クレジットカード

無職の資産家もクレジットカードを持てる!宝くじ高額当選者&専業トレーダーも発行できるカードとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

資産家で会社に勤めていない方。宝くじでお金持ちになったから無職の方。
またはトレーダーとして活動していた方が、初めてクレジットカードを作ろうとしたとき、審査落ちしてしまうことがあります。

というのも、クレジットカード発行時の職業欄に適した項目がないことや、銀行口座に大金があっても、仕事に就いていないとクレジットカード会社からは無職と判断されることがあるのです。

しかし!これから紹介するクレジットカード、または方法を活用すれば資産家のあなたもクレジットカードを発行できます。

銀行・クレジットカード・裏ワザ…等々資産家のあなたにピッタリの方法を紹介しますので、最後までご覧ください。

資産家なのにクレジットカードの審査落ち!?審査落ちする理由とは?

現金主義は要注意!クレヒス&信用情報がない

資産家の方々で注意したいのが「クレヒス」や「信用情報」です。

クレヒスは「クレジットカードヒストリー」のことであり、端的に言えば「クレジットカードの利用履歴」を指します。

クレジットカードを利用していれば、「信用情報機関」に利用履歴が積み上がり、延滞や滞納と言った悪い情報を残さなければ、カード会社への信用に繋がります。

反対に、遅延や滞納をすれば「信用情報機関」に悪い履歴が残ってしまい、信用情報が悪化するのです。

「でもクレジットカードを使っていないし、他の支払いも延滞や滞納をしていないからクレヒスや信用情報は関係ないのでは?」

と思いますよね?

一度でも悪い情報が信用情報機関に掲載された方は約5年後に、情報が消去されます。

すると、クレヒスや信用情報がない「スーパーホワイト」の状況となり、そうなると今まで経験を積み上げていない方々と同じ状態になるのです。

つまり、クレヒスや信用情報を積み上げていないと「スーパーホワイト」と扱われるので、信用情報機関に延滞や滞納をしていたが、5年経ったので情報を消された人と同じ扱いを受ける危険性があります

したがって、クレジットカードを申し込む際に時には、カード会社からお断りされる可能性が出てきます。

資産家だけど無職?トレーダー&投資家等のクレジットカード会社の捉え方


資産家の方は、トレーダーや個人投資家、またはギャンブラー等々、幅広い分野で活躍されているかと思います。

しかし、クレジットカード会社の中には、残念ながら申込時、資産家の職業を記入する欄を設けていない時があります。

そうなると、申込時に「その他」があればまだ良いですが、ない場合は「無職」と記入するしかありません。

相手が分からないだろうと思い、職業欄を捏造するのは絶対にいけません。

クレジットカード会社はあなたの情報を隅から隅まで調べますので、誤った情報を記載するとそれだけで審査落ちする危険性があるのです。

現在は徐々に、資産家の方々が就くであろう職業を記載するところも増えていますが、設けていないところは無職と捉えられる可能性があります。

資産家でもクレジットカードが発行可能|銀行独自のサービスとは?

ここまで読んで「資産家がクレジットカードを所有するのは厳しいな…」

と思っているそこのあなた!

実は銀行独自のサービスで、資産家の方々のために特別なクレジットカードを用意しています。

そのクレジットカードを1枚ずつ紹介していきますので、クレジットカード選びの参考にしてください。

みずほプレミアムクラブでクレジットカード発行

もしあなたが、みずほ銀行に高額の預金をしているなら「みずほプレミアムクラブ」という会員制サービスからの招待がくる可能性があります。

みずほプレミアムクラブとは、みずほ銀行に預かり資産の合計が1,000万円以上、かつ預金合計額が50万円以上等の条件を満たすことで、みずほ銀行より案内が送付されます。

そこから申し込むことで、年会費は発生せず「ATM利用手数料無料」や「健康相談(365日24時間対応)&医療施設・介護施設ご案内」

「ホームセキュリティ特別優待」「有名百貨店でのお買い物特別優待」等々、ここでは紹介しきれないほどの特典がもたらされます。

その特典の中に「大丸松坂屋カード ゴールド」が含まれているのです。

ただし、みずほ銀行からの招待制なので自分から申し込めないという大きなデメリットがあります。

SMBC信託銀行の「プレスティアゴールド」を利用する

次に紹介するのは、SMBC信託銀行の「プレスティアゴールド」と言うサービスです!

