クレジットカード

待ってました!J-WESTカードのメリット&デメリット、ベーシック/エクスプレスを比較して紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

JR西日本・JR四国・JR九州と言った西日本方面の特急、または新幹線を利用しているなら絶対「J-WESTカード」を発行すべきです!

なぜなら……

・J-WESTカード(エクスプレス)のEX予約を利用すれば、いつでも会員価格で新幹線使える。
・J-WESTカード ベーシック・エクスプレスは両方とも、在来線の特急券も予約できる「e5489」が利用可能。
・出張時、急な時間変更、曜日変更でも新幹線の乗車時間を柔軟に対応できる。
・対象の飲食店やショッピング、宿泊時にポイントが最大10倍で貯まります。

等々、JR西日本やJR四国、JR九州を利用する方にとって役立つこと間違いありません。

もちろん、この他にも特徴や魅力、メリット・デメリットもありますので2種類の「J-WESTカード」を比較しつつ紹介していきます。

J-WESTカードは西日本エリア利用者必須の1枚!新幹線/保険/特典のメリットを解説

ポイントが最大2~10倍還元!優待店&お得な交換先を紹介


J-WESTカードは、西日本の新幹線や在来線以外にもメリット豊富な1枚です。

例えば、ポイント還元は通常「1,000円=1ポイント」ですが、J-WESTポイント優待店で利用すると「2~10倍」にポイントアップします。

ポイント優待店の一例を紹介しましょう。

駅レンタカー ポイント3倍(JR西日本エリア限定)
JRおでかけネット宿泊予約 JRセットプラン:2~3倍/宿泊予約:5倍~6倍
ジェイアール京都伊勢丹 ポイント3倍
京都駅前地下街ポルタ ポイント3倍
山陽新幹線 3倍(新大阪~博多間の車内販売)
日経ビジネス 年間購読でポイント10倍(インターネット申込は「J-WESTカード会員専用サイト」から申し込みましょう)
タイムズカーシェア ポイント2倍

⇒J-WESTポイント優待店の公式サイトはこちら

無論、この他にも西日本エリアでポイントアップする施設やサービスが盛りだくさんです。

また交換先も豊富に揃っており、中でもスマートICOCAは「1,000ポイント→1,000円分」のため、交換レートが非常に良い交換先です。

スマートICOCA 1,000ポイント→1,000円分(3,000円分、5,000円分にも交換可能)
駅プラン割引券 1,000ポイント→1,000円分
THE CUBEお買物券 3,000ポイント→3,000円分
ドトールコーヒー ギフト 1,400ポイントで「ドトールコーヒー インスタントスティックセット」に交換できます。
選べるギフトカタログ 3,000ポイント→3,000円分のギフトカタログ
エステサロン 22,300ポイントで「クレ・ド・ポー ボーテ『エクスプレスコース』」を利用できます。

⇒J-WESTポイント交換/商品一覧はこちら

以上のように、お得なポイントサービス、そして豊富な交換先も用意されていますので、西日本エリアの対象施設を利用しているなら、J-WESTカードを発行しないのはもったいないですよ。

ショッピングや食事、ホテル予約もお任せ!会員限定の特典あり!


ポイントサービスの他に、会員限定でショッピングや食事、ホテル予約で特典や優待を受けられるのもJ-WESTカードの大きなメリットです。

どのような特典や優待を受けられるのか?一部を抜粋して紹介しましょう。

岡山一番街、さんすて岡山・倉敷 対象施設で決済すると5%割引になります。
日本旅行 日本旅行の各支店で「赤い風船、マッハ・ベスト」をJ-WESTカードで購入・決済された会員限定で次回以降、使える「ご利用券」をプレゼント。
関西国際空港 「ホテル日航関西空港」の飲食代が10%割引になります。
JR西日本ホテルズ ホテルグランヴィアを含む「JR西日本ホテルズ」の対象ホテルの宿泊代が特別料金になります。
京都鉄道博物館 当日の入館料が10%割引になります。
美術館「えき」KYOTO 当日の入館料金が優待価格になります。

各施設で割引や特別なクーポンプレゼント、更に会員限定の特典や優待を味わえます。

⇒J-WESTカード優待店の公式サイトはこちら

国内旅行/海外旅行傷害保険が付帯!ショッピング保険も受けられます


J-WESTカードは、国内や海外への出張・旅行時の保険、そして購入した商品に対して保険が付帯します。

海外旅行傷害保険(利用付帯)

