語対応、24時間 無料通話(赤字除く)】

国名 無料通話(赤字除く)
アメリカ合衆国(ハワイ・アラスカを含む) 1-800-766-0106
カナダ 1-800-766-0106
中南米・カリブ諸島 1-804-673-1670
フランス 0800-90-83-91
ドイツ 0800-181-0778
イギリス 0800-866-668
スペイン 900-99-4447
イタリア 800-871-981
スイス 0800-55-47-03
上記以外のヨーロッパ
(旧ソ連邦・アフリカ・中近東)
(44)20-8840-6461 (イギリスセンター)
オーストラリア 1800-553-155
ニュージーランド 0800-44-9348
香港 800-96-3013
シンガポール 1800-535-2209
韓国 00798-651-7032
台湾 00801-65-1169
上記以外のアジア・オセアニア (65)6535-2209 (シンガポールセンター)

※()内は国別番号。

※赤字の電話番号はコレクト・コールをご利用ください。また海外からお電話がつながらない場合には、カード裏面の電話番号までコレクト・コールでかけてください。

アメックスグリーン付帯の海外旅行保険のまとめ

アメックスグリーンのメリットをまとめてみましょう。

アメックスの海外旅行保険のおすすめポイントはこの3つ!
1.最大5000万円補償の海外旅行保険が自動付帯!
2.家族特約・ショッピング補償・返品補償が付いている!
3.グローバル・ホットラインが現地で旅行をサポート!
アメックスグリーンには最大5000万円補償の海外旅行保険が自動付帯!

アメックスグリーンの海外旅行保険は最大5000万円の補償!

これは一般カードなのに他社ゴールドカードやプラチナカード級の補償です。

家族特約・ショッピング補償・返品補償が付いている!

家族カードを持つことなく家族の補償が得られる家族特約や、購入品の物損を補償してくれるショッピング安心保険、未使用なら故障や破損なくても返品できる返品補償が付いているのは、アメックスならでは!

さらに現地で24時間日本語で海外旅行をサポートしてくれる「グローバル・ホットライン」や空港ラウンジ利用、ホテル料金割引などの特典も充実!

アメックスグリーンは、GW前にぜひ1枚作っておきたいカードです。

アメックスグリーンの海外旅行保険は利用付帯。海外旅行のパックツアーや航空券の決済はすでにしてしまっていても、現地での航空券や鉄道料金を決済するだけでも保険は有効になりますよ!

⇒アメックスグリーンの新規入会はこちら!

⇒エポスカード新規入会はこちら

カード絞り込み検索

記事検索

カード検索

カード絞り込み検索

FPコラム

アンケート調査

PAGE TOP