こちらのサービスを利用することで例えば、国内円振込手数料無料、更に海外ATM利用手数料無料や海外電信送金と言った手数料まで無料にできます。

また富裕層向けのお得なローンまで展開されており、正に至れり尽くせりのサービスをあなたに提供します。

そしてプレスティアゴールドに加入することで、なんと「PRESTIA Visa PLATINUM CARD」を所有できるのです。

初めからプラチナカードを所有できるメリットを持っていますので、SMBC信託銀行のサービスも候補に入れておくと良いでしょう。

※プレスティアゴールドになるには、月間平均総取引残高が1,000万円相当額以上であり、なおかつ外貨建て商品と言った資産運用を検討されている方に、SMBC信託銀行から案内が届きます。

SMBCの公式サイトにプレスティアゴールドについての問い合わせ・相談先のフリーダイヤルが設置されています。

プレスティアゴールドの詳細や問い合わせ先は公式サイトから

三菱東京UFJ信託銀行のエクセレント倶楽部サービスの1つ「クオリティライフサポート」で発行しましょう

最後に紹介するのは三菱東京UFJ信託銀行が展開する、エクセレント倶楽部サービスの1つ「クオリティライフサポート」を利用した発行方法です。

エクセレント倶楽部では、会員基本サービスの「メンバーシップサービス」定期預金金利上乗せや住宅ローン金利引き下げ等のサービスがある「トラストバンキングプレミアム」

そして、暮らしをサーポートする「クオリティライフサポート」の3つに分かれているのです。

この「クオリティライフサポート」に「菱信ディーシーカード」を発行できるサービスが含まれており、更に入会特典として初年度の年会費無料やポイント優待まで受けられます。

入会条件として「お取引残高:1,000万円以上」または「住宅ローン」の取引がある方限定ですので、資産家でしたら取引残高を狙っていきましょう。

クオリティライフサポートの入会条件など公式サイトはこちら

クレジットカード選びも大切!資産家に最適のクレジットカードは?

【アメックス】職業選択欄を豊富に揃える優秀カード

資産家の方々におすすめできるクレジットカードとして、初めに紹介するのは「アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)」です。

アメックスは富裕層・資産家と言った方々でも申込できるよう、職業欄を豊富に用意しています。

例えば、不動産収入や有価証券などの利子配当で生活をしている場合は上図のように選択できます。

もし、自営業として仕事をしている場合にも無職とかかずに、上図のように設定できるのもアメックスの強みです。

その上更に!預貯金額も記入できますので、資産を大量に保有しているなら審査時に有利になることでしょう。

したがって、アメックスは資産家の方々におすすめできるクレジットカードと言えるでしょう。

※もちろん他のアメックス、例えばゴールドやANAアメックス等も同様に選択できます

【Luxury Card】年金・不動産収入&自営業・自由業等幅広く選択できる1枚

もう1枚紹介したいのが「Luxury Card」です。

新生銀行グループが発行するクレジットカードであり、主に資産家や富裕層向けのクレジットです。

24時間365日対応するコンシェルジュサービスや、世界の空港に備えるプライオリティラウンジが利用可能。

更に旅行やダイニングに最高のおもてなしをする「VIPホテル&トラベルプログラム」や「ラグジュアリーテーブル」等々、ここでは紹介しきれないほどのサービスが揃っています。

そんなLuxury Cardですが、申込む際にも資産家の方々のために幅広い商業欄を揃えています。

例えば上図のように、年金や不動産収入によって収入を得ている方向けの項目があります。

また、個人事業主としてトレーダーや商品の売買で生計を立てている方向けに自営業の項目を用意していますし、ギャンブルやプロゲーマーなどの自由業にも対応しています。

職業欄を幅広く用意しているLuxury Cardは、資産家にとって申し込みやすいクレジットカードと言えるでしょう。

【三井住友ビジネスカード for Owners】個人事業主も申し込めるビジネスカード

三井住友VISAが発行している「三井住友ビジネスカード for Owners」はビジネスカードながら個人事業主でもカード発行が可能です。

職業選択欄は三つと少ないように感じるかもしれません。

ですが、この「自営業・自由業の方」の中には「農業・漁業・芸術家・文筆業・芸能人・不動産賃貸業(不動産収入のある方)など、一定の雇用関係によらず独立して専門的職業を営む方」という広い括りがあります。