傷害死亡 最高2,000万円(偶然な事故によるケガが原因で亡くなられたとき)
後遺障害 最高2,000万円(偶然な事故によるケガが原因で後遺障害を生じたとき、その程度に応じて)
傷害治療費用 最高100万円(偶然な事故によるケガが原因で医師の治療を受けられたとき)
疾病治療費用 最高100万円(疾病が原因で医師の治療を受けられたとき、または特定の伝染病が原因で医師の治療を開始したとき)
賠償責任 最高2,000万円(他人の身体の障害または他人の財物の破損または紛失について法律上の賠償責任を負ったとき)
携行品損害(免責 3,000円)1旅行かつ1年間の限度額 1回の限度額:最高20万円、期間中100万円が限度額(携帯品が盗難、破損、火災などの偶然の事故にあって損害を受けたとき)
救援者費用 1年間の限度額 最高100万円(捜索救助等が必要になった場合)

国内旅行傷害保険(利用付帯)

傷害死亡 最高1,000万円(偶然な事故によるケガが原因で亡くなられたとき)
後遺障害 最高1,000万円(偶然な事故によるケガが原因で後遺障害を生じたとき、その程度に応じて)
入院保険金 日額2,000円(事故日より180日限度)
手術保険金 2,000円×倍率(入院保険金日額×手術の種類に応じて定めた倍率(1回の事故につき、1回の手術に限ります))

ショッピング保険(国内・海外共通)

ショッピング保険(免責:3,000円) 最高150万円(J-WESTカードで購入した商品が、偶然の事故、盗難等にあわれた際に適用されます。)

このように、最高2,000万円の旅行傷害保険と最高150万円のショッピング保険まで付帯します。

ただし旅行傷害保険は「航空券や公共交通機関の支払い」「パック旅行の支払い」等をJ-WESTカードで行うことで利用できる「利用付帯」です。

持っているだけでは適用されませんので注意しましょう。

スマートiCOCAにチャージ可能|チャージでポイントも貯まります。

現金なしで簡単にチャージできる便利な「スマートICOCA」ですが、チャージするクレジットカードは断然「J-WESTカード」をおすすめします。

チャージするたびに「1,000円=5J-WESTポイント」貯まり、貯まったポイントは「1,000ポイント→1,000円分チャージ」できます。

もちろん、1,000円に限らず「3,000ポイント→3,000円分」「5,000ポイント→5,000円分」にチャージも可能です。

このように、スマートICOCAを使ってポイントを貯め、貯まったポイントをチャージできるため、チャージ元をJ-WESTカードにしましょう。

1つ上の優待を味わえる!J-WEST プレミア・プログラムを紹介


最後に紹介するのは「J-WEST プレミア・プログラム」です。

このプログラムは、エクスプレス予約または、e5489で対象区間を利用すると、区間・設備・券種などに応じて「プレミア・スコア」が貯まり、1年間(年度単位)の「プレミア・スコア」の合計により、翌年度の優遇特典クラスが決定します。

すると、優遇特典クラスの基準を満たした会員は、翌年度の1年間、J-WESTポイントのボーナスを含む優遇特典を受けられるのです。

例えば…

ボーナスポイント 優遇特典クラスに応じて、利用時のプレミア・スコアの100~250%が、J-WESTポイントのボーナスポイントとして貯まります。
プレミアムルーム 博多駅、小倉駅にある会員限定の「プレミアムルーム」が利用できます(スマートICOCAが必要ですので事前登録しましょう)
会員限定イベント 優遇特典クラスの基準を満たした会員限定で、特別イベントの参加やキャンペーンに招待されます。

いかがですか?

JR西日本・JR四国・JR九州でエクスプレス予約または、e5489を利用して条件を満たせば贅沢な特典や優待を味わえます。

他のカードとは違う1つ上の優待を味わってみてはいかがでしょうか?

J-WESTカードのベーシック&エクスプレスは何が違う?比較で分かる異なるポイントとは?

「J-WESTカードに、ベーシックとエクスプレスがあるけど何が違うの?」

J-WESTカードのベーシック&エクスプレスは、J-WEST プレミアムプログラムを除き、今まで紹介した特典や優待を共に利用できますが、異なるポイントとして「EX予約」と「年会費」があります。

J-WESTカード ベーシックの場合、利用できるのは「スマートEX」であり、エクスプレスは「EX予約」にランクアップします。

J-WESTカード ベーシック&スマートEXのメリットは?


