クレジットカード

高校生でも家族カードは作れる?デビットカードという選択肢もあり!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

アプリの購入やネット通販など、高校生でも自分のクレジットカードを持っていると便利な時代です。
ですが、そこで不安と疑問が・・・

・子供にカードを持たせたいけど、家族なら高校生でも家族カードを作ることができる?
・高校生でも家族カードを発行してもらえる特例とは?
・デビットカードなら高校生でも作れるってホント?

ここでは、高校生が家族カードを作る条件、メリットとデメリット、高校生でも作れるデビットカード、オススメのカードについて解説します。

家族カードは高校生でも作れるの?

基本的には高校生は家族カードを作ることはできませんが、特例があります。家族カードの申込み条件と、高校生が家族カードを作れる特例についてお話ししましょう。

家族カードの申込み条件とは?

家族カードの申し込み条件は、一般的に次のように告知されています。「本会員と生計をともにする配偶者、両親、18歳以上の子ども(高校生を除く)」

つまり18歳以上でも高校生だと家族カードが作れません。
在学中の高校生が家族カードを作るには、卒業するまで待たないといけないのです。

目的次第では高校生でも家族カードは作れる!

原則的にはクレジットカードを作れない高校生ですが、例外的に家族カードを作ることができます。
それは留学やホームステイの予定がある場合です。
いくつかのカード会社ではこの特例を認め、家族カードを発行してくれます。
オススメカードを紹介する前に、高校生が家族カードを持つメリットについて解説しましょう。

高校生が家族カードを持つメリット

留学やホームステイの際、単身で海外に暮らす高校生に家族カードを作るメリットを挙げてみましょう。

審査は本会員が対象になる

家族カードにも審査がありますが、対象は支払い者である本会員となります。
支払いの遅延や会員規約の違反など、本会員の信用に問題がない限り、スムーズに家族カードが発行されるでしょう。

海外利用分でもポイントが貯まる

クレジットカードの大きな魅力となるのが、ポイントサービスです。
高還元率のクレジットカードでは、1.0%以上のポイントが付くこともあります。

海外の留学先で使った家族カード決済に対してもポイントは付与され、本会員のアカウントに貯まります。
高額になる渡航費や留学費用は、現金払いするよりポイントが貯まる家族カードで払ったほうが断然オトク!

海外旅行保険の補償が受けられる!

高校生を単身で海外に送り出すのに、心配なのは、病気やケガ。
海外の医療費はちょっと病院に行っただけでも数万円、大きなケガでは数百万円と高額となるため、海外旅行保険は必須です。

海外旅行保険付帯の家族カードを持っていれば、治療費だけでなく、損害賠償なども補償されるので安心。
掛け捨ての海外旅行保険は保険料は、渡航地や旅行日数で計算されますが、クレジットカードの海外旅行保険は国は問わず最大90日間有効です。
留学やホームステイの場合、長期にわたることが多いので、これは大きなメリット。

海外留学先で保険加入証明書(付保証明書)の提出が求められることがあるので、発行が可能かどうか事前に確認しておきましょう。

本会員が明細を管理できる

家族カードの利用明細は、支払いを行う本会員が確認できます。クレジットカードのWEB明細には利用者の項目があり、本カードの利用分は本人、家族カードの利用分は家族と記載されます。

「目の届かない海外留学先で家族カードを使い過ぎないか」「不正利用されていないか」という心配も、随時WEB明細を確認することができるので安心です。

高校生に家族カードを作るデメリット

高校生に家族カードを持たせるメリットはたくさんあることがわかりましたが、デメリットはあるのでしょうか。

留学先から帰国したら使えなくなる

留学目的で高校生に作った家族カードは、留学先の海外から帰国した後に使えなくなります。

帰国後に大学生や専門学校生になったときはまた家族カードを発行できるので、メリットの大きな学生専用カードを作るのもオススメです。

利用枠は本会員利用分と共有される

クレジットカードでは、会員により利用枠、つまり利用限度額が設定されています。

家族カードの利用枠は本会員の利用枠に含まれています。

たとえば利用枠50万円の本会員が30万円をショッピング等で使った場合、家族会員の利用枠は20万円になります。

本会員が利用枠いっぱい使ってしまうと、その支払いが終わるまで家族会員がカードを使えなくなるので注意しましょう。

支払い延滞などの問題がなければ、一時的な利用枠の増額も申し込めるので、カード会社に相談してみましょう。

留学目的で作れるオススメ家族カード3選

留学やホームステイ目的なら家族カードを発行できるクレジットカードを紹介しましょう。

家族カードを発行するには、事前にカード会社のカスタマーセンターなどに電話して相談する必要があります。

VIASOカード

三菱UFJニコスのVIASOカードは、本会員も家族会員も年会費永年無料!最大補償2,000万円の海外旅行保険が利用付帯というコスパのよいカードです。世界で幅広く使えるMasterCardブランドでキャッシングもOK!ポイントは自動でキャッシュバック!