入力を続けていくと、勤務先の入力欄がありますが、「会社の種類」を選択するプルダウンには「その他」があります。

事業所名・屋号を記入する欄も、屋号を取得していなければ「ジエイ」と入力すれば問題ありません。

ビジネスカードですがWebからの申込で、本人確認書類のみで完了するのも嬉しいポイントです。

三井住友ビジネスカードfor Ownersには「クラシック」「ゴールド」「プラチナ」の3種類があり、それぞれ年会費、カード利用枠が違います。

クラシック ゴールド プラチナ
年会費
1,250円+税 10,000円+税 50,000円+税
カード利用枠
原則10万円~80万円 原則50万円~200万円 原則200万円~500万円
旅行傷害保険
最高2,000万円の海外旅行傷害保険
※利用付帯
最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険
(※1)
最高1億円の海外・国内旅行傷害保険

※1傷害死亡・後遺障害補償が事前の旅費等のカード決済利用の有無で最高保証金額が変動します。

更にゴールドとプラチナには国内主要の空港ラウンジが無料で利用できるサービスもつきます。

年会費やカード利用枠などを比べて利用しやすいカードを選んでください。

資産家がクレジットカードを発行する裏技は?

【PARCOカード・クラスS】パルコ株主の優待サービスでクレジットカードを発行

パルコの株主になると「PARCOカード・クラスS」を発行可能です。

発行条件は、毎年2月末日・8月31日現在「100株以上保有」していると、株主、または株主の家族が発行できます。

PARCOカード・クラスSでは、通常パルコカード同様にパルコのお会計で「5%OFF」更に期間限定のセール時は「10%OFF」にもなります。

その上、パルコ各店で「PARCOカード・クラスS限定」の特典まで用意されているのです。

もしクレジットカードを簡単に発行したいなら、パルコの株主になりPARCOカード・クラスSを発行しましょう。

資産家の皆さんに朗報!審査がいらないデビットカード&家族カードも検討

どうしてもクレジットカードが発行できない!と感じる資産家の方々がいましたら、クレジットカードの「家族カード」やデビットカードを試してみてはいかがでしょうか?

家族カードは、親族の中にクレジットカードを所有しており、なおかつ家族カードが発行できるカードであれば発行できます。

家族カードであれば、あなたのクレヒスや信用情報を確認されず、本会員の情報をもとに審査されますので、本会員に問題ない限り発行されます。

もし、家族カードも発行できない場合は「デビットカード」も検討しましょう。

デビットカードは、クレジットカードのようにカード決済が可能であり、決済すると同時に即、連動した銀行口座より引き落とされます。

現在ではデビットカードもプラチナカードを用意する時代となり、例えば「タカシマヤプラチナデビットカード」と言った高級カードもあります。

タカシマヤプラチナデビットカードは年会費が30,000円(税抜)発生し、カードの有効期限は4年間となっています。

その代わりキャッシュカードとしては1日200万円まで使用可能でしたり、デビットカードとしても1日200万円まで(最大500万円まで変更可能)、1ヶ月あたり500万円まで可能(最大1,000万円まで変更可能)と、高額な買い物がしやすくなっています。

もちろん、高島屋店内や駐車場の優待、国内海外旅行傷害保険も充実しています。

また楽天銀行が発行する「楽天銀行ゴールドデビットカード(VISA)」「ちばぎんスーパーカード デビット ゴールド」等、ゴールドカードまで用意されているのです。

このように、例えあなた自身で発行できなくとも家族カードを発行する、または審査不要のデビットカードを発行できますので、カード選びの際に利用してみましょう。

まとめ

最後になりますが、資産家の方々がクレジットカードを選ぶ際、クレヒスや信用情報。または職業欄と言った不利な面が見られます。

しかし、各銀行が用意する資産家向けのサービスや、富裕層&資産家向けのクレジットカードを選択することで、クレジットカードを作成できる可能性が向上します。

また家族カードやデビットカードもありますので、親族でクレジットカードを所有していれば家族カードでも良いですし、すぐにでも発行したいなら審査不要のデビットカードも良いでしょう。

資産家であるあなたがもし、クレジットカードを発行したいと思いましたら、資産家向けのサービスやクレジットカードを選択して申し込んでみましょう。

カード絞り込み検索

カード検索

カード絞り込み検索

新着記事

PAGE TOP