J-WESTカード ベーシック」に付帯するスマートEXのメリットは、東海道・山陽新幹線をパソコン・スマートフォンから簡単に予約できることです。

ネットでカンタン予約ができるため、窓口の行列に並ぶ必要がなくなりますし万一、予約変更があっても手数料無料で何度でも変更できます。

また、急な出張が入ってもインターネット環境下にあればその場で予約できるのも大きな強みです。

更に、普通車指定席・グリーン車を駅の購入価格より片道あたり200~210円引きされるメリットもあります。

ちなみに、J-WESTカード ベーシックはJR西日本ネット予約「e5489」で、山陽・九州・北陸新幹線やJR西日本・JR四国・JR九州エリアの特急列車も予約できます。

e5489のeきっぷ(上記は「おとな1名片道あたり・普通車指定席利用」時の料金です)を利用すれば、数千円もお得です。

以上のように、西日本を走る新幹線、または特急列車を利用する際は大活躍します。

J-WESTカード エクスプレス&EX予約のメリットは?


J-WESTカード エクスプレス」は、先ほど紹介した「e5489」も同じく利用できると共に、スマートEXをパワーアップした「EX予約」を使えます。

スマートEX同様、対象の新幹線をパスコンやスマートフォンでWEB予約できますし、WEB上なら何度でも無料で予約変更できますが、その他にEX予約ならではの特典を味わえます。

中でも素晴らしいのが、新幹線料金をいつでも割引価格で購入できることです。

例えば「新大阪→東京(片道、普通車指定席)」の場合、通常14,720円ですがEX予約を使うと「13,620円」つまり1,100円もお得です!

また、早期予約で「EX早得21」「EX早得」が利用でき、先ほどの新大阪→東京(片道、普通車指定席)でしたらEX早得で「11,200円」なんと3,000円以上も割引になります。

更にEX予約は「発車4分前まで」の予約にも対応しており、すぐに新幹線を利用したい方にもおすすめできるサービスです。

加えてEX予約時に貯まる「グリーンプログラム」のポイントを活用すれば、普通車料金でグリーン席にアップグレードも可能です。

J-WESTカード エクスプレスは年会費「1,100円(税込)」かかりますが、1回でもEX予約を利用すれば年会費をペイできますよ。

J-WESTカードのベーシック&エクスプレスはどちらがおすすめ?


両者の違いが分かったところで、どちらがおすすめの1枚でしょうか?

結論を先に言いますと、西日本エリアの新幹線や在来線を時折使うなら「J-WESTカードのベーシック」出張や旅行で頻繁に利用するなら「J-WESTカード エクスプレス」をおすすめします。

と言うのもEX予約のメリットが非常に大きく、月に何回も西日本エリアへ新幹線や特急を利用した出張、または旅行へ行かれる方は何度でも割引料金が使えます。

一方、ベーシックはWEB予約や変更ができるスマートEXのため、西日本エリアへたまに行かれるライトユーザー向けのサービスです。

1回以上利用すれば、年会費分が割引になりますのでJR西日本・JR四国・JR九州を利用する際、こだわりがなければJ-WESTカード エクスプレスをおすすめします。

J-WESTカードにもデメリットあり?気を付けるべきポイントは?


魅力満載のJ-WESTカードにも、何点かデメリットがありますので簡潔に紹介しましょう。

ゴールドカード J-WESTカードにゴールドカードはありません。またプラチナカードもありません。
利用範囲 JR西日本・JR四国・JR九州の新幹線、在来線を利用するならお得です。しかし、利用しませんとメリットはありません。
付帯保険 国内旅行/海外旅行傷害保険やショッピング保険は付帯しますが、日常生活や身の回り全ての補償をカバーするのは不可能です。
エクスプレス J-WESTカード(エクスプレス)のみ年会費「1,000円+税」が発生します。

特に、JR西日本・JR四国・JR九州の新幹線や在来線を利用しないとメリットを味わえません。

また、ゴールドカードやプラチナカードはありませんので、カードのランクアップを検討している方にはおすすめできません。

したがって、上記のデメリットを考慮した上で発行するかどうか検討しましょう。

まとめ

最後に、J-WESTカード ベーシック&エクスプレスは西日本エリアの新幹線や在来線を利用する方におすすめの1枚です。

特にエクスプレスのみ利用できる「EX予約」は常に対象の新幹線料金を割引料金で利用できますし、早割を使えば更なるお得を実現します。

更にグリーンプログラムを活用すれば、普通車料金でグリーン席に変更できるのも大きなメリットです。

もちろん、その他にもJR西日本・JR四国・JR九州の対象施設で受けられるポイントアップサービスや割引サービスも見逃せない魅力です。

したがって、あなたが出張や旅行でJR西日本・JR四国・JR九州へ頻繁に行かれるなら、J-WESTカード ベーシック、またはJ-WESTカード エクスプレスを発行しましょう。

PAGE TOP