年会費 本会員 無料
家族会員 無料
申し込み資格 本会員 18歳以上で安定した収入のある方、または18歳以上で学生の方(高校生を除く)
家族会員 本人会員の配偶者・親・18歳以上の子供(高校生を除く)
留学時の特例 15歳以上の高校生またはそれに相当する専門学校生の子供が海外留学する場合に限り、家族カードの申し込みが可能。
留学相談窓口 0120-816-252(NICOSカード入会ダイヤル)
受付時間:9:00-17:00、土日祝休
海外旅行保険補償額 最大2,000万円
保険付帯の種類 利用付帯

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カードは、ステイタスのある1枚。最大5,000万円の海外旅行保険が付いています。ショッピングプロテクション(破損・盗難)年間500万円、リターンプロテクション(返品補償)年間15万円の補償付き。ただしキャッシングはできません。

年会費 本会員 12,000円(税抜)
家族会員 6,000円(税抜)
申し込み資格 本会員 日本国内に定住所を持つ、20歳以上の安定した収入がある方
家族会員 本会員の配偶者・両親・18歳以上の子供
留学時の特例 18歳未満の高校生の子供が海外留学やホームステイをする場合は、家族カードの申し込みが可能。
留学相談窓口 0120-020-444
受付時間:9:00-21:00、土日祝休
海外旅行保険補償額 最大5,000万円
保険付帯の種類 利用付帯

JALカード CLUB-A ゴールドカード

JALカード CLUB-A ゴールドカードは、JALのCLUB-Aカードと提携先のゴールドカードのメリットを併せ持つステイタスの高いカードです。国際ブランドやさまざまな提携先を選べるのも特徴。海外旅行保険は提携ブランドにより最大5,000万円〜1億円の補償と充実。年会費にはショッピングマイルが2倍になるショッピングマイル・プレミアム(通常年会費3,000円/税抜)が含まれているのでJALマイルを貯めるにも最適です。海外旅行保険を重視するなら、治療費などの補償が手厚いJCBを選びましょう。

年会費 本会員 16,000円(税抜)。JALアメリカン・エキスプレス・カードは1万9,000円(税抜)、JALダイナース・カードは2万8,000円(税抜)
家族会員 8,000円(税抜)。JALアメリカン・エキスプレス・カードは1万9,000円(税抜)、JALダイナース・カードは9,000円(税抜)
申し込み資格 本会員 20歳以上で、ご本人に安定した継続収入のある方(学生を除く)。※ブランドにより異なります。
家族会員 本会員と生計を同一にする配偶者、両親、18歳以上の子供(JALダイナースカード以外は高校生を除く)
留学時の特例 15歳~18歳の高校生が海外留学やホームステイ目的で、原則として保護者を伴わずに海外に滞在する場合は、所定の同意書を提出することにより家族カードの発行が可能(JALカードSuicaを除く)。
海外旅行保険補償額 カードブランドにより最大5,000万円〜1億円
留学相談窓口 0120-747-025(JALカード入会専用ダイヤル)
受付時間/9:00~17:30、土9:00~17:00。日・祝、12/29~1/5休
保険付帯の種類 自動付帯(一部カードは利用付帯枠あり)

※未成年の方の申し込みには親権者の同意が必要です。

高校生でもデビットカードなら作れる!

留学などの特例を除いてクレジットカードが作れない高校生でも、デビットカードなら作ることができます。

デビットカードは銀行が発行するカードです。

普通預金口座に紐付けされており、カード決済した利用金額は即時に引き落としされるため、利用できるのは最大でも口座残高の範囲まで。

クレジットカードと違い、デビットカードは貸し倒れのリスクが少ないため、ほとんど審査なしで発行できるのです。

それでは高校生のカードデビューにオススメのデビットカードを2枚紹介しましょう。

高校生でも作れるデビットカードはコレ!

年会費無料なのに、高還元率や海外旅行保険付きなど、メリットのあるデビットカードを2つご紹介しましょう。

楽天銀行デビットカード(JCB)

楽天銀行デビットカード(JCB)は年会費永年無料!

1.0%の高還元率で、楽天市場や楽天トラベルなど楽天のサービスを利用すればポイント2〜3倍!

留学の渡航費用でもポイントが貯まります。海外ATM利用の引き出し手数料が無料(※)。

楽天銀行デビットカード(JCB)のメリット

1. 年会費永年無料。
2. 常に1.0%の高還元率!楽天のサービス利用でポイント2倍!
3. 16歳以上なら高校生でも申し込みOK! 審査なし!
4. 盗難補償付き。
5. 海外ATMから現地通貨を引き出せる

※海外のATM利用料が別途かかることがあります。

楽天銀行ゴールドデビットカードなら海外旅行保険付き!

みずほJCBデビットカード


みずほJCBデビットカードは、みずほ銀行が発行するデビットカード。海外旅行保険とショッピングガード保険が付いているのが特徴です。ポイント制ではなく、毎月利用額の0.2%を口座にキャッシュバック。還元率は低めなのでポイントより保険を重視したい人にオススメ。

みずほJCBデビットカードのメリット

1. 年会費初年度無料、次年度以降1,000円(税抜)
2. 23歳以下、または年1回以上のショッピング利用で次年度以降の年会費も無料
3. 15歳以上(中学生を除く)で申し込める。
4. 最高3000万円補償の国内・海外旅行保険付帯
5. 最高100万円補償の海外ショッピングガード保険付帯

高校生が作れる家族カードとデビットカードのまとめ

高校生でも作れるカードについて解説してきましたが、ここで注目ポイントやメリットをおさらいしましょう。

クレジットカードの家族カードを作る

・留学やホームステイなどの予定がある場合、特例的に高校生でも家族カードを作れる。
・申し込み前にカード会社に電話相談が必須。
・家族カードならWEB明細で利用状況を親が管理しやすい。
・海外旅行保険が付帯していてオトク。

デビットカードを作る

・15歳または16歳以上、普通口座を所有すれば高校生でも作れる。
・銀行の残高までしか使えないので、使い過ぎを防げる。
・高還元率や海外保険付きカードも選べる。
海外留学やホームステイの予定がある場合は、海外旅行保険付きの家族カードを作りましょう。

デビットカードはとくに審査なしで作れるので、国内での日常遣いや海外留学のサブカードとして作っておいて損はありませんよ。

PAGE TOP